タグ:映画鑑賞 ( 57 ) タグの人気記事

アベンジャーズ/エイジオブウルトロンを観た!【ネタバレ】

ということで、既に週が変わって月曜になりましたけど土曜日にMARVELの最新作「アベンジャーズ/エイジオブウルトロン」を観て来たわけです。

で、今回先に観てた「マッドマックス怒りのデス・ロード」より正直エモーショナルな面白さっていうのは弱かったんです。コレはTwitterでも言わなかったんですけどね、実際に単体映画としては、これまた言われているAIの反乱ってのは人が造りしモノが造物主に対して牙を剥くってのはもう何度もやられている話じゃないですか。それにウルトロンっていうんは社長がつくったというんは既にアナウンスされていたわけですし、

ここから内容にかかわる話をしますので未見の方は注意してください。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-07-06 22:38 | Movie

寄生獣完結編

ということでたまにはブログで感想を書くかと。
いや何時もは「鉄は熱いうちに打て」ってことでTwitterで感想をつぶやいてるんですが今回はちょっと間が空いてしまって、それは公開からということもあるし、観た後に2日も空いてしまって、まあそれでもつぶやくことはあるんですが、ブログエントリも最近ご無沙汰なんでこちらで感想をと。

いや正直に言うと前作、いわばインターミッション前編でもあり、「俺たちの戦いは続く」エンドでもあった寄生獣に関しては結構いい評価をしてたんです。このテンションならけっこう楽しめるぞと…。

で、観たんだけども映画のアバン(前作を3分で振り返るみたいな?)からの入りは結構、盛り上げてたしいい筋だったんですよ。で、原作のシーンももう一人の頭以外への寄生者を出さずに、そして父をオミットしたことでの同時進行という大胆な方法でこれは巧いなと思ったんですが…。クライマックスでちょっとひっかかってしまった。喋らせすぎというか。いや観客をもっと信用してよと思っちゃったんですよね。そうなると大森南朋が演じた記者のエピソードが突然、いや描写が浅すぎじゃねえかと気になったりとか(説明セリフが無ければ多分あの描写で納得してた)そう言う部分がなんとも残念感を産んで…。

でも深津ちゃんの田宮良子は凄かった、正直深津ちゃん、そりゃ最近とみに演技派に躍進して著しいけどもっていうのはあったけど田宮良子は人外だしと心配でしたが杞憂でした。あとタッドの後藤も良かったね、あれはたたずまいがはまり過ぎてたね。あと新井パイセンの浦上もビジュアルが原作と大きく違うけど良かったっすね。

そう思うと原作の咀嚼やいるところの取捨選択や舞台仕立てや細部のディテールがいいのに、何故そこまで言わすのか?っていう疑問がすごくのこって、ラストのひきとかはいいひきだったのに、モヤモヤするなんか今の日本映画らしい映画でした。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-06-27 15:31 | Movie

THE NEXT GENERATON パトレイバーを全7章を振り返る

先ほど久しぶりのエントリを上梓したわけだが、なんとその前は去年の4月。
パトレイバーの実写化「THE NEXT GENERATON パトレイバー」の第1章の件だった。

[ロバが旅に出てもになるか?それとも。「パトレイバー NEXT GENRATION」]

で、どうしたかというと結局全7章、観た。
以下ツイッターから拾った感想を上げておく。
ちなみにネタバレ(微妙に)してると思うので畳んでおきます。

ネタバレしてるかもしれないがまあご容赦を。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-02-07 21:41 | Movie

ブログ・DE・ロードショー第20回『ジャガーノート』上映のお知らせ

ハイ、ということで、時たま映画の感想エントリでブログ・DE・ロードショーっていうので観たってのがありますが詳しくはこちらへ。
映画鑑賞の記録 【ブログ DE ロードショー】ってこんな企画です☆
かいつまみますと。観る作品と観る日を決めて各々でその映画を観ましょうよという企画です。
ゆるやかなネットワーク鑑賞会みたいな。

もともと白くじらさんが参加されてまして、誘われて『カプリコン1』から観さしていただいております。
そんなワタクシメが20回目の映画をセレクトすることになりまして、
色々考えたわけですよ…、そうだ『史上最大の作戦』!とか『クライマーズ・ハイ』もいいなとか。
あと結構大人しい映画が多いので『フレディvsジェイソン』なんかもいいんじゃないか?とか

でもいろいろ考えた上でこれにしました
『ジャガーノート』
映画通なら一度は聞いたことのあるタイトル。
サスペンスの佳作として語り継がれている1本です。
a0029748_23384027.jpg

というような映画でして、これに決めたのは、この映画が良質なエンタテインメントであると同時に骨太なサスペンス映画であることも理由なんですが、最大の決め手は『この困難な時代に見習いたいプロフェッショナル。それぞれがプロとして困難にあたる。でもそれぞれ個人に人生がある。そういう作品だから』です。

もしよろしければ皆さんご都合がつきましたら一緒に観ませんか?よろしくお願いいたします。

日時は7月1(金)~3日(日)の3日間の間なら何時でもOK。都合がつかない場合は後日でもOK
だけど7月1日以前に鑑賞するのはNGです。
ではでは皆様、よろしくお願いいたします~。


