毎度のことながら『プリンセス・トヨトミ』

関西ではまだムーブオーバーやっとるんだけども、まあ地元民としてはやね、『阪急電車』と秤にかけてこっちにいったわけなんよ。やっぱり大阪国民やしというわけやし(笑)
で原作読んだ前提での感想ということでそのあたりはまあなんちゅうかとめおいてもろうてね。がっつりネタは割らんけどまあ大阪弁でいきますんでそういうことでよろしくちゅうことで。

なんやろうなあ、キャストには非が無いし、演出もそんな目くじらたてるほど悪くは無いわけなんやけども、なんやろうかなあ脚本がちょっともにょる(^^;
いやホンというより原作からの改変部分があまり上手くいってないという印象やなあ。
大きいのはキャラの変更。いや、じゃこ屋がでてけえへんのは分かる。キャラクター増えすぎるし、しやけども主要キャラクターの性別変更はどないやねんとまあそういうこっちゃ。

綾瀬はるかっていう女優さんはやね、天然ボケをさせると輝くと思われとるみたいやけども、同じように万城目先生の「鹿男あをによし」で原作キャラを女性に変更したのが上手く行ったからちゅうて、今度も綾瀬たんありきで原作キャラクターを男女逆転させてみたでっていうのが、その残念ながら上手く機能していなかっんちゃうんっていう感じでどないや?みたいな感じやねんなあ。

ようするにバランス的に陰と陽、五分と五分で男女入れ替えたやろうけどもやね、やっぱり旭は、女性でないとまとまらないのと違うかと。で結局、おとんから息子への継承みたいな部分だけが強調されてもうて、そこにあったボーイ・ミーツ・ガールなところとか、母性の部分が描写はあったけども正直薄まってしもうてつらかったなあ。もうね綾瀬たんはいるんや!ミラクル鳥居は女でいくんや!やったら旭も女でやねいいんとちゃうの?「鹿男」のときかって、藤原くんだけキャラ変更でいったんやし。

いやねまあ、美術とか雰囲気はええし、空堀のロケとオープンセットの融合がいい具合であーあんなんあるあるみたいなね、それはちょっと感心したんわけやねんけども、でも実際に空堀のところにある中学があんな古めかしいのかどうかまでは知らんけどね、でも結構学校といえば古いみたいな部分とかも気分でとったし、そういう枝葉は良かったかなあとは思ってる(多分あれどっかの大学でロケってると思う、パンフ買い忘れたんでよう知らんけどwww)

というかワシの本音的には、ドラマで1クールじっくり向きな企画でやったらよかったんちゃうのと思ったなあ。2時間の映画にまとめるにはちょっと無理があったんちがうかなあと。1日を1時間でリアルタイムと違うけどね、そういう感じでじっくりと書き込んでほしいお話やったなと。
まあキャストが熱演やったんでちょっと点は甘くなったけどね(あと地元ラブもはいっとるんでね)まあそういうことで。

「プリンセス トヨトミ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

キャストの話してますねん。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-07-09 23:55 | Movie

SP革命篇を観てもの思う。

さてさて、土曜のドラマの頃から観てたわけだし、野望篇も観たのでそりゃ観ないとむずかゆくなるってわけで観てきた。完バレはしないがちょっとバレしとります、よしなに。




ともかくV6岡田君のがんばりは確かにすごい。いろいろやってる努力も感じられたし、アクション設計も凝っていると思う。細部のディテールも雰囲気を盛り上げている。野望篇を観た人やドラマからの人は観た方が楽しめるね、以上。

で終わってしまうのはまあアレなので、つらつらと書くよ(笑)

基本的に3幕構成なストーリーをわざわざ2本の映画と特番ドラマに別けてしまったため正直、冗長。
そのため尾形の動機と正体に突っ込める心理的に余裕が出来てしまう。
たしかに議事堂ハイジャックを丁寧に、ハリウッド映画のようなディテールを重ねて行きたかったのは理解出来るが、リバプールとか伊達の扱いなど消化不良にして引くのはどうかなと。
いや、アメリカンニューシネマのように巨悪は倒れないってのをやりたかったのは分かるけど色々消化不良なエンディング。これじゃギャグマンガ日和のソードマスターヤマトだよ。「俺達の戦いは続くみたいな(⌒-⌒; )しかもちょうど観た時に後ろにけばい姉ちゃん2人組が「これ、ゼッタイに続編するよなー」って(笑)ファイナルエピソードって出ていたにも関わらず、おいらもそう思ったよ(爆)これがファイナルならリボーンとかリターンズとかで(爆笑)そのため中盤少し間延びしているような感じも残念。熱意はあるし工夫もしているけどオチが残念みたいな。

あと主要登場人物でもある公安田中君(野間口徹、好演!)が急に重傷で病院にはいってるシーンからってのは確かににドラマを観ていたら、分かる事だけど、映画だけの人にはどうなの?と感じる。いちおうさらっと説明はしているんだけどあそこはドラマじゃなくて冒頭にインサートしたらよかったんじゃないかなあ。

