人気ブログランキング |

*これぞ、好漢譚。『エグザイル/絆(放・逐)』

さてさて、香港電影のいまや巨匠となったジョニー・トー/杜琪峰。彼の2006年度の作品がよくやく2年越しで去年から日本でも公開。
で、こちらで『凄い!』『傑作』と言われて、
愛すべき映画たち 『エグザイル/絆』(2006/ジョニー・トー)
『西部劇』、『粋』と言われ、
**まさしくトーさんの作品だ!〈 放・逐 / Exiled 〉** 日刊【考える葦】Returns
今のネットお取り寄せ時代、リーフリ機かドライブにちょっとする必要はあるかもしれないが観れない事もなかったが、『ブレイキングニュース/大事件』も『PTU』結果的に観れたし、キングさんが版権買ったというのも聞いたし、もう少し待ってみようと思ったのが去年。でやっと公開の運びとなり、随分待たされたけれど、それだけに期待もマックス。

で、果たしてどうだったのか?

はっきりいって、期待通りの作品。
お話自体はそれほど難しいトリックやドンデン返しがあるわけじゃない。
男達の、静かに、だが熱く燃える友情。そして硝煙の渦巻く銃火。

そして激しい情熱を燃やす女。

悪漢は悪漢らしく。好漢は好漢らしく。これぞジョニー・トーの独壇場。

あーもう、テキストでは伝わらないのがもどかしい。

これぞアクション、いや漢気映画!

トーさんファンには、『ザ・ミッション/非情の掟』の主要キャストが集合しその後をなぞる様な物語を紡ぎだすという楽しみもあるが、そんな細かい事を知らなくとも状況で語らしていく様は明らかに『PTU』で磨かれたものだと思うんですが、どうざんしょ?

そして何時もは良いホンに良い監督(演出)そして良いキャストのトライアングルと言うおいらだけど、この作品はホンが無かったそうだ。いやあらすじはあっただろう。だけどトー監督は、その前に制作した畢竟の大作『黒社会』で心身ともに疲れていたという。なのでとりあえず何も決めないまま、『ザ・ミッション/非情の掟(鎗火)』の主要メンバーのその後的なものでもということで集めたキャストとマカオというロケーションだけの大枠から、この映画を撮り上げた。

香港電影で鍛えられた人たちの実力、ここに極まれり。
もちろんワンアイデアで話を転がす作品に今まで例が無いわけじゃない。
例えば『崖の上のポニョ』だってそうだ。で、思ったのは両作品とも監督のイメージが出てくるまで『待った』ということ。
これはアニメ映画でもとんでもない事なんだけど、実写映画ならさらにとんでもないことなのは考えていただければ分かるだろう。

だからこそアンソニー・ウォン/黄秋生がこう言うのも分かる。
愛すべき映画たち アンソニー・ウォン、リメイクについて吼える!
からの孫引きになるけれど、
「ハリウッドリメイク?やれるものなら、やってみればいいさ。この映画は香港でだって、俺たちのような仲間でなければできない映画だ」

そう、出来上がった作品をそのままなぞってしまっては元のようにはならない。
まるでジャズのジャムセッションで産まれた即興音楽、インプロヴィゼーションなのだから。そこでこうまでされてはまさに脱帽するしかない。
「エグザイル/絆」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
関西は先週から公開がはじまっている。
今週からは確か京都でも公開がはじまったはず。
トーさんファンのみならず香港映画を観ている人。カッコイイ男達を観たい人。アクション映画に一家言持っている人。みーんなまとめて面倒見るぜの映画です。是非!
さらに公開規模も広がっているので嬉しい限り。




ちょっとネタバレなんで後ろに持ってきています。








西部劇をモチーフにしているのは、
エキブロ友だちのGun0826さん、
えろぶろ at Excite : エグザイル/絆
それにブログ友だち、しかもトーさん言及がとりもつ縁の森と海サンも言及している。
**まさしくトーさんの作品だ!〈 放・逐 / Exiled 〉** 日刊【考える葦】Returns
まあベタに言えばアウトロー系の西部劇の傑作、サム・ペキンパーの『ワイルドバンチ』にインスパイアされているというのは観る人が観ればすぐに分かる話なんだけれど、監督の懐の広さを改めて思い知った。日本でも西部劇にインスパイアされた傑作は日活無国籍アクション『渡り鳥』シリーズや他にも色々あるし東宝では岡本喜八監督の『独立愚連隊』シリーズやいくつかの作品は西部劇の影響が大きいけれど、トーさんはきっちり、自分のモノにしてみせた。ネタとして『スキヤキ・ウェスタンジャンゴ』っていうのがあったけれど、そうじゃなく『独立愚連隊』のように風景、シーンと少ない台詞でやって見せたのだ。コレは出来そうで出来ない。分かり易いお約束じゃない、決め事を流れに差し込んでいく。確かにキッチリしたホンではこれは無理。インプロヴィゼーションならではだと思う。
上でもちょっと触れたけど脚本無しだというのはあきらかで、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。だけど一本の芯がトー監督とキャスト、スタッフにあってそこから逸脱せずオチを付けていく。いやこの場合は落とし前を果たす。まさにトーさんの独壇場である。


役者も常連の使い方、そして配置の仕方。アンソニー・ウォン/黄秋生、ラム・シュ/林雪組にフランシス・ン/呉鎮宇、ロイ・チョン/張耀揚組にヤムヤムことサイモン・ヤム/任達華、『ブレイキングニュース/大事件』からトー組参加のニック・チョン/張家輝からホイ・シウホン/許紹雄やエディー・チョン/張兆輝、リッチー・レン/任賢齊などトー組常連によるからこそ出来た奇跡の1本とも言える。

特にニック・チョンとリッチーは出番は多くないものの印象に残る美味しい役回りで主役4人を盛り上げる。
またジョシー・ホー/何超儀もニック演じるウーの妻役でこれまた印象深い演技を披露してくれる。そういえば昔の日活アクションとか東映任侠&時代劇、そして東宝娯楽映画にはこういう女性がよく描かれていたよなあ(遠い目)

by tonbori-dr | 2009-01-25 00:40 | Movie