ヒーロー総進撃『アベンジャーズ』

そういえばこの夏は
『日本よ、これが映画だ』
のキャッチコピーでおなじみのアメコミヒーロー結集のクロスオーバー大作、
「アベンジャーズ」を観てきましたよ。

いやこの映画、リベラルな人なら、「アメ公どもが世界の平和だと!片腹痛いわ、ケッ」といいそうですし、
映画好きなら、うーん、なんだかなあ、ちょっと大味なんだよなあと言いそうですか…

クロスオーバー好きとしては奇跡のバランスと話し運びで作り上げられた1作なんですよ!他の誰がなんといってもこれは『大傑作』だよバカヤロウ!と言い切ります。
まあ個人の意見ですので、えーっという人はこの先を読まなくてOKっす(苦笑)

まあなんですか、おいらがガキンチョの時分には、夏休み、冬休み、春休みっていったら(主に東宝の)怪獣映画がバンバン放送されてて、あとはまあガメラとかね。そんなわけで怪獣映画を浴びるように観て育ったわけです。でこのアベンジャーズを観たときに、はたと気がついたわけですよ、ああこれは「怪獣大戦争」だと。
いわゆるゴジラ、モスラ、ラドンの「三大怪獣 地球最大の決戦」に端を欲する怪獣オールスター戦と同じなわけですよ。それぞれでも単体の主役を張ってるヒーローが一堂に会して地球を襲う難局にあたるというだけでそういう怪獣大集合と同じ匂いが感じられたんですよ。
もちろんそれぞれに見せ場がちゃんと設けられ、それぞれのキャラにリスペクトがあるし、よくぞここまでまとめたなあと。難を言えば今回の発端のロキが原作準拠とはいえちょっと線が細かったかな。
まあその分、あちらの人たちがかなり盛り上がっておりますが(^^;
次回はキングギドラかつヘドラなみな強敵をお願いしたいなと思います。

いやマーベルシネマティックユニバース。アイアンマン3やソー2など今後も楽しみなんですが…ファンタスティックフォーやXメンとかも最終的に合流してくれるとまた楽しいことになりますなあ。
そう怪獣映画もなんですがウルトラ兄弟好きとしてはやっぱりヒーローががっつり集まってというのもすごく観たいので。まあ大変そうですが(笑)

あ、あと核に関してもアメリカ人の思慮の足りなさってのは確かにあって、この映画でもという人がいるかもしれません(クライマックス)ですけどニック・フューリーのとった行動と、バカ社長トニーのとった行動ってのはおいらは一概に否定できません。まあこれが免罪符になるとも思っていませんが。<フューリーの行動。トニーに関してはある意味ダークナイト・ライズスと同じだもんね。
[PR]

by tonbori-dr | 2012-10-03 23:12 | Movie

闇の騎士は如何にして陽光の元にでることになったのか?

「ダークナイト・ライジング」鑑賞の感想。

いや先に雑感を書いたとおり、大筋で観てる間は時が経つのも忘れていたけど、
終わった後に反芻するといろいろ考えると?アレアレってのもあったし、
実のところ観て最初に?えっそうなの?というのもあった。


まあネタバレ全開なんでまだ気になる人は読まないでね。

ネタバレ禁止なら読んじゃダメですよ。


でももう公開から4週間近いし…

なわけで折りたたんでおきます。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2012-08-22 20:00 | Movie

やがて恐ろしきかな『スーパー!』

最初は『キック・アス』のサイドB(裏面)な趣きがあるのかなと思っていたが、よくよく考えるとこれ結構シンプルかつ複雑でなんともアメリカらしい映画だったよ!

