タグ:キャラクター ( 62 ) タグの人気記事

SPEC祭終焉によせて。

いやもうね、今日は4時間SPEC祭を放送してたわけですよ。4時間ですよ。
結は時間が伸びてどうしても切れないからっていって前後編に分けたと植田Pが語ってたように思います。
『進撃の巨人』が急遽前後編に分けられたのとは違い切れなくなってしまったというところには愛を感じますけど、まあ時として非情に切る事も必要かなとは思います。とは言えこの作品はファンの後押しと植Pの執念が形にしたものだよなあっていうのもあるわけで。
自分も前に感想書いていますけど、とりあえずSPECって言う物語を当麻と瀬文のバディモノとして見ればこれほどしっくりくる相棒モノはここ近年なかったわけで。それだけは確か。あと作劇的にはいろいろ問題大杉だと思ってても、オチに元春と言う反則技使われたんでもう良しとするしかないじゃないかというそれだけですね。
とにかくファンと、スタッフ、キャストに感謝ですよね。

そう言えば色々今日の放送に付いても植PがTwitterのSPEC公式アカウントで解説したり思い出話をつぶやいててやっぱり愛を感じましたよねえ。終わらせるんじゃなくて、あれだけのコンビを続けるというのもあったと思うんですが、あえてクローズさせたのも愛なんでしょうねえ。でそこには執念も感じます。ここ暫くの植Pの作品を見てもやっぱりその執念ってのは感じてて「ATARU」とかはもろにそうだし(脚本に櫻井さんをというチョイスはありましたが)「安堂ロイド」「家族狩り」などやっぱり執念が人を作るのかなあっていうのも。で「ヤメゴク」ですからね。「ヤメゴク」はコンビにはちょっとなりきっていなかったかなあ。いや麦ちゃんと翔は悪くなかったんだけども、最後は麦ちゃん劇場だったしなあ…。うん難しいですね。佐野くんみたいな感じが欲しかったかも(翔に)。と図らずも「ヤメゴク」感想も書いてしまったけれど、でもやっぱり「SPEC」の当麻と瀬文なんですよねえ。もうこのコンビは観ることが出来ないけれどそのスピリットを受け継いだ新たなコンビの登場を楽しみに待ちたいと思います。

[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-24 00:05 | TVdrama

これぞポップコーンムービー「特攻野郎AチームTHE MOVIE」

早速なのだが「ソルト」をまだ観てないのに先に行ってきたゼ、「特攻野郎Aチーム」!

基本アウトローなんだけど信義と名誉を重んじるやり過ぎな野郎たちの話としてよかったし、ちゃんとTVシリーズへのリスペクトもあったし面白かった。

レインジャーきっての軍略家であり戦闘のプロ、ハンニバル大佐。その部下であらゆるものを調達することにかけては天下一品。ただし女性に甘いフェイスマンことテンプルトン・ペック中尉。そこにコングことB.A.バラカス軍曹(字幕では伍長)とクレイジーモンキーことマードック大尉が邂逅するいわばAチーム誕生秘話のような掴みから真のAチーム誕生がこのストーリーの骨子で難しいことはなんにも無し。スカっとするアクションと「チームワーク!」なイかれた連中の活躍を2時間弱堪能できる、これぞ真のポップコーンムービー

キャストはハンニバルがリーアム・ニーソン。ジェダイマスターは96時間でアクションの味をしめたのか、ここでも愉快に演じてるのが印象的。TV版ペパードのような人懐っこさというものとは違うふてぶてしさもあり自信家でもあるが仲間思いのハンニバルを演じている。もちろんトレードマークの葉巻は健在で最初はどうかな?と思ったがさすがダンディなニーソン意外とカッコいいんだこれが(笑)

フェイスマンのブラッドリー・クーパーも初代のダーク・ベネディクトの路線をついではいるがベネディクトはダンディーならばクーパーはワイルドという感じか。そうヒュー・ジャックマンとかそっち系のフェロモンだしてやったるでみたいな。髭が濃いのもそういうのを強調してると思う、多分(笑)

ランペイジのコングも文句なし。というかミスターT復活でも良かったが(笑)って(笑)が多いが本当に見てるときはニヤニヤしてて周りの人におかしいんじゃないかと思われていたかも(^^;
でもコングってこの中では実は一番キモになってる人で粗暴な部分と繊細な部分をトレードマークのモヒカンで表すエピソードとか何故飛行機が苦手かという部分をアバンタイトルで見せるとか結構優遇されている。やっぱりコングって愛されてるキャラクターだなー。

