許されざる者たち「トゥルー・グリット」

かなりまっとうな西部劇。最近に制作された作品群の流れを感じる。
リアルに描写された開拓地の描写や衣裳。それらがちゃんと西部劇ですと主張している。

これはマカロニ以後の西部劇だ。デューク(ジョン・ウェイン)主演で作られた初代トゥルー・グリット『勇気ある追跡』が古きよき黄金期のハリウッドを懐古した王道西部劇映画とすれば、こちらはマカロニ、ニューアメリカンシネマを経て、そしてクリントの「許されざる者」を経た西部劇の系譜と見て間違いないと思う。

ただしコーエン兄弟なのでそこかしこに分かりにくいがコーエン印を打ち込んできているなっていう印象。
ブラッキーなくすぐりとか妙にするどい描写とか。だがそれさえも『許さざる者』に収斂していくという恐るべしクリント・イーストウッド。

語り口が14歳の少女マティというのももこの映画を一種独特なものとしているし、初代のトゥルー・グリット「勇気ある追跡」と違ってややもすると、意地悪い描写が続く。『勇気ある追跡』とちがって田舎の牧場を営む幸せな家庭から出発した父を描かず、酒場の外で倒れているシーンから入り、葬儀屋での対面や、死刑シーンの描写も違う。ここままさに『許されざる者』以降を強く意識するシーン。

ただ原作にあるシーンは最大限もらさず入れていると兄弟が発言しているので、裁判所での出会いや河原でのコルト・ドラグーンの発砲シーンなどデューク版であった描写もある。そこを観てもこの映画はマティが主人公の映画なんだなということがはっきりしている。

そして兄弟は否定はしているが同じくアカデミーにノミネートされ受賞した「ノーカントリー」との相似点も。それは設定ではなく、空気とか古きよきものへの懐古をさりげなく表しているテーマとか。そして運命への抗いと、代償とかそういう部分。

それで言えばこの作品、コーエン作品では歪な恋愛が描かれ事が多いがそれもこの作品ではしっかりと描写されている。もともとデューク版ではちょっといい話に落ち着けているのに(それでもよく考えるとあの時代では英断というべきか)原作どおりとはいえ(未読)に抉り出す。とまあこれいつも引用させていただいる町山さんの解説の受け売りです(^^;(リンクいれてます)そんで、そこも含めても『ノーカントリー』との相似性を感じ取ったんだけど町山さんの講演を聞いたらノーカントリーの原作者とこのトゥルー・グリットの原作者はお友達だそうだ!ほんとコーエン兄弟らしいわww(ちなみに両人とも高齢かつトゥルー・グリットの原作者は羊たちの沈黙の原作者のように寡作な方らしい。)

自分にはコーエン兄弟がまっとうに取り組んだウェスタンとして楽しめた。

おまけ。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-04-20 00:16 | Movie

『3時10分、決断のとき』雑感

原題名『3:10toYUMA』でリメイク作品だけど元の1957年版は未見。
なれどこれは良質な西部劇だった。

ポイントはいくつかあるけれど、エキブロ友だちのGun0826さんのエントリ
えろぶろ at Excite : 3時10分、決断の時の中で書かれている。
男泣き必至

男同士の友情、父としての誇りの復権、親子の絆そして少年の大人の男への成長。

に凝縮されております。ハイ、オワリじゃあ、なんなので、ちょこっと補足と言うか足してみると、ダークな雰囲気を纏った『大草原の小さな家』。もっとも大草原というより『砂漠の中の小さな家』って趣き。そこで妻と2人の子どもと共に牧場を営むダン・エヴァンズ(クリスチャン・ベール)。彼はインガルス家のお父さんのように頼りがいのある立派な父親でなく南北戦争で負傷し除隊したものの不自由な身体で牧場仕事もままならず、その上近くに鉄道が通るということで地主の妨害を受け、借りた金のかたにその牧場までもとりあげられようとしている。そんな父を軽蔑している息子。

