そこに人がいる限り「大鹿村騒動記」

なんというか主演の原田芳雄さんが亡くなった事は、未だに上手く飲み込めていない。
初めて意識したのはいつだっただろう?実のところよく覚えていないのだが、強烈に覚えているのは「君よ、憤怒の河を渡れ」の主人公の高倉健演じる濡れ衣を着せられた検事を追う刑事だったろうか。その時は先に優作を知っていたから?あれ優作っぽいなと思ったら実は優作が芳雄さんの真似をしていたという(^^;

その後、出演作やテレビで意識して観るようになった。特に「友よ、静かに瞑れ」の主演の藤さんとの絡み芝居や「いつか、ギラギラする日」のクレイジーなヤクザ、いやガンマンなどもすごく脳裏にきざまれているんだけど、やっぱり主演作として「浪人街」を挙げておきたい。他の人はもっといろいろあげているだろうけど自分にとっては芳雄さんといえば「浪人街」なのだ。

とすっかり追悼モードな書き出しだけど、この作品、芳雄さんが亡くなったから観に行った訳じゃない事ははっきりと書いておきたい。
実は大鹿村はよく「通過」していたのだ。というか飯田、天竜川、伊那近辺はツーリングで何度も足を運んだ場所。この大鹿村を通っている国道162号線の分杭峠にはゼロ磁場というところがあってようするにパワースポットなんだけども、そこから先へ高遠方面へのルートは上りも下りもツーリングルートとしてよく行っていた。

そういう馴染みのある場所でロケされた、しかも芳雄さん主演の阪本順治監督作品。観ないわけにはいかないじゃないやろ!という話である。

映画自体はドタバタ群像喜劇なんだけども人生の下り坂に生涯を見据えてどう生きる?という話もであり、それと人の営みってこういうもんだろよ?っていう話でもあり、ようするに人間臭いお話。特にこういう山間の村ではみんな、顔見知り、濃密な人間関係が築かれるわけだけど、一線は引いてそこから踏み込まない。だけど踏む込む瞬間を上手く活写した佳作。そうどこにでもある話だけど大鹿村というロケーションとその村に伝わる村歌舞伎に上手くからめた人情話が、悲哀を感じさせながらもちょっとまだまだ人って捨てたモンじゃないと思わせてくれた。

芳雄さんの遺作になったのは残念だけど非常に芳雄さんらしい反骨ながらも情に厚く飄々とした人生を生きてきたい人の締めくくりに相応しい。だけど正直物足りない。もっと芳雄さんの演じるところを観たかった、そういう気持ちにさせてくれた映画だった。

出てくる人たちがちょっと曲者ばかりでそっちに気が行くとこっちみたいな感じでそこも楽しい。多分撮っている時はみんな楽しかったんだろうなあ。それぞれが弁えている部分も心地いい1本だった。

「大鹿村騒動記」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-08-10 23:01 | Movie

お、うまいじゃん(笑)『南極料理人』

スルー映画祭りとして正月に観たのは「ワルキューレ」とコレ。
どちらも男だらけな話なんでござるが、ある意味『対極』。なんせ「ワルキューレ」は監督のこだわりで現地ロケはマストだゼ!なのに『南極料理人』はドームふじ基地のロケセットはあ・ば・し・り・番外地(爆笑)でも周りが氷雪にかこまれている場所で変化がないのであれば(遠景はCGで消すとして)これで十分。それにこの物語、その性格上基地の描写が大半を占めるのでそういう意味でも越冬隊員たちのキャラクターを楽しむ分支障が無い(笑)

物語は実話をベースにしたもので海上保安庁から炊事担当として越冬隊に参加し男ばかり7人の所帯の調理全般を担う主人公と隊員たちの日常のお話。

だけどこういう隔離(隔絶)されたところでは人間関係が次第に濃密になっていっていくので、いろいろと起こるわけでそれをユーモアとちょっとブラックな部分をまぶしてペーソスを交えて描いた佳作って感じでした。いやほんと結構笑ったし。正月に見るには丁度いい按配。そして猛烈に腹が減るしファストフードだって、ガツガツ食べるんじゃなくて皆でゆっくりと食べれば美味しいもんだよというそういう話でもありました。

