毎度のルパンスペシャルをやってたわけですが。

ニュースサイトのカトゆー家さんのところで知ったんだけどなんでも、
『ルパンはとんでもないものを盗んでいきました。我々の2時間です。』
と揶揄されているそうで。

カトゆー家断絶

で今日の金曜『特別』ロードショー『ルパン三世sweet lost night ~魔法のランプは悪夢の予感~」』なんだけど監督のアミノテツロって『マクロス7』のアミノさんだろうか?ホンは大川俊道さん。
ルパン三世『SWEET LOST NIGHT』~魔法のランプは悪夢の予感~ - 金曜ロードショー
そのなんというか確かにここ暫くのルパンSPの悪いとこがあって、まず枚数が使ってないわけじゃないのに何故か戦闘シーンで意味無く止め絵になる。
あれなんでだろうか。出崎さんの演出なら止め絵を劇画調にして効果的カットバックを見せるんだけどルパンSPのは完全に?と思う。
確かクリカン最初のヤツはまだ動いていたような記憶があるが。
もっと動きで見せないとルパンじゃないなあと思うんだけどなあ。とりあえずルパンvs複製人間くらいにはやってもらわないと。TVSPとはいえその辺りはちゃんとやってほしい。
一応2時間盗られた~とは言わないけれど。
コブラも復活ということでやはりルパンも次元、五右衛門、とっつあん、不二子が元気なうちはまだまだ頑張ってもらわないとね。
もういいよという人もいるだろうけど新作が観られないってのはそれはそれで悲しいもんだし。
クレしんだってドラえもんだってちゃんとTVやって映画できてるわけだから、ルパンもそこはやっとかないと、とまあそういう話です。

ちなみに『冬ソナ』コンビに関しては特に。というか田中美里さんは結構良かったんじゃないですか?(笑)結構ふつうに聞けたし。やや棒でしたが気にはならないレベルでした。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-25 23:45 | anime&comic

ルパン三世ってあらためて強度があるなと思う。

今日は日テレ定番、ジブリシリーズ『ルパン三世カリオストロの城』
この作品は東宝&東京ムービー(現在はトムスエンタテインメントのブランド名)で制作されたにもかかわらず、何故かジブリのDVDなどのディストリビューターであるブエナ・ビスタから発売されていることからもそれは明らか。

だが、ルパンはルパンなんだよなあ。それは次元と五右衛門、不二子にとっつあんという要素もあるけれど。最悪次元とルパン。不二子とルパンと次元だけでも物語は機能する。(ちなみに不二子の部分がとっつあんでも五右衛門でも可。)つまりはそれだけルパンと次元のコンビモノとしての強みに加え、物語が視聴率の奮わなかったファーストで大胆な路線変更があったことが、後々の赤背広とかピンクのとかTVスペシャルとか映画とかにつながるコミカル&シリアスの幅広いルパンを造り出し、それらは御馴染みの面々が活躍するというお約束事を守ればOKという世界観を作り出した。

唯一替えがきかないのが、ボイスキャストのみ。
ただ山田さんの後をクリカンが継いだことは『お笑いスター誕生』の司会を山田さんがやっていてその縁でクリカンとの親交が出来、後々の吹替えにつながったことで継承は出来たのを考えると、これは僥倖というべきなんだろうか。クリカンに違和感を持っている人もいるようだが、普通に考えても今でも新作が観れるのはファンとしては嬉しい。

もっとも制作側で別の声優さんを使う試みもあったようだが(この辺の事情は以前ネットの噂で読んだけことがある)結局1作のみで終わった。
特別な理由が無い限り替えるのは無いほうがいいとういう事だろう。それだけ声の力って大きいと思う。

個人的には『ルパン三世』の映画ならvs複製人間だが漫画映画としての『カリオストロの城』は傑作の部類に入ることに異存は無い。
だけどちゃんとルパンでもあるんだなあと今日はつくづく思った。

やはり声の力は偉大だ。
それと幅広いキャラクターは物語を豊かにするなと感じる。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-02 23:16 | anime&comic

ルパン三世の新作がOVAで準備されているそうだが。其のⅡ

Excite エキサイト:芸能ニュース:ルパン三世40周年記念の新作アニメ「GREEN vs RED」 [ 01月18日 18時31分 ]J-CASTニュース
このネタは以前にも取り上げた。
ルパン三世の新作がOVAで準備されているそうだが。
そこで解説しているのでまあ多くは言うまい。と思いつつも(笑)ちょっと書く。
実はその前にallcinemaのトピックスで知ったんだけど、
allcinema ONLINE
TOHOシネマズでスペシャルナイトが行われるという。
東宝グループの映画館情報 - tohotheater.jp - 特別企画 「ルパン三世」 最新作DVD発売記念「ルパン・ザ・night」 実施決定!
関西でもTOHOシネマズなんばでやるらしいので行こうかしらん。

