タグ:感想 ( 97 ) タグの人気記事

ファベーラ神の街「シティ・オブ・ゴッド」

前に一度、それも同じエキブロ仲間のsanntapapaさんにオススメされて観た1本。
その時はこんな映画があったのかという衝撃で目からウロコ状態だった。
そんときのエントリはこちら。
web-tonbori堂ブログ : シティ・オブ・ゴッド短評

で、今回ブログ・DE・ロードショー企画で再見したわけだけど、
基本的には同じ境遇に育った悪ガキどもがどこかで道がわかれたというのは、世界中にあるお話だなと。
じゃあ何が衝撃を与えたのか?それは子どもが平気で人を殺すような世界だということ。今のブラジルではなくちょっと過去のブラジルだけど日本だって戦後間もない頃はこういう愚連隊が闊歩していた時期があった。
そして今でも世界にはそういう場所が沢山ある。
だけど我々はそういう世界の現実を見落とすことが多々ある。そして映画はそういうことを時に思い出させてくれる。

物語の語り部はプスカベ(花火)意味深な呼び名だ。
3人組、カベレイラ(爆発した髪)、アリカーチ(はさみ)、マヘク(プスカペの兄貴)、そしてカベレイラの弟ベネとその親友、リトル・ダイス。まずは3人組の話から始まる。
ファベーラっていうのは政策でつくられた街。ニュータウンといえば聞こえがいいけれどホームレスや災害で家を失った人たちを押し込めた体のいいゲットー。ケチなチンピラだった三人はリトルダイスのたてた計画にのってモーテルに押し込み強盗に入るのだが…。

ギャングの一代記といえばおいらなんかはまず「スカーフェイス」を思い出す。まあこれも実はリメイクなんだけれど。「シティ・オブ・ゴッド」はギャングの一代記というだけでなく群像劇でもありそういう意味では「仁義なき戦い」なども想起する。

面白いのはリトル・ゼ。ガキの頃から殺しを屁とも思っていない悪党だが街を締めた頃から街のボスとしてふるまうさまはまるでトニー・モンタナだ。友人がいなくなって孤独になっていくのも。
だが、周りに誰もいなくなってもとりたて変わると言い事は無く、頭の中はガキ大将になりたいだけのチンピラは変わらない。だがそういう無軌道な厄ネタの末路は同じような『スカーフェイス』とやはりだぶってくる。
でもこのお話全部じゃないが、「事実に基づいている」ということが最後に明かされる部分がこれまた味わい深い余韻を産む。そういえば明言されていないが「仁義なき戦い」も広島でのヤクザの抗争を下敷きにしているし映画はやはり現実をヒントにされていることが多い。それは「ソーシャル・ネットワーク」でもそうだったわけだし。

ちなみに『プレデターズ』に出演していたソニア・ブラガの姪、アリシー・ブラガもでてたことをやっと確認、なるほどブスカペが好きだったけど結局ベネといい仲になっちゃうアンジェリカちゃんなのね、確かにカワイイ。
いまもお美しいが『プレデターズ』では女スナイパーだったことを思うといろいろと思うところが…。

いや久しぶりに観たけどやっぱり熱量のある作品だった。毎度のことながら再見する機会を頂き、ブログ・DE・ロードショーの選定者の方と関係者の皆様に感謝。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-03-02 00:18 | Movie

インデックス:映画02

映画インデックスが冗長になりましたので分割しました。
映画インデックスが冗長になりましたので分割しました。
こちらには2009~2010以降を掲載します。

基本的に封切映画の感想。及びビデオスルー作品や一度観たけれど再度地上波、DVD、ケーブルなどの他の媒体で見直した作品の感想も含めたレビューエントリのインデックスです。
新しいモノほど上になっています。

※TVで初見のものでも、『劇場未公開』もしくは公開が1970年代以前の古い作品などもこのインデックスに含めている場合があります。

そのあたりはカテゴリ:スルー映画祭りと若干境界が曖昧ですがまあ和やかにそこの突っ込みはスルーってことでよろしくお願いいたします<(_ _)>

第1版:2007/09/16 00:22
第2版:2007/12/31 21:49
第3版:2008/12/31 21:49
第4版:2009/08/01 14:08
第5版:2010/08/30 23:05

2008年度分をインデックス:映画に移動。

こちらは2009年度及び2010年度分でまとめています。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2010-08-30 23:05 | index

今年観た映画について書こうか

なんかゼロ年代最後ということで、
2000年から2009年の10年間に公開された映画で云々という企画をあちこちのサイトでやっている。
全然参加もしていないし、そもそもほとんどがもう締め切りだったりする(苦笑)

