タグ:時事 ( 104 ) タグの人気記事

情報が勝負の決め手。

今年に入って(そして久々のエントリ)ではあるんだけど、
衝撃的なあのバグダーティの一味が犯した犯罪についてちょっとメモしておきたい。

正直、日本の対応は下の下だったと思う。
何故かと言うと8月に湯川氏が拉致された時からの動きが鈍かったという事。
(自己責任云々言う人もいるかもしれないが、この事案は日本人全てに当てはまるし拉致されたと一報入った時に対策本部を設置するのは当然の事で諸外国ならばそういうチームが動いていたはず。日本はそれらの国と違うというならそれは恥ずかしい事だ。)
ヨルダンに対策本部を置いたこと。まあこれはトルコという情報戦に長け、親日国でもあるトルコに置かなかったのは解せない。
実際のところ映像が出た時点でこの件は終わっていたという専門家の見方があっていたのではと思う。
もちろんそこからの交渉と言うのもゼロではないというのはあるだろうが。

問題はTwitterでもつぶやいたんだが、情報機関がないという事。
日本の中東関係での情報関係は外務省の大使、公使の個人的チャンネルにたよっているということを耳に挟んだが実際にそうであるならばその人が動けないと話が通じなくなる。
専門機関を作り、情報収集と分析、評価をして少なくとも首相に提言できるような部門が無いとこういう場合に対応ができない。だから早くにそういう機関を作らないとと思うのだが、どうしても国防、機密情報などなどで与野党の合意が得られにくい部分が如何ともという。
交渉するにしてもプロの交渉人を雇うにしてもそういうチャンネルをそういう機関が出先になれば機密性も保たれる。でもリベラル派の人たちは情報機関というといい顔しないんだよね。分からんでもないが、あんたたちの言う人質交渉だって機密を保たなければ失敗するんですよ。

おいらは何も安倍支持ではないのだが(実際アベノミクスのトリクルダウンの恩恵全然感じられんし、威勢のいい事ばかり言い過ぎだし)それでも政府が「まともな」情報機関を作ることは急務だと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-02-07 18:28 | column

終戦の日から1日が過ぎて

まあ何時もなら「日本のいちばん長い日」あたりを観るのだが、日本映画専門chで「激動の昭和史 軍閥」をやっていたのでそれを観た。

まあ何故日本が、太平洋戦争に突き進んだのかということを軍閥、政治、そして新聞周りから描いた作品だったわけだけど、こういうのは幾つかの新証拠が出てきても結局、日本は拡張路線と意地の張り合い、そして戦争しかないという強迫観念でその道に進んだとしか思えない。

そんなわけで参議院選挙で大勝した安倍内閣の改憲論議もかすまびかしい昨今だけど、そういえば朝生田原さんはよく今があの時代に似てるとしきりといってたっけなあと思い出す。

正直、自分は憲法は改正すべきだと思う改憲論者であるが、それでも96条の安易な改正には反対でその意味では今の安倍さんは支持できない。それははっきりしている。どんな事でもアリの一穴。いったん開いたら終わりなのだ。真に憲法を変えたいというのなら何処か護憲論者との妥協点を見出す話し合いも必要で、それはあまたの外交でもそうだ。

そういう意味では貴族政治、そして武家政治からの封建制は未だ終わらずというのが自分の持論なわけだけど、いつも内輪のことばかりでに汲々として外に目を向けない。それがずっと続いている。結局は外からの変化によって良くも悪くも道が指し示された。鉄砲しかり黒船しかり、日清、日露、太平洋戦争。

どうにも舵取りをするには世界を見なければならないのにその道筋が見えてないのかなと思う。
といっても自分はグローバル論者ではない。ただこれから先の未来を見据えるにどうしても狭い国家を維持するならば世界と渡り合わなくてはならないだろうという気がする。

そんなことを思った8月15日だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-08-16 23:04 | column

状況は進行中

朝生観た後でいろいろ思うところもありネットのほかの記事も読んだりとかでざっと書きなぐったんだけどそのままにしてた。
けどやっぱりアップしておくことにします。

東北地方太平洋沖地震(東日本巨大地震)、ネット上でのデマまとめ その4 - 荻上式BLOG
前に荻上さんのこのエントリ、別のをツイッターでシェアしたがこのエントリの一部の話でちょっと思ったことを。

エントリでとりあげられてる、俳優の辰巳さんのケース。餓死は自分もちょっと表現がちょっとなと思ったし、水野美紀さんのブログエントリにも犯罪が多発しているようなことを被災地の人から聞いているという記事がたっていたように記憶している。