なんだかルパンってよくやるけどそのたんびに観てる気がする。
『vsマモー』『カリオストロの城』は(笑)

正直栗貫ルパンはあまり再放送してても観ないんだけどそれでも観れる状態であれば一応チャンネルを合わせたりもする(苦笑)

今更ながらにルパンというキャラクターが持つ魅力ってもんが出来上がっているんだなあと思う。確かに初期のルパンは大隈さんの演出したルパン、そして宮崎監督が演出したルパンがいて、その後に赤い背広のルパンにピンクのとか映画のルパンなどなど色々出てきたけれどやはり原作者のモンキーパンチさんのも含めてルパンというキャラが出来ているんだなと。

ある意味ガンダムなんかもそうなんだけどガンダムの場合はそれがであるのに対しルパンはだと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-18 22:30 | anime&comic

ルパン三世の新作がOVAで準備されているそうだが。

プレセぺ presepe - animation & communication.: 【レポート】「ルパン三世」はコードネームだった!? 40周年記念OVA『ルパン三世 GREEN VS RED』トークイベント。
[10月23日更新]

OVAとして新作ルパン三世が発表されたというのは聞いていたが中々の野心作かもしれない。
まあリンク先のエントリを読んでいただければその概要が載っているけれど緑の背広いわゆるファーストルパンと赤の背広、セカンドシリーズのルパンが対決するというコンセプト。

ルパンがあるコードネームのようなものという設定にはうちにあるルパン研究本、『まぼろしのルパン帝国』を思い出した。ファーストルパン第1話で名前だけ出てきたルパンシンジケートなるものを彷彿とさせる300人のルパン大集合など、どうなるのか皆目見当が付かない。

それに主人公の名前が康雄で、彼女の名前が有希子はあきらかにファーストルパンを意識した名前というのも気になる部分だ。
康雄はファーストルパンを始め亡くなるまでルパンの声をあてていた山田康雄氏(生前一度だけ別の人物がルパンをやったが)、有希子はTVシリーズ、ファーストの不二子をあてた二階堂有希子さんからきているのだろう。

ただ以前OVAとして作られた『暗黒街の魔術師』の続編にあたる、『生きていた魔術師』がちょっとイマイチだったので(面白くなる素材であったにも関わらず無駄な大仕掛けが面白みを阻害していたような内容だった)不安も一杯なんだけれど。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-10-24 23:00 | anime&comic

まあ今日はルパン三世をやってたわけですが。

ルパン三世の強敵が復活するという話

まあ出来については・・・
言わんといて~

けども今回のアイキャッチ、FIAT500に乗ったルパンがコケるやつで新作だったんだけどなんと!
大塚康生さんが担当していた!

ちょうどFIAT500も復活。
ちょっといい話だなと
フィアット500、チンクチェントが50年ぶりに復活
ちなみに500の名称自体はヌーヴォアチンクという名前で一時復活していたんだけど日本には正式デリバリされていないので無かったことになってるけどね(苦笑)
ちなみにこんなのです。
a0029748_23043.jpg

こいつはトロフェオというモータースポーツビギナー用(といっても本格的な装備をそなえている)特殊なモデル。

ちなみに関根さんの娘はともかく獅童くんはまあ声優でもいけるなということはとりあえず解った(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-27 23:02 | anime&comic

ルパン三世の強敵が復活するという話

Excite エキサイト:芸能ニュース:獅童がルパン最大の宿敵・魔毛狂介の声 [ 07月04日 10時29分 ]日刊スポーツ
Excite エキサイト:芸能ニュース:獅童 声でルパン最強の敵演じる [ 07月04日 06時12分 ]スポニチアネックス
この回の話はファーストシーズンの印象深い敵の中でも『魔術師と呼ばれた男』の白乾児(パイカル)とともにルパンを苦しめた強敵。第十三話『タイムマシンに気をつけろ』で登場した。
そのタイトル名どおり、魔毛狂介の武器はタイムマシンだったが今回も同じネタで挑むようだ。
まさかファーストのリメイクじゃあなかろうな(苦笑)

魔毛狂介が出たエピソードはルパン三世ファーストシーズンのカラーが変わるくらいの時に放送されたもので(実は最初の演出、大隈氏が離れたのはもっと早い段階だったが匂いは以前残っていたと思う。)そんな流れでの中で色んな表情を見せるルパンが印象的だった。

