宇宙戦艦ヤマトの明日はどっちだ?

華麗にというには加齢にという感じで復活を遂げた
宇宙戦艦ヤマト復活篇
一時は豪腕で鳴らした西崎義展プロデューサー(以下西崎P)が、
脚本から現場の指揮、そしてかつてのツテを使って作り上げた、
氏の出世作にして代表作、「宇宙戦艦ヤマト」の新作である。

正直観た直後は、分かっていた事だがとんでもねえもんを観たなと思った。
そのトンデモぶりにもぶっとんだが、演出的にも多々難があるし、話は単純なのになにかがおかしい(苦笑)

トンデモな映画でもトンデモなりによくよく考えたら愛すべき点もある場合もあるけれど、
今回の「ヤマト」復活篇は、そのなんというかあまりにも厚みの無い構成、
そして後のシーンへと続くちょっとおかしな演出とか、諸々の事を考えると、
凄く嫌な部分が透けて見えるんだよね。
もうこれは一発キメてもうノリノリでト書きと台詞を書いたとしか思えないし、(注1)
細かいことは後でというその考え方。半端にビジネスを意識しているのもどうかと思うし、
なにより同じような事を言っても(旧作と違って)圧倒的に薄っぺらく聞こえてくる。
そこがなにより悲しい。

いちおうの仁義として超ネタバレになるのは避けたいので、詳しいことは畳んでおく、
が、ざっと雑感として、今度のヤマトは乗組員とかヘンな人の集まりで、
山ちゃんとかがちゃんお芝居をやればやるほど、いやその台詞おかしいだろのオンパレ。
石原慎太郎の原案がどういうものかしらないけれど、それが反映されているのか?
それとも西崎Pの思いとか考え方がホンに反映されているのであれば
ハルキさん同様映画から離れて欲しいです。いやマジで。(注2)
あなたの仕事はお金を集めて、制作体制を整えまともな脚本家を雇って、
きちんとした演出家で現場をまとめ、設定を考証し、しかるべき物語を描いて、
この世界に真の決着をつけることだと思うよ!(苦笑)
で、その後でオーディンでもブルーノアでもの続編を作ればイイと思うよ!(注3)
でもおいらはもう観ないけど(爆)ということをシネコンから出て考えた(笑)

お話もこれまでのヤマトのストーリーラインをなぞった(というか毎回同じような話をしている)
ヤマトフォーマットって大体以下の流れで構成されてて、
1.地球に未曾有の危機が訪れる。
2.主人公たちが召集されて、決戦のため秘匿されたヤマトへ集められる。
3.で目的地に向かう道中である試練を乗り越え、
4.最終目的地で敵の真のボスと対峙する。
5.で敵を倒すが、実はその後にまた危機が襲う。で犠牲を出しつつもそれを乗り越えエンド。
このバリエーションで展開され、今回もこのラインから大きく外れていない。

でもあなたがもしヤマトをリアルタイムで見ていたならば、もしかするとこのヤマトの残滓を観たほうがいいかもしれない。
そして時代と決別する足がかりにしても良いだろうし、このまま毒を喰らわば皿までとするか、選択するのも一興。
なんとなくあの70年代からとうとう21世紀を迎えた現代に甦った(黄泉がえった?)
この物語?の行く末は沖縄へ向かいながら途中で矢折れ力尽きた、
ほんとうの大和が最後がそれを示唆しているようにしか思えない。
せめて安らかに大和には眠りについてもらいたいものだ。

注1:西崎Pの来歴をぐぐってください。
注2:ハルキちゃんこと角川春樹氏は監督作「笑う警官」が100万人突破できなければ映画をやめると宣言。
   ちなみに『男たちのYAMATO』という映画を映画界復帰とし、ヒットさせたのでヤマトと因縁あり。
注3:「ブルーノア」「オーディン」は西崎Pが「ヤマト」とは別に製作したアニメ。
   ブルーノアは宇宙空母でTVシリーズ。「オーディン」は光子帆船スターライト号が活躍するというもので細かい話は忘れた。確か映画だったはず。


「劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

まあそれだけだとなんなので、ここからは超ネタバレしつつ(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2010-01-16 01:09 | Movie

今日『コンスタンティン』をTVで観て

シャイア・ラブーフ(スピの秘蔵っ子と言われている青年)が
タクシー運転手でコンスタンティンのパシリ(笑)チャズ・クレイマーが彼だった!

つうか全然今まで気がつかなかった!

やっぱり映画は主役でないと!

映画好きならさっさと見分けるんだろうけど浅い映画ファンだとこんなもんなのかも(^^;

テレビ局のキャスティング重視もやっぱり正しいのかも(笑)

とかちょっと思ったッス。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-25 21:42 | column@Movie

やはりポール・ヴァーホーベン印か!