なんのこっちゃと思われるかもしれないが、あらすじはこうだ。
ダイナーでコックをしている冴えない主人公フランク。彼のこれまでの輝かしい瞬間は2回。偶然出くわした強盗が逃げ去った方向を追跡している警官に教えた事と美しい妻、サラと結婚したこと。そんな彼女が手を切ったはずの麻薬に再び手を出してドラッグディーラーのジョックの元へいってしまった。そんな彼女を何とか救い出そうとするものの上手くいかないフランクにある晩、神の啓示が!それにより彼はヒーローになることを示されお手製のコスチュームに身を包みクリムゾンボルトとして町の悪党を退治し悪党の親玉(ジョック)から妻を取り戻すまで戦うことを決意。ひょんなことから知り合ったアメコミ店のアルバイトでちょっとネジが飛んでるボルティーことリビーとともに町のダニどもを退治することになったのだが、そこには予想外の展開がまっていた…というお話

アヴァンからブラックなコメディな匂いが立ち昇り、OPにアニメーション。アメコミ店でコスチュームヒーローで超能力の無いヒーローの戦い方を研究したりと元々ギークでなかったものの半ばパラノイアチックに準備を進め街で悪党を退治しようとじっとまっていたり、映画館で入館待ちをしている時に横入りを許さず、突如着替えてボコるとか、武器はモンキーレンチだとか、『キック・アス』をさらに痛くしてファンタジーではなくブラックなコメディにしようとしているのかなと思ったらさらに『ダークナイト』にも通じる、闇から人々を守るには闇にならなければならないという部分も含みつつさらに予想を超えたエンディングに突き進む。

一部でハッピーエンド?とついているけれど、どっちかといえばこのエンドを観て、なんだろ?違和感をずっと感じていてやっと思い出した、これは『未来世紀ブラジル』であり『タクシードライバー』だと。
どちらにも共通したものを感じて足して割ったような感覚だった。ちなみにパンフの解説にも町山智浩さんが『タクシードライバー』との関連性を書いている。他にもいろいろ引用があるということも書いていて興味深かった。(トラウマ映画館に掲載されいた映画も書いてあった)

特に彼が神の啓示を受け(子供向けカートゥン番組で放送されていたマスクヒーロー、ホーリー・アヴェンジャーが時々現れて助言を与える様は笑えるけどゾッとする。非常に秀逸なシーン。

エンディングまで目が離せないまさにキッチュでハードなダークヒーロー。ちと内容に毒があるので興味のある方は注意してご覧あれ。でも面白かった!

「スーパー!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ちょいキャストとネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-09-10 00:33 | Movie

王道は古典「マイティ・ソー」

さて『マイティ・ソー』やっぱり鉄人社長物語とは毛色が違う。
それもそのはずで監督はケネス・ブラナー。自らも俳優として活躍している人だけど基本古典劇が得意なバリバリの舞台人。仰々しい芝居をてらいもなく演出出来るのは彼だけ。だから北欧神話をベースにした親子と兄弟の確執なんていう古臭い劇を期待通りにちゃんと作り上げていると思う。それが映画を見てもあきらかで、現代シーンよりもアスガルドの描写に力が入ってるwいやもっといえばロキの描写に。だから自分にとっては違和感あったのかも(苦笑)

というのもソー馬鹿暴れ、ソー無双(笑)を期待していたので。もっともいちおう戦いもあるんで薄いってわけじゃないんですけどね。というより実際はかなり現代シーンが薄い割りに上手くバランスがとれてんですよ。

それは多分、現代シーンは完全にハーレクインなんだよね。ここはもう割り切ってというか実質それしかないし。異世界の王子が白馬に乗っては来なかったが虹の橋を渡ってやってくるなんざ、そりゃもうハーレクイン以外のなにもんでもないよねみたいな。そしてこの両方は「ファンタジー」なわけで、そうおとぎ話。なので親和性が高いのではないかと。ちょうどナタリー・”ザ・ブラックスワン”・ポートマンが仕事に生きるちょっとお堅い科学者っていうのも、そういうのを加速させているんじゃないかなあ。そういう意味では古典と王道の融合。いや王道はまさに古典なのであると(笑)

