やがて恐ろしきかな『スーパー!』

最初は『キック・アス』のサイドB(裏面)な趣きがあるのかなと思っていたが、よくよく考えるとこれ結構シンプルかつ複雑でなんともアメリカらしい映画だったよ!

なんのこっちゃと思われるかもしれないが、あらすじはこうだ。
ダイナーでコックをしている冴えない主人公フランク。彼のこれまでの輝かしい瞬間は2回。偶然出くわした強盗が逃げ去った方向を追跡している警官に教えた事と美しい妻、サラと結婚したこと。そんな彼女が手を切ったはずの麻薬に再び手を出してドラッグディーラーのジョックの元へいってしまった。そんな彼女を何とか救い出そうとするものの上手くいかないフランクにある晩、神の啓示が!それにより彼はヒーローになることを示されお手製のコスチュームに身を包みクリムゾンボルトとして町の悪党を退治し悪党の親玉(ジョック)から妻を取り戻すまで戦うことを決意。ひょんなことから知り合ったアメコミ店のアルバイトでちょっとネジが飛んでるボルティーことリビーとともに町のダニどもを退治することになったのだが、そこには予想外の展開がまっていた…というお話

アヴァンからブラックなコメディな匂いが立ち昇り、OPにアニメーション。アメコミ店でコスチュームヒーローで超能力の無いヒーローの戦い方を研究したりと元々ギークでなかったものの半ばパラノイアチックに準備を進め街で悪党を退治しようとじっとまっていたり、映画館で入館待ちをしている時に横入りを許さず、突如着替えてボコるとか、武器はモンキーレンチだとか、『キック・アス』をさらに痛くしてファンタジーではなくブラックなコメディにしようとしているのかなと思ったらさらに『ダークナイト』にも通じる、闇から人々を守るには闇にならなければならないという部分も含みつつさらに予想を超えたエンディングに突き進む。

一部でハッピーエンド?とついているけれど、どっちかといえばこのエンドを観て、なんだろ?違和感をずっと感じていてやっと思い出した、これは『未来世紀ブラジル』であり『タクシードライバー』だと。
どちらにも共通したものを感じて足して割ったような感覚だった。ちなみにパンフの解説にも町山智浩さんが『タクシードライバー』との関連性を書いている。他にもいろいろ引用があるということも書いていて興味深かった。(トラウマ映画館に掲載されいた映画も書いてあった)

特に彼が神の啓示を受け(子供向けカートゥン番組で放送されていたマスクヒーロー、ホーリー・アヴェンジャーが時々現れて助言を与える様は笑えるけどゾッとする。非常に秀逸なシーン。

エンディングまで目が離せないまさにキッチュでハードなダークヒーロー。ちと内容に毒があるので興味のある方は注意してご覧あれ。でも面白かった!

「スーパー!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ちょいキャストとネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-09-10 00:33 | Movie

許されざる者たち「トゥルー・グリット」

かなりまっとうな西部劇。最近に制作された作品群の流れを感じる。
リアルに描写された開拓地の描写や衣裳。それらがちゃんと西部劇ですと主張している。

これはマカロニ以後の西部劇だ。デューク(ジョン・ウェイン)主演で作られた初代トゥルー・グリット『勇気ある追跡』が古きよき黄金期のハリウッドを懐古した王道西部劇映画とすれば、こちらはマカロニ、ニューアメリカンシネマを経て、そしてクリントの「許されざる者」を経た西部劇の系譜と見て間違いないと思う。

ただしコーエン兄弟なのでそこかしこに分かりにくいがコーエン印を打ち込んできているなっていう印象。
ブラッキーなくすぐりとか妙にするどい描写とか。だがそれさえも『許さざる者』に収斂していくという恐るべしクリント・イーストウッド。

語り口が14歳の少女マティというのももこの映画を一種独特なものとしているし、初代のトゥルー・グリット「勇気ある追跡」と違ってややもすると、意地悪い描写が続く。『勇気ある追跡』とちがって田舎の牧場を営む幸せな家庭から出発した父を描かず、酒場の外で倒れているシーンから入り、葬儀屋での対面や、死刑シーンの描写も違う。ここままさに『許されざる者』以降を強く意識するシーン。

ただ原作にあるシーンは最大限もらさず入れていると兄弟が発言しているので、裁判所での出会いや河原でのコルト・ドラグーンの発砲シーンなどデューク版であった描写もある。そこを観てもこの映画はマティが主人公の映画なんだなということがはっきりしている。

そして兄弟は否定はしているが同じくアカデミーにノミネートされ受賞した「ノーカントリー」との相似点も。それは設定ではなく、空気とか古きよきものへの懐古をさりげなく表しているテーマとか。そして運命への抗いと、代償とかそういう部分。

