人気ブログランキング | 話題のタグを見る

NHKプロフェショナルに鈴木Pが出演

なんともはやこのおっさん。インテリである。
その上力みを見せない。そういうとこがこのおっさんの怖さでもある。

またこういう番組に出ることによるその効果の計算があるはずなのにそれを感じさせない。
あらかじめ上限を設定しているような言があったが(リタイアに関する言葉)それはないだろう。
このおっさんが自分が作る映画の一番の観客としている限りはその上限は青天井だろう。
「みんなの期待に応える」
仕事を『祭り』にする
自分は信じない、人を信じる。
そういうことをのっぴきならないところで発言するところがこのおっさんの矜持であり強さであり
ズルイところだ。
まず祭りに関して言えば脱落者を作りたくないという事をおっしゃるがそれはその時点でそこにいる連中が既にトップガンじゃん。いや試験とかそういうことはとっぱらってもジブリにいるってことが縁も含めてそういうことなんだし。
しかし現実には出た人もいるんだけど少なくとも作品にかかっている時にはそれだけ皆を鼓舞し盛り上げていってることも常勝軍団には必要で大概の常勝軍団はそういう風に士気が高い。
それを確保しなさいってことですわね。

ちなみに鈴木Pに関してはアニメージュ読者だった頃から知っているけどアニメージュは当時のアニメ誌ではアニメック、OUTを除けば文章量で売っていた雑誌だった。大手では老舗であり角川のニュータイプが仮想敵いや現実的なターゲットにしている。
そこを仕切っていたということなんだけれどおいらには尾形編集長の方がなじみが深い。
もしかするとその辺りもこの人のすげーとこかもしんないですな。

by tonbori-dr | 2006-04-06 22:54 | anime&comic