それとアスガルドの描写は光の国っぽい。そういえば近年の映画とかは光の国の偉い人たちもマントがデフォらしいのでマーベルと光の国がコラボしたら…噴きそうだwでも映画よりこれはゲームで実現しそうではありますなwwいやサイズ的にはどっちかっていうとライダーなんでしょうけどね。


ただ最後のシーンのために『アベンジャーズ』の壮大な予告編として見られる恐れがあるのであえて言わせてもらえば最後のロールは観なくていいです(爆)いや『アベンジャーズ』を含むマーベル好きは観たほうがいいけどね(^^;

キャストに関してはクリス・ヘムズワースくんはよく分からない。まあマッチョマンだなと。最初の馬鹿王子がはまっていすぎたせいで後半の王の風格が…感じられなかったよ(苦笑)
ナタリーにかんしては完全にブラックスワンの張り詰めた感じはなく力の抜けたよい感じでござった。他にもステラン・スカルスガードやアイアンマンでお馴染みのシールドのエージェント、フィル・コールソン役クラーク・グレッグなど。
浅野忠信はソーとともに戦う3戦士の一人ホーガンを演じたが案外ちゃんとした台詞もあったし優遇されてるとはいわないが邪険にもあつかわれていないんじゃないかなと。まあ今後どんな作品にでてくるのか期待したいところ。

ということでこの後の、「キャプテンアメリカ」の公開後にアイアンマンとキャプテンアメリカとの共闘の物語がひかえているわけだけど今後、リブートする「スパイダーマン」とかもでるんでしょうかねえ?それよりは「ファンタスティック・フォー」をどうするのかを知りたいもんだが(キャップ役のクリス・エヴァンスはヒューマン・トーチでもある)

ちなみに3D公開だけどなんかもう3Dは疲れるので2Dで鑑賞。アスガルドのシーンや戦闘は流石に3Dなら迫力あるかもだなと思ったが、全然2Dでイイと思いました。個人的に。」

「マイティ・ソー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-08-06 23:16 | Movie

そりゃ皆、大喜びだわ。『キック・アス』

ということで新年一発目は『ヒット・ガール』!じゃなかった『キック・アス』である。
まあどこもかしこも皆、大喜び(当社比100%)でございますが正直、普通の人の感想を聞きたいもんであるな。でもこーいうジャンルの映画が好きな人なら見逃せない1本だと思う。それは間違いない。

お話はさえないギークの少年(あっちのオタク、のようなもの)デイブがアメコミのコスチュームヒーローたちにあこがれコスプレするうちにそれでは満足できなくなり町をパトロールするが町の悪党をみつけても華麗に退治できるわけも無く返り討ち。その上刺されてふらふらのところを自動車にはねられて複雑骨折。それでもめげない彼はあるとんでもない事件に巻き込まれていくことになる。というあらすじ。

まあかなりざっくりなのであとは劇場で確認していただきたいと思うけれど、今の話にヒットガールがどう絡むんだよと言われると、とりあえずそのとんでもない事件だよと(笑)いわざるを得ない。

だがこのお話、アメコミのみならずヒーロー考察にもなってって、「ウォッチメン」や「バットマン・ダークナイト・リターンズ」などにも通じるものになってる。そもそもデイブが冒頭になげかける疑問「なぜ誰もヒーローにならないのか?」というものは思っても口にしない話。だからこそこのヒーロー譚にひきこまれていく。それは「スパイダーマン」のオマージュであり「バットマン」へのリスペクトであったりするのだがそれ以外にもさえないチェリーボーイの青春物語でもありながら、一方では凄惨なクライムサスペンスでもある。その上にコメディってどんだけよくばりなんだよ!(笑)でもちゃんと成立しているのは作った人たちが(原作者マーク・ミラーに監督のマシュー・ヴォーン)がちゃんとツボを押さえているからだ。だから腑に落ちるし納得する。

