タグ:特撮 ( 142 ) タグの人気記事

実写版「進撃の巨人ATTACK ON TITAN」を観たゼ!

今日封切されました「進撃の巨人」実写版。
実は公開前に一足先にご縁があって試写鑑賞しまして、
でも明日以降に再鑑賞するつもりです。(8/4にスクリーンで再見してきました)

今日は映画の日ということもあいまってかなりのロケットスタートだったようでこういう記事も映画ニュースサイトであがってました。

で結論から言うと、楽しめました。
当然、引っかかる点が全く無かったとは言いません。
最初にそれを少し上げておきましょうか、まあそれは何時もこういう時に上がる予算話。
CGがしょぼいとか舞台(セット)がちゃちだとか、正直ハリウッドのスケールにはやっぱり及んでいないところはありました。
あとキャストのお芝居が大根だとか、いやいやそれをいっちゃあお終いでしょっていう話ではあるんですが正直、三浦くん(そう言えばジャン役の彼も三浦くんだ(^^;)本郷くん、希子ちゃん、がんばってましたねー、えらいねー。あのなんですか、立体機動装置というのですか?それを表現するのにワイヤーに吊るされてようがんばった(ちょっと淀長先生入ってます)

でも、それだけじゃない、それだけじゃないんですね、この映画の肝心な部分は巨人。
そうタイトルは「進撃の巨人」なんですね、巨人、いったいなんだろう?冒頭に説明有りますね、人間を食べる、怖いねえ、頭からかじる、怖いねえ。
その巨人は100年壁の外で入ってくることなったのに大きな大きな巨人が急に現れて壁を壊すんですね、さあどうする人類?どうする主人公のエレンというねお話なんですね。

多分原作のダイジェストのようなつまみ食いしたこれまでのようなストーリー運びだと、いやそこは無理あるだろとか、説明不足になるやろっていう部分を大胆に変更したのが効いてると思います。(それは原作者の意向でもあったそうで、原作者側と脚本を担当した映画評論家の町山智浩さんからそういう発言がありました)
ただそこは原作に思い入れの深い人ほど納得出来ないかもしれませんが、ちゃんと話を咀嚼すれば納得できると思うんです。
個人的には原作つまんで、結局取りこぼすくらいならこれが良かったと思っています。

そして肝になる巨人。まさかああいう感じで作ってくるとは…。正直夢に見るレベルですよアレは(^^;きしょいというか生理的嫌悪感があるというか。
だからこそのクライマックスの解放感につながっていくんですけれどね。
そのクライマックスでおいらはこう思いました(ネタバレになります)


ネタバレになるので
[PR]

by tonbori-dr | 2015-08-01 23:34 | Movie

ロバが旅に出てもになるか?それとも。「パトレイバー NEXT GENRATION」

実写版パトレイバー、
パトレイバー NEXT GENRATION第一章を観た。

とりあえずドラマの第1話を観た感じで、毎週あったら観てるかなって感じ。

違うキャラクターではあると明言されてるけれど、やっぱりキャラ同士のやりとり見ると初代を思い出す。

次の第二章はゲストに興味があって(竹中さんだけでなく岩松了さんも出るとのこと!)多分観に行くだろう。
けどその後も継続して劇場に足を運ぶかどうかはそこで面白いかどうか?にかかってるかなって感じ。
当然、今日のパトレイバーを観た上でレイバーが暴れまくるというのはまあそれなりにという感じなので、
諸々判断はもうちょっと観てからかも知れないけれど。

どっちにしても他の手段で観るとは思う。観る方法はスタチャンで放送ともあるけど入ってないから多分配信とかもあるだろうし、
そっちの線ということ。でも劇場版と銘打たれた長編は観てみたい気にはなっている。

だが今劇場でロボコップ(リブート)とパトレイバーと両方かかってるとか面白い状況。
どちらも話も作風も違うけど、警察、ロボットというセットなこの2作が同時に観れちゃうという。

