今日は『BOSS』、昨日は『臨場』が最終回

刑事ドラマ、2本が終了『臨場』は特に2時間SPというわけでは無かったけど、原作エピを使って迫力の最終回だった。もっとも原作ファンはどう観たか?気になる部分ではあるけど。

まとめエントリは別館に書くけれど刑事ドラマとしては原作ありとはいえ最近の流行も上手く取り入れ、普通の刑事ドラマでは脇の犯人のヒントをくれるだけの役割でしかない鑑識のそれも検視官(変死者又は変死の疑いのある死体(変死体)の検視を行う司法警察員。本来は検察の役割を代行している。)を主人公にして声なき声を根こそぎ拾い時には、自殺の見立てさえも覆す、終身検視官との異名をとる倉石を『ゴンゾウ』の内野聖陽が好演。
先のクールの『ヴォイス』はその変死と判断された死体を司法解剖する法医学の立場からの話だけど個人的には刑事モノが好きなのでこちらに軍配があがる。でも初回はちょっと低調だったけど2回目以降はぐんぐんと引き込まれた。とっつきにくいけどという感じ(笑)
検視官 - Wikipedia
原作はまたドラマと違うけど横山さんらしい短編集、さくっと読めるのでオススメ。

臨場 (光文社文庫)

横山 秀夫 / 光文社



対する『BOSS』は天海祐希演じる訳あり元キャリア大澤絵里子を中心にはみ出し者が集まってチームとなり難事件を解決する昔からよくあるフォーマットに海外の刑事ドラマなどのテイストを盛り込んだスピード感のあるドラマ。以前にネタで『ポップでキャッチーで本格派』ってヲイと思ったけどなるほどねと思った。
けどやっぱり恥ずかしいぞ
ただ人気はありそうなので第2弾はあるかも。ラストもどこか?(またアメリカ?)へ旅立つが対策室はそのまま存続。続編を匂わしてるしね(笑)しかし間宮貴子とダチ設定は踊る大捜査線の青島が『正義は勝つ』の高岡淳平を口にするのいっしょだけど、こちらは脚本家が『離婚弁護士』と同じなこともありさらにベタにしてたなあ。で次があるならハンチョウを招聘して下さい(笑)

BOSS (テレビドラマ) - Wikipedia
離婚弁護士 - Wikipedia
[PR]

by tonbori-dr | 2009-06-26 00:02 | TVdrama