いや多分日本でも出来ると思うんだけどなあ。日本にも世界にとどろくウルトラマンや仮面ライダーがいるんだからーって正直嫉妬しちゃったゼw

とまあヒットガールの大活躍とキック・アスの奮闘をすぐさま劇場へ目撃するべし。>その筋の人たち
でも本当に日本でちゃんと公開されて良かった。

「キック・アス」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

おまけ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-05 21:45 | Movie

ローガンの秘密「ウルヴァリン X-MEN ZERO」

ひさしぶりのスルー映画祭りエントリー。
アメコミ映画、「アイアンマン2」公開間近なのでおなじアメコミ、そして同じマーベルユニバースから、人気キャラの「ウルヴァリン」の誕生を描く「ウルヴァリン X-MEN ZERO」でもなあーこのタイトルどうかと思う。
とのっけからぼやきだけど、原題名はX-Men Origins: Wolverineたしかにこのタイトルでは分かりにくいが、実はゼロって名前のキャラクター(ガンカタ使い)が出てくるのでそこが気になったんだよね。

で物語は1845年、カナダ。虚弱な少年だったジェイムズ・ハウレットはある晩、庭番であるトーマス・ローガンによって父が殺されるのを目撃し、激情に駆られた時に指の間から鋭い爪が伸びるという能力が発現した。そしてそのまま父を殺したローガンを刺し殺してしまうが、ローガンは死の間際にジェイムズに自分が父親だと告げる。そして兄であり同じミュータント能力を持つ、ビクター・クリードとともに1世紀近い時を戦場におくことになる。

ジェイムズは南北戦争やWW1にWW2、ブラッディオハマなど激戦区で戦ってきたが兄のビクターの破壊衝動に危惧を覚えていた。そんな時、ヴェトナムで従軍中に無差別に乱射するビクターをとがめた上官を彼は殺してしまい、味方相手に立ち回りの末、上官に反抗の罪で銃殺されるが、超回復能力を持つために死なず牢獄に入れられるが、そこにストライカーと名乗る男が彼らをスカウトにきた、彼の率いる特殊部隊「チームX」へ。しかし彼らの非道な振る舞いについていけずジェイムズはチームXを去る。数年後カナダの山奥でジェイムズはローガンと名乗り、木の伐採をしながらケイラという学校の教師をしている女性と暮らしていた。彼女は彼の過去を受け入れた上で一緒に暮らしている。心の平安を得るローガン。しかしそんな平穏を破るように訪問してきたストライカー。何者にかにかつての仲間が殺されている、チームに戻れという話を今の暮らしを大事にするローガンは断るのだが…。

なんかあらすじこのまま全部書いてしまいそうな勢いだけど、アヴァンタイトルはヴェトナムでの上官をビクターが殺してしまって銃殺されるところくらいまで。

で何故、アダマンチウムの骨格と、以前の記憶が無いのか?っていう事を明らかにするストーリーでストライカーは演じている役者さんは違えどX-MEN2に出てきたストライカーと同じ人ということらしい。

もちろんアメコミの方もいろいろ話が積み重なっているので、これは映画オリジナル。でもこの作品、キャラクターが多すぎてそれぞれに見せ場があるもののイマイチ盛り上がらない。ただウルヴァリンと兄であるビクター(セイバー・トゥース)とのバトルやチームX のメンバーの能力とかもとりあえず見せたでーみたいな感じになってて残念。ゆうなれば超圧縮で少年ジャンプでお馴染みのバトルトーナメントをしましたよ、みたいな。

嫌いじゃないけれど、今回限りの人とかも多くてもったいないなあとか思ってしまった。ただ個人的にはガンビットが出たのは良かった。もっとも出番少ないしあと、あんなジョニー・デップっぽい人じゃないんだけどなー、自分の中では。出来れば彼のスピンオフを観たいが、なんでもヴィランのデッドプールのスピンオフが作られるんだとか。うーんよー分からん。

エージェント・ゼロというアジア系のストライカーの部下。明言されていないが、コイツはガンカタ使いだ。でもぴょーんとジャンプしたりとかだけでミュータントなのかどうかは微妙な部分。でもこれならプレストン(リベリオンの主人公)もミュータントだよな。