なんでもツイッターでのフォロワーさん情報によると初代パトレイバーの発表は1988、ロボコップは1987年だったそうで。
なんとも面白い事実だなと。

でもコレがTV放送ならほんと毎週観たね。ただ視聴率は…分からないなあ。
どういう転び方するかによるかとは思うのだけれど…

「THE NEXT GENERATION パトレイバー」公式サイト http://patlabor-nextgeneration.com/ 


ネタバレだからね(少ないですけど)
[PR]

by tonbori-dr | 2014-04-07 23:56 | Movie

海の向こうのオタクからの恋文「パシフィック・リム」

只今絶賛公開中。
ともかく、ウルトラマンで産湯を使い、帰りマンやマジンガーやゲッターで育った人たち全てに観て欲しい。
まさか海の向こうで同じように鉄人やウルトラやマジンガーや諸々を観てた男が、それに対するリスペクトだけで1本の映画をハリウッドのブロックバスター級のバジェットで作り上げてしまったのだから。

これは言うのは横山やすしやけど、作るのはお釈迦様で難しいんだぜというのは間違いない。もちろんハリウッドの力学は、それ当たるの?だけど、言うても博打な部分がある。それでも巨大ロボットが怪獣(ちゃんとカイジューと呼称されている、このあたりの話をくどくどされてててもまたいいんだけどあえてばっさり、やつらは怪獣だというのがまた清清しい(笑)と殴りあう映画はリスキーだ。そら近年ではクローバーフィールドなんていう映画もあるけど、またハリウッドギークたちの怪獣王ゴジラに対するリスペクト半端ねぇし(だからこそドイツ人監督が巨大イグアナとしたあのリメイクの悪評が多いわけで)それでもやっぱり厳しい企画なのは間違いない。
だけどトランスフォーマーの成功やアメコミ映画(マーベル&DC)の成功の追い風も味方につけたのか、企画は通ったのだ。そして作られたのだ。

そして内容はまさに日本のアニメや特撮、マジンガーやゲッター。そしてウルトラシリーズに対するリスペクトに溢れた1本だったわけだ。しかもまだまだ続編のアイデアもあるという。
ならばこの恋文への返答として我々はやはり観にくしかない。
細かい感想より、とにかく巨大ロボと怪獣の戦いを心行くまで堪能。そういう映画だ。
だからこそ心よりこの映画のヒットを祈念する。

またいろいろ感想まとまったら別エントリたてるけど、とにかくヒットして欲しい1本なのでファーストインプレッションとしてこのエントリを上梓する。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-08-12 02:01 | Movie

ウルトラの星は輝く。ウルトラマン・サーガ

回数は減っちゃったけどまだやってるところもあるのでこのままGWまで息の長い興行になってほしいなと思いを込めて。まあツイッターで感想はアップしてたんですけどね。

つかみはよかった。というか最初は自分の観測範囲内の人たちが褒めてるのでそうなのかと思いつつちょっと不安でもあった。あまりハードル上げすぎるとガクっとくることもまま、あるので。でもしっかり90分、映画してた。
AKBは今もってそれほどの興味はないのだけど(音楽パフォーマンスに関して)個々のタレントとかにかんしてとかそういう部分はまた別でアイドル枠としてどうなんだろうねと思ったが主役級のアンナ役秋元才加ちゃんはいやいいタレントもってるわと。また一人新しいバトルヒロインの誕生って感じでしたよ、ええw

まあサブユニバースとかの若干の説明過剰感があったけど想定年齢を考えると無問題かな。というか設定も回収もそつなくまとめて、そのまとめ方もオチも良かった。
ちなみにサーガの由来にノアの力を受け継いだゼロがコアになって出現したんじゃないかと少し考えたがそういう意味でののりしろも想像が膨らんで楽しい。

なによりおっと思ったのは客演を上手くしているなと。最近ライダー、戦隊が客演迎えての映画を乱発一 歩手前の連発してるけど、今回のウルトラマンサーガはゼロを主人公としながらもダイナとコスモスにちゃんと見せ場をつくってた事。これなかなか難しいけど そのバランスの良さはちょっと感動した。

ともかウルトラシリーズ好きならいっといてもいいんじゃないかと。特に平成ウルトラ好きは。TVのメビウスが昭和ホイホイなら平成ホイホイ。もっともまだガイアもあるしマックスもという話もあるけどね(笑)それは今後に期待したいのでそのためにもウルトラファンは行っとけ(笑)

しかし秋元才加ちゃんはほんとうにガタイがいい。ガッシリしてる。今後も戦う女性役をオファーしていってほしいですなー。あと野田さんのジョリーズのバイト仲間富沢さんが関西弁の子を好演。富沢さんの中の子関西人だったんやね、知りませんでした。

そしてDAIGOはそのパヴリックイメージを上手く利用した役になってたなと思う。彼、他にもドラマに出たときにそこそこ出来るけどメインって感じではないなあと思ってたけどこれは上手いやり口だった(ヲイ!)