----------------------------------------------
企画発案者のmiriさんのブログでの紹介エントリ。
映画鑑賞の記録 7月の 「ブログ DE ロードショー 」 の お誘い
そのほかご紹介していただいているエントリ
Make Shift (仮 第20回 ブログDEロードショー
第20回ブログDEロードショーのお知らせ: 子育て 時々 映画
-----------------------------------------------
[PR]

by tonbori-dr | 2011-06-24 00:04 | column@Movie

エクスペンダブルズ降臨!

a0029748_2381754.jpg

ってわけで観ましたよー。
感想はまた後日。
でも『コマンドー』好きな人なら今すぐ観に行くべきですww
[PR]

by tonbori-dr | 2010-10-16 23:08 | Photo

アイアンマン2観た!

a0029748_2339329.jpg

感想また後日。
しかしメカ戦は大盤振る舞い。
ブラックウィドーことスカジョさんもグッドでしたよ〜
[PR]

by tonbori-dr | 2010-06-12 23:39 | Photo

プランゼット観た

a0029748_1236303.jpg

感想はまた後で
[PR]

by tonbori-dr | 2010-05-29 12:36 | Photo

今年観た映画について書こうか

なんかゼロ年代最後ということで、
2000年から2009年の10年間に公開された映画で云々という企画をあちこちのサイトでやっている。
全然参加もしていないし、そもそもほとんどがもう締め切りだったりする(苦笑)

なのでゼロ年代をふりかえるということはしない。
というか十年一昔で云々とかいうから昭和の最後の生き証人俳優さんが逝ったり、
闘病中とはいえロックンローラーが逝ったりするのであって、
十年で締めなんて企画はやはりね、半世紀事にすればいいと思うよ!
と一応放言してみるwww

でもmicchiiさんのエントリで知って
『ザ・ミッション/非情の掟』、映画秘宝のゼロ年代BESTで14位にランクイン! - 愛すべき映画たち
で今日本屋さんで確認した「映画秘宝」のゼロ年代ベスト1は一味違う、韓流映画。
「殺人の追憶」。
確かになあ、これはまんべんなく票を集めるわなあ。
で、とりあえず何かにつけ推して置きたいぞと言うのも良く分かる。
事実、自分は映画館で見逃してしまったので、
今年公開の「チェイサー」は絶対映画館で観るぞと思ったくらい。

まあそういうこともあるけれど、今年の1本を選べといわれたらなんだろか?
いちおう1ヶ月2本ペースでプラスアルファ、36本。DVDスルーはアップしているのは6本。
(ちなみに昨日、今日、明日と連続して実は映画を観ておりますがそれは来年枠にしますた。)
TV地上波は結構あるけど「富士山頂」は別枠としてもドラマみたいなのとかまあそういうもんだったので、
36+6で42本の中からといえばこれが難しい。
「グラン・トリノ」は確かに誰もが認める認定傑作だけど、果たしてそれでいいのか?と。
でボンクラ御用達、「ドゥームズデイ」かといえば、普通すぎて面白くないし(笑)
「エグザイル/絆(放・逐)」はゼロ年代的にはナンバー1としてもですよ、香港公開から間が空いてしまっている。
他にも「レスラー」「天使の眼、野獣の街」「チェイサー」「サマーウォーズ」「3時10分決断の時」
「チョコレート・ファイター」そして「イングロリアス・バスターズ」。
どれも粒よりの良作、傑作や自分にとってのツボ作が多くとても決められません。

その他にも見逃した作品も数多く、例えば「マイマイ新子と千年の魔法」とか、
「アンヴィル」とか「キャディラックレコード」(サンデーソングブックの夫婦放談で言及があった)、
そしてイーストウッド翁の「チェンジリング」などなどこちらも観たらウワー傑作だ!となるやも。

けどなにかイチオシしておけというのなら、『ザ・バンク 堕ちた巨像』を推しておこうと思う。
敵が新しい形の組織というか、実は全く普通の商売人たち、
しかも商っているものが「お金」だということが凄く今をついているし、
その結末とか色々よく考えられているホンとちゃんと映画的な画をつくっている部分や、
ちゃんと古くからのセオリーやオチも踏襲している部分で、
こういう話が新しい犯罪映画というかサスペンスアクションのデフォルトになるなと予感したので。

でも本当に今年は洋画は去年同様良作が多く、
見逃した作品たちも本当に惜しいと思った作品が多かった。
それに引き換え邦画はTV局制作のブロックバスター作品などは、
もう地上波で全然OKだよねとなった作品も多かった。
これはまあ他のエントリでも予告している通りまた別館に書きます。
でも一度書いて全面見直ししているのでアップは来年になりそうです。
今年もあとわずか新年というか正月中には「アバター」を観たいんだけど果たしてどうなることやら。
結構混んでいると聴いているので。

それでは皆さん、よいお年を。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-30 22:54 | column@Movie

東のエデン

a0029748_15422172.jpg

鑑賞なう。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-06 15:42 | Photo

夏の陣

a0029748_18293146.jpg

鑑賞終了。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-08-02 16:27 | Photo