かなり段取りを気にし過ぎてちと残念な感じだがまあ脇がいい味を醸してる。(公安田中君とか4係のメンバーを演じた石田役神尾さんとか山本役松尾さんに庶務の原川役平田敦子さんとか、特に松尾氏はMM9に朝の連ドラ「てっぱん」など売れっ子。野間口氏はいろんなドラマでも見かけるし、「サラリーマンNEO」でもいい味を。そして神尾さんはオーズでドクター真木を怪演中ww)

と気になる部分をつっこんでおりますがドラマに入れ込んでた人、そして野望篇を観た人にはオススメですww
それ以外の人は…真木よう子に蹴られたい人は観てくださいwあと岡田くんLOVEな人とか堤さんLOVEな人とか。でもうるさがたの人が観ると多分1ダースはツッコミがでてくるので精神衛生上オススメできませぬww

しかしある意味『相棒』はホームは連ドラっていう意識があってあえてああいう結末を用意してきたけれどSPはどうなんだろ?もちろん確実な部分を曖昧にはしているのは意識はしているんだろうけどファイナルっていう盛り上げ方をしている部分とちょっと乖離しててそこは制作側の読み違いが。続編っていうのはファンの後押しがあって事なんだけどだからといってあえてあそこまで宙ぶらりんなのはちょっと冷める人もいると思う。あえて『相棒』は退路を断った感じでそこが(だからこそ最終回の「亡霊」が生きてくる)差かなと。

もっともあそこで堤真一演じる尾形が誰かに殺されでもしたらそれ、何処の「アンフェア」?になっちゃうけどねwだけどドラマのフィールドなら多分また相棒に迫れるんじゃないかなと。ただその場合はSPではなく公安田中君主人公のスピンオフが良いよねみたいな。もちろん念頭にはNHKのソトゴトこと「外事警察」があるんだけどね。

実は目に見えるテロとの戦いより見えない部分での暗闘の方がこの分野、多分鉱脈が眠っていると思う。ソトゴトはドラマ的に最後のオチはちとエライ大きな事案になったが話としては現在も進行中なので面白いと思う。敵はそれこそ身内から外国勢力、宗教団体、ウヨ。サヨまでオールスターっすよ。もちろん反社会的組織も忘れちゃいけないw
実現度低いかもしれんけど激しく希望。

「SP 革命篇」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-04-11 23:29 | Movie

GANTZ雑感

ということでGANTZ観た。原作厨でもOKとする人とダメだしする人と分かれると思う。
その大きな要因は主人公の年齢設定があがったことによる根本の改変。
ちなみに原作はいちおう読んでいるけどコミックスは持ってない。まあ変わってるところは全然OKだった。

ちなみにSBヤマトをディスってる人もGANTZは寛容な人が多いような気がする。あくまでも自分の観測範囲内だけど。

で、年齢改変とかも松ケンにニノを主演にもってくるあたりだけではなくて、それもふくめ2時間に圧縮するためとこの後に続く完結篇につなげるためじゃないかなと想像した。もとより原作どおりに実写化するならそらもうLOSTよろしくシーズン5くらいまでつかって(1シーズンは20話前後)でFAでしょう。でないと無理。それに今の原作の状況なんて完全にハリウッドの映画のようになってるし(っていうかハリウッドでも無理目な感じになってきた。主に物量的に)

でも皆さんんの言うほど上手くまとめきってないようなストーリーではあった。それでもダメダメじゃなく、玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)と岸本(夏菜)にフォーカスをあてたことで話をコンパクトにまとめやがったなというのが、いい具合に働いてると思う。
特撮に関しては中々によく見せている。陰惨なシーンもTV局主導ながら粘ったかなと思うし、そこは評価できる。
とりあえずニノファンとマツケンファンは行っても損しないし木戸銭の元は取れると思った。

ああ、そういえばタエちゃん(吉高由里子、原作では中盤から急に存在感を見せてきたキャラ)原作と違って序盤から出たけどやっぱり空気だと思ったてたら急にラスト間際にグイグイおしてきたから(笑)そこももしかして原作リスペクトか?wwと思った。っていうか山田孝之が最後にふっと現れてコイツ誰だと思ったらオリジナルキャラでしたという。
確かに前半アレだけの出番で舞台挨拶って言う事ないよなー。後半で存在感を出すんでしょうけど。
やっぱりそこはフジの『SP』2部作と一緒で前後編にわかれてるんで消化不良感は若干残る。まあ個人的には続き観たいなと思ったから自分的にはいいんだけども。その観てて思ってたんだけどまあ興行形態のことでこうなってるんでしょうけども(制作のことも含めて)伝説巨神イデオンよろしく「接触篇」「発動篇」のように連続公開してほしいすなー。無理でしょうけれど(爆)

でも次のFA(ファイナルアンサー)だっけかPA(パーフェクトアンサー)で評価決まるとは思うけど、アイデアはよかったんでもうちょっと踏み込める素地はできつつあるのかなと。個人的にはぜんぜんOKな1本。

「GANTZ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ちょっとやらしい追記(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2011-02-19 12:26 | Movie

