タグ:訃報 ( 84 ) タグの人気記事

蟹江さんが逝った

訃報のエントリは上げないようにしていたのだが、やはり触れないわけにはいかない。

蟹江敬三さんが亡くなられたとのこと。69歳だったそうだ。
まだまだご活躍できるご年齢だけに残念だった。

最近のお仕事で一番有名なのは『あまちゃん』の祖父、忠兵衛さんだろうけど、
やはりここは『二代目はクリスチャン』の若頭、磯村だろうか。

あと『スケバン刑事Ⅱ』でナンノが演じた2代目サキをサポートする西脇も忘れちゃならない。

でも一番の白眉はタモさんの「今夜は最高」のコントで日活ロマンポルノ時代の強姦魔をネタにした寸劇だろうか。
あれは迫力あった。あれで蟹江さんのことを痛烈に、そして鮮烈に覚えたとここに告白する。

渋い声でのナレーションもガイアの夜明けで御馴染みなだけにその死は本当に惜しまれる。

合掌。

[PR]

by tonbori-dr | 2014-04-05 01:59 | NEWS

谷啓さんを偲ぶ。

タレントの谷啓さんが死去 「ガチョーン」が流行(共同通信) - エキサイトニュース
なんともはや…
そのクレイジーキャッツって大好きってわけじゃないけど好き?
というか、ドリフよりもまずクレイジーって人だったかも。
もちろんドリフの笑いが先にあったんだけど同時に東宝の映画をよく見た人というか、
東映は既に実録路線、任侠路線であったうえに喜劇は時代劇。

だからTVでやるコメディ映画といえば森繁さんかクレイジー。でセンスはこの人たち格段に上だった。ブレーンもまだイキの良かった時代の青島さんたちだし当然といえば当然か。

そんな中、谷さんはハナさん植木さんに続いてのポジションでだいたい植木さんの引き立て役だったりする。後年の釣りバカでの佐々木さんなんかはその延長線上だし、勘のいい役者さんだったのではと勝手に想像している。

ミュージシャンとしてもウチのご母堂がいつも「この人、トロンボーンは日本一やねんで」(正確にはそうではないが専門誌のランキング常連なので超一流なのは間違いない)といつもいってた。

「がちょーん」はめちゃくちゃ有名だけど「びろーん」とか「アンタ誰」ってのもあった。
「アンタ誰」ってのは谷さんがボーカルとった「あんた誰?」って楽曲もあった。

得がたいキャラクターを持ったミュージシャンであり俳優さんであった。合掌。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-09-11 23:15 | NEWS

また一人、優れた才能が逝った。

アニメ監督今敏さん死去、46歳 ベネチア出品「パプリカ」(共同通信) - エキサイトニュース

午前中にツイッター上で既にニュースが飛び交っており、公式アナウンスが出ていないので間違いであればと思ったが、午後に公式発表がなされた。

死因はガン。既に余命宣告を受けておられていたということでその遺言も公式サイトで発表されているがつながりにくい状況。

海外での評価も高い方だったので海外のサイトではツイッターの情報から複数ソースへ確認が入って報道がされた模様。

自分は「東京ゴッドファーザーズ」と「パプリカ」でこの人凄いな!と思ってて宮さんや富野御大、押井さんの後はこの人かなって思ってて、最近でこそ細田守、原恵一などの才能も活動しているが彼らをリードしていく人になると思ってた。

まだ46歳。早すぎる才能の早逝は非情に残念。合掌。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2010-08-25 23:37 | NEWS

軍団といえば

個性派俳優、佐藤慶さん死去 “本番演技”も話題に (夕刊フジ) | エキサイトニュース
今日は2人の偉大な役者さんの訃報があった一つは北林谷栄さん。岡本喜八監督の「大誘拐」の主人公が印象深いが、それとともにおばあちゃんをさせたら右に出るのは菅井きんさんぐらいだろうというくらい老け役の多い、しかも上手い方だった。

でもうお一方は、リンクをいれている佐藤慶さんである。
ニヒル、クール。エリート。知的なワル。インテリヤクザなど、まあいわゆる性格俳優という役を得意としワル役でなくとも、嫌味な上司などが多い。
でもこの方がいらっしゃなければ後の黒岩軍団や西部警察における大門軍団は無かった。

というのも石原プロモーションのこの一連の作品群の最初は
『大都会-闘いの日々-』というドラマで渡さん演じる黒岩は、佐藤さん演じる警視庁捜査4課(組織改変で今は刑事部から組織犯罪対策部に移ったが当時の暴力団担当部署)の深町課長を演じており、彼が指揮する直属チームが人呼んで深町軍団なのである。まあもっとも考えたのはあの御大、倉本聡さんではあるが。

