タグ:漫画原作 ( 31 ) タグの人気記事

黒い玉完結篇『GANTZ PERFECT ANSWER』

黒い球の完結篇観たゼ!
とりあえずアクションがVERSUSみたいだったゼ。
いやアクション監督が一緒だから当然と言えば当然なんだけど。(下村勇二氏)
ちょっと勘のいい人には読むと結末わかってしまうかもなので注意。


だいたいそうなるんじゃないかと思ったところに収まったが、案外綺麗にしたなって印象。
漫画がどんどんエライ事になっているのに対してということでも。
こちらは映画の尺に良くも悪くもまとめてみたよっていう感じ。大きくはみ出さないがちゃんとまとまっているという感じ。それゆえに「小さく」まとまっているととられてしまうかもしれない。それに色々問題を(テクニカルな部分で)解決していないので(主人公の物語としては)完結しているんだけど、俺(脳内)の中では終わってねえというかもしれないよねと。

このエントリを書くにあたっていろいろあたると、実は監督がリメイク「修羅雪姫」の人というの知った。道理でと思うところも多々あり。でもそれ以外の映画全然見たこと無かった。でもホッタラケの島を監督していたとは…。
脚本の人はブラッディマンデイとか最近ではLADY最後のプロファイルを書いた人…。いやでも『探偵学園Q』はけっこう好きだったよ(苦笑)

残念だなと思った点は大型星人とのバトルが無かったところ。せっかく大仏星人(おこりんぼうだっけか?)星人でいい感じだったので原作のぬらりひょんみたいな星人とのバトルは観たかったなあ。それと栗山千明がでていないところ(笑)だってファンなんだし、原作にもそっくりなキャラでてるんだから本人だそうよ。いやまあそれは私の趣味ですが、それがなにか?(爆)

ただそこは置いといても、着地点がもうちょっと酷な感じでも良かったんではないかという気がする。結局、死人もでてしまって取り戻せない感みたいな。まあ等価交換はなされているんですけれどね。そこんところはまあ個人的には残念だなという印象。
あと山田孝之の立ち位置がイマイチだったことと(もうちょっと前篇からかませておけばねという事も含め)、あの特別篇いらなかった。っていうか前篇と後篇に上手く入れ込んで欲しかった。まあ完全にいらない子ではないけどだからといって別にするっていうのがなんとなくいやんな感じ。っていうか『SP』もそれあったなあ。あれはさらに話繋がらないよって事でちょっとと思ったけども、まあコレは見て無くてもなんとかなるのでそれはOK。

後は結構がんばってたっていう感じ。いろいろ制約やら多かったとは思うけどもまとめた事とかも含め「よくできました」といった感じ。
ただまあどうしてもオリジナルと比べられてしまうのはしょうがないし、そこが漫画原作の辛いところ。
これがGANTZでなければ正直ヒットしたかどうかという事もあるし難しい。でもそっから先はビジネスも絡む話などでこたられば論になってしまう。ふーむ。そういう意味ではここ最近のTV局映画でもここまできる一方、デメリットの部分もハッキリしてきたよねの中の1本であることは間違いない。

「GANTZ PERFECT ANSWER」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-06-04 22:01 | Movie

何かが足りない。「エクスマキナ」

なんか「アップルシード」がTVシリーズになるらしい。
士郎正宗の「アップルシード」が新たにアニメ化! 『アップルシード XIII』 | ホビー | マイコミジャーナル
CGアニメとして2作品が世に送り出されたが、どうなんだろ?まあIGが制作にかかわってるしというのもあるけれどミコット・エンド・バサラってなんかヤマっけの多い会社だなあと。
ということで以前に観たジョン・ウープレゼンツ「エクス・マキナ」について久々のスルー映画祭りww