でもね、人間、1食や2食は抜けても食べないと死んでしまう。この飽食の時代に何言うてんねやと言われるかもしれないが、実は最近でも孤独死のご老人の死因が餓死だったように食べること、すなわち生きること。となると非常にプリミティブな欲求があらわになってくる。その上狭いところに男七人顔をつき合わせているといろいろとストレスも。そういうところでの人の行動は結構赤裸々なものになってくるわけでそれをペーソスを交えて上手く描いていると思う。いわく「僕の身体はラーメンでできているんだよ」とか「エ・ビ・フ・ラ・イ!」「もう頭の中エビフライだからw」とか。

それとサイドに主に主人公の調理担当の海上保安官西村の家族との話が底流にあって、そこがラストに綺麗につながるさまはまたオチとしても小気味いい。

決して上段にかまえた映画じゃないけれどなんか正月に観てほっとできる小品、佳作なオモシロ映画でした。

キャストは基本男子7名なんだけど(堺雅人、きたろう、生瀬勝久、高良健吾、豊原功補、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛)、堺雅人演じる西村の奥さんに西田尚美と娘役の小野花梨がいい味をだしていた。それと古舘さんが関西弁の神経質な雪上車担当技官なんだけども自動車会社のエンジニアで左遷されたとノイローゼ気味な役を好演。あーこういう人いるなーって(笑)そのほかの面子も総じていい味をだしてた。

でもね、ちょっと厳しいことをいっておくと、実話ベースっていうこともあるんが、こういう限定設定では日本そこそこ面白いものがつくれるんだけど、そこから大きい拡がり(世界)を描くものは苦手なんだなというのとちょっと役者に頼ってるなっていうのがね、あった。自分はよく『香川照之、大杉漣、橋爪功、岸部一徳という役者さんたちを安易に使うの禁止な!』っていうフレーズをよくツイッターなんかでツイートするんだけどそれはそういう事です。このキャストだと生瀬さんとかきたろうさんとかね。もっともこれはキャストの力量にある意味かかってるドラマなんでね、しょうがないけど(笑)この系統だと「約三十の嘘」もこの系統だな←これは原作が戯曲。つまり限定空間での舞台系なら役者も粒がそろっているけれど本当の意味での映画俳優とか映画の監督、脚本家っていうのが実はあまりそだってないのかなー?っていうのも少し感じた。まあそのあたりはまた別に語ってみたいネタであります。

「南極料理人」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-16 13:49 | スルー映画祭り

*最高の最低映画を観れる喜び『トロピック・サンダー』

昔、『8時だよ全員集合』という番組があって、非常に人気を集めていた。
コミックバンドからコントグループとして名を馳せたドリフターズのメンバーが舞台を縦横無尽に駆け回る。
しかしPTAには子供に見せたくない番組№1とされ良識のあるという人たちは眉をひそめた。

多分そういう人たちが見ればこの『トロピック・サンダー』もそういう作品なんだろうなと思う。
だがそれがどうした。面白ければいいじゃないとばかりに繰り出されるギャグシーンやジョークに腹を抱えて何故悪い。そういうオモシロ映画がこの『トロピック・サンダー』だ。

それに多感な頃にアメリカのヴェトナム戦争モノ、例えば『地獄の黙示録』、『プラトーン』を観ていた世代にとってもこのネタはグサっと刺さる。

トップシーンからまずフェイクトレーラーで主演三人の役どころが主演したとされる映画が流される。この懇切丁寧な作り。そして大物ゲストにエエ(´゚д゚`?と驚くのもつかの間、先に挙げたヴェトナム戦争映画でよく観た光景。UH-1がジャングルの上を飛んでいく。そして激しい銃撃戦の導入部からこれが映画撮影と分かるネタばらしが始まるが、そこで先のフェイクトレイラーが効いて来る。彼らのパーソナリティが上手く表現されているこのフェイクトレーラーのおかげで凄く映画の話が追いやすい。懇切丁寧。ちょっと丁寧すぎるくらい(笑)だけど下ネタ、ドラッグ、おふさけ、タブーにも果敢に挑戦している部分のドぎつさはカメオというかほぼメインキャストの一人として上げてもいいミッションインポッシブルな彼のおかげもあってほぼゲージが振り切れたテンション。