個人的にはこのいわゆるPART1にはあまり思い入れが無く、黒岩が城西署の捜査課所属になって、徳吉刑事(松田優作)などと活躍するPART2に思い入れが深い。で、そのあとPART3になって超武闘派路線に邁進しやがて西部警察につながるのだが。

そういう意味では手段を選ばぬ冷血漢、本庁の男という雛形もこの深町かもなあと思ったりしている。またそういう意味では佐藤さんの演じたキャラクターたちというのはそういう原型だなとも。

まあ基本的には「白い巨塔」とか「白日夢」を思いいれたっぷり語ってる人とか、もしかすると近年の「あずみ」とかの天海僧正とかを語ってる人のほうが多いかもしれないけれど、自分にとっては深町軍団の指揮官というイメージが未だ強い。

今後もそういう強いイメージの役者さんって出てくるだろうか?いまちょっと思い返しても、皆さん、ご高齢だ。まあコヒさん(小日向さん)とかもいらっしゃるけど、やはり育ってないなという印象もある。後進が育つまでもうちょっとがんばっていただきたかった。
ご冥福をお祈りします。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-05-07 00:39 | NEWS

訃報が続くのは悲しい。

歌手の浅川マキさん死去 団塊世代が支持 (共同通信) | エキサイトニュース
ロビンマスクの声優自殺か 「キン肉マン」で人気 (共同通信) | エキサイトニュース
ミッキー安川さんが死去 リポーターなどで活躍 (共同通信) | エキサイトニュース

とくに郷里さんは自殺。お仕事は最近ではTVタックルのナレなどされているのに、
人の事情は分からないにしても、悲しい。
演じられた代表的なキャラ、ガンダムのドズル・ザビのような豪放磊落なイメージがあったのだけれど。他にはボトムズのアッセンブルの傭兵、キデーラなど脇を固める名優さんだった。合掌。

浅川さんは上の世代の人たちがよく聴いていたシンガーだったけれど、自分の好きなアーティストさんたちがリスペクトしているやはり日本を代表するシンガー。ご冥福をお祈りします。

そしてミッキー安川。ミッキーさんといえば毒舌だけれどもその名調子ももう聴けないのか。
合掌。

正直、人はいつかは死ぬ、けれどこうやって立て続けだと、この冬のように寒暖激しいと訃報が多いような気がする。(あくまで感じとして)
[PR]

by tonbori-dr | 2010-01-18 22:08 | NEWS

追悼 緒形拳

バラエティ・ジャパン | 緒形拳さん急死、71歳

緒形拳さん、突然の訃報に山田洋次監督「悲しくてなりません」 - シネマトゥデイ

お昼のラジオニュースで聞いた。

ただただ驚いた。

あまりにも突然すぎる名優の死。

ポール・ニューマンのエントリも上げるべきではなかったかとさえ思った。

実のところ『おくりびと』のコピーじゃないが人は誰もが送る人であり送られる人だ。

実際新聞なんかでも訃報欄でこういう方々がお亡くなりになりましたと記事が載る。

先月からもあえてエントリにしなかった深浦加奈子さん(彼女のような俳優が急逝されたのは本当に大きな損失。)や市川準監督も含め書けば書くほど喪失感が募るから。

それもあって暫くはつぶろぐで哀悼の意を表すにとどめていた。

人は生きている限り必ず死ぬ。どう生きたか?というよりは本人がちゃんと生をまっとうできたか?それが一番大切なんだけれど、遺された者たちもやはり悲しみと向き合わなくちゃ成らない。そういう意味でも故人の遺してくれた作品をもって偲ぶしかないなんだろうなと思う。

あとはこうやってエントリをあげることにより気持ちを整理するしか。

緒形拳さん。沢山の作品で時にはおかしく、時には悲しく、感動や驚嘆、心に染みる言葉をありがとう。
心からのご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-10-07 21:07 | Actor&actress

R.I.P ポール・ニューマン。

名優ポール・ニューマン、ガンで死去…家族に見守られながら83歳で逝く - シネマトゥデイ
最近はもう訃報の記事は辞めておこうと思っていたが、やはりこの人のことだけは触れておきたい。