「アップルシード」はちょうどよく通っていた本屋さんのマンガコーナーでイチオシ(ちなみにそれほどブレイクする前)で普段中身の分からないマンガはあまり買わないのに何故かさくっと買ってしまったのが運のつき。続編が読みたくなってきたら、人気に火がついて2巻が出たときは嬉しいもんだった。
ちなみに版元の青心社さんにアンケートハガキを送ったら案内ハガキが送られてくるのでせっせと買い揃えていたっけ。後に講談社から読みきり短編を経て「攻殻機動隊」シリーズが発表され、アップルシードもOVA化された。まあこのOVAはお世辞にも出来がイイとはね、あんまり思ってなくて、それは主に作画と演出面だったけど原作者本人がコンテを切った「ブラックマジックM-66」がリリースされ短編ながらも非常に高いクオリティを放っていたことを考えると、最近は世界情勢の激変により無期限停止(事実上の終了)してしまったことがくやまれる。とまあ原作話はこのくらいにして、本編だけど、そのなんと言うかクオリティは決して低くない。というかいい線いってるといっても良いけど空々しい。それは一重にCGレンダリングアニメとアニメ顔キャラのマッチングが上手くいっていないということ。メカシーンは非常に重々しく迫力も満点なのにキャラ芝居だけが非常に浮いているという点。

個人的にはこの手法には期待を寄せているんだけどまだまだ上手くいっていない。このあたりはピクサーやドリームワークスに水をあけられているどころかかなりの周回遅れのなっているという感覚。ただ日本人はゲームのCGムービー見慣れているので海外の人ならアダルト向けカートゥーンとしてよく出来てるんじゃね?と思うかもなとは思った。

またシナリオも複雑に見せてちょっと荒っぽい。「アップルシード」の妙味は複雑な社会システムと人とバイオロイドの相克。人とサイボーグそして人と人との相克が複雑に絡み合っている部分。そこがテーマなんだけど(ようするに異なる隣人に対しどう接していくか。)いささか落としどころか簡単すぎるしちょっと盛り上がりにもかけてるようなストーリーだった。というより連続している(しかも終っていないし、さらに言えば今後、原作者が物語を紡ぐ気がない)ストーリーの中で舞台だけを借景してきてなんかひねり出すとなるとこういう話になるというのは致し方がないだろう。まあネタ的にはそれほど拙くは無かったけれど、同じ原作者の別のストーリーを借景しつつもちゃんとオリジナリティのあるテーマを盛り込んでいった「攻殻機動隊S.A.C」と比べてしまうのは無理も無く。そういうテーマっていうのは希薄だった。そこが決定的に足りない部分でこういう未来都市手でアクションを見せますというのが先にたっているっていう感じ。敵の抱える悩みというか闇みも何故?という部分では底知れないではなく単純に分からないだけで底知れなさとか狂気が伝わりにくい。そしてブリアレオスのDNAデータから作られたバイオロイド、テレウスに関してもブリのクローン正確には違うけど、サイボーグになる前のブリと同じ容姿ということでその側面が強調されているし、このあたりは制作者もそう考えている節が強いのでバイオロイドとしての葛藤が薄く、オレ、ブリの二番手?みたいなところが目立った。

とまあ欠点ばかりが目に付いたけど、テーマがついてこれば、それは演出という部分だけれど結構よくなるんじゃないかと思ってる。というのもモーションキャプチャを使った場面設計などはよく出来ておりアクションシーンもなかなか見応えが有るから。問題はシナリオとそれを元にした演出という部分だろう。ジョン・ウー先生もアクションだけ見ないで話部分にもっと突っ込んでもらってもよかったんじゃないすかねえ。ベタな友情、絆アクションとかwwというのは冗談としてもこれでは海外の狭いマーケットで商売になっても広く訴求するには無理があるかなって言う出来ばえだった。かなり海外とかに気を使っている印象ではあるが(音楽はHSHIMOことYMO、1作目はブンブン・サテライツに坂本龍一ほかミュージシャンを多数フィーチャーしていた部分もそうとう海外に目が向いている。)その割りに…っていう印象なアニメ映画だった。

キャスト的にはデュナン以下総入れ替え。特にブリの声が山ちゃんこと山寺宏一に変わったのがねえ。個人的には士郎ワールドでは山ちゃんはトグサの人だからww まえは小杉十郎太さんだったはずで小杉さんの声が良かったかなーって。ニケやアテナは今の人でも良いけど吉野は少佐の声の人こと田中敦子さんがよかったかな、まあ深見さんでもOKだったけど。