だからこそ駅馬車強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)を護送する役目を買って出た。最初は報酬を借金の返済ということがあっただろう。だけどその護送中の出来事やそれをこなすうちに負け続けの人生。何かを成し遂げたいという想いに変わっていく。
その変化を丁寧に追いかけていく。

一方の強盗団の首領ベンは冷酷に人を殺す面と箴言をそらんじ、絵心もある知性を感じさせ女性を大事にする複雑な人物。ある意味ジョーカーに近い。『俺はお前だ、お前は俺だ』と言われているようで、だから度々ダンはしゃべりかけるなという。だけどもベンもまたその複雑な生い立ちからそうなった一人の人間として描かれており、ジョーカーのような『無邪気な悪魔』ではない。もちろんそういう映画も好物だけど、それぞれが事情を抱えた人たちが困難を乗り越え一つの何かを得るという古典的なだけど王道なストーリーだと思う。
それは古きよきオールドスタイルをちゃんとリスペクトしているマンゴールド監督の手腕だろう。

マカロニとはまた違った部分であり古きよき西部劇を現代的ながらも手堅くまとめた良作。
『許されざる者』のように西部劇とマカロニの集大成的ではないけれど、燻し銀のようなくすんだ鈍い輝きを放つ1本。是非お時間のある方は観て欲しい。

もっともやっているところが少ない上に全国ロードショーでなく順次ロードショーなのが残念。自分が観た時も結構人が入ってたし他でもそういうエントリを読むけど、結局公開館が少ないからということなんだろうし、難しいんだろうけどやっぱりイイものを観ないと感覚が鈍ると思う。そりゃあ旬の俳優とか人気俳優の出ている作品も良いけれど、丁寧なしっかりとした作品を観ないと感覚って鈍ると思う。

「3時10分、決断のとき」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

こっからは西部劇といえば…
[PR]

by tonbori-dr | 2009-09-09 23:59 | Movie

西部劇を観てきたよ、でおもったこと。

ということでまた感想は改めて書きますけど、
韓国製ウェスタン『グッド・バッド・ウィアード』に
本家西部劇『3時10分、決断の時』

作品で言えば西部劇らしいのは『3時10分、決断の時』になるかな。
これは良い悪いじゃなく、西部劇らしさというよりフロンティアスピリッツというか、ダーク雰囲気を持つ『大草原の小さな家』と言っても良いし、『真昼の決闘』や『ザ・ラストシューティスト』など、男の矜持が描かれている点では、それまでの西部劇が描いてきたものを踏襲している。

『3時10分、決断の時』主演2人はアメリカ人じゃない、だけどアメリカ自体が移民の国なので、このキャスティングは正しいし上手いなと思った。

対する韓国製ウェスタン『グッド・バッド・ウィアード』は、この監督の他の作品を観ていないのでどういう人か分からないけど、ちょっと北村龍平の『あずみ』を思い出した。
あの作品も世間一般では結構ボロクソの部類だけど個人的には尺を詰めれば、(本人はそれをしないことを矜持と思っているらしいけど)スピーディなアクション時代劇になっていたと思っててそこが共通点。まあそこだけだけど。(主演上戸彩ちゃんの問題は脇に置いておく(爆))

この作品もアクション作品として、そしてまた満州というか大陸を舞台にした活劇としては見れるけど、やはり西部劇って体じゃないなあという感じです、ハイ。

そう思うと、この2本をして西部劇の復権というのにはほど遠く、まだまだ道は険しい。
ただ舞台としてのワイルドウェストはまだまだ魅力的だし、あの日清戦争から日華事変、満州建国の時代は確かに色々問題のあった時代だけど、魅力的な舞台があるんじゃないかと。
例えば『独立愚連隊』、そして『独立愚連隊、西へ』の2作品は、『グッド・バッド・ウィアード』の少しだけ後を舞台にした、日本軍のはぐれ者部隊の活躍を描きながらもちゃんと戦争の空しさも描いている良作だと思うんだけど、今そういう作品を撮れる人って多分いない。
この『グッド・バッド・ウィアード』を敦煌までロケしてつくったキム・ジウンみたいな人が出てきてほしいと、この作品を観ながら思った。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-09-05 21:09 | column@Movie