そしていろいろノアのリベンジが今図られているのかなというのも思ったけど、それを今の世相に上手くあわせていったスタッフはお見事。

いや本当にいいウルトラ映画だったので気になる方は是非是非。
[PR]

by tonbori-dr | 2012-04-16 22:29 | Movie

怪奇大作戦の封印回

ひさびさに下書きなしで書いている。(私事だけど最初の頃はエントリはほぼ下書きなしの一発勝負で書いてた。映画感想とかそういうのが増えてきた頃からテキストエディターでバックアップの意味合いもあって下書きするようになった)

この前光カエサルのCh、日活運営のチャンネルNECOの円谷アワーで再放送していた怪奇大作戦の再放送が終った。もしかしてあの封印された第24話「狂鬼人間」が流されるかもと期待したのだが結果は欠番扱いでスルーされた。

その封印に関しては1冊の本になってるそうで、それは読んだことが無いんだけれど封印されたというのはアニメックの池田憲章さんの連載で知っていた。ちなみにあらすじもそこで知っているし後年あるとこでも本編も観たが正直どこが問題なのかと。

まあ封印作品なんてものはいろんな理由があるんだろうけどコレだけはまるで理解が出来ないと思ったが、いやちょっとまてよ、やっぱり解禁すると、今風に言えば炎上するのかもしれないなと考えた。
ここ最近の出来事でいえば今年の東北大震災の鎮魂をするべく東北からの瓦礫の中の倒木などをお盆の大文字の送り火で焼こうとした一件のドタバタ。あれも数件のクレームが発端だった。

クレームをしたものを責める気は無い。正しい知識もなく、政府は隠したり遅らせたりするところでは何を信用したらいいのか分からない。そこでそういう行動に出ることは理解できるから。

で即断即決的に中止とかそういう風潮をみると、ほんと責任とかそいうのとともに周りをよく見ていない人が多いんだなと感じる。ちょっとしたことでも過剰に反応する人も増えたしそれは震災前からでそれがさらに増幅されたので見え易くなっただけ。

なので多分に描写には荒いところもある狂鬼人間は格好の餌食になってしまう。そうなれば永遠に封印どころかレッテルまで貼られてしまう。それは悲しいし、ドラマが突こうとした部分を理解していないのかなと思ってしまうが。

だから、今の時代にこそあの話は通用するし封印を解くべきだという思いは変わらないのだけれど。(出来は別としてね、でもあの回は結構芝居が充実していた)

陰謀論的に考えてみると多分、狂鬼人間の回もあれは法律への一種の復讐でありいわれている精神障害者への配慮だけではないのかも?それはうがちすぎか(苦笑)
特に39条については先日他界した森田芳光監督が「39」という映画を撮っている。狂鬼人間のように機械でおかしくなったとかそういう話じゃないけどなんでもかんでもタブー視するのはどうなんだろうかと感じた出来事だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-12-23 16:49 | column

敵は空からやってくる。「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』観た!
『スカイライン:征服』が異星人による侵略をまったくの一般目線から捉えた作品ならばこちらは侵略を徹底的に軍隊目線で捉えている。ただし国家という枠ではなくそれに直面した小隊を徹底的におっていくことで描いている。

まず最初に思ったのはこの映画が作られたときに言われていたコンセプト、『ブラックホーク・ダウン』meet『エイリアン』。まさにそういう話ではあるが実はエイリアンとかそういうは置いといて、ようするに『ブラックホーク・ダウン』みたいな作品を作りたくともどうしても現実をベースにするとそこにイデオロギッシュなモノがついてまわる。なので宇宙からの侵略者にしてみましたということなんだろうなと。そうする事によってそういう話にせずに単純、エイリアンに攻め込まれた地球人の軍隊として最前線で戦う男(一人姐さんがいますけど)たちの熱い話を描きたかったんだなと思った。