地球防衛軍「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

公開日は映画の日ということもあって仕事も早くに終りそうなので、さらに巻いて早速観にいってきた。TBSプレゼンツ。STARRINGキムタクby 『SPACEBATTLE SHIP ヤマト』

ツイッターでは多少書いたけれど詳細はまだ公開したてということでクリスマス頃に書くとして、ざっとした雑感を書き留めておきたい。

正直もろ手でOKではない。だけど積極的にディスる気にもなれない。
まあオープニング(これはフジのスマスマでも一部放送された)の火星会戦とかVFXシーンがんばってたなーというのが大きいんだけど。で諸手でOKできないってのは、やっぱりこの人「リターナー」の監督さんだったなーということ。

ここで否定点を上げることは簡単だけど、先にも書いたけどTVでも放送されたOPシーンや諸々のVFXシーンはさすが白組というべきで、観ていておおっと思ったし、旧作ファンへのくすぐりもやっぱり別物と思っていても「オッ」となる。そういう部分と演出とかまあいろいろね、まああるわけですよ。あとキャラ変更は自分は納得だし問題なかったです。でもしなくても良かったかもみたいな部分もあるけどまあそこは意見分かれるかな。

結局、キムタクファン(否ヤマトファン)とかコアでなくライトファン層にはそこそこ受けるんじゃないだろうかと。その分、映画ファン、特撮好き、映画オタにはウケが悪いかも。その辺りを埋めるにはどうすればいい?という部分でもいろいろ問題点が見えてきた気がする。

あとギャラクティカ(リイマジ版)方面からかなり引用と剽窃という部分で抗議の声が上がってる。自分はまだ全部観ていないけれど、そっくりなシーンがあるとの事。(フッテージは見ているので確かにギャラクティカファンや関係側の言い分には説得力あり)それに衣装というかコスチュームそして先に言及したキャラ変更の部分でもヤマトを踏襲しながらもギャラクティカの匂いも凄く強い。
監督、ギャラクティカファンを公言しつつもその辺りの話をヤマト関連ではしていないので関係者がさらにヒートアップしている部分もちょっと残念な感じがしつつある。

まあこういうのはスターアイドルを起用し旬のモノでもありながらジャンル映画でもあるので気になるのなら観に行ったほうがいいし、興味がわかなければスルーかなと。っていうか予告で拒否反応でてる人にはオススメできんしな(苦笑)アレでVFX観たいという人は行っても大丈夫だと思います。


「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

おまけともうちょっと。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-12-03 01:03 | Movie

先週末の興行成績。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:「破」が興収20億円突破 公開17日で「序」を超える - 毎日jp(毎日新聞)
コレを見て、あ?仲間ちゃん(ヤンクミ)の『ごくせん』はどうだったん?と気になり、エイガドットコムのランキングをチェック。いちおうランキング1位で快調な滑り出し。40億も夢じゃない?らしいんだけど、ライバルと目されていると思われる(だよね?)ROOKIES/卒業は既に70億の大台だそうで、そっから考えると若干期待したわりに…という、いわゆる関係者多いんじゃないっすかね(笑)
国内人気映画ランキング : 2009年7月11日~2009年7月12日 トップ10速報 - 映画のことならeiga.com
とここまでつぶろぐで書いたら文字数制限にひっかかった(笑)
なのでエントリにアップ。まあヒマネタということで。
ちなみどちらも今後観に行く予定は一切無し(笑)

それよりも、『モンスターvsエイリアン』が7位発進がちょっとびっくり。まあ夏休みになれば盛り返すかもですね。

しかしTBS、視聴率は低いとか散々だけど、映画はヒットしてよかったですね(棒読み)
まあこれからも頑張ってください(棒読み)

個人的には『剱岳 点の記』にいきたいんだけど、時間が長いのでちょっと上手く時間が作れないのが悩みです。でもこれもフジがカネを出してる。まあこういう風に局側を騙したり(笑)、上手くのせていい映画が作られればとりあえずお金をもってるところが出すという意味でもいいんじゃないでしょうかね。(これはマジでそう思う。)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-15 00:13 | column@Movie

スチュワーデス刑事最終回を観た。

いやー10回つうことは10年かココ最近は殆ど観てなかったけどなんか最初の頃は観てたよ。
主演3人組も変わらず・・・・・いや確実に御年はめされたな。それはこちらも同様だけど。
よくよく考えると大したもんだ。海外旅行にグルメ、そこにミステリーをもってきた完全企画モノにしては大当たり?かどうかよく解らないけど正月の華やいだ気分にマッチしたんだろうなあ。

で最後はまさかのどんでん返し。ネタバレになるかもしれないのでこのへんにしておくが。
(もしかするとコレでも解る人には解るかもしれないな)

で今日久しぶりに観たと書いたがなんか大魔神のフィルム使ったり「義経」(財前直美は政子役で出ていた)とかのパロディとかなんかもうわやくちゃだがそれもああ正月用のゆるいドラマらしくていいなあとか(笑)

とはいえ古畑も終わりコレも終わって次なるコンテンツにはなにを持って来るんだろうね?
[PR]

by tonbori-dr | 2006-01-13 23:19 | TVdrama