タグ:脚本 ( 82 ) タグの人気記事

『じゃああんごぉぉ~』

Excite エキサイト:芸能ニュース:ベネチア映画祭で「スキヤキ-」絶賛 [ 09月06日 10時29分 ]日刊スポーツ
どんだけのモノかは画面を観ないと解らない。
なんせ脚本はNAKA雅MURA。
世界中が驚く! 源平合戦とウエスタンの融合を生み出した天才脚本家とは!? - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
ちょっと持ち上げすぎだってばと思わなくも無い。
なんせフィルモグラフィーを上げてみると

大怪獣東京に現わる(1998)
DOA2 逃亡者(2000)
ドラゴンヘッド (2003)
46億年の恋 (2006)
ウルトラマンマックス (2006)
どろろ (2007)

この微妙なラインアップ(苦笑)ただ三池組の『ウルトラマンマックス』はかなり面白いモノであり上げた作品でも『DOA2』は、三池版デビルマンだし(笑)
だが、未見であるが『ドラゴンヘッド』はあまり芳しい評判を聞かない。『どろろ』はまあ、アレですよね、みたいな感じだし。
そうそう未見といえば『大怪獣東京に現わる』もまだ観てない。これはそのうち、そのうちと思っている間にレンタル屋の棚から落ちてそのレンタル屋が潰れ変わりに出来た某大手には・・・無いという(^^;ネタ的には怪獣があらわれずニュースを見て右往左往する市井の人々(ちょっとエキセントリック)という話らしい。ネタ的にいろいろ気になっている作品。

なんで過剰に入れ込むと三池サンだしスカを喰らうかもしれないがネタ的にどうしてもねー。やはりマカロニですし、銃撃戦ですし。これはねえー。
うーん、やっぱり観るな、どんな事になってても(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-09-06 23:33 | ネタ@映画

崔監督のカムイ外伝の続報が入りました

カムイ外伝:松山ケンイチ主演、崔洋一監督で映画化 09年公開へ (まんたんウェブ)
主演はロボ!じゃなかったL!でもない松山ケンイチ。
似合っているかどうかはともかくどんなカムイを見せてくれるのか?まあそれにつきますわな。

ベタに漫画のビジュアルに似せてくるのか、それともオマージュとして今風にモディファイするのかという部分も気になる。

まあ『どろろ』と違っていわゆる最下層の部分に生きる者達の話を忍者という視点から大胆に描いている原作なのでその部分どこまで伝えられるのかが肝になるだろう。

実はガキの頃からサスケ、真田剣流、風魔、忍者武芸帳、ワタリなんかが家にあって伊賀忍者と言えば四貫目だろ!とか服部半蔵の影武者、犬丸半蔵とか猿飛とは人の名前にあらず術の名前とかおぼろ影の術に無角(カブトワリ)など、忍術・忍者に対するフォーマットはここで刷り込まれたと言っても過言ではない。

そして土地柄保守的な気風に育てながらも唯物とか部落差別についてちょっとばかし考えることになったきっかけにもなった。

なのでクドカンが脚本を書くことには一抹の不安を覚えている。
というのもオフビートな笑いとかそーゆういらない要素を入れないとしてもなんぼ才能があると評価されててもやはり酸いも甘いも噛み分けた監督自身が筆をとるべきじゃないのかと?
もしかするとやはり止まらなくなることを警戒してのことなんだろうか?

ということで脚本に不安を残しつつの船出となった気がする。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-31 22:56 | ネタ@映画

*笑いのセンスがイギリス的なブラックユーモア。『ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ』

ということで今更ガイ・リッチーの作品は観てないよという話は
前回『レイヤーケーキ』でも触れた気がするがまあこれを観て、ならばこちらも観ておかないとあれだけ話題になったしと思って借りた。

なるほどなんともイギリスらしいぬるさ。そしてテンポ。最初関係ない話をせっせとして伏線をばらまき、それを中盤から急に転がし始めていく。そしてイギリス人らしい微妙なブラックなジョーク。
あきらかに日本人とは笑いのツボが違うがクスっと笑ってしまうこのぬるさ。
こういうのが好きな人にはたまらんけれど多分スノッブぶっている人には解りにくいんじゃないだろうか。
実のところ『うへー斬新だあ』とかは思わなかったし特に言われているほどクエンティンぽくもないなと。しかもちょっとクドイ(苦笑)
ただオールドスクールをよく勉強してるなと思わせるトコがあってそういう部分がクエンティンとかと同じ匂いを発していると見られるのかな。(彼も大体はネタは古い映画から引っ張っている、その集大成は『ジャッキー・ブラウン』)あとキャラクターが喋り捲る(何気ないセリフが伏線だったりとか)部分とか。