なのでゼロ年代をふりかえるということはしない。
というか十年一昔で云々とかいうから昭和の最後の生き証人俳優さんが逝ったり、
闘病中とはいえロックンローラーが逝ったりするのであって、
十年で締めなんて企画はやはりね、半世紀事にすればいいと思うよ!
と一応放言してみるwww

でもmicchiiさんのエントリで知って
『ザ・ミッション/非情の掟』、映画秘宝のゼロ年代BESTで14位にランクイン! - 愛すべき映画たち
で今日本屋さんで確認した「映画秘宝」のゼロ年代ベスト1は一味違う、韓流映画。
「殺人の追憶」。
確かになあ、これはまんべんなく票を集めるわなあ。
で、とりあえず何かにつけ推して置きたいぞと言うのも良く分かる。
事実、自分は映画館で見逃してしまったので、
今年公開の「チェイサー」は絶対映画館で観るぞと思ったくらい。

まあそういうこともあるけれど、今年の1本を選べといわれたらなんだろか?
いちおう1ヶ月2本ペースでプラスアルファ、36本。DVDスルーはアップしているのは6本。
(ちなみに昨日、今日、明日と連続して実は映画を観ておりますがそれは来年枠にしますた。)
TV地上波は結構あるけど「富士山頂」は別枠としてもドラマみたいなのとかまあそういうもんだったので、
36+6で42本の中からといえばこれが難しい。
「グラン・トリノ」は確かに誰もが認める認定傑作だけど、果たしてそれでいいのか?と。
でボンクラ御用達、「ドゥームズデイ」かといえば、普通すぎて面白くないし(笑)
「エグザイル/絆(放・逐)」はゼロ年代的にはナンバー1としてもですよ、香港公開から間が空いてしまっている。
他にも「レスラー」「天使の眼、野獣の街」「チェイサー」「サマーウォーズ」「3時10分決断の時」
「チョコレート・ファイター」そして「イングロリアス・バスターズ」。
どれも粒よりの良作、傑作や自分にとってのツボ作が多くとても決められません。

その他にも見逃した作品も数多く、例えば「マイマイ新子と千年の魔法」とか、
「アンヴィル」とか「キャディラックレコード」(サンデーソングブックの夫婦放談で言及があった)、
そしてイーストウッド翁の「チェンジリング」などなどこちらも観たらウワー傑作だ!となるやも。

けどなにかイチオシしておけというのなら、『ザ・バンク 堕ちた巨像』を推しておこうと思う。
敵が新しい形の組織というか、実は全く普通の商売人たち、
しかも商っているものが「お金」だということが凄く今をついているし、
その結末とか色々よく考えられているホンとちゃんと映画的な画をつくっている部分や、
ちゃんと古くからのセオリーやオチも踏襲している部分で、
こういう話が新しい犯罪映画というかサスペンスアクションのデフォルトになるなと予感したので。

でも本当に今年は洋画は去年同様良作が多く、
見逃した作品たちも本当に惜しいと思った作品が多かった。
それに引き換え邦画はTV局制作のブロックバスター作品などは、
もう地上波で全然OKだよねとなった作品も多かった。
これはまあ他のエントリでも予告している通りまた別館に書きます。
でも一度書いて全面見直ししているのでアップは来年になりそうです。
今年もあとわずか新年というか正月中には「アバター」を観たいんだけど果たしてどうなることやら。
結構混んでいると聴いているので。

それでは皆さん、よいお年を。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-30 22:54 | column@Movie

昨日の『相棒』と『ギネ』そして今日の『不毛地帯』とか

まだ完全に出揃っていないけれどまずは鉄板『相棒』シーズン8が始まったのでいくつか。
完全ネタバレなので録画したのを後日観るという人はごめんなさい。




ということで昨日の『相棒』シーズン8、『カナリアの娘』
いやもうタイトルがネタバレだしキャストも古谷一行に内山理名。木村多江の次代薄幸女優の筆頭と自分で勝手に思っている彼女が出ている以上、ゴニョゴニョ…、って訳なんだけど、70年代の過激派からこうくるかとちょっとビックリだけどそこはテレ朝&東映。そこに落としたかという印象。このご時世にどうかなあと思ったけどブログ検索でざっと感想を見てもやっぱりひっかかっている人が幾人かいた。
ぶっちゃけテロ賛美というか左派として信念があったみたいな?で最終的には愛する者のために獄につながれる。うーんまあ幾人もの犠牲者を出した悔恨の手紙で相殺になってればというのも、これが事を引き起こす発端になってる部分で強烈に違和感は確かに残るし、この辺りは50代後半から60代のご意見を拝聴したい。もっともどちらも極端意見が出そうであまり参考にならないか(爆)
とはいえミッチー(まだ尊ちゃんと言うには日が浅い)の立ち居地の微妙さは面白い(笑)敵なのか味方なのか?緊張感もあるし初期薫ちゃんのような右京さんはうさんくさいなというちょっと熱血単細胞とは違うヘンな部分が面白い。今後のケミストリーに期待が持てる運びだった。