で、実際のところはそんなのはデマだよというのはたやすい事だけど、実はこれSOSなんじゃないかなとも思えるわけで。まず餓死は訂正入ったということだけど戦場のような状況で物資も乏しく撤退戦にもは入れない、篭城戦で行くも地獄、引くも地獄の状況ならついつい言葉はきつくなる。でも今は140文字で速攻まわせるツイッターがそういうキツキツな心情を伝言ゲームよろしく拡散してしまう。そうなるとこんどはセンセーショナルな言葉だけが独り歩きしてまってキツイ言葉の裏が汲み取れない。言葉だけが浮かび上がってる状況に感じる。テキストは伝わらない思いをつたえることもあるけれど伝わらないことも多い。顔をつき合わせても諍いは起こるのだからそうでないのに起こらないと誰が言える?

性犯罪や略奪に関しても同じで不安に思っていることや実際小さな火事場泥棒やそういえば信用金庫から金を盗んだというか壊れた金庫から盗まれた事件もあったようにそういうものは伝播するんだから否定するんじゃなくて、誰かが大丈夫だよって言ってあげるのがよかったんじゃないかな?

なんか急激な事態の急変に誰もが(もちろん自分もだけど)浮ついてしまってる気がしてならない。
原発に関してもそうでチェルノブイリ級だとしてもそれでも大多数の人が選んだ政府の方策にしたがうしかない。でおだぶつになったらそれはめぐりめぐって我々の責任ですよ、やっぱり。
この後はまあ各論になるので例えば原発の是非とか安全性議論はまたにしたいけど、朝生の連中みたいに日和見するくらいなら一緒に沈み行く船に乗るしかしょうがない、っていうか覚悟決めろよと。あそこの人らはなんか他人事でそこがなんかね、アホかいなと思いましたよ。そんなことよりそこで何が出来るかを考えた方が建設的だろってことです。タイタニックのあの沈没間際に演奏したバンドマンのように。
レベルがあがってほら見たことかとか、バカ正直に政府は大丈夫って言ってるとかを喧伝とかもうね、やめろってば。マジで。もうね安全厨とか危険厨とかさらに陰謀厨まででてきててんやわんや。
そんなことをいってると関西の秘めたる爆弾ネタが動き出すんじゃないかと思ったらやっぱり騒がれてた。
高速炉『もんじゅ』に出た“生殺し”死亡宣告 - ガジェット通信
これ自殺者もでてるし現在も進行中なため迂闊な物言いはできないけれど、そういうのを含めてとりあえずこれが収束したら思うがままにやればいいさってことで。今ガンガンいってる人たち。収束しないという人もいるかもしれんけどもさ、ともかく半年待ってみようと。半年後は無いっていう人もいるかもしれんけどもさ。
ちなみにね、原発を推進したのは時の与党だよってことはみんな覚えてるのかなということもあわせてね。
もちろん菅さんのどんくさぶりも目に付いたけどね。今この状況で白黒ってゼブラーマンじゃねえんだから。
今はただ、ただ注視するのみ。政府が東電の偉い人が何を言って何をなしたのか。おさまった時にそれをしっかり検証出来るか?そこだと思う。今、この状況下でテレビで夜中にする事じゃない。
それよりはまずは現場の問題点を洗い出すようなプログラムを作り、放送し注意を喚起する。
検証はあらためて3ヶ月めどであとは3ヶ月ごとに検証。1年経ったら半年毎のタームでするのがいいんじゃないかと。

【東日本大震災】ネット流言、漠然と「不安」駆り立て 専門家は「普段と違う状態と自覚を」+(2/3ページ) - MSN産経ニュース
産経にしてはまともな事を書いてるw

でもどっかの爺さんみたいに先の戦争とかはとは言いたくないけどね。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-03-31 00:42 | column

東京都の青少年健全育成条例のことで。

いろいろ思うところはあるけれどなんか上手くいえない。
石原都知事の刺激的な発言については作家の深町秋夫さんのエントリがうなずける。
石原慎太郎の目指すもの「嫌悪の狙撃者」 - 深町秋生のベテラン日記
でもそういう人を都知事に選ぶ東京都民を笑えない大阪府民ではあるが。
なんせお笑い300万票とかいわれてしまってる土地柄である。
今の府知事橋下氏に自分は入れてないけれど彼が通るメンタリティは慎太郎氏が当選するメンタリティと50歩100歩かもしれない。
とはいえ多くのサイレントマジョリティがこういう状況を作り出すのならやっぱり、それはアカンてといわなくちゃと思ってるのだけれど。

