タグ:亀P ( 21 ) タグの人気記事

柳の下には3匹もいない。「踊る大捜査線THE MOVIE3」

最初にご注意。微バレしております。完全シャットアウトで臨みたいという方は観てからお越しを。
ただ根こそぎ拾っておりませんので、参考でという方はご随意に。



邦画史上最大の興行収入を上げた前作より7年。いかりや長介という重鎮を欠いた中、どのような復活をとげるのか注目の集まっていた「踊る大捜査線 The MOVIE3-ヤツらを解放せよ」が3日公開された。最初は落ち着いてから観にいくかと思っていたが雑音入ってから見るといろいろ迷いが生じると思ったので急遽、日曜日の最終回に観にいくことにした。

知ってる人も多いだろうけど私、tonboriはいわゆる「踊大捜査線」の公式サポーターたるネットワーク捜査員である。ネットワーク特捜本部にアクセスできる方なら私のプロフィールを見ることが出来るはずだ。とはいっても前作「踊る大捜査線 The MOVIE2-レインボーブリッジを封鎖せよ」に関しては辛口な事も書いた。

でNW捜査員としては残念ながら今回もまたしても同じような事を書かざるを得ない。
ただ最初に書いておきたいが、あなたがずっぽり踊るにはまっててTHE MOVIEはもちろん歳末SP秋の犯罪撲滅SP、もちろん番外編初夏の交通安全もっていう、ズブズブの踊ラー(今作った造語、いわゆる踊るファン)ならたぶん観て楽しめるだろう。実際、自分の中の踊ラー部分が魚住さんやスリアミ、緒方くんのやりとりにはクスリとさせられたし、個人的にはモブキャラ探しには全然興味が無いが、そういう楽しみ方も出来るようになっている。(いわゆるハイパーリンク)また登場キャラクターのアンサンブルと青島の牽引力がこの作品の魅力と思っている人には満足できるだろう。

だけど昨日の上映最終回に2時間半観たわけだが、ストーリーの構成がちょっと納得できない。
詳しくネタバレすると興ざめする方もいるだろうし事細かに書かないけれど(それでも情報遮断したい人は注意。)やっぱり予告編で思ったことネタがやっぱりそのままだったということと、そのオチの落とし方のタイミング。踊ラー的にはあそこであのオチを持ってきて、キャラごとの反応を見せたかったんだろうなというのは分かるよ。それは多数の踊ラーの反応は多分賛同だろうけど。でもそれは踊るっていう呪縛に捕まってかえって捻じ曲げた印象がする。自分の中では分かるけど、アレは無いなあって正直思いました。
それと「踊る」って基本コメディドラマと前々から思ってて、シリアスにコメディのネタとオチをもってきた、いわゆるコントがベースになってると前々から思っていたけど、君塚さんはコメディ出身ではあるが、シリアスでも書ける人。でも「踊る」に関してはTHE MOVIEの頃から「踊る」に踊らされている、いや囚われれいるような気がする。それは多分、亀Pも本広監督も同じで、皆さんよく「これは踊るだよね」とか「それは踊るじゃない」というジャッジをしたっていう話がインタで見られるんだけどそんなもんは特段決めなくてもいいんじゃないだろうか。

公開時に発表された大物ゲスト、キョンキョンもそうなんだよね。彼女の演じているのはサイコキラー。公開時はレクターっぽいキャラだったけど今回は…いやこれを書くと直接的すぎるのである漫画の登場人物のような事を言ってるなーっていうキャラ(実は最初からそうだった、そういう意味では先にいってたなーww)でシリアスなんだよね。そんで今回本店からの室井3号?調整役鳥飼(小栗旬)もそうなんだなー。そういうところはオチで言えば寅さんの人情部分での寅さんがいいことを言って(もちろんここでの寅さんの役は青島だ。さしずめすみれさんはさくらさんか。)シメというんだけど人死にでてる話なんでやっぱり空気としては深刻なんだよね。でもそこは正攻法でいってるのでやはりバランスがおかしい。ここでも踊る作法という空気がいや踊るならそうでしょっていうことでファンは納得できても、普通に見ると???な部分が噴出してくる。