でなにかと噂の『ギネ』、この産科医療話は下手を打つとオチが難しいのだが初回はなかなかの引きがあったので今後も視聴。いろいろ伏線も置いてるしノリカたんもかなり作ってきてる。初期の進藤先生よりもクールだし司馬先生よりも危ない柊(ひらぎって読むらしい)先生をがんばって演じている。脇も固めているしとりあえず視聴リスト入り。

で『不毛地帯』、お金かかってる(笑)まあさすがに映画並みのキャストを揃えてるしロケも海外も含め大掛かり。しかも2クール、まずはF-104導入に関わる瀬島龍三じゃなかった壱岐正の物語の開幕。さてどうなっていくか楽しみ。基本以前の映画版とかドラマとか原作未読なのでとりあえずマッサラで楽しめるので2クール持ちそうだ(笑)
しかしF-104(栄光)の選定に関しては基本近畿商事が勝つんでしょ?現実ではそうなってるんだから(ラッキードではなくロッキードだけど)ちなみに最後の有人戦闘機とよく紹介されていた。まるでロケットみたいなスタイルの戦闘機で子供の頃に好きだった戦闘機だった。

まあ他にも気になってる作品が続々と放送されるけどとりあえず今のところはこんな感じ。
あ、日曜の『仁』も内野龍馬の暑苦しさに惹かれて今のところ視聴リスト入りしてます(笑)

追記:
参考までにニュースソース。
相棒:season8、初回視聴率19.4% season7超え、シリーズ最高発進 - 毎日jp(毎日新聞)
不毛地帯:初回視聴率14.4% 関ジャニ・大倉の「ROMES」は6.0% - 毎日jp(毎日新聞)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-10-16 00:23 | TVdrama

西部劇を観てきたよ、でおもったこと。

ということでまた感想は改めて書きますけど、
韓国製ウェスタン『グッド・バッド・ウィアード』に
本家西部劇『3時10分、決断の時』

作品で言えば西部劇らしいのは『3時10分、決断の時』になるかな。
これは良い悪いじゃなく、西部劇らしさというよりフロンティアスピリッツというか、ダーク雰囲気を持つ『大草原の小さな家』と言っても良いし、『真昼の決闘』や『ザ・ラストシューティスト』など、男の矜持が描かれている点では、それまでの西部劇が描いてきたものを踏襲している。

『3時10分、決断の時』主演2人はアメリカ人じゃない、だけどアメリカ自体が移民の国なので、このキャスティングは正しいし上手いなと思った。

対する韓国製ウェスタン『グッド・バッド・ウィアード』は、この監督の他の作品を観ていないのでどういう人か分からないけど、ちょっと北村龍平の『あずみ』を思い出した。
あの作品も世間一般では結構ボロクソの部類だけど個人的には尺を詰めれば、(本人はそれをしないことを矜持と思っているらしいけど)スピーディなアクション時代劇になっていたと思っててそこが共通点。まあそこだけだけど。(主演上戸彩ちゃんの問題は脇に置いておく(爆))

この作品もアクション作品として、そしてまた満州というか大陸を舞台にした活劇としては見れるけど、やはり西部劇って体じゃないなあという感じです、ハイ。

そう思うと、この2本をして西部劇の復権というのにはほど遠く、まだまだ道は険しい。
ただ舞台としてのワイルドウェストはまだまだ魅力的だし、あの日清戦争から日華事変、満州建国の時代は確かに色々問題のあった時代だけど、魅力的な舞台があるんじゃないかと。
例えば『独立愚連隊』、そして『独立愚連隊、西へ』の2作品は、『グッド・バッド・ウィアード』の少しだけ後を舞台にした、日本軍のはぐれ者部隊の活躍を描きながらもちゃんと戦争の空しさも描いている良作だと思うんだけど、今そういう作品を撮れる人って多分いない。
この『グッド・バッド・ウィアード』を敦煌までロケしてつくったキム・ジウンみたいな人が出てきてほしいと、この作品を観ながら思った。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-09-05 21:09 | column@Movie

