少林少女の脚本グダグダだけど

映画ネタサイトの破壊屋さんで以下の記事がアップされていた。
破壊屋_2008年の日記_『少林少女』の脚本の酷い部分ベスト10

破壊屋のギッチョさんの突っ込みは鋭いし、少林少女の自分のエントリでもリンク入れさせて貰った。

で、脚本家の十川氏に対してもグダグダのホンを書いているのには同意するけど、このベスト10の1位に挙げている
第一位:クライマックスでどうして柴咲コウがあの場所に突撃するのか説明がない。

というのはエロじゃなかった江口洋介の店が爆破されコウちゃんの道場が焼き討ちにあったあと泥だらけのティン・カイマンとラム・ジーチョン、ナイナイ岡村がやってきて、ティンとラムが『店が爆破された』と『ミンミンがさらわれた』でナイナイ岡村がボソッと『あいつら大学の格闘家の連中や』というのが聞こえた。
この辺りは映画を観た人でないと判断難しいし他の人の意見が聞きたい部分(思い違いかもしれんので)
でもコレで一応、物語の序盤で最新のトレーニング云々の施設で立ち入り禁止区画があるという情報をナイナイ岡村が提示し→で、大学の手先が江口の店を焼き討ちしたよと情報リーク→大学にコウちゃんカチコミという流れだと思うんだけれど、で大学にいくとワラワラ人が出てきてこっちに大事なものがあるぜ的誘導という部分で理解していたけれど、そうじゃないのかと不安になった(苦笑)

というか一番の大きな問題はギッチョさんが3位に挙げている前半後半の矛盾で、それでも最初から仲村トオルがコウちゃんを知っていて実は付け狙っているという展開なら問題ないのに、『気を感じる描写』を入れるというのが一番の問題。これは実写でアニメにありがちな達人が気を感じて云々って(^^;それだって因縁などの説明がきちんとなされていれば分かるけどトロい生き物があんちゃんをボコった描写だけで察するのはダースベイダーでも無理じゃないだろうか。しかも気を感じる描写の後で転科してきた学生がいないかと尋ねる辺り霊能者かって感じだよ。いくら死神の活躍するアニメのシリーズ構成をしているといってもそれはどうかと。

まあこれこそ重箱のスミつつきだけど、真に不味いのはちゃんとしたホンを構成できていないのが一番の問題だなあと毎度の事ながら実感。
せめて前半後半くらいちゃんとつなげるホンとかラクロスのことをもっと勉強はしていただきたかったなと思う。

追記:08.05.13
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-11 23:22 | column@Movie

*まあムーブオーバー最期の回の『大日本人』を観た訳だけど

なんだかどう書き出そうか。とりあえずぐぐったり自分のRSSリーダーに登録しているブログでコレに言及している人をちょっとチェックしてみた。
したら、『たけくまメモ』のたけくまさんのエントリを読んでひざをポンと打ったのでとりあえず。
たけくまメモ : ようやく「大日本人」見たけども

ここで、たけくまさんが、
駄作とも傑作ともいえない。かといって凡作でもない。なんとも言えない。その意味ではこんな映画見たのって初めてであります。ダウンタウンの漫才やしゃべくりを見ているこっちとしては、100%ピュアモルツな「松本人志の世界」に違いなく、その意味での完成度はとても高かったと思います。

ただ、えんえんと続く「ボケ」の映像を見ているうちに、「浜田はどこにおる?」と思ってしまったのも事実。これまで、あまり浜ちゃんのことを面白いと思ってなかったんだけど、松本のボケは、浜田のツッコミがあって初めて生きるのだなあ、という事実を思い知らされました。

もうこれにつきるなあと。

あと映画評論系及びたくさんの評論家が酷評なのはなんだか映画的な部分がやけに上手く撮られているのにもかかわらずいわゆる映画セオリーの則っていない部分で戸惑い拒否反応が出ているような気が。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-08-06 00:14 | Movie