X-MENメンバーからはチャールズ・エグゼビアことプロフェッサーXが出るがアレ本当にパトリック・スチュワートなのか?お目々がパッチリでキモかったぞーwww、あとスコット・サマーズが出ていたがウルヴァリンとの面識無かったじゃんというのはそう来たかと。

とりあえずアメコミ好き。前作から追ってますとかあと、ヒュー・ジャックマンファンにはオススメです、ハイ(笑)

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

More
[PR]

by tonbori-dr | 2010-06-09 23:52 | スルー映画祭り

*これぞ、漫画映画実写版『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』

『エグザイル/絆』の感動も冷めやらぬ今なんだけれど、ともかくこちらの感想も上げておかねばということで。

実は前評判も高く、アメリカでも大ヒットとは行かなかったもののボックスオフィスで初登場チャートは№1を取った作品。

監督はギレルロ・デル・トロ。昨年の『パンズ・ラビリンス』(未見だけどこちらも評価高し)や『ロード・オブ・ザ・リング』の前史になる『ホビットの冒険』の監督にも決定し注目されている監督だが筋金入りのオタクでもある。
バラエティ・ジャパン | ギレルモ・デル・トロ止まらぬ日本アニメ賛歌

そんな彼が前作の続編たるこの映画に詰め込んだのは、自分の愛するモンスターやクリーチャーへの愛情であり、まさに自分自身の投影でもある。

恋には不器用な主人公、好きな事にはこだわるがだらしなく、だけど純でうぶなレッドことヘルボーイや、知識は豊富で詩を愛し、心を読んだりすることは出来ても心の機微にはちょっとだけ疎いブルーことエイブ。この2人は明らかに監督の分身とも言えるキャラクター。だからこそここまで温かく彼らの心情が描かれている。

だからこそ原作者のマイク・ミニョーラ(彼は製作陣にも名を連ねている。)がそのシーン中にバリー・マニロウのヒットソングを入れるのに難色をしめしているにも関わらずそのシーンを挿入したのだろう。基本的に原作ファンでもある彼がそうしたのにはやはりそれだけ思い入れがあるということ。正直、上映中最初聞いたときは違和感があったけれどシーンの意図が読めた時、なんと染み入るんだと思った。

それ以外にも漫画映画でお馴染みのシーン。巨大な怪物に当たるサーチライトに逃げ惑う群集。ロープ一本で危機一髪のヒーロー。迫り来る軍団。などなどイメージビジョンをきちんとスクリーンに再現している。

そしてクリーチャーたちは明らかにギーガーやアメコミの影響を受けているが端々のイメージに御大宮崎監督とよく似た構図を観る事が出来るし、ややもするとあるシーンでは『アルゴ探検隊の大冒険』のオマージュと言われるシーンが『太陽の王子ホルスの大冒険』にだぶるところもあった。一般的に『もののけ姫』のアレを思い起こすシーン(そこはそうらしいと町山さんがポッドキャストで言ってましたけど)がそうなんだろうなとかいう話なんだけれど、こういうところが彼の漫画映画魂なんだろうな。

そういう熱い(人によっては暑苦しい)魂にあふれた1本。ただアクション関係は若干甘い。個人的にはそこが残念。まあ瑣末なトコかもしれんけど。
個人的にはクンフーアクションには若干食傷気味ですし、基本ドニー・イェン先生とジェット・リー先生の前には全てが霞むのでまあしょうがないです(苦笑)だけどレッドの肉弾戦は〇。やはりあの腕があってこそだしね(^^)。アクションが練れてきたらさらに良かったとは言っておきたい。


「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

余談でネタバレ。読むには自己責任でね(゚∇^*)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-01-19 22:11 | Movie

*鋼鉄の男がアメリカを救う。『アイアンマン』



なんだかアメリカでは大ヒット、上半期はぶっちぎりながら中期に『ダークナイト』がそれを上回る大ヒットを記録した。
そしてどちらも日本で公開されたが期待されたほどの数字は上げられなかったそうだ。

アメコミ映画:要因は格差社会? 「ダークナイト」「アイアンマン」不振の背景(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
ここでの町山さんの分析はちょっとどうかなというのはあるし、これ切り貼りされてるのでは?と思ったりするけれどバットマンというキャラクター自体が弱いし、アイアンマンに至っては日本で知っている人ってアメコミマニアに限られるんじゃないだろうか?