TVで充分なのが多いなあ『20世紀少年』スルー番外編

噂に聞くほど酷くは無い。けど映画館で観たら絶対時計を見るな(笑)

以下メモ程度に。ちなみに軽くネタバレしているけど予告編程度の話。
それでもキーとかイーとなる人はこれ以上は読まないほうが吉。
もっとももう観ている人のほうが多いとは思うけど。

まず、オッチョの登場がいきなりの急すぎるし、マンガではある程度フォローエピソードもあったけどこれじゃあお話の進行のために出てきた便利屋さんだよ。

BGMの選曲センスが壊滅的。ミスマッチを狙っているんだろうけど緊張感もなにもあったもんじゃないなあ。

随所に萎える演出というかちょっとした事で直るような事が山積している。ながら見しながらだと気にならないけど、クライマックスの嵐の前の静けさでそれがあるとトホホになる。具体的に言うと血の大晦日の世界同時多発細菌テロでマスクもつけずに取材&非常線を張ってるマスコミ、公的機関。普通アウトブレイクが起こったらもっと重装備な連中が出張るでしょ。新聞記事ではそういう写真が載ってるんだから知りませんでは通りません(笑)

ほんでラストのあれはなあ、まじで噴いた。
いくらなんでもなあ、そこだけ別の映画になってた。まあ常套手段とはいえ?を解決しているのかといえば、そうでも無さそうだし。漫画ではなく映画ではもうちょっとそこらへんはビジュアルで解決しないと。

まあ香川さんとか唐沢氏、豊川氏とか演技陣は踏ん張ってると思います。

それとラスト付近で市井の人々がニュース画面を観てるシーンは良かったと思う。但しあの展開なら家がバリバリと壊れるとこまでセットでないと。やはりアイデアはいいけどそこからの展開の弱さが堤監督の弱点。それとぬるいギャグをいれようとするのもな(笑)

そして全体的に説得力が薄い。マンガの展開をなぞっているけど、なんとも言えないゆるさ。このまま最終章までやってるのかと思うと、まあやっぱりそんなもんだろうね。

映画館に最終章を観るためにアシを運ぶ事は無いけど、たまには(アマルフィとかも逝ってないし基本地雷は『真夏のオリオン』だけ)踏んでみるのもいいかも(映画独自のラストを確認するために)

「20世紀少年」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

追記:公開時には『20世紀少年』だったけど、DVD発売時に『第1章 終わりの始まり』というサブタイがつけられたとか。確かに終わりの始まりだよ。

追記:堤幸彦監督のこと
[PR]

by tonbori-dr | 2009-08-21 23:04 | スルー映画祭り

『任侠ヘルパー』を観て

特別すげーとかは思わないけど、今期のドラマの中では結構いい出来じゃないかと。

お仕事モノのフォーマットもきっちり、そしてちゃんと次回への引きとなるサブストーリー(最終回に到るための伏線、布石として)も含みつつの構成。

主演の草ナギ君が『しんごー、しんごー』と叫んでマッパになったことで一時は危ぶまれたけど(この件も泥酔で家宅捜索?とか、あとあと考えたら完全に警察はヤクを疑ってたんだなと分かる。)相変わらず不思議な演技力で雰囲気を作ってる(笑)

今日は江波杏子さんが出ていたけど(その娘役が西田尚美というのもナイスキャスト)もうね、スゴイの一言。毎回老齢の俳優さんが(介護の話だし当たり前なんだけど)やはり若い連中よりもスゴイなというのもこのドラマのポイント高い部分。ジャニーズバーターで1人入っているとはいえそれを気にさせないのはやはりゲスト俳優と脇を固めているからだな。
もちろん黒木メイサも良いけどね(笑)今いい感じに三角関係?みたいな

あとは題材。いくら脇とゲストを固めていてもこういう例も。
J-CASTニュース : テレビドラマ「こち亀」 これだけ低視聴率にあえぐ理由
初回観たけど、次回はいいなと。まるでコント。コントは悪くないだけどコントをやるならコントをするべきでドラマでもない中途半端感覚。原作を忠実にと書いているが原作に忠実にもなっていない。というより、それで言うなら『エースをねらえ』とか出演者の一部のコスプレぶりが人気になったけど、どじょうはそんなにいねえぞという事を分かってない感じが。大方『ROOKIES』があたったので勘違いしたか?TBSって感じなんだろうか。

