フセイン死刑の情報が錯綜している件

Excite エキサイト : 国際ニュース|<フセイン元大統領>30日にも死刑執行?情報が錯そう [ 12月29日 21時39分 ]毎日新聞社
このニュースも気になるニュース。
アメリカ主導のデキレースっぽいなと思ってヲチしていたら死刑が確定。
そしたら急に執行のニュースが駆け巡った。

確かに独裁者として新政権がその罪を糾弾するのはどこの国でも見られる事で目新しいものじゃないけれどここでフセインを死刑にしてその後の事はイラクの為政者やそのバックであるアメリカなどは見えているのかなと感じる。

あとこのあたりで言及されていることもそのままスルーされようとしているのは・・・・
まあ陰謀論に傾くのもあれなんで。とりあえずソースのみ貼っておく。
Excite エキサイト : 国際ニュース|<イラク>クルド人虐殺解明に暗雲 元大統領に死刑判決 [ 12月27日 09時51分 ]
毎日新聞社
同法廷では「アンファル作戦」の証人調べが続いており、次回公判は来年1月8日に予定されている。同法廷のシャヒン裁判長は26日の記者会見で「元大統領の死刑が執行された場合、公判は元大統領を除く6被告で継続される」と述べた。だが、元大統領が独裁者だったことを考慮すると、元大統領本人の証言なしに真相を解明するのは極めて困難とみられる。

 クルド人は特に、約18万人の犠牲者が出たとされる「アンファル作戦」と、化学兵器の使用により1日で約5000人が死亡したとされる「ハラブジャ事件」の扱いを注視している。元大統領の犯罪の立証は民族的な悲願とも言え、死刑執行によって真相解明が中途半端な形で終わることへの不満がクルド人の間で募っている。|記事より


ただ情報がまだ錯綜しているので正月をまたぐかもしれないが引き続きヲチしていきたい。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2006-12-29 23:14 | NEWS

結果から言えばそうだなという話

Excite エキサイト : 国際ニュース:ラムズフェルド米国防長官が辞任、後任にゲーツ元CIA長官 [ 11月09日 08時53分 ]ロイター
まあ中間選挙の結果から言えばこうなるよねという事か。まだ任期は残っているのだから誰かが首を差し出さなければとなると軍事の文民責任者としては大統領に次ぐ者が(しかも民衆に解りやすい)責任をとるということで決着ということか。

そうそうfinalventさん極東ブログでこんな指摘があった。
それほど刺激的な内容ではないが、なかなかよい社説だった。というか、ラムズフェルドというレスラー(それは若いころ確かに)をよくとらえていた。彼は冷戦時の軍をいかに縮小すべきかということに心を砕いた男だった。が、もちろん、失敗はしたのだが

(参照エントリ|極東ブログ: ラムちゃん、バイっちゃ)
となるとまたぞろ米軍再編問題でまたまた面倒なことになりはしまいかという気がしないでもない。もっともイラクの現状を見るとともかく海外での戦争にはマンパワーがものを言うということが証明されたわけで戦略爆撃して焼け野原にしても相手の国土が狭くないと結局上手くいかないというのがハッキリしただけでそれが過去60年間で学んだことなのだろうというのは言いすぎか。

ともかくこれでイラクに関してはサダムの事も含めまたタームが変わりそうだ。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-11-09 23:44 | NEWS

米軍が誤射、拉致解放された伊女性記者が負傷

Excite エキサイト : 国際ニュース|米軍誤射で伊女性記者負傷 イラク、拉致から解放直後|共同通信
これでイラクが非戦闘地域でないということがはっきりしたと思う。
何故なら誤射起こる状況というのは戦闘状況下にある地域でしか起こりえないからだ。
もちろん事件はサマーワではなくバグダッドで起こったとか言うだろうが友邦同士の連絡連携が取れていないというのは現地で活動している他の国への影響はでかいはず。
誘拐事件のネゴシエーションにはもちろん機密扱いで当たるためにそういう事が経過中にあっても不思議ではないが解放された時点ですぐに連絡が末端まで行き届かなくてどうする?
それは未だ戦闘状態で混乱にあるからだという事に他ならない。

しかも解放された人質の記者の盾になりイタリアの治安当局の高官が死亡している。
大局的に観ればどうってことないとうそぶく米政府の関係者がいるかもしれない。
しかし前に人質事件が起こったときにイタリアはアメリカ政府を支持し派兵はやめなかった。
そして今回の事件。大きな失点になることが予想されるし人質女性は記者だ。
メディアの人間がこれでますますアメリカに不信を持つのでは
まるでアメリカは自分で穴を掘ってそこに落ちるという感じだ。

今ふと思ったのだが、アメリカはもしかすると閉鎖主義におちいりたいのか?
周りからの信頼を失ってもいいアメリカはアメリカでやる、文句を言うならかかってこいと・・
まあそこまでは思っていなくてもつい先頃ミッテランとあって心のこもってない関係修復をうたったばかりなのにますます迷走が深まるばかりな感じがする。

追記 文章修正 3/6 12:06
[PR]

by tonbori-dr | 2005-03-05 23:53 | NEWS

戦争について考える・・・・

今もイラクでは砲火が絶えず鳴り響き今日も多数の死傷者が出た。
サドル師の籠る聖廟への包囲網はまた縮小さてサマワの自衛隊には迫撃砲が打ち込まれている。
これが現状だが翻ってイラクへ何故アメリカは攻め込んだのかは石油のこととかイスラエルとの共同歩調のためネオコンが仕組んだとも言われている。
今まで自国を攻め込まれたことの無いアメリカが911で自国を攻撃されその恐怖から過剰に反応しているという人もいるがどの理由も説得力に欠ける。
ただ一つ言えるのは誰かがこれで勝った気分になっているということだろう。
例えば五輪で勝つ。それはフェアな戦いで勝利し栄誉を受け賞賛される。それと同じ気分で戦争してるんじゃないのか?と思うのだ。もちろん五輪と戦争は全然違うけどブッシュの五輪を使った大統領選のCMを見るとそう思える。つまりはこういうことだ彼らは自分達以外のモノを使ってゲームをしているということとんでもない話だと思う。
ちなみに今のブッシュ陣営の中での軍歴がないけど戦争を奨励している人たちはここで紹介されている。
暗いニュースリンク: 他人に戦争を奨励する人々

最後に昨日取上げた湾岸ミッドナイトのセリフより引用を

「ヤったら、ヤられるし、やってあげたらやってもらえる」
いつか誰かに押し付けていたら自分達にその番が回ってくる
[PR]

by tonbori-dr | 2004-08-24 22:51 | column