Excite エキサイト:芸能ニュース:今夏のダークホース「スターシップ・トゥルーパーズ3」 [ 05月13日 17時05分 ]夕刊フジ
製作総指揮にポール・ヴァーホーベンが噛んでいるのか、なるほど納得。
web-tonbori堂ブログ : スターシップトゥルーパーズ3の予告編が出てる!
YouTube - Starship Troopers 3: Marauder Trailer
でパワードスーツも出ているそうだけど、前の予告編ではそんなの無かったような(^^;
と思って見直すと一瞬現れている(笑)
うーん『メトロイド』っぽいが動いてナンボですからね、こういうもんは。
でも隠すのかと思っていたらオフィシャルサイトではあっさり姿も出している(爆笑)
スターシップ・トゥルーパーズ3 - オフィシャルサイト
しかも前売り買うとミニフィギュア付くそうな。

とりあえずコレは観るのはもう決定でしょ。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-13 22:24 | column@Movie

*AVP2『エイリアンズVSプレデター』雑感

丁度来週の日曜洋画劇場では『AVP エイリアンvsプレデター』を放送するが最近プリクエル(前日譚)流行の世の中で堂々の続編。
しかも前作のポール・W・S・アンダーソンがやるのかと思っていたらの(あのラストを観ればそう思うはず)全然ノータッチ(製作か脚本を書くくらいは関わるかと思っていたが)VFXを手がけていたストラウスブラザーズが監督。
とにもかくにも観ないとなんともと言う事で行ってきた。

感想としては、
もうちょっと時間そのままでプレデリアンとクリーナーの対戦を描きこんでくれたらなあって言うと
B級マインドなのに無駄に大金かかっているの感じ。(米軍のスティンガー装甲車とか。)

これは監督がVFXを手がけていたことによるのだろう、少ない予算をうまく使ってますみたいな。役者は『24』のミシェル・デスラーことレイコ・エイルスワースくらいしか知らなかった(笑)
だけどこれは、ホラーサスペンスやSF映画の常道とも言える役者は新人か無名のキャストを使う。実際シガニー・ウィーバーだって『エイリアン』の前には知っている人がどれだけいたことか。

細かい部分で今までのエイリアンシリーズやプレデターシリーズに対するオマージュやトリビアが仕込んであるのだが特に知らなくても大丈夫。知っている人だけがニヤリとすればいいと思う。気になる人は早速ぐぐろう(笑)

追記:無駄に大金がかかってると書いたけれど、安っぽいというのが大勢を占めてた(苦笑)
まあ実際低予算なんだけど。
現役の軍用車輌なんでよく使えたなあという気がしたがまあよく考えれば州兵のを借り出せば(実際そうだし)安く使えるわな。まあその辺も映画制作の環境が違うって事か。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-14 23:33 | Movie

で年末にはこれも観た>『マクロスF』

とうとう主人公が女になった!と思ったらそうじゃなかった(笑)
だがこの女性的な顔立ちが主人公のトラウマ?っぽく設定されているのは『Zガンダム』のカミーユを思い出してしまった。
マクロスFRONTIER
年末に特番でマクロスを語るみたいな番組があって、その後に特別編集のディレクターズカット版第一話が放送された。
しかしTV放送からもう25年もたつのか、ガンダムとそんなに離れていないんだと思うと色々思うところがある。つうかガンダムもう少しで30周年か。まあ時間がたてばそうなるわな。

そういえばTVシリーズは『マクロス7』があったが94年~95年なので足掛け14年か来年で15年となるのでまあいい区切りか。

しかし一番驚いたのは、雨上がり決死隊の宮迫がマクロスファンだということ。
オタの兄でなく千原ジュニアが呼ばれていたのはいいブレーキと笑いネタにする意味でGJ。よゐこの有野がオタネタフォローだった。あまりキツイ感じにはならなかったのはまあ良しとしたい(笑)ちなみに親分の孫の娘さんはにぎやかしということで。

で河森監督も入ってのトーク後に本編。
この1話、来年の4月放送開始なんで放送開始まで間があるんだけれど感想は、
『マクロスプラス』っぽさに『7』の感じが入り込んでいるっぽい?という気がした。
キャラデザはプラスっぽいし船団というのは『マクロス7』からの設定。
だからそう感じたんだろうと思うんだけれど敵が甲殻類や昆虫のような生物。
どうも宇宙怪獣(『トップをねらえ』)のようだがそのあたりも気になる部分。
ゼントラ、メルトラの設定や初期の監察軍ネタとかがどうなってくるのか。
ただ宇宙怪獣については『マクロス・ダイナマイト7』の宇宙クジラのこともあるんでまあそのあたりの絡みもあるのかなと。
アクションシーンはCG。まあ流れではある。いい感じにはしているのでこのクオリティでお願いしたいものだが。
今後ドキワクさせてくれるのかこうご期待ってところか。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-05 00:32 | anime&comic

