そんなこんなでトヨタはF1から去った。

まあこんなニュースが流れて
NIKKEI NET(日経ネット):企業ニュース-/ブリヂストンF1撤退 「速さ」より「環境」、変わる技術競争
次はグッドイヤー?それともピレリ?まさかミシュラン。いやいやダンロップとかまあそんなことを思っていたら、
トヨタ:F1今年限り撤退 日本勢ゼロに - 毎日jp(毎日新聞)
まあそうだろうなあとか言う感じしか思い上がらない。
欧州でクルマ社会に食い込もうとするとWRC。そしてやがてはF1というのは鉄板だった。
だから名実共にガリバーとなったトヨタが参戦するのも自然の流れだと思っていたし、それはそれでええやんって感じだったけど、実は薄々リーマンショックの前からあった流れだけど、時代はエコ!なわけで内燃機関のクルマというのはそこれは旧時代のものでしかない。で新時代に対して抗うか消え去るかを選択させられているというのが現状。(実は消え去る必要は無いんだけれど、ビジネス的にそうしないと何かと困る人たちがいてそうしているっぽく見える)もちろんエコ、エコいってる(している人じゃなくて言ってる人たちね)人たちはもちろんそこにのっかるので、さらにモータースポーツがすごい勢いで陳腐化しているように見える。だけどこれも見えるだけで、実はクルマの競走で人が走るのと大差ない。
ただマシンだなんだかんだを使っているので巨額のマネーが動いて色々まあワケわかんなくなった人たちが大勢いたけど、その人たちはエコマネーにいったとそういうことかなあと思っている。ちなみにコレは自分の雑感でありそれが本当の事なのかどうかは分からんけどなんとなくそう見える。
で、マーケティングなトヨタ的にはメリットねえなという話になったかなと。もちろんトヨタの中にもカーガイ(クルマ好きな人たち)はいただろうけど(山科さんとか若社長とか)お殿様のつるの一声で物事が決まるご時世でもないしまあ当然の結果。

自分は基本F1というのは好きというよりクルマが好きだし競走も好きだしという部分ではまあ残念だけど、肥大化したF1を整理してプリミティブなモータースポーツに戻すチャンスかもしんないなあとか思った。
けど、まあビジネス的にエクレストンがいる限りは無理か。あとオイルダラーが入ってきてワケわかんなくならないようにねーとか思うけど実際もうお金を落としてくれるのは彼らくらいかな、中国もあとそんなに長くは落としてくれ無さそうだし。(それでも十年くらいはという読みもあったけど流れも早いので)まあ暫くはゴタゴタが続くかもしれない。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-05 23:03 | モータースポーツ