まあそんな映画です。一方、スティラーの反骨精神というかちょっとしたおちょくり精神、そういう部分が発揮されてて例えば『ザ・プレイヤー』なんかに代表されるハリウッド内幕辺りを上手く使っているのが凄く受けたのだなあというのもあったし、そこらへんは自分でも妙に冷静に観ちゃったんだけれど(苦笑)ことごとく定石を踏みながら、オチをはずすのもまた定石なりみたいな部分はちょっと綺麗に纏めすぎ?っていうのもあったけど、単純なお馬鹿とかそういう括りでなく映画好きなら観とけの部類に入るし、自分はもう笑いっ放しで、でもお客に外国人が混じっててその人たちと微妙に笑いがずれるのが悔しかった。多分スラングを理解したうえでの笑いなんだろなあってのもあったけど万国共通の状況笑いもちゃんとてんこ盛り。いやー面白かった。

今年は『ホット・ファズ』といいこの『トロピック・サンダー』といい、いい意味での最低映画を日本でちゃんと劇場で(シネコンだけど)観れたのは僥倖だったなあとあらためて。
こういう映画はややもするとDVDスルーとなっちゃうことも多い。
今年は観れなかったのもあったけれどこういう映画がちゃんと公開されていることはいいことだと思う。

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-26 22:59 | Movie

*ホントウのウソ。『ザ・マジックアワー』

マジックアワーってのは
『太陽が落ちる瞬間の周囲が暗くなる僅かな時間』なんだそうだけど(これはパンフの裏表紙見開きに書いてある。)
『映画秘宝』のバッド・ムービー・アミーゴスで『夕暮れどきだけじゃねえぞ」をお三方がご立腹。それは映画の中でマジックアワーが『夕暮れ』限定だし宣伝でそういうものいいをしていたから。とはいえそれ以外の事でも言ってはりましたが、個人的には悪くなかったよ(笑)つまりこの映画はそういうマジックアワーを見せる話。

まるでセットのような町『守加護』そこでダンスホールの支配人がボスの愛人に手を出した。当然その代償は命!だが伝説の殺し屋『デラ富樫』を連れてくる事を条件にしばしの猶予を与えられる。もっともその支配人は全然、デラ富樫の事を知らない。そこで一計を案じて売れない俳優、村田をスカウトする。支配人は村田に映画の撮影と偽り、デラ富樫を演じさせてこの場を切り抜けようとしたのだ。だが事態はさらに・・・。

完全に舞台劇を映画に持ってきたという印象。ネタは笑える。『ホット・ファズ』とは違うけど笑いは笑い。ただ個人的に好きなネタを使っているだけにどうしても厳しく観る自分がいる。でも豪華なキャストが、前回の有頂天では機能しているものの尺が長く冗長な感じを拭えなかったのに対し、今回は『守加護』という町(舞台)に押し込めたことでうまく機能している。

とはいえ前段で色々顔見世興行をやることによりちょっとした豪華感を漂わしているが果たしてそれは必要だったのかとも。

基本的にはコンゲーム。ネタは割れているから、そこからどういう風にオチをつけるのかというのが基本。もちろんドンデン返しも含めて。

古い映画ネタをも突っ込みつつ展開されるのはまさに三谷喜劇。これが東宝のアクション&コメディへの目配せ、もしくは日活へのそれがあればさらに面白かったのだが。

このあたりは難しいなと思うところ。

だが尺がちょっとだけはみ出ているのを別にすれば上々じゃないだろうか。


とはいえ少しひっかかるところも。

個人的な感想ですが。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-24 22:27 | Movie

41年ぶりに宇宙大怪獣ギララ復活

Excite エキサイト:芸能ニュース:ザ・ニュースペーパー“サミット”出演 [ 01月30日 10時29分 ]日刊スポーツ
電エースの河崎監督が、ざっと40年前の『ウルトラマン』によって起こった怪獣ブームの中、松竹映画が東宝ゴジラや大映ガメラ(日活はガッパを投入した)に対抗すべく製作された特撮怪獣映画をなぜか今になってリメイク(笑)