既に今年に入っても数多くの方々が鬼籍に入られたがその中でもポール・ニューマンは子供の頃からひときわ大きく記憶しているハリウッドスターだった。

そのきっかけは『スティング』子供心になんとカッコイイ人なんだと衝撃を受けた。
実は『明日に向かって撃て』は劇場で観ておらずその後で観たんだけれどロバート・レッドフォードとのコンビネーションも良かった。

そしてオールスターパニック映画『タワーリング・インフェルノ』とのマックイーンのやりとりなど。

政治活動とかにも熱心でレーサーで実業家だったけれど、やはり自分にとってのニューマンは俳優だった。

本当に思い出深い俳優さんの一人だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-09-28 19:34 | Actor&actress

ハリウッド黄金期の輝きもまた一人、逝った。

Excite エキサイト : 芸能ニュース
アメリカを代表した映画スターであることは間違いないし、名優だった。
個人的には『猿の惑星』、『ベン・ハー』そして『地球最期の男・オメガマン』
この『地球最期の男・オメガマン』はリメイク映画でさらに近年、ウィル・スミスの主演でリメイクされたがラストが違うそうだ。自分は『アイ・アム・レジェンド』を観ていないのだがネタバレで読んだところえーっと思うようなラストの変更があったようだ。今度レンタルで確認してみたいが、ヘストン版のラストの方がいいと思う。(元のラストはさらに衝撃的だそうだ)
他にも『パニック・イン・スタジアム』や『エアポート’75』なども印象深い。

NRA(全米ライフル協会)の会長を務めたことで銃社会の象徴、アイコンのように扱われてしまったが『ボーリング・フォー・コロンバイン』でムーアが執拗にヘストンに迫ったのも、彼が偉大な俳優であるからで影響力の無いような人物なら、そもそも突撃インタビューなどしなかっただろう。

それと俳優の別所哲也とも共演したことがある、というのは知っている人が今どれだけいるんだろうか。
クライシス2050(1990) - goo 映画



アルツハイマー病にかかったことを公表し、それでも精力的に活動した氏の冥福を祈りたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-07 21:28 | Actor&actress

ウィドマークも逝った

Excite エキサイト:芸能ニュース:名優がまた1人…『死の接吻』『アラモ』のリチャード・ウイドマーク死去 [ 03月27日 13時19分 ]バラエティ・ジャパン
御歳では在るが実は数年前に映画監督の某氏がウィドマーク氏を起用したいとかなんとか。
で結局お体を壊して実現せずで、御歳だし養生していただきたいなというのはあった。

リチャード・ウィドマークといえば西部劇。
数々の西部劇に出演し印象的な演技を残している。
特に印象深いのは『ワーロック』だろうか。街の保安官で雇われ保安官のヘンリー・フォンダのやり方に疑問を抱きつつも彼を認める役どころだった。
それまでのニヒルな感じではなく実直なところが新鮮だった。
そして『刑事マディガン』ある意味バディモノや『ダーティハリー』の雛形にもなった刑事ドラマの白眉。そういやここでもヘンリー・フォンダでていたな。
そして意外にもリチャード・ウィドマークという名前を意識したのは『合衆国最期の日』だったりする。

ほんとうに印象深い方だった。
合掌。

追記:
それと自分のライブラリのウィドマークをチェックしていたらイギリスのカルト的アクション映画で特殊部隊好きには堪らない『ファイナル・オプション』にもアメリカの外交官役で出演されていた。
こういう硬派な映画にはまる方だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-03-27 23:37 | NEWS

あの名調子はもう聞けない。

Excite:社会ニュース:広川太一郎氏死去 声優 [ 03月08日 10時20分 ]共同通信
2枚目から渋い隊長。はたまた宇宙を駆け巡るヒーロー、そしてC調お気楽キャラクター。
広川太一郎を語る時、その多くはアドリブを多用したそのスタイルと007ロジャー・ムーアなどに代表される2枚目演技だろう。

実際子供の頃から慣れ親しんだ広川さんの名調子を新しい作品で聞ける事が出来ないのは悲しい。

今この路線を継いでいるのは山ちゃん(山寺宏一)あたりなんだけど、山ちゃんは山ちゃんのカラーをもっているので、やはり広川さんの名調子は広川さんだけのモノだ。

失った物は大きくそれを埋めるものは見当たらない。だけど遺されたもので楽しむ事が出来る。それこそか広川さんが遺してくれたモノだと思う。
それに陽気な広川さんのことだ、湿っぽいのは庭に芝刈りしちゃったりなんかして〜
というべきだろう。

なのでとりあえずまずはまだ観ていない「プロジェクトB.B」を借りたいと思う。

合掌。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-03-08 13:15 | NEWS