基本作法なんてなくて、踊る大捜査線ってカンバンがあればそこに彼らがいればおのずとストーリーは転がるのだから。そういう意味ではモジュラードラマになる要素を多く含みながらも映画になっちゃって1はともかく2が大ヒットして、色々こうなっちゃったのは非常に残念。まあ3もそこそこヒットしてるようだけど。
「踊る大捜査線3」前作対比102%で興収100億突破へ : 映画ニュース - 映画.com

うーんなんだろか、正直、これは2の時にも書いたけど他局が某2人組を育ててやってるのを見て(後発なんだよね、「相棒」、あ、言っちゃった)やっぱりドラマシリーズを丁寧に作っていって欲しかったな。それだけのキャパはあるしゲスト脚本家とか迎えて他にも試せることはあったと思うんだなあ。

それを表しているのは、実は今回一番面白かったのは宣伝用のコント、「深夜も踊る大捜査線」とか未見だけどケイタイ動画の「係長青島俊作」(庭ユーザなんで見れない)らしいっていう話を小耳に挟んだときにやっぱり上に書いたことを思っちゃったわけ。
亀山さんは映画セクションのボスなのでご自分では言い出せないのかもしれない。またそれを提言できる人がいなかったのかもしれない。でも、ここまで世界観が広がったものを「TV局」として使わない手は無いと思うんだけど。「交渉人」だって他局が結局手をつけてしまったけれど、十分面白い物が展開できる素材だったのに。

まあヒットの具合では4ができるかも知れないけれど正直ドラマに帰って来い。それが私の結論です。だって「ロバが旅に出ても馬になって帰ってくるわけじゃない」んだから。あれこれはどっかで最近書いたぞ(笑)

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

余談 こっからは激バレです、注意!
[PR]

by tonbori-dr | 2010-07-05 23:34 | Movie

亀Pと君塚さんコンビで刑事モノ映画を撮るそうです

Excite エキサイト:芸能ニュース:脱・娯楽!“踊る”コンビの「誰も守ってくれない」来秋公開! [ 11月26日 08時05分 ]サンケイスポーツ
亀Pと君塚良一氏のコンビで新作映画を来年の秋に公開するとのこと。
なので『踊る大捜査線3』を期待している方々。来年もなさそうです。

だけど反対に言えば来年以降再来年に楽しみが伸びただけと思うんだろうか。
だが本広監督はジャニ岡田くんと堤真一『SP』の今後の動きもあることだし再来年も怪しいとは思うが。

ところでフジの映画制作、いや亀Pライン。ほとほとキャスティングを重視してるよなと思う。

まあ脚本、監督もそうなんだけどとりあえずキャスト。
実力派をそろえた社会派ならばちゃんとそのあたりに目配せしながら納得のキャスティング。
遠慮なく数字を取りにいく場合はきっちり計算の出来る人を配する。
このあたり非常にハリウッド的なシステムを感じますが、そうですか。
今回はアカデミー狙いと見た(笑)佐藤浩市を主演にあてるなんざその気まんまんではないかと。あと志田未来ちゃんは最近ではチンギス・反町のドラマに出てるねえ。
しかしギバちゃんに石田ゆり子、佐々木蔵之介あたりも結構アカデミー狙ってるっぽいんですがそうですか。

だけどもな、
 「踊る-」の連続ドラマ時(平成9年)から企画を考えていた君塚監督が、柳葉敏郎(46)主演の映画「容疑者 室井慎次」(平成17年夏公開)のメガホンを執ったことで自信をつけ、昨春、亀山Pに相談。

 これまで「容疑者-」や俳優、ユースケ・サンタマリア(36)主演の「交渉人 真下正義」など、「踊る-」のスピンオフ企画でさまざまな角度から刑事映画を描いてきた亀山Pも「どうしても(娯楽要素の強い)“踊る”の世界では描ききれないものがある」と製作を決意した。