それで言えばこの作品、コーエン作品では歪な恋愛が描かれ事が多いがそれもこの作品ではしっかりと描写されている。もともとデューク版ではちょっといい話に落ち着けているのに(それでもよく考えるとあの時代では英断というべきか)原作どおりとはいえ(未読)に抉り出す。とまあこれいつも引用させていただいる町山さんの解説の受け売りです(^^;(リンクいれてます)そんで、そこも含めても『ノーカントリー』との相似性を感じ取ったんだけど町山さんの講演を聞いたらノーカントリーの原作者とこのトゥルー・グリットの原作者はお友達だそうだ!ほんとコーエン兄弟らしいわww(ちなみに両人とも高齢かつトゥルー・グリットの原作者は羊たちの沈黙の原作者のように寡作な方らしい。)

自分にはコーエン兄弟がまっとうに取り組んだウェスタンとして楽しめた。

おまけ。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-04-20 00:16 | Movie

*ラストシュートとはいいたくない。『グラン・トリノ』

ほぼ皆さんいいつくされた感じなので今更付け加えることも無くただただクリント・イーストウッドファンなら劇場で観て欲しい1本。

ファーストシーンで『ジーサス』というのはハリー・キャラハンのセルフオマージュやなと思ったら、帰りに本屋さんで立ち読みした『映画秘宝』でもウェイン町山さんがそう指摘していた(笑)

この映画はそういうクリントの今までの自らの作品の引用、セルフオマージュもあるし、今のアメリカを映しこんでいる部分(ここも町山さんが色々書き出していたので気になる方は映画秘宝の今月号をチェック)も多い。

非常に豊かである一方で実は殺伐とした部分もあるし、またなごませてくれる、ある意味クリントお得意の作品といってもいいだろう。

あとCMで優しく衝撃なラストっていう宣伝文句はいかがなものかと(^^;ちなみに優しくなく衝撃のラストは『白い肌の異常な夜』で決まりなのは間違いない(笑)

男の落とし前の付け方、精神の継承などなど、今までのクリント作品の集大成っぽくも言われているが自分がこの作品を観た時に思った事はこれはドン・シーゲル監督、ジョン・ウェイン『ラスト・シューティスト』だなという事。
映画好きなら腑に落ちる人も多いだろうし、ドン・シーゲルとクリントといえば傑作『ダーティハリー』を思い出す人も多いだろうしタカ派なイメージ的に納得(ウォルトの造形など)するかもしれないがドン・シーゲルとクリントってどこか反骨であり保守だけど筋は通す。それが悪党でも善玉でもという部分がこの作品の中にも底流にある。

またクリントの映画の師匠筋はマカロニウェスタンの大御所セルジオ・レオーネとドン・シーゲルというのはほぼ間違いなく、『許されざる者』で2人献辞をささげているがもしかすると以降の作品も2人とくにドン・シーゲルにささげているのかもしれない。

脚本はこれが処女作のニック・シェンク
彼のインタビューがバラエティ・JAPANのサイトに掲載されている。
バラエティ・ジャパン | クリント・イーストウッド監督が「ひと言も変えない」と守った脚本
これはハリウッドの流儀(お客の反応を見てホンを直すにとどまらず、スポンサーやプロデューサー、そして監督の意向でホンがどんどん書き直されていく)から見れば異例だが設定の変更だけで殆ど手を加えなかったというのには驚いた。それだけクリントにとってはカチっとはまったホンだったのだろう。

クリントはこの作品後のインタビューで俳優の引退宣言めいたものをしていることが報道された。
クリント・イーストウッド、俳優を引退宣言!監督業に専念 - シネマトゥデイ
しかし別のインタビュー記事でこういう発言もしている。
イーストウッド俳優引退宣言、監督専念へ(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
「もう積極的に自分が演じる役を探すことはしない。いまの映画の役は、みんな若い役者向けに書かれているから」。

特にクリントにあて書きというかクリントが演じるべき役柄があれば作品に出ることは不可能じゃないんじゃないかなと。
個人的にはハリーとしての落とし前を観たい。(それは『SIN CITY』のフランク・ミラーがイエローバスタードのエピソードで描いていたような物語になるかもしれないけれど。ちなみにこのエピソードはミラー自身のハリー・キャラハンへのオマージュだそうだ。)

エンディングに流れるクリントのしわがれたボーカルが切なく染み入る。是非映画館で聴いて欲しい。

余談
[PR]

by tonbori-dr | 2009-05-04 23:40 | Movie

*鋼鉄の男がアメリカを救う。『アイアンマン』



なんだかアメリカでは大ヒット、上半期はぶっちぎりながら中期に『ダークナイト』がそれを上回る大ヒットを記録した。
そしてどちらも日本で公開されたが期待されたほどの数字は上げられなかったそうだ。

アメコミ映画:要因は格差社会? 「ダークナイト」「アイアンマン」不振の背景(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
ここでの町山さんの分析はちょっとどうかなというのはあるし、これ切り貼りされてるのでは?と思ったりするけれどバットマンというキャラクター自体が弱いし、アイアンマンに至っては日本で知っている人ってアメコミマニアに限られるんじゃないだろうか?

