タグ:感想 ( 102 ) タグの人気記事

厨二もここまで来ればご立派。『G.I.ジョー バック2リベンジ』

とりあえず厨二感満載なストーリーなんだけども、前作からの続き感もありつつリブート感もという、よくもまあこれでストーリーでOKでたなって思った。あと客が呼べるキャスティングとしてのブルース・ウィリスなんだろうなっていうのはよく分かった。おかげで「R.E.D」感がほのかに匂ってた。あとはネタバレしてようが、してまいが、ホブス捜査官ロードブロック役ドウェィン・ジョンソンがでていることで察しが付くというもの。
でも後半の大きなヤマ場でのジョナサン・プライス(パイレーツ・オブ・カリビアンでヒロインの父親スワン総督役などをしているが、ここはやはり「未来世紀ブラジル」の主人公サムだろう)がいい芝居してるんだよねえ。本人も楽しそうだし(笑)おかげで凄い怪シーンとなって、ここだけは凄い見ものである。
数々の未来メカも前回に引き続き出てくるけど、パワードスーツとかああいうのはなくて、わりとガジェット系にふってるかなっていう。でもコレは続きありそうで、どうするのかなーっていうヒキだよね。それに前作の続きなのにキャストがほんの一握りしか続投してないし。まあそこらへんはMCUと違って複数契約していないからなんだろうね。あと製作事情の分かる舞台転換とか(^^;(キャストの勢ぞろいシーンが少ない)
ただキャスティング的には「エージェント・オブ・シールド」シーズン2でモッキンバードこと、ボビー・モース役のエイドリアンヌ・パリッキ(レディ・ジェイ)やスネークアイズと行動を共にするストームシャドー(イ・ビョンホン)の妹で忍者のジンクス役エロディ・ユン。彼女もまたNetflixの「デアデビル」シーズン2でエレクトラ役に決まったとか。しかもエレクトラっぽい衣装で演武するシーンがあって、いや眼福(笑とりあえずポップコーンムービーとしてはリラックスしてドウェィン・ジョンソンことザ・ロックの暴れっぷりを堪能する映画です。

[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-15 23:54 | Movie

Netflixで「MARVEL デアデビル」を観た!【ネタバレ】

と、いう事で1ヵ月は無料で視聴出来るってんで観ましたよ「デアデビル」
米国で配信されると同時に高い評価を得たっていうのも頷ける出来上がりでした。言わばこれはいわゆる「デアデビル・ビギンズ」といったところで、既に多くの人が指摘しているように「ダークナイト」との相似もあります。もっとも主人公は大富豪ではありませんが。(と言うかどっちかというと貧乏人)でも「ダークナイト」っぽい作品っていうのはアメコミヒーローでは避けて通れない道なんじゃないかなっていうのが最近感じてて、例えばDCコミックを元にしているドラマ「ARROW」もシーズン1はまさにそんな感じ。煉獄と呼ばれる島でサバイバルして、そこで身に付けた技で父の遺言と残したメモを頼りに街を脅かす悪を退治するオリバー・クイーン。彼がある意味、ただの自警団から街を守護するダークナイト(この場合はアーチャーですが)への変貌をじっくり描いて見せたのと同じ構造をもっているのです。とは言え個々のディテールは全く違いますが。

とにかく主人公と、周りの人々の描写が深く描きこまれているのと同時に説明過多にならないように気を遣っているのがよく分かります。そして何より驚くべきことは、この「デアデビル」が「アイアンマン」や「エージェント・オブ・シールド」と同じ世界でのお話という事なのです。マーベルシネマティックユニバース(M.C.U)と呼ばれる大きな統一された世界観での出来事なのです。それを示すものは登場人物のセリフやちらりと映るモノが指し示しています。実はそれも大きな驚きで今までのマーベル・シネマティック・ユニバースで描かれた大掛かりな地球の危機を守るアクション映画とは違うダークで重苦しい作風はまさにストリートのクライムサスペンス。でもだからこそ、M.C.Uでこういう事も出来るのか!と作り手の想いと作品世界の強度がまた一つ強化されたなという想いです。

















こっからちょっと【ネタバレ】も含んできますが。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-10 23:27 | TVdrama

夏の終わりに「日本のいちばん長い日」を観る。

夏が終わる前に観に行きたかったので本日すぐれない天候にも関わらず観てきた。
やはり「日本のいちばん長い日」は暑いあの夏の日の出来事であるので、どうしても夏のうちにと考えていた。