いやそれはいいんだけどもな、君塚さんといえば『TEAM』あるじゃんか。
少年事件を取り上げたヘビーな作風の一風変わったバディモノ刑事ドラマ。
主人公の一人が警察官ではなく文部科学省のエリート官僚というのも面白いあの作品をなんでやらねえのかなと思うファンは多いんじゃないかと書いとく。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-11-26 22:10 | column@Movie

視聴率がアレっぽかったらどうなっていたんだろう。

Excite エキサイト:芸能ニュース:「ガリレオ」原作“お化け小説”が映画化!福山&柴咲ら出演 [ 10月22日 08時05分 ]サンケイスポーツ
元々映画まで込み込みの企画だったということを明かしているけど視聴率が微妙だったらどうだったんだろう。
なんせ数字は水物。
福山、柴咲の組み合わせなら20%は固い!とぶち上げてもどう転ぶか解ったものではない。
まあこのキャスティングである程度の数字は読めたかもしれないが、それでも初回の数字が20%前後なら映画化は最終回あたりで・・・・
ドンドン!
なんてえBGMとともに黒バックに白文字あたりで『特報!映画化決定!来秋!』という事になってただろう。丁度今年10周年の『踊る』の最終回みたいに(笑)

というか亀P、パターンが同じだけどやはり『踊る』だけじゃなく『海猿』とかで着実にノウハウを溜めている印象がある。だが100億超の方程式はまだ確立されていない。多分それを今回は狙っているんだろうなと。(結局『HERO』も80億あたりの商いになるとかまだ確定数字は出ていないがエイガドットコムの予想ではそのあたりの数字)最終的にはロングランが今年一杯なら『HERO』も80億達成!かもしれない。つまりヒットは作れるということになる。後は100億の方程式を成立というところか。
いったいどこまでいくのやら。


ちなみに『ガリレオ』はTVドラマとして楽しく見させていただいている。
来週も面白そうだし。なので映画ももしかすると観るかもねと言っとくか(苦笑)

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-10-22 22:53 | column@Movie

きっかけはフジテレビなのか『少林少女』

Excite エキサイト : 芸能ニュース:ありえね~超絶アクション!柴咲コウが映画「少林少女」で主演 [ 04月17日 08時05分 ]サンケイスポーツ
つうかこのニュースがありえねーだよ!
星爺、本気か?というより最初一報聞いたときは伝聞だったもんでてっきり水野美紀嬢のようにコウちゃんがあっちに出向くとばっかり思ってたけど。
これ完全、『きっかけはフジテレビ』じゃねーかよ!!!
マジか?マジですかあああああああああ?????

けどトレーニングに1年かけるつうのはいいんじゃないかと(笑)
いや普通それくらいはやらないと難しいもんだしさ。まあ何でも長期間訓練すればいいってもんじゃないけどもな。
作り込むって部分ではいいんじゃないかと。
ただどこまでやってるかはスクリーンにモロに出るのでまあそういう事。

監督は本広氏か。亀P本広ラインといえば『踊る』の黄金ライン。しかもネタ的にシリアスではなく本広氏の得意なフィールドであるファンタジーだしなあ。
というより本広さんにはシリアスなドラマは作れないし。どっかしらファンタジーな話でないとね。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-17 21:46 | column@Movie

フジの映画事業の真打

Excite エキサイト : 芸能ニュース:キムタク主演「HERO」クランクイン [ 04月09日 10時29分 ]日刊スポーツ
ということでTVドラマから映画化というのとTV局制作として大物SUMPSMAPのキムタク主演映画とダブルで凄いことになってるよね、みたいな作品『HERO』がクランクインしたそうで。

この映画結構この先のTV局制作、及び人気ドラマがその人気を背に受けての映画化に与える影響は小さくないしもしかするとターニングポイントになるかもしれない。

もちろんそれは数字上だけでなく内容もこれから先の制作にも与えるかも。

だがそれはビジネス的なモノであって映画の中身にはなーんも関係ないだろう。
特に物語的には2時間ドラマクオリティとか言われるんじゃなかろうか。
まあそれに関しては時々書いているので割愛する。