「EX MACHINA -エクスマキナ-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2010-10-29 00:50 | スルー映画祭り

久々に漫画関連でアレコレ

マツダの工場に暴走車がつっこんで死傷者が出たりという痛ましい事件が起こったり、
フランスが決勝リーグに進出できないのは自業自得としても、南アフリカは折角勝ったのに出れないのは残念だなーとかいろいろあったんですけれど、日本の試合は明日(といっても実質金曜日)なわけでガンガレ、ニッポンなわけです。

とちょっとアレコレなんですけれども気になったニュースをいくつかピックアップ。
ツイッターでつぶやけばいいじゃんよってなるんですけれどまあいろいろぼやいてみたいので、
新潮社:「コミックバンチ」休刊に 8月27日発売号で - 毎日jp(毎日新聞)
なんか休刊らしいですわ。
といっても特に読んでいる漫画があるわけじゃないんだけれど、やっぱり新雑誌として漫画界第3極?を目指したもののって感じなのかなーってちょっと残念に思ってたんだけど、出版元の新潮社新しい船出をするという話らしいですけど、アンダーグラウンドでは編集元のコアミックスが云々とかまあいろいろあるみたいな話も出ててちょっときな臭い。今時はもう電子出版だべという時代なのに(^^;
そういえば漫画ネタもう一つ。
少年ガンガン9月号に「鋼の錬金術師」最終回を再掲載へ、7月号が完売続出で読めなかった人多数発生のため - GIGAZINE
この号、ヤフオクとかで結構な値段がついたりとかでもう流石に落ち着いてるみたいですけど、それでも強気の値段をつけてる人も(苦笑)
一応単行本はもってないけど読んでたクチで、まあ全巻出揃ったら、大人買いしたろかくらいには思っていますが(^^;それにしても正札ならともかく掲載誌高額で取引ってのはどうかなーと。多分数年後にブックオフにもっていったらだぶついてるので引き取れないとか言われそうな(^^;じっさい雑誌は紙も悪いし消費されちゃうことが前提なもんで、まあ10年以上経過くらいでは多分二束三文でしょうな。
作品を一刻でも早く見たい読みたいというのは正しい欲望だとは思うんだけど、行き過ぎるとそれはどこか道を踏み外しているなと思いますね。

そして漫画関連3本目はコレ
「AKIRA」実写版映画ただいま製作中!『ザ・ウォーカー』のヒューズ監督が明言! - シネマトゥデイ
AKIRAの実写化はデカプーがってのは前からつぶろぐとかツイッターでつぶやいたりしてたけど、とうとう企画が本格始動したかという話で、いや不安で一杯です(ヲイ!)というかあまり見る予定が無かった(いろいろあって映画があまり見れていない状況なんでアウトレイジとプレデターズは絶対に行くことにしてますが)「ザ・ウォーカー」見とかないかんか?とまで。ただキャスト決まっていないんでまだまだ流動的かなとは思ってますけどね(爆)
とまあ漫画三題話でした。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-06-23 23:22 | anime&comic

JINが終わったのでちょっとだけ。

『JIN-仁-』最終回の視聴率は25.3%、瞬間最高視聴率も29.8%を記録! (テレビドガッチ) | エキサイトニュース
最初つぶろぐで書いたら長くなったので。
結構非難ふんぷんな結末(謎解きが解決されていない)だけど原作終わってないからねえ。
とりあえず野風が助かったところで目出度し、〆しかなかったでしょう。
それをかわすために、写真をバック・トゥ・ザ・フューチャーのようなガジェットとして使っていたし、
でそれを消して、「ゴー・ザ・ナウ!」だぜっていうのもまあアレだけど納得できるしね。

それでもドラマ(原作未読で)を観た人にとってはなんらかの解決が欲しいもの。
で、そうなると確かにあの結末には納得できんわな(苦笑)
個人的にも原作未完の話をどう収拾つけるのか?と凄く気になったが、
とりあえず切りのいいところで話を畳んで(一応の)あとは濁すという感じ。
でも個人的には完全投げっ放し(野風の容態も、龍馬の生死も全部続くエンド)を想定していたので、
これはよくあるコンテンツ的に正解なのでとりあえずはほっとした(笑)