元々、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」を何度も観ていて、観るたびに、それまで戦争に負けて無かった国が負けるというのはこういうことなのかと思い入ったことと、淡々と状況を描写していく様が深く心に残り、今でも夏になると見たくなる1本。

結論から言えば、この原田眞人監督版は半藤さんの描きかった、昭和天皇を真っ向から描写したことは(岡本版は出番も少なく、しかも殆どシルエット)多いに評価していいのではないだろうか。鈴木貫太郎を首班指名し、終戦工作に向けた内閣を発足させたことや、折につけ放たれる言葉など天皇と阿南、鈴木の3人に絞って描いたことで明確に岡本喜八監督版とルックが全く違って見える。それだけに気になったのは岡本喜八監督版では、これでもかと感じた暑さが感じられなかった事。何処にも偏重しないようにしたのか、返って作品の熱量が下がったように感じた。原田監督の「突入せよ!あさま山荘事件」は舞台が長野の冬の最中なのに警察側の組織の中の思惑と現場が交錯する熱さをもっていたことを考えるとちょっと、えらく客観的だなと思った。だからといって原田さんが突き放して撮っているわけではなく、岡本喜八監督版では殆ど描写されていない鈴木首相の家族や阿南陸相の家族の描写、天皇と侍従たちの描写がしっかりと描きこまれている。なら岡本喜八監督版が客観的でないかと言えばそんなことは無く、とにかくカラーで撮影したこと、あと汗ジミがない軍服がそう思わせたのかもしれない。いやそれよりあの終戦が決まった1日に絞り込んで、政府と宮城と陸軍省や近衛師団などの描写に徹したことだろう。とにかく暑苦しいし本筋には関係ない厚木の302空の描写など(天皇関係が描けないので結果的にそっちを盛り込んだ)画面が暑苦しいのが印象的で、対してこちらはセミの鳴き声がしているけど体温が低い感じが凄くしたということを書き添えておきたい。

それでも本木くんの天皇の演技は非常に良かったんじゃないか?翻って迫水書記官長を演じた堤さんが、他の作品で当時の軍人をやっているときより、あの頃の人に見えなかった(^^;山崎さんと役所さんは今回の中心人物としてどちらもしっかりしてた。というか岡本喜八監督版では天本さんがやった役をまさかのキャスティングでちょっとビックリ。その他、あまり名前を存じ上げない人とかを井田中佐に持ってきてそこが良かった。(大場泰正さんというらしい、喜八版では高橋悦史さんが悲哀をにじませる好演をしていたけどそれに劣らない良い演技)脇に原田組常連が数多く見られるのも、やっぱりコレだけの作品、安心できる人で固めてきたなって感じでしたな。

今だからこそ描けるものがあるという意味では価値のある1本になってたと思う。夏の間に観れて良かった。

[PR]

by tonbori-dr | 2015-08-30 20:11 | Movie

アベンジャーズ/エイジオブウルトロンを観た!【ネタバレ】

ということで、既に週が変わって月曜になりましたけど土曜日にMARVELの最新作「アベンジャーズ/エイジオブウルトロン」を観て来たわけです。

で、今回先に観てた「マッドマックス怒りのデス・ロード」より正直エモーショナルな面白さっていうのは弱かったんです。コレはTwitterでも言わなかったんですけどね、実際に単体映画としては、これまた言われているAIの反乱ってのは人が造りしモノが造物主に対して牙を剥くってのはもう何度もやられている話じゃないですか。それにウルトロンっていうんは社長がつくったというんは既にアナウンスされていたわけですし、

ここから内容にかかわる話をしますので未見の方は注意してください。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-07-06 22:38 | Movie

寄生獣完結編

ということでたまにはブログで感想を書くかと。
いや何時もは「鉄は熱いうちに打て」ってことでTwitterで感想をつぶやいてるんですが今回はちょっと間が空いてしまって、それは公開からということもあるし、観た後に2日も空いてしまって、まあそれでもつぶやくことはあるんですが、ブログエントリも最近ご無沙汰なんでこちらで感想をと。

いや正直に言うと前作、いわばインターミッション前編でもあり、「俺たちの戦いは続く」エンドでもあった寄生獣に関しては結構いい評価をしてたんです。このテンションならけっこう楽しめるぞと…。