ただこの映画の第1週の興行成績や観てきた人の感想はすげー気になるね(笑)

追記:07/4/16
Excite エキサイト : 芸能ニュース:キムタクVS松本幸四郎VSタモリ [ 04月16日 06時11分 ]スポニチアネックス
色々『東京タワー-ボクとオカン、ときどきオトン-』の好調とか『武士の一分』の事もあるので大御所を投入、その上タモリで掴みはOKってことでしょうか(^^;
追記:07/4/18
Excite エキサイト : 芸能ニュース:キムタク&ビョン様「HERO」で初共演 [ 04月18日 09時29分 ]日刊スポーツ
韓流スターも動員ですかい(苦笑)
というかほんまに話題のためならなんでもやる総動員令がかかっているかのようで(^^;
下手をするとドル箱『踊る』メンバー担ぎ出しもありえるかもな状況になってますがな。
まあそれは冗談としてもかなりの援護射撃。ますます公開時の評判&数字が気になるところ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-09 22:55 | column@Movie

『西遊記』は悪くないが。まあ映画→TVでちょっと思う

Excite エキサイト : 芸能ニュース:香取西遊記、「踊る」超え狙う [ 03月14日 10時29分 ]日刊スポーツ
沢田鎌作監督の劇場デビュー作?だっけ?
うーん鎌作ちゃんも『踊る』に関わってたけど本広監督よりもちょっとヒネリが効いててフジのドラマ職業監督なんだけどやるなあとか思ってた。

が、SMAPカトリくん主演の『西遊記』。
うーん。

基本的に『どろろ』のエントリ(参照)と別館の『ローレライ』のエントリ(参照)でこのあたりの雰囲気は言ってるので詳しくは言及しないけど。

それに捕捉するなら実はまず最初に映画で『西遊記』をやるべきだったんだよね。
何を言ってると思われそうだけどビジネス的にはそういう博打を打ったほうが面白いし基本的にアジアンファンタジーアドベンチャーとして海外のマーケットも狙えるし。
だけどTVサイズでやっちゃってるからTVのサイズがつきまとってくるしどうかんがえてもスケールが見えるんだよなあ。

願わくばこの映画から邦画のバブルがはじけましたとならんように・・・(^^;
いや結構マジでやばいかもと思ってますよ。
最近こんなエントリをみつけたんで。
TRiCK FiSH blog. - 映画「製作委員会システム」のメリットとデメリット
去年の今頃のエントリだけどここで既に言及されている状況の改善の兆しがあんま見えないのもうーむというか、なんというか。
個人的にはTV→映画、映画←TVってのは否定しないっす。ガキの頃TV漫画(あえてアニメでなく)が劇場でさらにオリジナルのクロスオーバーだったりするとすげー嬉しかったし。
けど現状そればっかヒットとかヒットする仕掛けでってのは・・・と。
ちょっと背中がすすけて見えるということで。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-03-14 23:53 | column@Movie

確かに異例であった。

Excite エキサイト : 芸能ニュース|映画「デスノート」をめぐってフジが日テレに激怒 [ 12月26日 15時00分 ]ゲンダイネット
結構注目されているようだ、この話。
まあ確かにデスノート前編がTV放映された時はちょっと驚いた。実際2部作ということで同時進行で製作していたからこそのこのタイミングの放映が出来たんだろうが同じ2部作しかもマンガ原作の『NANA』に比べると手際の良さが目立つ。『NANA』はハチ役の宮崎あおいが降りてその後が市川由衣に交代したりとかごたつきが目立った。そこから考えると主要キャストがそのままスライド出来た(ライトにL、リュークに夜神パパとか)のは最初から2部作として製作を進めた製作側の勝利と言ってもいい。(あくまでも作品の出来は置いておく。というかデスノ後編は観てないんでどうにも言いようが無い)