とはいえやっぱり仲間は見捨てないとか異星人マヌケじゃね?とかそういうのが鼻につく人にはオススメできないし、そもそも宇宙人とはいえそんなにバリバリ殺すのはいかがなものかという(地球人が虫けらののように殺されていたとしても)オススメできかねる。

と、kiyotayokiさんが、エントリにもお書きになられた批判的めいたことから書き出したけれど、おいらも個人的には極限状態の『駅馬車』プロットっていうのは非常に好きでありまして、仲間が傷つき倒れても前に進むというのは好きなんですよ。だからこの作品を大いに楽しめましたよ、ええ。そういうのが好きな人にはオススメできますね。もう全力でww

とはいえスカイラインとこの話を上手く融合させてその上で脚本に纏め上げられる人がいれば凄い傑作がうまれたかもなあとか…、でもそうならなかったのでそれはしょうがないのねとは済ますには2つの作品は同じ題材を扱いながら両極端でほんと融合していれば超凄いのが出来たと思うんだが。

でも、ミシェル姐が活躍したんでもうそれだけでいいよ。マジで。
しかし海兵は『最強!』『ウーォ!』はレインジャーの掛け声だけど、『退却ノー!2-5!』ってのは初めて知りました。まあまだまだ知らない事がおおいですわね。
でもオチはちょっと…。ムリクリにオチをつけなくとも。ラストにアレをしたかったからだろうけど(^^;

キャストでは主人公のナンツ2等軍曹にアーロン・『トゥーフェイス』・エッカート。ダークナイトでは正義の検事デントからヴィラン、トゥーフェイスに闇堕ちしてバットマンと対をなす重要な役を演じた彼が『ハートブレイクリッジ』でクリントが演じたようなベテラン下士官を演じている。ややもすると型どおりな役柄だけどやっぱりこういう役は実は無骨な役柄の似合うエッカートにぴったりかも。他はミシェル・ロドリゲスが途中で小隊と合流する空軍の特技下士官役で登場。あいからずの『アタイ』っぷり。アタイ女優としての本分を遺憾なく発揮していた(笑)他に一般人やくでブリジット・ミナハンとマイケル・ペーニャがでてるんだが、地味に活躍しているイムレイ伍長はプライベートライアンの狙撃手バリー・ペッパーを思い出すくらいにいい仕事してんのに無名に近いのでパンフに名前なし(苦笑)ウィル・ロスハーっていうらしんんでメモっときました(笑)ちなみ作中ではかなり有能。ナンツの背景も知った上で徹底的に反目するわけでなくちゃんとサポートもする、職業軍人を好演してたのにね。

『ブラックホーク・ダウン』が好きな人にはオススメできる映画でした(反対に言えばそうでない方にはオススメできかねます(^^;)

よくよく考えると今の世界情勢が産み出した映画だともいえる。この映画での戦場は市街戦。そして今アメリカがテロとの戦いとのことでアフガンやイラクに真っ先に派遣されたのは海兵隊。そういうことでこの映画も立派に現代を映している。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-10-09 16:41 | Movie

そこにいる。「モンスターズ/地球外生命体」

先週末に大阪でのロードショーが終わった「モンスターズ/地球外生命体」を観てきた。
この映画はたったの1万5千ドル(約130万円、公開前のレートで)ということで結構話題になり、各地の映画賞でも話題になった。そしてハリウッドで制作される新作ゴジラの監督に抜擢という話もあって気になっていた映画でなんとか時間を作って観たのだが、いい雰囲気を持った映画だった。

実際には1万5千ドルの制作費ではないそうだけど(監督インタビューより)独特な雰囲気と視点をもってて、先に観ていた「スカイライン-征服-」と同じような少ない予算で少ないスタッフ、VFXを駆使したという共通点がありながらまったく違う映画。
スカイラインは視点が限定されているけど、こちらは視点が広い。あくまでも主要な登場人物2名だけなんだけどメキシコからアメリカまでの道程を淡々と描くことにより世界を切り取っていく様は世界の拡がりを映し出している。