映画の噂ももれ出てきたくらいだしTBSだから多分ソロバンははじいているはず、
もちろん冬クールにやる土8ブラッディ・マンディシーズン2のように続編ドラマにするのか?分からんけど。

とにかく原作も今ひとつのクライマックス(終わりかどうかは分からないけど)なので、
また春先に動きがあるでしょう。
なのであーゆう後を引く終わりはまあ想定はしていた。

けどちょっと残念でもある。終わっていない原作に対してどうラストを提示してくるのか?
という部分では残念ながらビジネスライク的なエンドだったので。

やるんだったら映画ではなくドラマでやって欲しいもんですな。

TBSがなんかいってます。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-21 23:34 | TVdrama

果たして変移抜刀霞切りは?『カムイ外伝』

忘れていたがカムイ外伝を観た。

そうだねえ、いや松ケンはよく頑張ったと思う。うん、カムイしてた?かな。
そんで、えーと、えーと、
もうファーストランも終わりなので激しくネタバレでいきますのでよしなに。

ざっくりいえばOPの山崎努のナレーションに、
懐かしい「カムイ伝」での山丈がカムイを抱きかかえるシーンがコミック版の懐かしい絵と共に語られていく。
そこでカムイが非人ということもしっかりと表される。
この辺りでいやウサワで聞くほどダメじゃないじゃないかと思ったが、
カムイが追っ手と闘うシーンでまず、ちょっとアレ?となっちゃう。
CGとワイヤーを組み合わせたアクションの親和性が…ちょっと低すぎる。残念ながら。
アクションはそうとう動いているのでそこがまず残念その1。

お話もスガルの出てくる一連のエピソードをまとめたものだけど、
前半の話と後半の話のつながりが上手くないし元々前後編でもいいくらいの話ではないかと。
なんというか、いやスガルの島の一連のエピソードは確かにつながっているんだけど、
こうやって観ると分けてもよかったんじゃないかとかと思うぐらい。

全部ダメと切り捨てるには惜しい部分も散見されるけど、
基本クドカン色と崔色はあまりよく融合してないっていう気がする。
いやそもそもクドカントーンって台詞回しが俺ならしないとか崔監督どっかで言ってたけど、
正直それも分からなかった。ちょっと芝居がかった台詞だなと思ったけど、
もしかしてそういう事なのか?

キャストはそれぞれいい仕事はしているかなとは思うし、
霞切り、飯綱落としを実写で見れたのはまま、良かったカナとは思う。
但し霞切りに関してはあの左右のブレというか動きを分身にするとはね。
あとそれ(分身)が雲散霧消するのは違うんじゃないかなあと思う。

そういえば昔、「影の軍団」で千葉真一が忍者刀を背中に差して、
反復横飛びをしながら相手を切り伏せるというのをしたけれど、
あれは元ネタは多分、変移抜刀霞切りだと思うんだけど、
それよりは前段は霞切りっぽいとは思う。
けどあの処理でサニー千葉の方がクオリティ高いと思ってしまった。

アクションシーンはアクション監督の谷垣氏がよく練ったなという印象。悪くはない。
いろいろ新機軸を出してきているけど日本的なるものというのはちょっと見出せない。
これは個人的な好みなんだけど、世紀の珍作「SHINOBI」もアクションシーンは凄かったけど、
香港の影響がデカイ、というか香港映画を観て育った世代がコレがカッコイイということでやっているので当たり前なんだけど、
そのため赤影世代であり、東映のチャンバラもかすって、
その上でのリアル殺陣の隆盛を見てきたおっさんとしては、
刹那の斬りあい、穏形、そして手裏剣。という部分がトータルで観ると、
やっぱりちょっと違うなっていう感じ。
そこを言っちゃうともうどうしようもないんだけど。

キャストの話とか
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-02 23:45 | Movie

GANTZも実写映画化か!