ところでVTRとかもそんなに無かった昔はTVにかかるってのはすげー待たされた感じがする。
最近は確かにTV放映までのスケジュールみたいなのがあって例えばBS、CSでDVD発売、レンタル開始前後に放送、そのあと半年後くらいに地上波初放送とかまあそんな流れだと思う。
公開後1年の暗黙のルールってどっからそんな流れになったのか詳しいところをどっかで聞きたいものだ。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2006-12-26 23:51 | column@Movie

西遊記映画続報が入ってまいりましたが。

Excite エキサイト : 芸能ニュース|映画「西遊記」本場・中国で撮入!香取悟空「ハリポタに勝てる」 [ 10月27日 08時05分 ]サンケイスポーツ
えーと・・・カトリくん、それは厳しいと思う(苦笑)
いやまてよフジがスポットバンバン、ゴールデンに集中再放送。もしくは総集編SPをがっつりとかやればひょっとするかも~。
今日のデスノ宣伝法がうまくいったら実は『2部作』とかいったり(爆笑)

でCGのコンテは『ローレライ』つながりで樋口のシンちゃんがやったりして(^^;ってそれは無いか。
でも中国で撮るっつうのはまあいわゆる深山幽谷な風景が欲しいってことだろうねえ。
CGでも作るれるけど嘘っぽくなるもんね。

あとどうでもいいけど監督が『踊る』のTVを本広監督と一緒に手がけ一部で評価の高い秋SPを演出している澤田鎌作氏。これががっつり来るともしかすると澤田演出の『踊るスピンオフ』あるかもねと予言。多分外れるだろうけど。(TVSPがまた来年あるならアリかも)
[PR]

by tonbori-dr | 2006-10-27 23:34 | column@Movie

交渉人 真下がやってましたが

いやーなんか昨日ながらで(前後のおまけが観たかったので)流し観してたら、こんなにグタグタだっけか?と思った。

いや元から長いしもう少し短く綺麗に刈り込んだらなとも思っていたし『パトレイバー』の件とかなんやらでどない?とは言ったけど世の駄作派ほどこき下ろすほどでもと思っていた、反対に元がグダグダだからしょうがないという人もいるかもしれないけど昨日のアレはどうなんよというくらい目を覆うばかり。
普段ならまーしゃあないねということでスルーだけども何でだろうと思ったらCM?という気が。
多分このお話実のところ山場がない(というと反論を受けそうだが実は山場ばっかりというのは平坦ということでもある)ので所々にCMが入るとものすごく次への場面が盛り下がっているように思うのだ。実は『24』もそうなんだけど、アレは例の時計とか場面のマルチをうまく使っている。

スペシャルエディション好きなフジだから今回もいっそのことTVCMも考慮に入れたTVエディションにすれば良かったのに(爆笑)というか本広さんならやりそうだけどね。

あと『容疑者 室井』がなんか予告がすげー面白そうに観える。

ともかく皆『逃亡者 木島丈一郎』だけは観るように。これは普通に面白いから。ただキャラ依存の話なんでそういうのはという人の文句は無しよということで(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2006-10-15 23:56 | column@Movie

レジェンドつっても

Excite エキサイト : 芸能ニュース|ゴールデンタイムでフジテレビ伝説ドラマ [ 09月19日 10時29分 ]日刊スポーツ
なんでまたそうなってんのか?よく解らない。
今月の頭に『交渉人真下正義』と『容疑者室井慎次』の地上波放送決定ととも『逃亡者木島丈一郎』の再放送にさらなるスピンオフ『弁護士灰島秀樹』も放送といういわゆる『踊るレジェンド』4作品放送という流れを作りすわ4作品放送後に本命『踊る大捜査線3』?悪くても『真下2』発表?とか期待を持たせたのではとか思っていたけどどうもそうじゃないような気配もする。
『踊るレジェンド公式サイト』
とにかく手持ちのコマで数字の稼げそうなもんで稼いどけみたいな企画っぽい。
そこに踊る4作品もくわえて視聴率強化月間みたいな。

というかさらに次ぎのどうするよ?みたいなモノがまったくないままのこの特攻大作戦。
いったい何がフジ内部で起こっているのか?そっちの方が気になる
[PR]

by tonbori-dr | 2006-09-19 23:45 | column