子供の頃、TVで夏休み、冬休みの子供映画劇場の定番だった。しかし何度か目にしているのに1度っきりしか見ていない『緯度0度大作戦』よりスジを覚えていない(苦笑)

だが怪獣のデザインは宇宙怪獣に相応しいアバンギャルドな?怪獣だった。
だがそれ以降怪獣映画が子供向け用にしろ松竹で作られなかった事実はこの怪獣映画が出来はともかくウケなかったことを証明している。(と思う)

実際怪獣名は覚えていてもあまりネットでもギララ最高!という言説を見た事が無い。
この発表でそういうテキストがアップされるんだろうか?

で今回データをあさるのにウィキペディアを引いたら『パッチギ』の井筒監督がリメイク企画を90年代中頃に考えていたというお笑い驚愕の事実が。

いや井筒さんの怪獣映画。どんなんやろ。それはそれで興味がある。
宇宙大怪獣ギララ - Wikipedia

「日本以外全部沈没」の監督が、洞爺湖サミットに便乗する映画 : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
キャスティングからしても河崎監督らしさが出ているがはてさて。
あ、そういえばまだ『日本以外全部沈没』まだ観てなかったなあ(爆)

追記:少し文章直しました。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-30 23:33 | ネタ@映画

東宝スタジオ3つを使うことだそうだけど。

Excite エキサイト:芸能ニュース:三谷監督VIP待遇で新作映画撮影 [ 07月23日 10時29分 ]日刊スポーツ
いや、まあなんというか、
大丈夫でしょうか?と。

個人的には三谷さんの妙味ってのはこじんまりとしたワン・シチュエーションで起こるドタバタ。
例えばシットコムとか(そういえば『HR』っていうのをやってたなあ、あれは結構面白かったがうけなかった。)どうも大掛かりだと有難がる傾向あるけれどどうでしょうかという感じがする。

まあそれはおいらが年末に観た『無駄に豪華な配役によるグランドホテル形式の喜劇』を観たせいなんだけど。もっと登場人物絞り込んだネタにすればいいのにと。

思えば三谷さんの『古畑任三郎』だって主要登場人物は古畑、今泉、犯人とその関係者で後半は殆ど犯人vs古畑、きっかけ役の今泉という感じ(後期はそれに西園寺くんとかおまけがどんどん付きだした)

なのでちょっとしつこいようですがどうかなと。
ただ予告編観たら凄そうなんだろうなあ。
なんせギャングのボスが西田敏行
主人公は佐藤浩市らしいけどはっきりいって西田さんのボスが喰っちゃいますよねーみたいな(^^;いやまあまだわからんけども。
予告編だけはむちゃくちゃ観たいぞ(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-23 23:23 | ネタ@映画

「奥様は魔女」という外国TVドラマがあった。

Excite エキサイト : 芸能ニュース|全米興行収入、「バットマン ビギンズ」が2週連続1位 [ 06月27日 16時46分 ]ロイター
えーとその第2位の映画「奥様は魔女」昔懐かしのサマンサとダーリンのあれである(笑)
米倉涼子主演でリメイクドラマもなんでか最近制作された。
まあなんつーか昨日の「ショウビズ・カウントダウン」を観てたらそれを紹介してたわけだ。
主演は「ザ・インタープリター」で暗い過去を背負った通訳を熱演のニコール・キッドマン。
主演は・・・・・しらねえーおっさん(笑)ウィル・フェレル
昔のドラマをリメイクして映画にするという内容で、ニコールのお鼻を動かすアクションがキーポイントだと思わせ実はという(爆笑)
毎度お馴染みallcinemaOnLineのヘッドラインの今週の全米チャート報にも概要が載っている。
がまあなんつーかちょっとひねっているのがみそ(笑)つかひねりすぎて元の位置に着地しているのが笑える。でも日本じゃイマイチ受けないかもしんないなあ。
なんせ「スタスキー&ハッチ」もコメディということでビデオスルーだし(^^;
共演にマイケル・ケインというだけでおいらはオモロイかも思っているんだが。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-06-27 23:12 | ネタ@映画