確かに自分が観た時もレイトで僅か5人。最初は上映開始5分前に入ったら自分だけだったので『オイオイ、貸切か?』と思ったけど始まる寸前に4人も入ってきてちょっとだけガッカリ(苦笑)ちなみにコレ以下だと三人の平成の『ガメラⅢ』だったっけ(^^;

ひるがえって『ウォンテッド』のアンジーは最近ではすっかりそのスジ(笑)の人扱いで露出も高く知名度もあるというところか。
また宣伝もそうやっているのが殆ど。ウィルの主演作(そういえば『ハンコック』結局見逃した)が安定してヒットしているのは日本でのウィル人気とまめなキャンペーンに他ならないからだと思うのだが。
バラエティ・ジャパン | ウィル・スミス主演2作連続30億超え

もちろん『アイアンマン』のロバート・ダウニーJrも来たけど、それほど大きくメディアで取り上げられたか?っていう話。

とはいえそれと映画の出来はまた別の話で実のところエキブロお友だちのお2人がこれまた上手く言い当てている。

えろぶろ at Excite : アイアンマン
「ダークナイト」のバットマンも大会社のオーナーであり、ハンドメイドのヒーロースーツを着る「普通の人」なのだが、「ダークナイト」が現代にあって「正義」を標榜することの限界と代償まで描き出しているのに対して、トニー・スタークは能天気すぎるのだ。


シネマ親父の“日々是妄言” : 「アイアンマン」最強!家内制手工業(^^;!!
世界最強の家内制手工業


こっからは完全ネタバレなんでまだこれから行くぜという人はご了解下さい。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-10-23 00:34 | Movie

しかも攻殻機動隊も実写とは。

で映画ネタ3連チャンになってしまったのだけれど、
Excite エキサイト:芸能ニュース:スピルバーグ、「攻殻機動隊」を3D実写映画化 [ 04月15日 13時34分 ]Variety Japan
スピが監督すれば『銃夢』を監督するとか言ってる(だけど『アバター』を先に撮るので本当に出来るかどうか?な)キャメロンに続く快挙!となるけど残念ながら監督しない模様。

正直、大丈夫かあ?ってのもあるけれどまあ、しょうがないしココは目一杯期待する方がいいのだろう。
面子的にはプロデューサーの一人アヴィ・アラドはスパイダーマンシリーズにX-メンシリーズにファンタスティックフォーシリーズのアメコミ映画に携わった人だとか。
なのでアメコミチックな攻殻機動隊いやいや、まああのクオリティだと安心ってことで(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-15 22:54 | column@Movie

X-MENもトリロジーっすか?

Excite エキサイト : 芸能ニュース|映画「X-メン」シリーズ、第3章で終了か [ 05月23日 21時04分 ]ロイター
というかブレット・ラトナー監督がやらないよということで誰かするんじゃないっすか?
というかX-MENってもともとブライアン・シンガーが監督してたし。
そもそも原作を握ってるマーベルが一番発言権があるっちゅう気がするし。

とにかくどっかの人が儲かるからやるべというとまた作られるんでは?

そういえばマーベル作品はクロスオーバーで各作品の枠を超えた共演があるそうだけど、ウルヴァリンとスパイダーマンのガチ勝負とかあの映画版の陰鬱な新パニッシャーが絡むのが作られる・・・・・・可能性はやっぱ低いだろうなあ(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2006-05-24 00:56 | column@Movie