確か声をアテていたのは家弓家正、ドナルド・サザーランドの吹き替えや『未来少年コナン』のレプカ、『風の谷のナウシカ』のクロトワなどが有名。

そんな魔毛狂介をデスノのリューク中村獅童がやるということらしい。
ファースト原理至上主義者としてはぬわぁに~い!!なんだがまあそういうのも大人気ないので超ガンガレと言っときます(棒読み)

でもまあ魔術師の続編をOVAでやった時は、野沢(那智)さんを迎えたのに脚本がメタメタだったしな、まあホンですよホン。ホンがちゃんとしていればスゲーとなるかもよ(ちょっとマジ)
まあその日一体何が出てくることやら(^^;

この魔毛狂介の名前は『ルパン三世*ルパンvs複製人間*』のマモーとも関係があるのだろうか
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-04 22:31 | anime&comic

ルパンボックスはスゴそうだ。

CDJournal.com - ニュース - 第3期までのTVシリーズと劇場版3作をまとめたDVD42枚組『ルパン三世』BOX登場!
またまた企画モノ。大概ボトムズDVDボックスの10万もたけーよ!と思ったものだがこれは第三期までのシリーズと劇場版、vsマモーにカリ城まで(あと一本と)枚単価で言えばお得かも・・・って正直ファーストだけでこの枚単価にならねーかなと。
1枚2380円でファーストシーズンが6枚、15000円セットなら・・・。

それにしてもマモーは東宝、カリ城はジブリが絡んでいるのにバップはよく頑張ったと言えるね。
それだけでもグッジョブだよ。

つうか権利権利も大事だけど観てくれる人がいてこそのちう事をよく考えないとダメだお>ヒノボリとバン大の中の人もふくめその他のこーゆうビジネスに関わる人たち。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-11-08 22:16 | anime&comic

ルパン三世・ファーストシーズン

久しぶりに借りてみた。
とりあえずDVD1枚に五話入っている。それを1枚
第1話『ルパンは燃えているか?』
第2話『魔術師と呼ばれた男』
第3話『さらば愛しき魔女』
第4話『脱獄のチャンスは一度』
第五話『十三代五エ門登場』


はっきりいってさっきまで放映されていた『下妻物語』よりもクールだし激しい。
これがアニメとして1971年に放送されたということがなによりそのそれを雄弁に物語っている。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2006-05-29 23:52 | anime&comic

ルパン3世をやってたけど来週は「着信アリ」ですって

えーながらで観てましたが大きな破綻もなくホントに普通に始まり普通に終わる。
いや冷静に考えるとすげえ話なんだけどもって「ルパン3世天使の策略(タクティクス)~夢のカケラは殺しの香り~」のことなんだが。現トムスエンタテインメント(旧東京ムービー新社)ってセガ傘下から離れたのかな?とかなんかタイトルが「名探偵コナン」みてーだよと思いながら観ていた。
と思ったら作っているとこ同じだったのか!最近はGONZOとかIGにしか反応しなくなっているんだなと改めて感じたな(笑)

というよりガンダムにファースト原理主義があるならおいらは間違いなくルパンファースト原理主義者かもしれない。いやクリカンは頑張っていると思う。けど今の作品群からはファーストのような凄みが感じられないのだ。それは今日の話と同じくらい荒唐無稽な「ルパンvs複製人間」と比べても一目瞭然だ。(vs複製人間はファーストの骨子をつくった面子が関わっている。故にカリオストロは漫画映画としておいらは傑作とは思うがvs複製人間の方がルパンスピリットが感じられる。)

まあ機会があればルパンについても書いてみたいがまあ興がのればということで(笑)

で来週は三池さんの「着信アリ」だそうで。
なんでも「着信アリ2」がDVD発売が近いから今レンタルの回転率が一番なんだそうだ。
これを聞いてオイオイと思ってる人多いんじゃないか?

追記。7/23 18:44 何故ファーストと「vs複製人間」が繋がるかを追加。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-07-22 23:41 | column@Movie

実際、クラシックなヤツだよ、お前ってヤツは

今日は「ルパン三世 vs複製人間」

やっぱり夢を見ない男が夢を盗まれたときそれを取り戻しにいくカッコよさ

そして何者にも支配されない反逆児
ルパンってこうでないとな!(笑)


来週はクラシック中のクラシック「ローマの休日」ってことでお後がよろしいようで♪
[PR]

by tonbori-dr | 2004-10-22 22:55 | column@Movie