*これぞ、好漢譚。『エグザイル/絆(放・逐)』

さてさて、香港電影のいまや巨匠となったジョニー・トー/杜琪峰。彼の2006年度の作品がよくやく2年越しで去年から日本でも公開。
で、こちらで『凄い!』『傑作』と言われて、
愛すべき映画たち 『エグザイル/絆』(2006/ジョニー・トー)
『西部劇』、『粋』と言われ、
**まさしくトーさんの作品だ!〈 放・逐 / Exiled 〉** 日刊【考える葦】Returns
今のネットお取り寄せ時代、リーフリ機かドライブにちょっとする必要はあるかもしれないが観れない事もなかったが、『ブレイキングニュース/大事件』も『PTU』結果的に観れたし、キングさんが版権買ったというのも聞いたし、もう少し待ってみようと思ったのが去年。でやっと公開の運びとなり、随分待たされたけれど、それだけに期待もマックス。

で、果たしてどうだったのか?

はっきりいって、期待通りの作品。
お話自体はそれほど難しいトリックやドンデン返しがあるわけじゃない。
男達の、静かに、だが熱く燃える友情。そして硝煙の渦巻く銃火。

そして激しい情熱を燃やす女。

悪漢は悪漢らしく。好漢は好漢らしく。これぞジョニー・トーの独壇場。

あーもう、テキストでは伝わらないのがもどかしい。

これぞアクション、いや漢気映画!

トーさんファンには、『ザ・ミッション/非情の掟』の主要キャストが集合しその後をなぞる様な物語を紡ぎだすという楽しみもあるが、そんな細かい事を知らなくとも状況で語らしていく様は明らかに『PTU』で磨かれたものだと思うんですが、どうざんしょ?

そして何時もは良いホンに良い監督(演出)そして良いキャストのトライアングルと言うおいらだけど、この作品はホンが無かったそうだ。いやあらすじはあっただろう。だけどトー監督は、その前に制作した畢竟の大作『黒社会』で心身ともに疲れていたという。なのでとりあえず何も決めないまま、『ザ・ミッション/非情の掟(鎗火)』の主要メンバーのその後的なものでもということで集めたキャストとマカオというロケーションだけの大枠から、この映画を撮り上げた。

香港電影で鍛えられた人たちの実力、ここに極まれり。
もちろんワンアイデアで話を転がす作品に今まで例が無いわけじゃない。
例えば『崖の上のポニョ』だってそうだ。で、思ったのは両作品とも監督のイメージが出てくるまで『待った』ということ。
これはアニメ映画でもとんでもない事なんだけど、実写映画ならさらにとんでもないことなのは考えていただければ分かるだろう。

だからこそアンソニー・ウォン/黄秋生がこう言うのも分かる。
愛すべき映画たち アンソニー・ウォン、リメイクについて吼える!
からの孫引きになるけれど、
「ハリウッドリメイク?やれるものなら、やってみればいいさ。この映画は香港でだって、俺たちのような仲間でなければできない映画だ」

そう、出来上がった作品をそのままなぞってしまっては元のようにはならない。
まるでジャズのジャムセッションで産まれた即興音楽、インプロヴィゼーションなのだから。そこでこうまでされてはまさに脱帽するしかない。
「エグザイル/絆」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
関西は先週から公開がはじまっている。
今週からは確か京都でも公開がはじまったはず。
トーさんファンのみならず香港映画を観ている人。カッコイイ男達を観たい人。アクション映画に一家言持っている人。みーんなまとめて面倒見るぜの映画です。是非!
さらに公開規模も広がっているので嬉しい限り。