で、観たんだけども映画のアバン(前作を3分で振り返るみたいな?)からの入りは結構、盛り上げてたしいい筋だったんですよ。で、原作のシーンももう一人の頭以外への寄生者を出さずに、そして父をオミットしたことでの同時進行という大胆な方法でこれは巧いなと思ったんですが…。クライマックスでちょっとひっかかってしまった。喋らせすぎというか。いや観客をもっと信用してよと思っちゃったんですよね。そうなると大森南朋が演じた記者のエピソードが突然、いや描写が浅すぎじゃねえかと気になったりとか(説明セリフが無ければ多分あの描写で納得してた)そう言う部分がなんとも残念感を産んで…。

でも深津ちゃんの田宮良子は凄かった、正直深津ちゃん、そりゃ最近とみに演技派に躍進して著しいけどもっていうのはあったけど田宮良子は人外だしと心配でしたが杞憂でした。あとタッドの後藤も良かったね、あれはたたずまいがはまり過ぎてたね。あと新井パイセンの浦上もビジュアルが原作と大きく違うけど良かったっすね。

そう思うと原作の咀嚼やいるところの取捨選択や舞台仕立てや細部のディテールがいいのに、何故そこまで言わすのか?っていう疑問がすごくのこって、ラストのひきとかはいいひきだったのに、モヤモヤするなんか今の日本映画らしい映画でした。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-06-27 15:31 | Movie

THE NEXT GENERATON パトレイバーを全7章を振り返る

先ほど久しぶりのエントリを上梓したわけだが、なんとその前は去年の4月。
パトレイバーの実写化「THE NEXT GENERATON パトレイバー」の第1章の件だった。

[ロバが旅に出てもになるか?それとも。「パトレイバー NEXT GENRATION」]

で、どうしたかというと結局全7章、観た。
以下ツイッターから拾った感想を上げておく。
ちなみにネタバレ(微妙に)してると思うので畳んでおきます。

ネタバレしてるかもしれないがまあご容赦を。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-02-07 21:41 | Movie

白ゆき姫は何処にいる?『白ゆき姫殺人事件』

ひさしぶりに映画鑑賞の感想エントリ。ちょっとツイッターのツイートあんまりしないと昨日言ったもんでエントリにしてみました(ヲイヲイ。
なので短文つなぎ合わせかつ、下書きなしで書きなぐっておりますので乱文、誤字脱字はご容赦を<(_ _)>

この映画は『ゴールデン・スランバー』の中村義洋監督作品だっていうので観に行ってきた。
まあ返す刀で『怪物くん』の映画も撮ってるんだけどねと言ってみる。

でもあくまでも『ゴールデン・スランバー』の中村さんだし今度は出てるキャストもキャストだし面白いんじゃないかと。
その時は原作、湊かなえさんってのは全然アウトオブでした。

結果は…面白かった!実は湊さんの原作モノちと苦手で。でもドラマ「高校入試」は面白かったんですけど、基本苦手で。
これは撮る人、書く人によってかもなあと(未だに全部の原作は未読です。はい。)

あらすじは…こちらで
まあ簡単に書いておくと、長野のとある化粧品メーカーの美人OLが焼死体で発見され、彼女が殺害された翌日から出勤しなくなった同僚に疑惑の目が向けられ、それをワイドショー番組のディレクターが追ううちにツイッターでネタをアップ。ネットにも飛び火し、錯綜する情報、異なる証言で自分を見失う人たちを描いたお話。

こういう風に説明すると一面しか説明してないのでともかく観てよと。ネットの噂よりも観る事ですよ、まずはって感じで。

綾野剛演じるワイドショーの下請会社のしかも派遣社員ディレクター、赤星が仕事は適当で、ツイッターでくだらないネタを書いてる部分はいいんだけど、その後延長線上で仕事のネタ(しかも殺人事件というクリティカルな案件)をリアルタイムでつぶやくとか、いろいろゾっとした。そしてそれに反応する野次馬たちにもいろいろ考えさせられた。

以前おいらは野次馬すると言うことに関して、ある程度の節度を持ってというのがポリシーだったんだけど、ツイッターになってそれが結構緩やかになってしまっているのかなという気がしています。