物語はNASAが地球外生命体(どこで発見されたかは明言されていない)を地球外で採取。それを地球に持ち帰るための探査機が大気圏突入時にメキシコ上空で大破し、メキシコで謎の生命体が繁殖。アメリカとメキシコの軍隊は封じ込めようとしたが繁殖を喰い止めるまでに至らず壁を作って都市部と隔離した。それから6年後、取材に来ていた新聞社のカメラマンが現地で怪我をした社長の令嬢をアメリカまで無事に送り届けよといわれるがトラブルのため安全なフェリーに乗り込めず「危険地帯」を陸路でアメリカ国境に向かうことになってしまう…

この道中が本当に上手く出来ていて、そこに住んでいる人たちや、国境を越えるためにいろんな人づてに向かうわけだが、その密輸業者(スマグラー)たちも含めての描写がまるでドキュメンタリータッチ。最近流行で観るといささか食傷気味の揺れカメラも、ストーリーに密接に関係していてぜんぜん気にならない。いや実は中盤ではさほどゆれていなかったりするのだけれど。それにメキシコパートでは主役以外は現地でのエキストラさんにやってもらっているそうで、それがいいテンションとリアリティを生み出している。

またアメリカ国境地帯でのシークエンスも廃墟とかした町がでてくるが、あれはツイスターか何かで被害を受けた町で撮影しているのだろうか?多分日本ではそういう撮影は不謹慎ということでしないだろうけど、明確に伝えたいことがあるならばこの手法は正しいと思う。

この映画にかかわったクルーは5人。それと俳優が2名。このミニマムな体制でも見せたいものとストーリーがあればここまで出来るということを証明して見せたギャレス・エドワーズの名前は、今製作されようとしているハリウッド版ゴジラの監督としても覚えておいたほうがいいかも。

パンフレットは販売されていなかったので公式サイトにいったいろいろ知ったがエドワーズ監督はBBCなどでVFXの仕事をしていたのだそうで、ロケハン、撮影後に自宅の地下で作業を重ねたのだそうだ。その仕事振りは丁寧でCGながらも街並みにすっと馴染んでいる。その部分だけでも彼に新しいハリウッドゴジラをまかせてもいいんじゃないかとも少し思った。

それはいわゆる怪獣が暴れてドカーン、ドカーンのベイっぽいものでなく怪獣が現れて、さてどうする?どうなる。または怪獣が現れた事によってどうなっていくという部分を上手く切り取っていくのじゃないだろうかと。それこそが怪獣映画の本来の姿で、TVドラマ『MM9』後ではそれが一番しっくりくる。
だからこそ『MM9』が好きな人はチェックするべきじゃないかな。

ちなみに各地を巡っているようで大阪での公開は終了したがまだ公開中もしくは公開間近のところもあるので怪獣好き、特撮好きのみならず映画好きなら観て欲しいなと思った1本。

「モンスターズ/地球外生命体」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

追記:ドカーン。ドカーン。ボーン。状況開始!でないと!という人とか、行間読めない人はやめといた方がいいかもです。蛇足ながら。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-08-20 01:27 | Movie

王道は古典「マイティ・ソー」

さて『マイティ・ソー』やっぱり鉄人社長物語とは毛色が違う。
それもそのはずで監督はケネス・ブラナー。自らも俳優として活躍している人だけど基本古典劇が得意なバリバリの舞台人。仰々しい芝居をてらいもなく演出出来るのは彼だけ。だから北欧神話をベースにした親子と兄弟の確執なんていう古臭い劇を期待通りにちゃんと作り上げていると思う。それが映画を見てもあきらかで、現代シーンよりもアスガルドの描写に力が入ってるwいやもっといえばロキの描写に。だから自分にとっては違和感あったのかも(苦笑)

というのもソー馬鹿暴れ、ソー無双(笑)を期待していたので。もっともいちおう戦いもあるんで薄いってわけじゃないんですけどね。というより実際はかなり現代シーンが薄い割りに上手くバランスがとれてんですよ。

それは多分、現代シーンは完全にハーレクインなんだよね。ここはもう割り切ってというか実質それしかないし。異世界の王子が白馬に乗っては来なかったが虹の橋を渡ってやってくるなんざ、そりゃもうハーレクイン以外のなにもんでもないよねみたいな。そしてこの両方は「ファンタジー」なわけで、そうおとぎ話。なので親和性が高いのではないかと。ちょうどナタリー・”ザ・ブラックスワン”・ポートマンが仕事に生きるちょっとお堅い科学者っていうのも、そういうのを加速させているんじゃないかなあ。そういう意味では古典と王道の融合。いや王道はまさに古典なのであると(笑)