ちょっとネタバレなんで後ろに持ってきています。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-01-25 00:40 | Movie

ちょっとよさそうな西部劇。

メモとして
Appaloosa (2008) - Overview - MSN Movies
エド・ハリスの監督作品で自身が主演。
しかも『ヒストリー・オブ・バイオレンス』では殺しあったヴィゴ・モーテンセンが相棒役。

ウキー、凄く観たいけど、

ちゃんべーること、バットマンのクリスチャン・ベールとラッセル・クロウの『3:10 トゥー・ユマ』も公開されるかどうか分からんし難しいかも。

でもすごーくカッコイイ。
原作は探偵スペンサーシリーズのロバート・B・パーカーの『アパルーサの決闘』らしいんで先に読むのもいいかも。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-08-07 00:37 | column@Movie

*真の主人公は?『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』

ということでやっと観てきましたよ。
で案外面白いんだけど・・・みたいな感想が多いみたいです(^^;
まあしょうがないか。あれほど本家西部劇好き岡本喜八監督でも『EAST MEETS WEST』でははっきりいって褒めている人は少ない。いやそれどころかけなしてる人さえいる。

ちなみにおいらだってこの映画に関してはいいシーンもあるし話も好きなんだけどゴニョ、ゴニョ…。ということで巷の三池フォロワーの方々が期待に胸を膨らませていないふりをしてもやっぱりこれだけけれん味たっぷりなプロットにビジュアルを見せられ止めに『じゃあああんごぉぉぉ~』(やはり和の心はひらがなだなあ)

で観ると、各駅停車なテンポ(samurai-kyousukeさん命名)にくどい位の説明、回想シーン。しかも英語って・・・何?みたいな(苦笑)

だがお茶飲み話で出てきた話を転がしているので脱力しているのはあたりまえなのでテンポはスロー。話は元々本家からパクリじゃないインスパイア?違うなともかくこれは受けそうだ、ちょっと作ってやれとばかりに作られたマカロニ(スパゲッティ)ウェスタン。それを手本にお宝を狙う2つのギャング団を向うに回し、ふらっとやってきた風来坊。敵か味方か?って『用心棒』かといなすのではなくあくまでも突っ込む!これが正しい見方だろう。なのでワタクシ120分いろいろ楽しめました(笑)

とくに英語は?の人とOKの人に分かれているけどこれは察するに『ぼっけえきょうてえ~インプリント~』でのあの和製英語を岡山弁の代替とすることによる雰囲気で、あ!これなら多少変な事をやってもいけそうやんと監督思ったに違いない。かくいう私は全然OKでした。というか最初はキツイんじゃね?とか思ったけれど始まってみるとこれがしっくりきてんだよねえ。とまあまずは第1の関門突破と(笑)

こっからはネタバレを含むので
[PR]

by tonbori-dr | 2007-10-06 00:34 | Movie

『じゃああんごぉぉ~』

Excite エキサイト:芸能ニュース:ベネチア映画祭で「スキヤキ-」絶賛 [ 09月06日 10時29分 ]日刊スポーツ
どんだけのモノかは画面を観ないと解らない。
なんせ脚本はNAKA雅MURA。
世界中が驚く! 源平合戦とウエスタンの融合を生み出した天才脚本家とは!? - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
ちょっと持ち上げすぎだってばと思わなくも無い。
なんせフィルモグラフィーを上げてみると

大怪獣東京に現わる(1998)
DOA2 逃亡者(2000)
ドラゴンヘッド (2003)
46億年の恋 (2006)
ウルトラマンマックス (2006)
どろろ (2007)