それとメディアへの発信っていうのは手軽になったからこその恐怖っていうのは、それに扇動されることの恐怖っていうのはいろんな人がドラマに映画にしようとしていたけど、この映画ほどには上手くいってなくて、そこがツイッターの協力があるとはいえ、画面への出し方とかクレバーだったなと。

実はツイッターの声っていうのは人の声が当てられていたんだけど、その後ろにいる人が描写されたのはネタがいわゆる炎上しかかったところだけなんですよ。それもさらっと。そこが上手いなって感心しました。あれをしょっちゅうされるとリズムが崩れるし、そっちに気が取られるし。

ある意味お話としては〇〇〇なんですけれど(これは自主規制、書くとバレてしまうので)赤星という狂言回しから覗いた部分と、もう一人の主人公。ある意味、渦中の人である美姫を演じた井上真央が両方ともにいいオーラの消し方してるんで、ピターっと嵌っていったのも良かったですねえ。もちろん他のキャストも良かったですが。これもネタバレになっちゃうと拙いので、自分はしーちゃん(貫地谷しほり)がいいなーと思ったけど、いや染谷将太くんも美味しいねとか、出番少ないけど宮地真緒ちゃんでてるやんとか、そういう部分も含めてキャストがしっかり仕事していましたね。

そういえばまったく関係の無い話ですが最近、北海道でガスボンベをつかった連続放火事件ありましたね、警察関係の建物と量販店を狙っているようなんですね。で土地柄だけである集団がからんでいるんじゃないかというツイートをみかけたんですけど…。爆発物がしかけられたってだけでそこまで断定していいもんなんでしょうかね。少なくとも今の事実からだけでは「状況だけで」そういってるだけで証拠にもなってない。(釘云々で殺傷力って今時ネットで調べればそういう知識転がってますし)「状況だけで」グレーなんでしょうかね。もちろん捜査は予断無く全ての可能性をつぶしていくべきで、警察はそうしていると思いますが。なんかそういうことを考えさせる、映画でしたよ。

結構今の状況に即したいいテクストが織り込まれているので是非お時間あれば観て欲しいですね。


ちと一晩たってさらに。
[PR]

by tonbori-dr | 2014-04-05 01:44 | Movie

ちょっと押井監督がガールズパンツァーに申していたので

ひさびさのエントリ。しかも下書きなしてざっと書きなぐっておりますのでよしなに。

最初に目にしたのはこのエントリだった。
押井守監督 「ガルパンが突然人気が爆発したのかいまだにわからない」「ガルパンってけいおんの戦車版でしょ?」|やらおん!
でそのソース元エントリは、
押井守のガールズアンドパンツァー語り - 基本読書
ああ、やっぱりなあと思った。押井監督はまずガルパンを観てないだろうし、(というか基本的に他人の作品を観てるのかどうか、あんまりアニメは観てなさそうなんだよな、あ、これは個人的な見解です)一般的な感想を求められたらそらそういうでしょとは思う。
ようするに経験則からくるヒットのある程度の方程式みたいなもの?まあそんなものを揃えてもヒットしないことも多いけど、それでもコレとコレがあればヒットするみたいな、まあ押井さんも天下の負けず嫌いだからそういう話をしたんだろうと思う。

けど、自分も実はちょっと気になってるところがある。一応おいらはガルパン観たし、面白いなとも思ってるが、若干ひゃっほおおいとならないのは、いや戦車ってそんな甘いもんじゃないんじゃないの?というそれに尽きる。もちろん実際の戦車に乗った事は無い(いいとこ装甲車止まりです)けど、細かいことが気になるのがおいらの悪い癖。
まず砲弾。相当重いです。そして旧式な戦車だと手動で砲弾を装填、尾栓を閉じなくちゃならない。アニメで重そうにうんこらせとやっててもいやそもそもそれ本当に出来るの?というエクスキューズが先に立ってしまう。それと何をするにも戦車は重い。まあそれは宮崎監督からの受け売りなんだけども

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート

宮崎 駿大日本絵画

これこそがブラックハヤオの妄想力。こっち系全開の黒ハヤオの映画も観てみたいもんだが。

スコア:


まあこの本とか、同じ出版社から出ている「雑想ノート」、他小林源文先生のマンガとか松本零士先生の戦車の描写を観過ぎているせいかもしれない。
とかく戦車は重いもんで少女のか細い腕でうごかせるのと?もちろん鍛えてる女性ならいけるかもしれんけどガルパンのキャラクターっていわゆる美少女でそういうもんじゃないですやん、みたいなね。