それとアスガルドの描写は光の国っぽい。そういえば近年の映画とかは光の国の偉い人たちもマントがデフォらしいのでマーベルと光の国がコラボしたら…噴きそうだwでも映画よりこれはゲームで実現しそうではありますなwwいやサイズ的にはどっちかっていうとライダーなんでしょうけどね。


ただ最後のシーンのために『アベンジャーズ』の壮大な予告編として見られる恐れがあるのであえて言わせてもらえば最後のロールは観なくていいです(爆)いや『アベンジャーズ』を含むマーベル好きは観たほうがいいけどね(^^;

キャストに関してはクリス・ヘムズワースくんはよく分からない。まあマッチョマンだなと。最初の馬鹿王子がはまっていすぎたせいで後半の王の風格が…感じられなかったよ(苦笑)
ナタリーにかんしては完全にブラックスワンの張り詰めた感じはなく力の抜けたよい感じでござった。他にもステラン・スカルスガードやアイアンマンでお馴染みのシールドのエージェント、フィル・コールソン役クラーク・グレッグなど。
浅野忠信はソーとともに戦う3戦士の一人ホーガンを演じたが案外ちゃんとした台詞もあったし優遇されてるとはいわないが邪険にもあつかわれていないんじゃないかなと。まあ今後どんな作品にでてくるのか期待したいところ。

ということでこの後の、「キャプテンアメリカ」の公開後にアイアンマンとキャプテンアメリカとの共闘の物語がひかえているわけだけど今後、リブートする「スパイダーマン」とかもでるんでしょうかねえ?それよりは「ファンタスティック・フォー」をどうするのかを知りたいもんだが(キャップ役のクリス・エヴァンスはヒューマン・トーチでもある)

ちなみに3D公開だけどなんかもう3Dは疲れるので2Dで鑑賞。アスガルドのシーンや戦闘は流石に3Dなら迫力あるかもだなと思ったが、全然2Dでイイと思いました。個人的に。」

「マイティ・ソー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-08-06 23:16 | Movie

ある視点『スカイライン-征服』

観てきたゼ!『スカイライン-征服』
『見ろ!人がッ!ゴミのようだ、ふはははは!』はラピュタでムスカが放った台詞だが、まあそれがストラウスキ兄弟の手によってうまく再現されていると言ってもいいと思う(笑)

エキブロ友だちのGun0826さんはツイッターでの会話で彼らはビジュアリストと言ってたが、それに禿同。まさにそのビジュアル魂が炸裂しVFX職人の面目躍如たる描写を、視点を絞って少人数グループが少ない情報に閉じ込めるいわば変則密室状態。どこにも立ち行かなくなってしまったコンドミニアムの高層マンションに閉じ込められてしまい、終始周りで起こる事だけを描写しているの立派。

発想の転換でビルからでてあちこち逃げ惑うとお金がかかる、で状況を限定し、大規模シーンはほぼCGにして合成。そうすることによって大規模な破壊シーンや宇宙人の侵略を見せていった。これは結構使えるけど2時間を越えたら「ウン?なんかしょぼいぞ」と思われてしまうので100分にまとめたなと。実際コレ以上は難しかったと思う。
変に色気を出さず徹頭徹尾、成功したプロデューサーの友人やその妻、愛人、主人公の恋人にマンションの管理人、他に出てくる人たちもほんと瞬殺っぷりがすがすがしい。

APV2ではちゃんと作ろうとして結局しょぼさが隠せなかったのと違い、今回は絞りに絞ったおかげで緊迫感がただことではなかった…とここまではほめているんですけれど個人的には超残念なところがあって、それは彼らの結末。というか主人公とその恋人が迎える結末に関してね、まあちょっとってことです。もちろんそれ込みで面白かったよとかあのストラウスキブラザーズなのにやりやがったなとか(笑)いってんですけどね、個人的にはヲイヲイそれはないやろって。まあサービス、サービスゥってつもりかもしれないけど、自分にとっては蛇足だったかなあと。まあこのあとネタバレで書きますけれど。でも時間の短さとあいまってなかなかに面白かった、というより緊張感が得られたライド系の映画としては合格点の映画でありました。
まあ断定すると「クローバーフィールド」系ですね。あれと近いけどこちらはさらにアイデアで勝負したゼ感の潔さが目立った1本でした。