というか結構迷走しているところがあって『官僚の夏』はタレントが揃っているからまだしも『オルトロスの犬』なんか完全にタレント頼み。いや正確には脇だのみ(笑)脚本を『24』よろしくチームでやってるらしいけどなんだかこうピリっとしてこない。主役の2人以外にカメラがふると結構面白くなる予感があるのに(笑)

まあそんなわけで別館ブログネタを色々仕込みつつ、とりあえずの木曜の楽しみとしている。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-08-20 23:38 | TVdrama

『警官の血』第二夜

ということで、

えーっとキャストのコネタをしようかと思ったが、
(「『相棒』関係者、特にラムネこと大河内さんとかの配役がヤングラムネっぽくて噴いたとか(笑))
そのツメツメのギューではあったが、伊藤英明のパートの不安もあったけど
なかなかどうして骨太でしたなと。

で結構色々答えが出た。
まあ自分が色々書いている事とも合致するし非常腑に落ちる。

実は同じ作者さんの『笑う警官』(ハルキさんによって映画化される)はもう読んでいて、
いやこれはそろそろ読書感想を書かねばと思ったが、
こちらのドラマも面白かったので是非原作を読まねばと思った次第。

まあでも折角なのでコネタも
相棒関係者、六角さんと神保さん、そしてまさかのヒロコママ(笑)がご出演。
そしてワルキャリアつうか警察関係の権力側の体現者としての役柄として、小澤征悦が『犯人に告ぐ』にかぶる役柄で出演している。キャリアというか官僚的な育ちの良さっていうのがあるのかな?
そして最近なにかとお騒がせな津川さん、いや瀬戸内元議員のお嬢様、真由子さんとか、そうそう第一夜で江口のあんちゃんの奥様役は雛ちゃん(片山雛子/木村佳乃)だったしな、ヲイ、さすがテレ朝、『相棒』関係者が多いじゃねーかよ(笑)
いやまあ、むりくりな人もいたけど。

ちなみに三代に関わる重要な役を椎名桔平が演じていたが老けメイクが『ブラックアウト』の時より若く見えたなあということを書いて〆とする。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-09 01:45 | TVdrama

『警官の血』を観た

佐々木譲さんの原作小説は読んでいないけれどどんな話かなと思って観た。

親子三代に渡る物語で戦後から現在までを描く物語だけど今までの印象では駆け足っぽい。

連続ドラマでもう少し丁寧に描いて欲しい題材かなと思ったけれど、
そんなに悪くもない。ただ性急すぎるかなと。

そして配役が『ムダに豪華』(笑)
最近のドラマでよく使わせてもらっているフレーズだけど明日の面子も含め、
ここに大杉漣さんと松重豊さんが出ていればもう完璧ですよねーみたいな(笑)
まあコヒ(小日向文世)さんでも可だけどな(爆)

で実はこのエントリを上げようと思ったのは谷中に駐在所って本当にあるの?と思ったからで、
調べるとあった。
警視庁下谷警察署管轄で山手線の内側で唯一の駐在所だそうだ。
詳しくはこちら
下 谷 警 察 署
すごいよ、URLが警視庁!(当たり前か)
物語からして戦前からの駐在所なんだろうけど、普通は交番だろうに駐在所というのはやは立地が墓地の中という特殊な条件だからだろうか。
ちなみに現在、下谷警察署のある場所が川路大警視の邸宅があったとかでこれまた色々思いを馳せる。
川路大警視についてはウィキペディアの項目を貼っておくので興味のある方はご一読を。
川路利良 - Wikipedia
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-08 00:17 | TVdrama

で、さっき帰ってきて今日のガンダムを観たのだが

『機動戦士ガンダム00』、第17話『散りゆく光の中で』を鑑賞。

つうか纏めて見ようと思っていたがアニメの感想雑記をあげているサイトさんとかをぶらっと観てたら、ちょっと色々起こったようなので観た。

前からガンダムに対する熱量がそれほどではないと書いているけど、
それでも新作があればチェックはするし、録画を保存することはないがさっと観る程度はしている。

多分のどにささった小骨のようなものでなんか気になるしとらんとちょっとイラっとするみたいな(笑)

だから前のファンは新作Gをまってるぜというのにもいささか否定的なエントリをアップしたがそれがその時にも書いたけどTVなら観るし(といってもその時間TVの前にはいないだろうが)ソフトが出るなら多分1週間レンタルになったら借りるだろう。

でもなあ、今日のストーリー概略を見るにそれはないだろうと。

こっからはネタバレです!!

ネタバレ
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-02 00:49 | anime&comic