この微妙なラインアップ(苦笑)ただ三池組の『ウルトラマンマックス』はかなり面白いモノであり上げた作品でも『DOA2』は、三池版デビルマンだし(笑)
だが、未見であるが『ドラゴンヘッド』はあまり芳しい評判を聞かない。『どろろ』はまあ、アレですよね、みたいな感じだし。
そうそう未見といえば『大怪獣東京に現わる』もまだ観てない。これはそのうち、そのうちと思っている間にレンタル屋の棚から落ちてそのレンタル屋が潰れ変わりに出来た某大手には・・・無いという(^^;ネタ的には怪獣があらわれずニュースを見て右往左往する市井の人々(ちょっとエキセントリック)という話らしい。ネタ的にいろいろ気になっている作品。

なんで過剰に入れ込むと三池サンだしスカを喰らうかもしれないがネタ的にどうしてもねー。やはりマカロニですし、銃撃戦ですし。これはねえー。
うーん、やっぱり観るな、どんな事になってても(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-09-06 23:33 | column@Movie

『ゴースト・オブ・マーズ』でカーペンター祭りをやってみる

なんで『ゴースト・オブ・マーズ』を借りてきた。でそのついでに『ヴァンパイア-最後の聖戦-』も。
『ヴァンパイア』は以前TVで観た事があるのだが『ゴースト・オブ・マーズ』は未見。
但し伝え聞くところストーリーの骨格がもろに要塞警察風味ということもあり最近リメイク版『アサルト13』を観たんだから本家カーペンターのセルフリメイクにあたるであろうこの作品を観ておこうと思った次第。
『ヴァンパイア』はオマケだが日刊【考える葦】Returnsの森と海サンもオススメなこれもウェスタンホラー活劇で久しぶりに観たくなったのもある。
*〈 ヴァンパイア 最後の聖戦 〉男汁まき散らし** 日刊【考える葦】Returns:

『要塞警察』に比べ主人公が女性というのは時代に敏感なのか単純に女性ヒーローが好きなのか(笑)しかし『スピーシーズ』のナスターシャ・ヘンストリッジがちょっとはすっ葉なヒロインを演じてて微妙にはまっている(笑)そしてナポレオンにあたるジェームズ・砂漠(字幕より。実際はデゾレーション|Desolation|荒涼という意味)・ウィリアムズは最近ラッパーっていうよりザ・ロックなみにタフガイ役をやっているアイス・キューブ。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2006-12-28 00:54 | スルー映画祭り

時代は西部劇

Excite エキサイト : 芸能ニュース|日本“初”全編英語の映画で日本“発”海外公開を視野! [ 11月20日 08時05分 ]サンケイスポーツ
なるほど山田玲司の『絶望に効くクスリ』の最後のライムはこの事だったのか。
三池サンらしい。と一人納得したところでこの時代劇を西部劇でやる。
しかも源平合戦を下敷きに。もうともかく一筋縄ではいかないのが解る(笑)
いやこれは褒めているのであってそれが三池監督の真骨頂。
一見はちゃめちゃに見えてもしっかりと作るし俳優もちゃんと撮れるアルチザンな部分もあわせもつ三池サンだからこそそっちに行きますかと。
どうもココで岡本喜八監督とだぶってくるなあとかちょっと思ったり・・・。
戦後派の三池サンの見せる西部劇、期待したい。

PS:※同エントリが3つ重複、2つはコメなしのため削除済みです、ご了解を
[PR]

by tonbori-dr | 2006-11-20 22:32 | column@Movie

ジャック・パランスさん逝去。享年87歳

Excite エキサイト : 芸能ニュース|「シェーン」の米男優、J・パランスさんが死去 [ 11月11日 16時55分 ]ロイター
ジャック・パランス氏が亡くなられた。
自然死、老衰だという。和風に言えば大往生。
悪役として鳴らし、『シェーン』での印象は大きい。
そして『シティ・スリッカーズ』でのガイド役でオスカーを。
傍から見れば役者冥利につきる人生を送られていたなと思う。

心よりご冥福をお祈りしたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-11-12 23:11 | Actor&actress