タグ:感想 ( 102 ) タグの人気記事

TVで充分なのが多いなあ『20世紀少年』スルー番外編

噂に聞くほど酷くは無い。けど映画館で観たら絶対時計を見るな(笑)

以下メモ程度に。ちなみに軽くネタバレしているけど予告編程度の話。
それでもキーとかイーとなる人はこれ以上は読まないほうが吉。
もっとももう観ている人のほうが多いとは思うけど。

まず、オッチョの登場がいきなりの急すぎるし、マンガではある程度フォローエピソードもあったけどこれじゃあお話の進行のために出てきた便利屋さんだよ。

BGMの選曲センスが壊滅的。ミスマッチを狙っているんだろうけど緊張感もなにもあったもんじゃないなあ。

随所に萎える演出というかちょっとした事で直るような事が山積している。ながら見しながらだと気にならないけど、クライマックスの嵐の前の静けさでそれがあるとトホホになる。具体的に言うと血の大晦日の世界同時多発細菌テロでマスクもつけずに取材&非常線を張ってるマスコミ、公的機関。普通アウトブレイクが起こったらもっと重装備な連中が出張るでしょ。新聞記事ではそういう写真が載ってるんだから知りませんでは通りません(笑)

ほんでラストのあれはなあ、まじで噴いた。
いくらなんでもなあ、そこだけ別の映画になってた。まあ常套手段とはいえ?を解決しているのかといえば、そうでも無さそうだし。漫画ではなく映画ではもうちょっとそこらへんはビジュアルで解決しないと。

まあ香川さんとか唐沢氏、豊川氏とか演技陣は踏ん張ってると思います。

それとラスト付近で市井の人々がニュース画面を観てるシーンは良かったと思う。但しあの展開なら家がバリバリと壊れるとこまでセットでないと。やはりアイデアはいいけどそこからの展開の弱さが堤監督の弱点。それとぬるいギャグをいれようとするのもな(笑)

そして全体的に説得力が薄い。マンガの展開をなぞっているけど、なんとも言えないゆるさ。このまま最終章までやってるのかと思うと、まあやっぱりそんなもんだろうね。

映画館に最終章を観るためにアシを運ぶ事は無いけど、たまには(アマルフィとかも逝ってないし基本地雷は『真夏のオリオン』だけ)踏んでみるのもいいかも(映画独自のラストを確認するために)

「20世紀少年」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

追記:公開時には『20世紀少年』だったけど、DVD発売時に『第1章 終わりの始まり』というサブタイがつけられたとか。確かに終わりの始まりだよ。

追記:堤幸彦監督のこと
[PR]

by tonbori-dr | 2009-08-21 23:04 | スルー映画祭り

『任侠ヘルパー』を観て

特別すげーとかは思わないけど、今期のドラマの中では結構いい出来じゃないかと。

お仕事モノのフォーマットもきっちり、そしてちゃんと次回への引きとなるサブストーリー(最終回に到るための伏線、布石として)も含みつつの構成。

主演の草ナギ君が『しんごー、しんごー』と叫んでマッパになったことで一時は危ぶまれたけど(この件も泥酔で家宅捜索?とか、あとあと考えたら完全に警察はヤクを疑ってたんだなと分かる。)相変わらず不思議な演技力で雰囲気を作ってる(笑)

今日は江波杏子さんが出ていたけど(その娘役が西田尚美というのもナイスキャスト)もうね、スゴイの一言。毎回老齢の俳優さんが(介護の話だし当たり前なんだけど)やはり若い連中よりもスゴイなというのもこのドラマのポイント高い部分。ジャニーズバーターで1人入っているとはいえそれを気にさせないのはやはりゲスト俳優と脇を固めているからだな。
もちろん黒木メイサも良いけどね(笑)今いい感じに三角関係?みたいな

あとは題材。いくら脇とゲストを固めていてもこういう例も。
J-CASTニュース : テレビドラマ「こち亀」 これだけ低視聴率にあえぐ理由
初回観たけど、次回はいいなと。まるでコント。コントは悪くないだけどコントをやるならコントをするべきでドラマでもない中途半端感覚。原作を忠実にと書いているが原作に忠実にもなっていない。というより、それで言うなら『エースをねらえ』とか出演者の一部のコスプレぶりが人気になったけど、どじょうはそんなにいねえぞという事を分かってない感じが。大方『ROOKIES』があたったので勘違いしたか?TBSって感じなんだろうか。

というか結構迷走しているところがあって『官僚の夏』はタレントが揃っているからまだしも『オルトロスの犬』なんか完全にタレント頼み。いや正確には脇だのみ(笑)脚本を『24』よろしくチームでやってるらしいけどなんだかこうピリっとしてこない。主役の2人以外にカメラがふると結構面白くなる予感があるのに(笑)