これの公開時に観たら多分熱狂していたと思う。けれど今頃観たのでそれほど熱狂できないが入り組んだ物語を舵取り兼主要登場人物兼狂言回しに主人公を持ってきたことで捌いている。そのシノプシスは上手かった。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-24 23:19 | スルー映画祭り

*ゾディアック覚え書き

今まだ頭の中で咀嚼中だけどいくつか覚え書き程度に書き留めておく。
ちゃんとした感想はもうちょっとあと。

ちょっとネタばれ(といってもゾディアック事件についてはあちこちで語られているので大まかな概要は知っている人も多いかも。)するかもしれないのでネタばれ警戒している人は見ないようにしてください。








追記:2007/07/19 00:07アリ

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-17 23:34 | ネタ@映画

*『ティアーズ・オブ・ザ・サン』って『ワイルド・ギース』っぽいが実は -番外編-

今日はTVでウィリスの『ティアーズ・オブ・ザ・サン』を観たんだけれど、これさあ、結局『ワイルドギース』じゃないかって話。

そりゃあ連れて行くのが元大統領一人か、難民かの違いはあるが敵地からの脱出という点は同じ。しかもさあ後半にネタばらしがあってますます『ワイルド・ギース』っぽさを増してくる。

それが何故アメリカ体制翼賛的映画と言われるようになったのかは現実にある国(ナイジェリア)が舞台で敵がイスラム教を信奉している反乱軍という解りやすい敵設定にある。

ちょっとおまいら自分らのやったことを棚に上げてそれかよと。
自由化と民主化とか言って、ベトナムでもイラクでも敵も民間人も同じ顔をしているだけで撃ち殺すようなことをやってんのにおまいらそれは無いだろうと。ただこれが名も無い架空の国にしても多分言われることは同じだろうけど。

だが神代の時代の話ならばスルー出来てもこれがスルーできないというのは変かもしれないなと言われちゃうかもしれませんねというのはありますな。いやなんの話かというと『300』のことなんだけど(^^;

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-08 22:53 | スルー映画祭り

マスクドライダー対V3の話続報

Excite エキサイト:芸能ニュース:「仮面ライダー」が初のPG-12指定 [ 07月05日 10時29分 ]日刊スポーツ
このネタ『仮面ライダーTHE NEXT』には以前にも触れた。
web-tonbori堂ブログ : マジで?リメイク仮面ライダーの続編するのか。
どやねん?といったがなんだか気張ってますよみたいな記事が載っている。
新たな世界が広がることを期待してバイオレンス性に踏み込んだ。テレビでできないことを盛り込んだつもり。PG-12は本気を出して頑張った勲章」と胸を張った。:記事より

さらに不安が増してしまった(^^;そのいたずらに残酷シーンを強調すりゃ良いってモンじゃないんだからと。ただ今回は主な敵を怪人役で『プロジェクトX』ナレーションでおなじみトモロヲさんがやるという。
Excite エキサイト:芸能ニュース:「ショッカー万歳!」田口トモロヲ、超ノリノリ会見 [ 07月05日 17時05分 ]夕刊フジ
公式サイトには他に嶋田久作氏も出演とか。
仮面ライダー THE NEXT 公式サイト|TOP
しかも懐かしのショッカーライダー(その時はゲルショッカーだったと思うが)もいきなり登場。

しかしキャスティングで印象って変わるなあとつくづく(苦笑)
自分のタグみてもやはりキャストを重要視しているのがよく解る(^^;

だが魅力のあるキャストを生かすも殺すもホン次第なんでまあ評判次第では今度は劇場に足を運ぶかも?。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-05 21:23 | ネタ@映画

ルパン三世の強敵が復活するという話

Excite エキサイト:芸能ニュース:獅童がルパン最大の宿敵・魔毛狂介の声 [ 07月04日 10時29分 ]日刊スポーツ
Excite エキサイト:芸能ニュース:獅童 声でルパン最強の敵演じる [ 07月04日 06時12分 ]スポニチアネックス
この回の話はファーストシーズンの印象深い敵の中でも『魔術師と呼ばれた男』の白乾児(パイカル)とともにルパンを苦しめた強敵。第十三話『タイムマシンに気をつけろ』で登場した。
そのタイトル名どおり、魔毛狂介の武器はタイムマシンだったが今回も同じネタで挑むようだ。
まさかファーストのリメイクじゃあなかろうな(苦笑)

魔毛狂介が出たエピソードはルパン三世ファーストシーズンのカラーが変わるくらいの時に放送されたもので(実は最初の演出、大隈氏が離れたのはもっと早い段階だったが匂いは以前残っていたと思う。)そんな流れでの中で色んな表情を見せるルパンが印象的だった。