「スカイライン -征服-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-08-04 23:37 | Movie

エイブラムズもまたタラ以降の監督である『SUPER8』

ということで早速観てきたんですよ。まあ結局時間経ってからのアップになっちゃったけど(笑)
直接的なネタバレはしないように心がけますがいろいろ読むとネタバレしていますので、以下の方は観た方が吉でござると思うであります。
「ET」大好きだ!とりあえず自転車で月をバックにゴーな方や、もしくは「グーニーズ」であんな冒険してみたかったゼな方。もちろん親子連れもOKではないかなと。はいそれだけ分かったら劇場へゴー。木戸銭だけの値打ちはありますゼみたいな。
ただ子供がメインフィーチャーなのは苦手だねえ、ガメラでも平成のギャオスはいいけど昭和のあのガキんちょのギャオスネーミングはウザいわ!という人や平成でも「小さき勇者たち」はスマン、ツダカンや寺島兄貴には悪いけど苦手なんですよ(泣)な人はオススメできませぬ。これは割りとマジです。

そもそもおいらが子供の(出てくる)映画は苦手なんですよ、子供が見るようなウルトラマンとか仮面ライダーは大好きなんですけどね(爆)もちろん食わず嫌いなのはよく分かっておりますが。こればっかりはしょうがない。ということで洋の東西を問わず子供を使うのは禁止だよ!とまでは言いませんけれどなんだろ…ムズ痒くなったり、恥ずかしかったり、そして「あざとかったり」実は「ET」はよくできているのは認めますけども、どうにもそのあざとさが自分は予告編でももう苦手で未見だったころからもうそれはどうしようもなくて、まあ困ったもんなんですけれどもまあそれでもこれを観にいったのはやっぱりアメリカの小さな町が恐怖のずんどこに落ちるかのような部分がトレイラーにあったわけで、ねえそれなんて怪獣?それともエイリアン???みたいなとこが惹かれたのも事実で、反対に言えばそこが無ければ完全スルーでした。そういえば怪獣、子供といえば「ミスト」なんてえのもありましたな。まあ『クローバーフィールド』のエイブラムスだしなあということで観にいったわけです。(っていうかプリンセス・トヨトミを見ようと思ったら日本語字幕の日でスーパー8に空席マークがでてたのでスイッチしたのは秘密だよんww)

でまあ感想といえばエイブラムスのスピルバーグLOVEじゃなかったリスペクトを今風(エイブラムズ流なミックス)でまとめた映画だねというのはすごく感じたわけで。それは物語の設定や進め具合、そして片親の喪失。(スピは結構バランス気にして父と子と母と子というカップリングをもってくるけど、エイブラムスがその返答としていや父と子でいいじゃんみたいな部分とかは結構そうきたかという感じ)それ以外でのディザスターへの目配せや子供目線での撮影などなどちりばめかたはやっぱりエイブラムスってタラ以降の才能だよなっていうのを強く感じた。作風は全然違うけど映画好きで(彼のインタビューを読んでいるとスピルバーグとの意外なつながりやキラキラのポッドキャストでの町山さんの話によるカーペンターとのエピソードを聞いてもそれは明らか)そこからのパッチワークっていうのはやっぱりクエンティンがハリウッドに来てそういう一つの流れが示されたからじゃないかなって。

そういうことでエイブラムスはその素養として怪獣とか宇宙人にその素養が高いのでそういう映画をどんどん作って欲しいなと半ばマジで思った。なんかスピみたいに変にオスカー狙うぜみたいな事しなくていいから(笑)あざとくても全体にあっさり目にスピード感重視なのでさほど気にならないし。多分これはTVシリーズからのフィードバックで今のお客さんは2時間集中力もたないから集中しきる前にさっさと話を転がしているって感じで。でキーとなるシーンとダイアローグだけ押さえとけという手法なんでしょうねえ。



「SUPER8/スーパーエイト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

こっからは盛大にネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-07-08 01:31 | Movie