浮かれる季節で思い出すのが『ルミナリエ』

もう街はすっかり浮かれモードである。
忘年会にいくとおぼしき男女の一団が駅からそそくさと繁華街に向かう風景。
ほんでもっていい具合に寒くなっていることもそれに一層の拍車をかけてますか。そうですか。
でそうなるといわゆる『ロマンチック』なイルミネーションつうことでそうなると神戸の『ルミナリエ』である。



語源はイタリア語の電飾による飾りの事で東京でも同じような『東京ミレナリオ』つうのがある。
阪神大震災の鎮魂を目的に行われているが既に神戸の冬の風物詩として定着した感もある。

これほど野郎と連れ立っていくと寒いイベントも無いが元々のイベントの目的を考えるとそれもいいかもしれない。
とはいえやはりアベックが多いのも事実だ。

それに人出も多くじっと見るだけでもけっこう息が切れる。それでもその美しさは一度は観ておいてもいいだろう。

もし観るならちょっと遅めか早めのどちらかが吉。そして人ごみばかりだがスイートスポットを探してちょっと離れて観るのがいい。

何度もいく必要は無いが一度観ておいても損は無いと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-12-08 23:05 | 私声妄語