Excite エキサイト : 芸能ニュース/二宮&松ケンW主演で人気コミック「GANTZ」映画化 (サンケイスポーツ) | エキサイトニュース
ほー今度は『GANTZ』か。日テレ調子に乗りすぎ(怒)
確かに『GANTZ』はネタ元としては優れた作品だけども、『20世紀少年』とかを(まあTVだけど)観るに期待は…出来ねえ(泣)

とはいえそれなりにヒットしている、いや数字だけを見ると大ヒット!!!!している『デスノ』に『20世紀少年』の成功を見ればこの作品もキャストにジャニーズとはいえあのクリントの『硫黄島からの手紙』に抜擢された二宮くんに、若手演技派でデスノのLでもおなじみ松ケンこと松山ケンイチ。他のキャストは未発表なれど『ヤッターマン』の特撮クオリティでもヒットしちゃうかもだ。いやしそうな気になってきた(苦笑)

監督は佐藤信介。釈ちゃんの『修羅雪姫』とか最新作はIGとフジの『ホッタラケの島』。ちょっとどういうのを指向しているのかよく分からない。エイガドットコムにあたってみるとますます分からない(爆)
佐藤信介 : 人物情報 - 映画のことならeiga.com
というか「県庁の星」の脚本を書いてたのか。アレも三谷さんっぽいけどそうでもなく君塚さんのようでそこまでもなく微妙な感じだったけど、色の無い人なのかしら?
でホンは渡辺雄介、調べると「20世紀少年」を書いた人。実は相棒の先シーズンに1話書いてるんだけど調べてみると結構捻った話の回の人だった。ただしちょっとツメが甘かった印象。どっちにしろ横槍(ゲンバではなく上レベル)がはいれば現場のアイデアなど吹き飛ぶような環境ではどうなることやら。(ムウでは同性愛の話が大きなファクターをもっているのだがスポンサーの問題でネグられたと現場のPが公開後に暴露。これも公開後に言うのもどうかと思うけど。)かように今のTV局がかんでいる製作ではまったく期待が出来ない。

あーもうヤマトといいコレといいもう勘弁してくださいという感じ。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2009-10-08 23:21 | column@Movie

どちらもそれほど違いは無い、昨日のドラマ

メイちゃんの執事:初回14.9% 「神の雫」は10.3% 火曜連ドラ視聴率(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
昨日の今日でもう数字が出てる。
いくら視聴率じゃないっスと言っても、現場はそれしか指標が無ければ頼らざるをえないよなあ。

ということで実は両方視聴した。
まあざっとした纏めは別館にTBSの日曜ドラマが始まってからアップするけれど、
この2つ、『メリーさんのひつじ』『メイちゃんの執事』と『神の雫』だが、
内容の違いはあれどクオリティはそれほどの差がないんじゃないかと。

でも何故かKAT-TUNの亀梨くんのって数字が取れない。
前のも漫画原作で確か「1ポンドの福音」もそれほどだったしね。
ジャニーズ頼みと言っても結局SMAPと一部の人頼みで全部OKってわけでもないということなんかね?
対するフジの火曜9時枠も漫画系というかそういうのが多いけれど今回は執事か。
そういえばアニメで『黒執事』ってのがやってる。
何回か見たけれどそれほど趣味ではないのでスルーしてるがメイドの次は執事というのもなんか英国の伝統とか文化とかが間違って理解されそうでちょっと萎える気も。
とはいえ現役ライダー関係者(次の日曜で終わるけど)と先代ライダー2人(しかも2人ともヒロインを支える重要な役柄)というのも色々面白い話であるなと。

そして『神の雫』の竹中直人。変な外国人役は、もうこの人というのが定番になったのだろうか(笑)ロベール氏に関しては名字が土肥なんでハーフであるのだけれど。
ちょっとアクのある正体不明な役柄を演じれるのは竹中さんだけというのが業界の定説にでもなってんでしょうかね(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-01-14 22:17 | TVdrama

ハチワンダイバー・ドラマ版(笑)