そんなことを言われてもとジョージは思った。

タイトルは『プロジェクトX』の田口トモロヲ調に読むことを推奨(笑)
Excite エキサイト:芸能ニュース:「オーシャンズ」完結で日本舞台作幻に [ 08月01日 10時29分 ]日刊スポーツ
勝手にメディアがプレミアの時とかに盛り上がっている彼らが発したリップサービスを使って煽り(だが、誰一人として本気に思っていなかったはず、でも瓢箪からコマが出たらオイシイ!とかそのくらいの確度)で挙句クルーニーがメンドクサ~となったのでもう無いよっていったのを又、煽る。うーんまさにメディアのマッチポンプ状態。

あとシビアな話をすれば成績が落ちたことがまあ大きいかと。
エイガドットコム6/19付ボックスオフィスチャートランキング
ここでシリーズ成績の更新は望めず最低の成績になりそうと書かれているし実際その後の数字を追っても(ヒットしているものの)次を作る動機は薄い。
そういう意味ではパイレーツも作るとか言ってるけどまあデップ主役でやるならという感じだろうしスパイダーマンも難しいかもしれない。ただこの2作は固定客が見込めるしキャストに関しても融通が利く。だが『オーシャンズ』はクルーニー、ピット、デイモンが主役級だし脇の面子もそれぞれにツウな人々でバーニーとかドン・チードルとかも全員集合はムズカシだろと、なためまあここらで打ち止めがいい感じだろう。
しかも13はともかく『オーシャンズ14』ってなんだかなあという感じだし(苦笑)

まあ忘れた頃に復活なんてえこともありえるかもね。とは言ってみる。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-08-01 23:31 | column@Movie

デスノート後編は公開されるらしい

Excite エキサイト : 芸能ニュース|主演の藤原竜也「ラブノート」欲しい [ 09月21日 06時13分 ]スポニチアネックス
以前に原作者逮捕という記事の取上げたときに成り行きに注意したいと書いたが予定通りに公開されるようだ。(参照)
それと死神レムの声が池畑慎之介というのも発表されたもようだ。
ソースはこっち(参照|サンスポ:2006年09月21日:藤原竜也、故・高瀬監督に哀悼を捧げる-映画「デスノート」)
ちなみに第三弾とかいうトバシもあったりしたらしい(苦笑)
『藤原達也が『デスノート』後編のラストと第3弾の可能性をポロリ? - シネマトゥデイ』

うーん第三弾ねえ。『やるかもしれんな』なんせワーナーのトワーニに突っ込んだ損失を取り返そうだし。
とりあえず結末部分の仕方によってはどうにでもなるわけだしそこで藤原君がネタバレという発言になったのを観れば『ああグレーっぽい?』とか想像しちゃったわけだし、その上完全オリジナル決着にしてもこじつけでやるというのもショウビズ界ではよくあることだし(笑)

ということで現在のところ公開ということで粛々と進行中。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-09-21 21:43 | column@Movie

司法系ドラマはさらに過熱しそうな気配でございます

Excite エキサイト : 芸能ニュース|キムタク検事「HERO」が特別版で復活 [ 04月28日 10時29分 ]日刊スポーツ
このニュースを見て即座に思ったのは・・・・あの2とか続編嫌いのキムタクもとうとう年貢の納め時かということ。

多分数字は稼げると思うんだけどかなり本人けっこう危機感もってんのかもしんない。
あと山田洋次監督の時代劇に出たこともうすーく影響があるのかもしれない。

でも個人的にはこのドラマそんなに嫌いじゃない。脇のコメディリリーフが面白かったこともあり結構観てた。

あとフジ的には前に上げたコレ(参照)のようだがさらにこの傾向に拍車がかかりそうなんでここでこのドラマにも出演している阿部ちゃん主演の「最後の弁護士」の続編を激しく希望する。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-04-28 21:59 | TVdrama

アンダーワールドの続編

Excite エキサイト : 芸能ニュース|全米映画興行収入=「アンダーワールド2: エボリューション」が初登場首位 [ 01月23日 19時50分 ]ロイター
ミラ・ジョヴォヴィッチの「ウルトラ・バイオレット」も気になるところだがコレもちょっとだけ気になっている。とはいいながらも「ウルトラ・バイオレット」ほど突き抜けていないので少々脱力しながらだけど(笑)イマイチもっさりなケイト・ベッキンセールがヴァンパイアのネオとしてワーウルフの血族(劇中ではライカンスロープのライカンと呼ばれる)との戦いとその秘密に迫るとか迫らないとか。前回のキーパーソンだった青年は出るのかどうか?しかもタイトルエボだし。なにがどう進化したのか?よく解らない。まあちょっとだけマトリックスタッチでガンカタライクな銃撃戦が出てくるのは必至なんでそこだけ期待している(苦笑)
いや本来ならこーゆうネタは好きなんだけどね。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-01-23 22:34 | column@Movie

SAW2が全米興行首位

Excite エキサイト : 芸能ニュース|全米映画興行収入=「ソウ2」が初登場首位 [ 11月01日 00時43分 ]ロイター
いわくヒット作の続編はつまんねえーとはよく聞くが結構他のブロガーさんの評価も上々みたいなんだなコレ。
とはいえまだ現物観てないしなんとも言えないんですが(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2005-11-01 22:24 | column@Movie