と条例の話からそれたがこのエントリを書く気になったのはこのまとめを見たから。
Togetter - 「猪瀬直樹 東京都副知事、早朝の妄言とその反応」

の猪瀬氏のこのツイート
Twitter / @猪瀬直樹: 出版倫理協会や映倫などの人が審査するのです。せいぜい ...
うーん、なんというかこれいろいろ問題あるよなあと。審査っていうのは自主検閲やんかと。
一つ言うと、映倫も結局は業界の自主検閲で結局睨まれる前に臭い物に蓋システムでそれを出版物にかぶせると。ジャーナリスト、作家の発言とは思えない。
それで非常にショックを受けてしまって。

でも確かにエロ本いやエロっぽいのがホイホイ買えるのは個人的には問題だと思ってて、そこのゾーニングは必要かナーとは思ってたんだけど、いい手が思いつかなかった、でつまるところ自主検閲しかないのか?そうなのかというのも確かにある。でもやっぱり内容精査ってのはそぐわない。

売る側がそういうのを上手く出来ないのかなという気がしないでもないんですけれどまだちょっともやもやしてる。でもやっぱり明文化(ルール)を都庁とかが主導でやるのはどうかなと。これ違反したら取り締まりできるわけだし、法律化目指してる人たちもいるわけだから。まだまだ考え中です。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-12-15 01:35 | column

尖閣流出に関してのニュース映像をみて。

今、日テレのNEWSZERO見てるけど、例の海保の人、逮捕見送りだとか。
まあ逃げるわけでもないから在宅起訴でいいんじゃなかろうか。でも基本的には起訴はせなあかんと思う。
守秘義務違反してるんだから。あと、違法性があると思ったからネットカフェから発信しとるわけだし。
海保大学でのイントラネットでの共有がザルだったとか、見てる人が多かったというのは海保の情報保全がザルだったという話だし。秘密がどうとかいうなら、海保の服務違反になるしなんらかの処分はあってしかるべきだと思ってる。

で、そこをきちんと処断して、その上で野党は民主党の拙い部分を衝くべきだなと。
で国交大臣か、当時の大臣(前原)は責任とるべきだわね。
海保長官は確かに責任があるけれどそこが済んだら終わりじゃないという事。
そこらへん政府、与党は分かってるんだろうかね?
またこの映像が流出していないままだったらという事については確かに状況は変わっていたかもしれないけれど、あまりこの流れよくない気がするんだけどなあ。

自分の基本スタンスとかそこらへんはこっちに書いてるので。
Web-tonbori堂別館: 尖閣映像流出に思うこと。
Web-tonbori堂別館: 野良と群れの中に真実は無いのかもしれない。

尖閣映像流出:保安官の逮捕見送り…在宅で捜査継続へ - 毎日jp(毎日新聞)
尖閣映像流出:保安官同僚が海保大サーバーから入手か - 毎日jp(毎日新聞)

ちょっと追記しておこうか。
なんだろ、この政権。というか民主党ってさ、自民の放蕩な政治や行き詰まり感を打破するために、民意が一度この人たちにまかせてみるかという感じで決まったんだけど、やらせてみると素人考えな発言、そしてポピュリズムな手法。そして「政治主導」。まあそれでも回っていれば問題ないけど回らないようでは今度の政局では揺り戻しがデカイだろうなあ。オザーさんが思ってた2大政党どころかミニ政党の群雄割拠時代になるか、それとも自民の一人勝ち、あとその他大勢になるか。いつまでたっても熟さないねと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-11-15 23:20 | column

ヅカファンには悪いけれど。

ちと気になったニュースがあったので
卒業資格認めるが…宝塚音楽学校と元生徒の調停 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
宝塚音楽学校:調停成立 元生徒の退学撤回 - 毎日jp(毎日新聞)

案の定2chでもスレが立っていた様だけど、事件の発端からあったようだ。
宝塚音楽学校の女生徒、同期生に「万引き」濡れ衣着せられ退学に→提訴→「卒業資格認めるが歌劇団入団不可」条件で調停:アルファルファモザイク
まとめスレも出来ている。
宝塚音楽学校 退学処分取り消し訴訟 まとめWiki - トップページ

基本、閉鎖された環境では何があってもおかしくないと自分は考えているしこれは裁判所で白黒はっきりつけたわけで、もちろん調停ってことになっているけれど退学撤回ということは、これ以上やったら学校側の不利になるので手打ちしたってアングルでしょう、これは。