さっき終わったトコ。1分切れ負けのエピソードと空中賭場のエピソードを足した混合エピソードで、

今日でいきなり『ハチワンダイバー』の名乗りを上げた!
2回くらい引っ張るかと思っていたがドラマで多分10回あたりだとそうなるんだろうか。
ちなみに『マムシ』は来週分に出るが姜暢雄がマムシっていうのもオリジナル要素を漂わせているねえ(笑)

あと原作に無い恋愛フラグを無駄に立てているのもドラマっぽい
うまく収束されればいいけれど。

師匠はコヒさん。後々キーになる要素を持たされているからコヒさんなんだろうか。
オリジナル要素に繋がるんだろうか。

で肝心の潜る描写はストレートに潜ってた!
って吹いた(笑)
ひねりも何にもなし、ストレート。かえって清々しい。

ただどう転ぶかは分からない。原作スキーな人々も楽しませてくれればいいんだけれど。

で仲 里依紗は確かにポッチャリキューティーではあるな。
でもそよちゃんはもうちょっとタッパあるかなあと思うんだけど・・・まあいいか可愛いから(爆) 
とりあえず来週も観る(仲里依紗を)(爆笑)

追記
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-04 00:02 | TVdrama

ハーロックの実写映画でまた松本零士さんが困惑している件

最初に知ったのはニコニコ動画SP1のニュースで。
「ハーロック」ハリウッド映画化‐ニコニコ動画(SP1)
元ネタは多分ここからでは。
innolife.net>>>韓国ニュース>>>エンタメ>>>日本アニメ『キャプテン・ハーロック』、韓国内で実写映画化
で、そのまま、動きがあればなんか出るだろうと思ったら松本御大は
『知らないよ』とかいう記事が。
松本先生熱くなってます(^^;
キャプテンハーロック:松本零士さん「許諾してない」と困惑 韓国で映画化報道 (まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
さらに今日は続報があがって、日本側プロデューサーは寝耳に水ですねん的発言。
キャプテンハーロック:渦中のプロデューサー 「まだ企画の段階。松本さんとは協議中」(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
韓国側の勇み足ってことに読み取れるが、ちょっと日本側のこのおっちゃんが大げさにいったのを向うが真にとっちゃったとかそういう事のようにも思えるし。
韓国側の続報も知りたいですな。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-17 22:49 | column@Movie

マジですか?『ハチワンダイバー』ドラマ化って。

ハチワンダイバー:溝端淳平と仲里依紗でドラマ化 「負け組」からの逆転劇描く フジテレビで5月3日から(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
フジの実験枠?というか土11の新作は『ハチワンダイバー』になるときいて驚いた。

以前に最近、『少女ファイト』と『ジャイアント・キリング』のスポーツ漫画のエントリを上げたときに触れた将棋漫画『ハチワンダイバー』がTVドラマ化とは。
正直全然予想だにしていなかったが土11もローンチと続く第2弾までは漫画原作だったのでありえなくはないが、まだ連載途中(ライアーゲームもそうだった)なので巨大な敵、鬼将会とのバトルが後半の目玉になってくるとしてもどやねんと。

もっともライアーゲームはキノコ(フクナガ、演じた鈴木浩介もGJ)のおかげで面白くなったし。
『ライフ』は原作を読んでないので分かんないけどそこそこ反響も大きかったようだし。
うまくしてくれれば多少の逸脱は目を瞑ってもいい。

だけど『負け組』の話ではあるけれど(主人公がプロの壁を越えられなかったということは物語中で何度も出てくる)単純な成り上がりでもないし逆転でもない。
それしか出来ない連中が、それに特化し死力を尽くし己の存在意義を再確認する格闘(頭脳格闘技)漫画なんである。
ある意味『神』に挑むと言ってもいい。前作『エアマスター』でも渺茫というとんでもないいわば格闘技の神の領域に踏み込んでいるようなキャラを出している。
また著者のヨクサルさんのバックボーンが将棋というのもあるので、やるからには半端ないのをお願いしたいものだが。
あまり単純なとこに落とし込まれてもという不安があるがとにかくお手並み拝見か。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-03-28 23:05 | TVdrama