まあそんなわけで別館ブログネタを色々仕込みつつ、とりあえずの木曜の楽しみとしている。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-08-20 23:38 | TVdrama

『警官の血』第二夜

ということで、

えーっとキャストのコネタをしようかと思ったが、
(「『相棒』関係者、特にラムネこと大河内さんとかの配役がヤングラムネっぽくて噴いたとか(笑))
そのツメツメのギューではあったが、伊藤英明のパートの不安もあったけど
なかなかどうして骨太でしたなと。

で結構色々答えが出た。
まあ自分が色々書いている事とも合致するし非常腑に落ちる。

実は同じ作者さんの『笑う警官』(ハルキさんによって映画化される)はもう読んでいて、
いやこれはそろそろ読書感想を書かねばと思ったが、
こちらのドラマも面白かったので是非原作を読まねばと思った次第。

まあでも折角なのでコネタも
相棒関係者、六角さんと神保さん、そしてまさかのヒロコママ(笑)がご出演。
そしてワルキャリアつうか警察関係の権力側の体現者としての役柄として、小澤征悦が『犯人に告ぐ』にかぶる役柄で出演している。キャリアというか官僚的な育ちの良さっていうのがあるのかな?
そして最近なにかとお騒がせな津川さん、いや瀬戸内元議員のお嬢様、真由子さんとか、そうそう第一夜で江口のあんちゃんの奥様役は雛ちゃん(片山雛子/木村佳乃)だったしな、ヲイ、さすがテレ朝、『相棒』関係者が多いじゃねーかよ(笑)
いやまあ、むりくりな人もいたけど。

ちなみに三代に関わる重要な役を椎名桔平が演じていたが老けメイクが『ブラックアウト』の時より若く見えたなあということを書いて〆とする。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-09 01:45 | TVdrama

『警官の血』を観た

佐々木譲さんの原作小説は読んでいないけれどどんな話かなと思って観た。

親子三代に渡る物語で戦後から現在までを描く物語だけど今までの印象では駆け足っぽい。

連続ドラマでもう少し丁寧に描いて欲しい題材かなと思ったけれど、
そんなに悪くもない。ただ性急すぎるかなと。

そして配役が『ムダに豪華』(笑)
最近のドラマでよく使わせてもらっているフレーズだけど明日の面子も含め、
ここに大杉漣さんと松重豊さんが出ていればもう完璧ですよねーみたいな(笑)
まあコヒ(小日向文世)さんでも可だけどな(爆)

で実はこのエントリを上げようと思ったのは谷中に駐在所って本当にあるの?と思ったからで、
調べるとあった。
警視庁下谷警察署管轄で山手線の内側で唯一の駐在所だそうだ。
詳しくはこちら
下 谷 警 察 署
すごいよ、URLが警視庁!(当たり前か)
物語からして戦前からの駐在所なんだろうけど、普通は交番だろうに駐在所というのはやは立地が墓地の中という特殊な条件だからだろうか。
ちなみに現在、下谷警察署のある場所が川路大警視の邸宅があったとかでこれまた色々思いを馳せる。
川路大警視についてはウィキペディアの項目を貼っておくので興味のある方はご一読を。
川路利良 - Wikipedia
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-08 00:17 | TVdrama

で、さっき帰ってきて今日のガンダムを観たのだが

『機動戦士ガンダム00』、第17話『散りゆく光の中で』を鑑賞。

つうか纏めて見ようと思っていたがアニメの感想雑記をあげているサイトさんとかをぶらっと観てたら、ちょっと色々起こったようなので観た。

前からガンダムに対する熱量がそれほどではないと書いているけど、
それでも新作があればチェックはするし、録画を保存することはないがさっと観る程度はしている。

多分のどにささった小骨のようなものでなんか気になるしとらんとちょっとイラっとするみたいな(笑)

だから前のファンは新作Gをまってるぜというのにもいささか否定的なエントリをアップしたがそれがその時にも書いたけどTVなら観るし(といってもその時間TVの前にはいないだろうが)ソフトが出るなら多分1週間レンタルになったら借りるだろう。

でもなあ、今日のストーリー概略を見るにそれはないだろうと。

こっからはネタバレです!!

ネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-02 00:49 | anime&comic

大晦日でございます

本年も色々とアレコレ書きましたが、



まあ来年もこの調子で書くと思いますのでよしなに。


ということで去年は色々ふりかえってみましたが、
まあなんかろくでもない事件がおおかったし世相もちょっといいことないのでいい事でも

とりあえずヤマタツライブに行ったこと。
ハナから『熱狂的ファンが多くてチケットなんぞ取れはしない』と何故か思い込んでいたんですよね。
でも『ずっと一緒さ』のアコースティックミニライブのチケットが当選し、生タツの生音を聴いて、さらにはフェス最後。これはなんとしてでも行かねば一生後悔するなと思い、なんとか18日に潜り込めました。
それが一つ。

あとはブログを通しての交流があったこと。あまり多くの人に読まれているとはお世辞にも言えませんし今年に入ってちょっと記事数を意識的に絞ったのでアクセス数も激減。
そんな中でも常連さんに支えられここまでやってこれました。
ありがたいことです。

来年はどうなるかは全く予想がつきません。だけど基本的に興味のあること、それについて書くというスタンスで音楽、映画、小説、オモチャに漫画、アニメなどについて書くと思います。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-12-31 00:50 | column

今回のガンダム00で超展開だったこと。

なんかもーどうでもいいけど、そのどうでもよさを書いて置いて最終回後に確認してみよう(笑)

というより『コードギアス』はそれなりに決着(異常に評価高い人とクソだといってる人とに別れているっぽいけど)つけてて、自分的にはわりと想定内だよねみたいな。
でマクロスは河森の思惑通り(半分だけ)みたいな(笑)、でも最終回のマッチングがすげえのでよしとするみたいな事を別館に書いたが

ガンダム00セカンドは、またもや迷走(^^;
というか今回の放送回でソーマ・ピーリスかセルゲイ・スルミノフが死んでしまうかの勢いの予告にベタではあるがこれは相当なカンフル剤になりそうだなと思ったら、いなされた上にスカされた(笑)

というかあっさり最初の人格マリーに戻った!これは噴いた。
でそこに単機で捜索に出たセルゲイがこれまたあっさりと発見する。
偶然も3度続けばそれ偶然や無いっちゅうねんというくらいにこの作品のキャラクターたちは偶然に頼りすぎている。
確かに個々のキャラクター、勢力に対しての偶然は立て続けには発生していないが見ているこちらにとってはそれは連続して起こっているのでもう蓋然性を通り越している。

つまり制作者たちの恣意が見え見えで正直萎える。
まあ最後の最後で怒涛の展開にするにしても安易過ぎるしなあ。
劣化ティターンズとかもうかなり危ない展開で正直どうなんでしょ?
再開直後は勢力が整理されててすっきりして面白くなるかなとちょっと期待したんだけど、やはりほどほどの作品(自分の中では)として終わりそうな気配がするな。

追記
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-18 00:31 | anime&comic

『帽子』を観た。

テーマは『生きると言うこと』、『後悔』『矜持』

皆が笑って明日を迎えるのもいいだろう。

だけどやっぱり今日を生きるから。
『生きようとする』から明日もやっぱり頑張ろう。

と、笑顔になれるんじゃないか?

なんだかそういう事を観ながら感じていた。

それとその後のCMで平幹二朗さんが出てるバラエティが入ったんだけれど、

そうまだまだ頑張っておられる戦友たちがいるんだと思った。

だから笑って緒形さんに『さよなら』と言おうと思った。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-10-10 23:34 | TVdrama

寝る前に『ガンダム00』の第一話の話をするよ

ということで録画したのを視聴。

特に『スゲェ』『ヤベェ』とかは思わなかったが
第一シーズンを既に観ている人向けに割り切った第一話すぎるのがある意味えらい(笑)

普通、第2シーズンでも、新参者に気を使う事をするのに『コードギアス』を上回るおいてけぼり感覚はある意味土6の人が観るであろうという根拠の無い自信か、それともDVDとCD売れるし、まあそれでいいんじゃない?的な新ビジネスモデルなのか?

あとパトレイバーに出てきたイクストルの無線誘導版(劇中の呼称は『オートマトン』)が出てて敵というかアロウズという組織をよく表していたのは評価できる。

でもぶっちゃけティターンズじゃんと思ったのは秘密だぞ(笑)

そうねー、まあロボットプロレス&メカモノが好きなのでとりあえず通すとは思うけど現時点ではなんとも。

ただファーストシーズンがあってこその芝居があったのは事実だしヒキはあったので頑張ってください(棒読み)
[PR]

by tonbori-dr | 2008-10-06 01:00 | anime&comic

インデックス:映画

基本的に封切映画の感想及びビデオスルー作品、一度観たけれど再度見直した作品のレビューエントリのインデックスです。
新しいモノほど上です。

※TVで初見のものでも、劇場未公開もしくは古い作品などもこのインデックスに含めている場合があります。
そのあたりはカテゴリ:スルー映画祭りと若干境界が曖昧ですがまあ和やかにスルーってことでよろしくお願いいたします<(_ _)>

第1版:2007/06/23:
第2版:2007/07/02:追加1件
第3版:2007/09/01:追加
第4版:2008/01/15:追加6件
第5版:2008/06/28:追加11件
第6版:2008/09/16:07年以降をインデックス:映画02に移しました。
第7版:2010/08/30:2007を戻し、2008年度分を追加

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-09-16 00:22 | index