でそういう前になんとかしてやったらよかったのにっていう話もあるんだろうけど、集団ヒステリーとか、どうしたって無くならないと思う、悲しいことだけど。でも起こってしまった時のフォローを周りがどうしたかであらゆる意味でのリスクコントロールが問われるんだけど、そういう意味では下手を打った印象。
正直、これ学校側もダメージ受けているだろうし、やらかした子だってなんらかの傷は受けた。まあ自業自得だけどね。いちばん被害を受けた原告の娘さんに至っては条件飲んだとは言え現状回復にはいたってないことで何をいわんやかだ。

気になったのは一三翁(小林一三、阪急創始者)が生きておられたら、どう差配したかなと。でもそう思わせるところに病根があるのかもしれない。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-07-16 23:44 | NEWS

H2ロケットは打ち上がったが

Excite エキサイト : 社会ニュース/2010年5月21日 07時56分 ( 2010年5月21日 08時45分更新 )
金星探査機「あかつき」打ち上げ H2A、種子島から/共同通信

まずはめでたし。
金星という星はまだまだ謎の多い星。というか我々は太陽系のほかの惑星について知ってることなど砂粒みたいなもん。
でも外宇宙に目が行きがちだけど同じ太陽系のしかも地球より太陽に近い惑星を調べることは重要。

でも、こーゆう馬鹿を言う人がトップだとどうなのよと。
時事ドットコム:有人宇宙船「日本はやらないの?」=鳩山首相、山崎さんに質問
こういう鼎談セッティングするときにレクチャーしてねえのと?
前に田村正和のダメ総理もの「総理と呼ばないで」とかキムタクの総理もの「チェンジ」でも官僚が意地悪こいてレクチャーボイコットとかあったけど、そーゆうことされてるってことなのかね。
でも、「政治主導」とかいうとったから自業自得な気がする。
いやもしかして小泉自民党時代みたく「官から民へ」ってことですかの(苦笑)
それでもいいけどその分の例えば補助金とかは?
なんだろうかなー、喋ればしゃべるほどダメって、民主党が政権を奪取した自民党の末期と同じやん。
しかもそれが奪取して1年とちょっとでコレでは、どこかの誰かが言ってた2大なんちゃらってちゃんちゃらおかしい話だ。

ちなみにいわゆる事業仕分けでは全然モノにならんロケットとか、そういうものが削られた。
とはいえ政府方針としては自前の有人飛行は毎年、話は上がっても、時期ではないとか、予算云々でながされている項目。それくらいは知っておいて欲しいもんだよなあ。もしかして失点回復のためのブッシュよろしく月を目指すぜて目くらまし?と出来もしないことをいうよりはマシかもしれんが萎えることこの上ない。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-05-21 11:16 | NEWS

宮崎の口てい疫

宮崎の畜産農家のみならず現地の方々にはお見舞い申し上げます。

口蹄疫対策、地元との協議難航 支援策に不満  (共同通信) | エキサイトニュース
なんか他の記事を見ると赤松農相の判断で殺処分とか。

なんだろうか、何を書いても事情の分からない外野の意見でしかないけれど、
最初からいわゆるネットスラングでいうところのgdgd、グダグダな感じ。
普天間基地で頭が一杯なのかもしれないけれど、
今、そこにある危機をわかっていないかのような対応ぶり。

この口てい疫をもっと早くに対応し、結果は同じでもちゃんとしている姿勢でも見せれば、
ルーピーなんぞといわれているこの国の宰相もちっとは失点をとりかえすことも出来ただろうに、
今の政府の余裕のなさが現れているしメディアにいたっては、初動も遅いし、
情報もバイアスがかかっていたりとか、どれを信用すればいいのか。
と思っていたら既にそう書いている人がいた。
「口蹄疫」についての「メディア」の使えなさっぷりがハンパない | おごちゃんの雑文
まあゲンダイのようなところは論外だけど。
えろぶろ at Excite : ゴミ
1日でも早い終息を望みたいけれど、既に人災の域にはいりつつある(見方によればもう既にだろうが)
[PR]

by tonbori-dr | 2010-05-20 23:14 | NEWS

闇の奥へ

警察庁長官銃撃事件が時効 オウム犯行説、最後まで (共同通信) | エキサイトニュース
なんともベタなタイトルをつけたけど、威信をかけて捜査しただろうし、総力戦だったろうけど結果がこれなワケで。
でメディアの検証ではオウム犯行と乏しい物証とか。
保守系の産経あたりでは捜査一課の見立てと公安の見立ての相違とか。
【あれから15年…警察庁長官銃撃事件】(上)「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
【あれから15年 警察庁長官銃撃事件】(中)元巡査長の供述に翻弄…「100%あてにならない」 (2/2ページ) - MSN産経ニュース
【あれから15年…警察庁長官銃撃】(下)浮上したもう1人の男 テロとの戦い「現行法では限界…」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
落としどころが微妙に外事警察あたりにだぶってるのは外事警察の原案が麻生幾さんだから。