確かに自分が観た時もレイトで僅か5人。最初は上映開始5分前に入ったら自分だけだったので『オイオイ、貸切か?』と思ったけど始まる寸前に4人も入ってきてちょっとだけガッカリ(苦笑)ちなみにコレ以下だと三人の平成の『ガメラⅢ』だったっけ(^^;

ひるがえって『ウォンテッド』のアンジーは最近ではすっかりそのスジ(笑)の人扱いで露出も高く知名度もあるというところか。
また宣伝もそうやっているのが殆ど。ウィルの主演作(そういえば『ハンコック』結局見逃した)が安定してヒットしているのは日本でのウィル人気とまめなキャンペーンに他ならないからだと思うのだが。
バラエティ・ジャパン | ウィル・スミス主演2作連続30億超え

もちろん『アイアンマン』のロバート・ダウニーJrも来たけど、それほど大きくメディアで取り上げられたか?っていう話。

とはいえそれと映画の出来はまた別の話で実のところエキブロお友だちのお2人がこれまた上手く言い当てている。

えろぶろ at Excite : アイアンマン
「ダークナイト」のバットマンも大会社のオーナーであり、ハンドメイドのヒーロースーツを着る「普通の人」なのだが、「ダークナイト」が現代にあって「正義」を標榜することの限界と代償まで描き出しているのに対して、トニー・スタークは能天気すぎるのだ。


シネマ親父の“日々是妄言” : 「アイアンマン」最強!家内制手工業(^^;!!
世界最強の家内制手工業


こっからは完全ネタバレなんでまだこれから行くぜという人はご了解下さい。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-10-23 00:34 | Movie

*『盤上の戦争』の勝者は誰なのか。『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』

とかく『戦争』というのものは勝たないと話にならない。
特に為政者にとっては。

何故にこういう映画を作られる事になったかは、それだけ9.11の衝撃がでか過ぎてアメリカはもう何がなんだか分からなくなっているんだなという事だと個人的に思っている。

で、最後の最後に『間違ってしまった』という部分がインテリ層(民主党)に中にあるのかなと邪推してしまった。

話はテキサス出身のお気楽議員チャーリー・ウィルソン。違法なドラックパーティなんかにも出ちゃういささかナンパで口八丁な彼がアフガンからのダン・ラザーのレポートを見て、ちょっと義憤にかられ所属している機密費の予算委員会で額を倍にしたところから始まる。自分のパトロンからケツを叩かれ現地の惨状をしりCIAのケースオフィサー(この人も相当にきな臭い人物だという記述がパンフにあり)を巻き込みパキスタンだけでなくイスラエル、エジプトを巻き込み一大秘密作戦を実行していく。

まあその結果が今の状況な訳だけど共和党はある意味、内向的で自分たちの権益にだけに純粋に忠実だが、民主党はデモクラシーを真剣に信じていてちょっと迷惑な人たちだよなという間違った印象を受けちゃうぞという感じが(苦笑)

事はそう単純ではないのだが、アメリカという国家だけで見れば今も昔も同じ事をやっているよねという感じを強くする。

歴史に学ぶということは大事だが結局そういうことが出来ないのが人間なのかもしれない。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-06-21 22:50 | Movie

懐かしのアメリカTVドラマのリメイクで思ったのだが。

名作TV「特攻野郎Aチーム」をジョン・シングルトン監督が映画化 : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
とうとう『特攻野郎Aチーム』までリメイクかあ。
なんだか『ナイトライダー』はTVシリーズでリメイクするという事で先頃新KITがお披露目されていたが。
次世代ナイト2000はフォード製 - ITmedia News
このままだと早晩、『冒険野郎マクガイバー』もリメイクされちゃうかもなあ(笑)

もっとも『マクガイバー』の中の人は『スターゲイトSG-1』なんかで現役バリバリだけど新しい人で新シリーズもありえるかもですよね、みたいな。

そういえば『スターゲイト』は映画からTVシリーズになったがそういうのは結構稀なようで反対にドラマから映画という日本のビジネスモデルもあまり無い。

どっちかというとほとぼりが(苦笑)冷めた頃に懐かしのTVシリーズを映画にというパターンがよく見られる気がする。まあ『SWAT』に『チャーリーズ・エンジェル』とか。

で『特攻野郎Aチーム』、飛行機だけはかんべんなのコング(ミスターT)は誰がやるんだろ?
まさか・・・・ボブ・サップ・・・なんてえことは無いよねえ(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2007-12-17 23:15 | column@Movie