だからといってガルパンがつまらんわけでなく、ああこれほどマニアの琴線をくすぐるとはなあというのもある点からは分かる。実際面白かったし、それは戦車の戦い方がリアルだったり、少女たちの機微がちゃんと描けてたりとかの部分なんだけど、だからこそ何故に戦車?みたいなのはね、喉のささった小骨みたいな感じでありました。これはもう自分の趣味の遍歴の積み重ねだからしょうがないなあと。そらもうン十年のモノだから(苦笑

あ、戦車の厳しさを体感したかったら「パンツァー・フロント」ってゲームがオススメです。

PANZER FRONT bis.

エンターブレイン

スコア:


既に生産が終わってしまったPS2専用だけど、これ固いよーあらゆる意味で。
これをやるとⅣ号であそこまでというのがどれだけ凄いことか体感できる。っていうかパンターとかティーガーの恐ろしさを実感出来る。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-05-10 23:34 | anime&comic

闇の騎士は如何にして陽光の元にでることになったのか?

「ダークナイト・ライジング」鑑賞の感想。

いや先に雑感を書いたとおり、大筋で観てる間は時が経つのも忘れていたけど、
終わった後に反芻するといろいろ考えると?アレアレってのもあったし、
実のところ観て最初に?えっそうなの?というのもあった。


まあネタバレ全開なんでまだ気になる人は読まないでね。

ネタバレ禁止なら読んじゃダメですよ。


でももう公開から4週間近いし…

なわけで折りたたんでおきます。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2012-08-22 20:00 | Movie

臨場と外事警察とダークナイト

ということでテレ朝刑事ドラマのヒットシリーズ「臨場」劇場版観た。

今思うと若干?な部分と過剰な演出があったけどかなりの力作で今年は刑事ドラマ映画が5本も公開される状況においてかなりのレベルだと思う。
それは「探偵はBARにいる」の橋本監督の手腕でもあるし「臨場」のキャストと客演の演技が良かったからにほかならない。あ、もちろんシリーズの脚本を担当し「遺留捜査」なども書いている尾西さんのホンも刑法39条ネタでよくあるテーマながらも過去への警鐘やいろいろ詰め込みながらもクライマックスへ収斂していく様はお見事とおもったし、なにより画面に圧倒された。原作リスペクトも入ってきてたし。かなり出し切った感がある映画だった。

とはいえ今年の刑事ドラマ映画の白眉はなんといっても外事警察。
よくぞここまであの震災も取り込んで完成させたという事と、登場人物がドラマのような立ち居地でありながらもちゃんとドラマ後をも感じさせる部分が(これは臨場、麒麟の翼(新参者)にもあったが)あったこと。そしてなによりスケールが映画的だった。というか映画ならではのフィクションをちゃんと盛り込んできたと思う。

この辺りの判定はすごく難しくて麒麟の翼や臨場がおとっていたとかそういう訳じゃなくかなり抉り方に一本腹の据わったところがあったからなかあと。
そこまでしちゃいますかと。しかしなんでこうバッティングするんだろうかなあ。でも個人的にはドラマ映画でもここまで出来るとかなり嬉しい感じではある。

そしてもう1本観てきたのがダークナイト・ライジング。
あらかさまなネタバレはしないけどちょっとだけ感想をしるしておく。
予告編の橋が落っこちるシーンを観てゴッサムってNYをモデルにしているんだねとか、落ちるところは「七番目の橋が落ちる時」だ!と思っていたんだけどなんというか長時間なのにアクションもノーランなのに(まあやっぱりノーランっぽいんだけども)体感的には2時間くらいな(実際には160分近く)映画でしたよ。

個人的にはすげえ!と思ったシーンも多々あり話も嫌いじゃないけど、納得できないところがあってそれはやっぱり前作のあのヒキからこの状況なんですかというところ。集約すればそこにつきる。
そこがどうしてもひっかかるけど内容的にビギンズ、ダークナイトがあってこそのこの作品なんでなあ…。
反対にバットマン・ビギンズが好きだぜという人にはかなり高評価と思いますのでシリーズの締めくくりをその目に焼き付けておいたほうがいいかと。

そんなこんなで2本も濃い映画でつかれましたw
[PR]

by tonbori-dr | 2012-07-30 00:27 | column@Movie