ヤマト2199第七章を観て。(ネタバレ)

リメイクされた「宇宙戦艦ヤマト2199」
第七章観てきましたよ。

元々今更ヤマトリメイクかよとか思っていたけど、第一章冒頭10分の冥王星沖会戦(海戦)でがっしりつかまれてしまったので、ずっとおっかけてた。

まあ一応、説明臭すぎるとか、辻褄あわせじゃないけど、そっちを優先で若干盛り上がりにかけるとかいろいろ問題点もあるし、またそこが許せんとか、他にも諸々で許せんという方もいらっしゃるようだけど、それを考慮しても、よくまとめたなという事と、いい着地点を見つけたなという部分で肯定したいと思う。

まあちゃんと伏線も活かしてたしね。(もっとも投げっぱなしのもあるけど、それは本編の帰結になんら影響を及ぼさないので無問題)

ただし続編については、個人的には是非観たい。まあこの結末だったらできへんやんとか、この後ヤマトあないなってしもうてどないするねんとかあるようだけど、実はこの後2199ユニバースとして新展開できるってことなんだよと。もちろんガトランティス(2199にもガミラスと覇権争いをしていたという形で出てきた)でもいいし、暗黒星団でもいい。話だって2201とかでなく2203とかちと間をあけてもいいじゃないのと。

その上今回、非常に面白いお題が続編に託された訳だし、出渕監督はやる気持ちは無いということを以前におっしゃってたわけだけど(外伝には非常に乗り気らしい、まあガミラスのあの描写を観ればさもありなん(笑))監修というポジションで別の人が舵取りをすればいいんじゃないかと。

その中での新地球防衛艦隊とか、ある意味、艦隊戦ってのを描いて欲しいもんだなあと。さらばや2のように拡散波動砲でボカーンの後、圧倒的な白色彗星によって蹂躙という大味なものでなく、またたった1隻の戦艦がそれこそ波動砲で敵を殲滅するでなく七色星団のような作戦行動とか描けるんじゃないかと。

さすれば結構そこに人間ドラマがまた生まれてくるんじゃないかと。まあ毎年夏になると東宝の戦争モノとかをぼんやり観ていた人は思ってしまうわけなんですねえ。

でいろいろあったけど第七章を観るに、このスタッフならそれいけるんじゃね?とかまあそう思ったわけです。
先々はそれこそ出渕監督の「神のみぞ知る」やけど、ちと期待したいですね。



あのコスモリバースの処置は確かに999的だよなあとか思ったり、艦長との絡みで完結編できないとかいってた人、正直沖田さん復活はスゴイ興ざめだった歴史を知ってるのかなあと思ったり。
あの時、佐渡先生設定を揺るがす話でさすがに西崎氏そりゃないよな感じだったと思うねんけどなあ。

あと波動砲がああなったのでやっぱり続編ないっすという話もあるけど、知恵の火を手に入れた人類がそれを簡単に手放すだろうかとか、そのあたりでも物語が紡げるやんかとか。さらに銀河深遠部から強大な何かが来たときにどうするのかとかね。

冷静にビジネス上の判断で売れてんだから次あるでしょという話は頷けるが、まあなんだろ、それならやってほしくないというちょっと相反した気にはなる。だからこそこのスタッフの共通意思みたいなものを上手く続編にもりあげていけるならして欲しいという。やはりよく出来たユニバース設定を観ると観客としてはその先が観たくなるものだから。なんせ今回は魅力のあるキャラクターも多くでてきたのでね。

アンドロメダは正直、ムサシとか、あと因縁のイズモとかという名前でリファインしていただきたいものですぞ(笑
[PR]

by tonbori-dr | 2013-08-26 23:37 | anime&comic