確か声をアテていたのは家弓家正、ドナルド・サザーランドの吹き替えや『未来少年コナン』のレプカ、『風の谷のナウシカ』のクロトワなどが有名。

そんな魔毛狂介をデスノのリューク中村獅童がやるということらしい。
ファースト原理至上主義者としてはぬわぁに~い!!なんだがまあそういうのも大人気ないので超ガンガレと言っときます(棒読み)

でもまあ魔術師の続編をOVAでやった時は、野沢(那智)さんを迎えたのに脚本がメタメタだったしな、まあホンですよホン。ホンがちゃんとしていればスゲーとなるかもよ(ちょっとマジ)
まあその日一体何が出てくることやら(^^;

この魔毛狂介の名前は『ルパン三世*ルパンvs複製人間*』のマモーとも関係があるのだろうか
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-04 22:31 | cartoon

*なんともイギリスらしいクライムムービー『レイヤーケーキ』

またまたGun0826さん(只今ちょっとお休み中)のところのエントリを観て、これは中々良さそうかもと前から狙っていたが何故か他のばっかり借りていたのだが、やっと観てみた。
えろぶろ at Excite : レイヤーケーキ

主人公は名無しの麻薬ディーラーのモノローグから始まる。彼の名前は作中一切出てこないMrノーボディ、XXXXとエンドロールにも表記されている。

麻薬ディーラーとして目立たず自らルールを課して巧みに立ち回り仕事がうまく回っているうちに引退を考えている主人公をダニエル・クレイグが演じている。
これが中々似合っていてはまっているというGunさんの見立てはナイス。というかピッタリだ。あとちょっと転びそうになってる潜入捜査官とかもいいかもと思ったデスよ。

その他のキャストも知らない人が多いが芸達者でいかにもイギリスらしい。
知っている人といえばリチャード・ハリスの次にダンブルドア校長を演じることになったマイケル・ガンボンにスタトレDS9のオブライエンで御馴染みのコルム・ミーニイあたりか。

派手に血が飛び散るわけでなく終始静かにだがその後ろで色んなものが蠢いている感じがよく出ている。

舞台がイギリスなんでやはりそこかしこに伝統、ジョンブル、階層ってもんが見え隠れしててそこがタイトルになってる『レイヤーケーキ』にかぶってくる。そんな映画

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-01 23:18 | スルー映画祭り

*誰が最後に笑ったか?-アンフェア THE MOVIE-

多分製作の関西テレビでなく何故か製作(Pでなく)に名を連ねているフジの亀吉(ウソ)
けどフジテレビの仕切りっぽいと世間一般では思われているはず。

ということでちょっと前に観にいってきた。
もっともブログ『愛すべき映画たち』のmicchiiさんのエントリを読んで
愛すべき映画たち: 『アンフェア the movie』観て来ました
著しくモチベーションは下がっていたがとりあえずTV放映の時に篠原涼子はともかく寺島兄貴が出ていることと犯人探しで結構楽しませて頂いていたので観にいくと決めていた。
(モチベーションが下がったのはmicchiiさんのせいだけではない、結構予想通りであったというかTVスペシャルの時にそうなるんじゃないかと思っていたので、はあ~やっぱりという事で下がったのだ。)

だが基本的には『無駄に美人で凄腕一匹狼な女刑事が閉鎖空間で愛する娘を助け出すために闘う』なんてえ映画は好きだよ。というかアクション映画でそういうコンセプトのは諸手を挙げてウェルカームだ。けどだからといって全部OKって出来ないのはまあそういう事で。

まあネタバレしていますのでご了解を(誰とは明言しておりませんが)

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-24 23:42 | Movie

どっちも観ている。

Excite エキサイト : 芸能ニュース:テレ朝VSフジの金曜ナイトドラマ対決 [ 04月20日 10時00分 ]ゲンダイネット
『帰ってきた時効警察』はさらにブーストがかかったみたい(笑)
この春クールでは一番面白いと思う。それ以外はHDRに撮ってないし。
かなりヘンテコだけど『トリック』よりもさらに進化しているので毎回目が離せない。
対するフジのバラエティー班が作っている『スリルの夜』、メントレGの後枠だが先が読めないように30分でテンション上げっ放しで話を転がしている。
ただパターン化が見えるのが難点だし結構展開が読める。
けどナレーションと字幕スーパーで引っ張っている感じ。
まだ化ける要素、バラエティー班以外のキャスト次第ではくるかもしれない。
あと笑いの要素とか言っている割にはシリアスが勝ちすぎているよねみたいな。

つうかガレッジのゴリ、『鬼嫁日記』にも出てるし、そんなにやってると体壊すぞ(笑)

なので『スリルの夜』はHDRには撮っていない、これは24と同じでとりあえず一回一回観るだけでまあええかという感じだ
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-20 23:45 | TVdrama