まあこの一件で冤罪とかでっちあげがでなかっただけでも良かったというべきなのか(ゴールデン・スランバー?)それとも警察力の低下をなげくべきなのかは難しい話だ。

でも少人数で指揮系統につながる線が細く、決死隊が組織されれば案外テロは実行しやすいんじゃないかという誤ったシグナルは発したかもしれない。

まあこの後、大事になっていないのはソトゴトが上手くいってるからかもともいえるけど、こういう事案は失敗例しか表に出ないのでそこが難しいところ。
何にしても、脆く、不安定なのは何も紛争地域だけじゃないということは肝に銘じたほうがいいかもしれない。

追記:
<警察庁長官狙撃>「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長:毎日jp:エキサイトニュース
ラジオで聞いたので急ぎ書き足し。
予想のナナメ上の展開だけれど、あの当時ならともかく、今こういう事を、しかも公安部長がこういう事を発表することに驚く。
批判も多いと覚悟の上ともとれるがいくらなんでも不味い話。
相克の深さをあらためて垣間見た。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-30 02:03 | NEWS

『刑事一代』を観て

昨日から観た雑感。

さすがにケン・ワタナベだなあ。

キャストがもう総動員だよなあ。とはいえメインはケン・ワタナベとその相棒を演じた石崎役のカッツミー(高橋克美)か。あと柴田恭兵がケン・ワタナベの上司役で出演。時代を感じる。
以前『半落ち』の時も地方警察の捜査一課指導官という役柄だったけど改めて。
だってケン・ワタナベより年上なんだもんなあ。あと『相棒』からは米沢さんが扇子屋で登場(笑)


そんで、

巡査から警視まで無試験で昇進ってありえねえし、アレだけぶつかりあっても左遷(とば)されないっていうのはいろんな意味でとんでもない人ではあるけど異端児だったのだろうか?という疑問もなくはない。
組織として有用であったということなんだろうなあ。時代もあったかもしれないけれど、そういう部下をコントロールできるかどうかも(もちろん外せば容赦なく切っただろうけど)含め、時代を生きた人。


『帝銀事件』に関してはやはり平塚視点から。
しかしあの時代に名刺の鑑取りで東北を飛び回る執念はすごい。

『そごう倉庫警備員殺し』
ある意味刑事モノらしい展開。時代的に今なら真犯人がそのまま放置というか捜査の不手際で逃げられた可能性も。これまた帝銀事件とは別の意味で興味深いケースだった。

『吉展ちゃん誘拐事件』
こちらが平塚八兵衛の刑事としての一番のメインフィーチャーだろう。
アリバイ崩し、そこから制限つきの取調べ、犯人のそのひととなりまでに踏み込んだ部分など
これが一番、平塚八兵衛という人と時代が最大限シンクロしていたのかもしれない。

『三億円事件』
時代が変わったということを八兵衛さんが知ったというけど、
未だに犯人が上がっていない分、謎だけが大きく残った事件。
今でも多くの謎解き作品も出ているけど、
一番の疑問は、奪った金はどうしたのか?という事。
3億円つったらその時でもそうとうな金だ。使えば絶対に目立つ。
(追記:あとで知ったけど何枚か通し番号が控えてあって、それをマスコミ発表したとか。これは警察の報道管制の失敗としかいいようがない)
だから動機も色々、犯人像も色々、そのため直接犯人につながる線、見立てが出てこない
そこでいろんな想像が未だに跋扈し解釈されたフィクションが出来るケースになった。

それとも今の犯罪捜査技術と科学捜査能力だったらこの事件どうなっていただろうか?
それは『帝銀事件』にも言えるけど。

吉展ちゃん誘拐事件や警備員殺害事件とは違い、この2つだけは今の技術のある鑑識課員を大量に投入し科捜研でがっつり証拠をしらべて欲しいなと思った。

とりあえず見応えはあったけれど、というところか。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2009-06-21 23:26 | TVdrama