キューバがレーガン大統領を救ったそうですが。

Excite エキサイト:国際ニュース:<レーガン暗殺計画>キューバが察知し救う…カストロ議長 [ 09月14日 10時13分 ]毎日新聞社
もしほんまにあった事だとしてもアメリカ側は絶対に『そうです』って言わないだろうなあ。

あとキューバの国連本部に駐在している警備担当者というのはそういう人だってことですよね、みたいな。

まあこの辺りはあいつはKGBのスパイだけど基本的には外交官だよねみたいなのと同じ事ですね。

しかし今頃CIAとかFBIとかこの時期に何故こういう論文を出してきたのかあーでもこーでもってアナリストが頭を捻っているんだろうね。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-09-14 23:38 | NEWS

ヤブの人がボケたことをいったそうで。

Excite エキサイト:社会ニュース:ブッシュの「トンデモ」演説 「日本人をバカにしてるのか」 [ 08月27日 19時50分 ]J-CASTニュース
目が泳いでいるブッシュ大統領ならさもありなん。

いや演説時にいつも思うんだけど視線が定まってないというか泳いでいるというか、そういうイメージがある。パパブッシュにはそういうことは無かったんだけど(どっちかというとメガネの奥の目が笑ってない、さすがCIAの親玉やっただけの事はあるなという印象)

つうかもう政権末期でどうでもよくなっているのかもしれない。
元々ブッシュはそういう人だったというのはよく言われるがそれでも政権担当時にはそこまでホゲな事は(9.11の後の行動は別として)やらかしていなかったがここにきて後はもうしらねーと。

今日のTVタックルで北朝鮮の核問題で米朝にシフト、日本おいてけぼりとか言ってますけれど民主にチェンジしたらまた風向き変わるかもしれないのにねーと。
結局ブッシュがなんか業績残したいのでやっていることだから民主になると突如ころっと変わることは充分考えられるのに。もしかすると国務省もダメもとでうまくいけば万歳(但しやることはきちんとやってるだろうが意識的なものとして)ということもあるんじゃなかかろうか。
まあ民主になってもっと米朝かもしれないし(カーター)突如怒り狂って攻撃(それは乱暴だけどクリントン)みたいなこともあるかもしれない。

結局ブッシュというのは歴史的認識もそんな程度のまあ神輿にはなんとかなったけどハリボテなお方でしたなという感じで終わっていく気がする。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-08-27 22:55 | NEWS

やぶの中の人が悪役かつ英雄の件について

Excite エキサイト : 国際ニュース|悪役代表はブッシュ氏 今年の代表米調査、「英雄」も1位 [ 12月30日 08時16分 ]共同通信
力こそが正義、だが政府は弱者になにもしてくれない民衆を搾取しいいように操るだけ。そんな思いが透けて見えるような結果だが日本でもそう変わらないだろうと。
基本的に政治家は腹黒で税金をジャブジャブ使うという(官僚も含まれている)イメージがあるように思う。
大体ドラマに出てくる政治家はほぼ悪党でありいい政治家は途中で失脚したり悪くすると殺されちゃう(^^;もっとも本当にリアルの世界でそうなのかといわれるとそう単純でもないのでこれがまた始末に負えない。

ただ今回槍玉に上がっている藪の人はしたたかでも無さそうだしド悪党でもなさそう。
なんと言えばいいのか・・・。うまく言えないが器が無いという気がする。
そしてそれを候補として選び大統領に選んでしまったアメリカという国こそが今頭を抱えているのかもしれない。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-12-31 00:35 | column

テキサス人らしい話

家を購入してくれたら拳銃をオマケに付けます | Excite エキサイト
テキサスの不動産屋さんが家を買ってくれたらオマケに拳銃をつけますよという日本では理解できない話。
おいらなんかは伝聞や映画や小説などで知らされるテキサスの人という色眼鏡がさらに強化されちゃいましたよという感じデス(苦笑)
いやなんか一家に一丁な土地柄っぽいしなにより西部=テキサスみたいな(コレも思い込みっぽいけど)
まあ旦那(奥さんが不動産屋)が警察関係者ということで警察関係者限定らしいが。(提供される拳銃がグロッグなのも最近のアメリカの法執行機関御用達だし)

そういえば話がずれるがテキサスと言えば『太陽にほえろ』のテキサスを思い出す。ジーパンの後任としてやってきたテキサスは格闘のジーパンに対し銃の扱いがうまくテンガロンハットをかぶっていたような、それでカウボーイ→(連想)テキサスというニックネームになったと思う。うろ覚えだけど。

けどジョージ・ブッシュの故郷でジョン・F・ケネディが暗殺されアラモの砦がありましたというだけでもうお腹いっぱいな土地ということでなんとなく荒くたなイメージをがあるけれど伝聞もそれに輪をかけてどうするよ?みたいな気がする。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-12-15 23:41 | column