そして個人的に一番のはまりキャラは、彼、『奇人、変人、だから何?』のクレイジーモンキーことマードック大尉を演じたシャルト・コプリー。
なんといってもヴィカスakaシャルト・コプリーのクレイジーモンキーは本人が降りてきてるんじゃないかっていうくらいにはまってた(笑)
ちなみにドラマのドワイト・シュルツはご存命だけど(笑)でもあのハイテンションは素晴らしい。彼を見るだけでも価値ありだと言い切っちゃうよー(爆笑)
というかほぼ彼のシーンでは自分は笑いが止まらなかった。

女優陣で紅一点、ジェシカ・ビールが女版サム・ジェラードという役どころを演じていて久々にこっちに帰ってきたな(笑)っていうのもポイント高し。っていうかフェイスがジェシカ演じるソーサ大尉に連絡用の携帯を渡すんだけど着メロがスティーリー・ダンっていうのも良かったッス。

おばかなシーンも多いけれどそれはTVテイストを正しく劇場用にマッシュアップしているなと言う印象でかなり面白かったと言って良い。アクション映画好きにはオススメ出来るといってもいい。やはりこういうはみ出しチームが活躍するっていうのはキャラがちゃんと描き分けられていると楽しい。そういう意味でも PART2期待したいところ。

ちなみに(笑)が多いのは本当にそういう映画だったのよ。去り行く夏をスカッとすごせるポップコーンムービーとしても良かったすなー。

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2010-08-26 00:01 | Movie

*『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』雑感

ともかく観ていない人もいるかもしれないけれど多分情報を直接的には書かなくとも感覚的にはネタバレになるのでよしなに。本当に情報は一切入れたくないという人は(どんなにちょっとでも)こんなとこまで見る暇あるんならとっとと行っとけということかな。でも多分書いてある事を読んでもそれが目に映るまで信じられないんじゃないかな。



とは言え、『序』と同じく鷹掴みじゃなかった鷲掴みとまではいかなかったのもこれまた事実。(東宝系でかかったら鷹の爪団とのコラボもあったのかな?(笑))
理由は簡単、まだ完結していないからでそういう意味では残りも早く観たいのと同様、これが良いなら『東のエデン』だってイイじゃない?と思うんだか、どうなんでしょうね。

ざっとネットを回って感想を拾って見たけど良かった、次も絶対観るという人の声が大きいようだけど、もう終わった話じゃねーかよという人も散見した。確かに自分も一度語られた物語だし予告を観た状態での『序』にそういう感想を抱いていたけどだからこそ『破』は新キャラクターという世界を壊すために仕掛けられたキャラクターが登場しているということが興味を抱かせた。

で、どうだったのかというと、
ともかく感想としては『序』の時に
みんなの元気をオラにとか書いたけど、今回はもっとジャンプ的展開だった(笑)

そして色々手練手管に加え総監督と演出のコラボレーションという意味では
なるほど公式MAD、公式2次創作とは得て妙だなとも思う。
そういう意味では今ヱヴァンゲリヲンを作る意味に沿っているしなるほどねとは思う。ただまだ完結していない物語をどうこう言うのは出来ないし、連載漫画がこのまま中断せず完結する様を直に観たいなとただそれだけ。


それと今回、コネタ、大ネタ含めウルトラ熱が序にくらべまた上がっている。
しかしそれは今のTYO傘下になったウルトラではなく科特隊やウルトラ警備隊が地球を守っていた頃の円谷という意味で。いやこうなるまえの円谷で庵野さんには何かウルトラ関係で遺して欲しかったっすな(笑)(まあゼネプロ版『帰ってきたウルトラマン』があるといえばあるけどね)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

余談
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-09 00:09 | Movie

『ふたつのスピカ』ドラマ版がはじまりましたよ。

個人的にはライオンさんがでてこねーなんてのは…
ありえねー!
といってみますた(笑)

ちなみにライオンさんがなんなのかを知りたい人はこちらへ
NHKアニメワールド:ふたつのスピカ

ぶっちゃけ、幽霊なんだけどね。
となると前回の『ゴーストフレンズ』とかぶるので(笑)オミットされたのかなあ。いやライオンさんのいない『ふたりのスピカ』って気の抜けたサイダーっぽいような気がするのはおいらだけだろうか。

とりあえず1回目は普通の青春職業(訓練)モノドラマのフォーマット。ベタに言えば『アテンション・プリーズ』とか『海猿』とか。そこに学園モノテイストもありますという。

JAXAの完全協力っていうのは安心できる。けどこういうドラマではそこははずせませんよねみたいな。

NHKのこの時間帯、若い人向けでキャストも民放とまではいかないがきばってはる。
ちょっと古臭いくらいベタだけど手堅くいいと思うけど…、やっぱりライオンさんがなあ(しつこい)

ドラマ公式
[PR]

by tonbori-dr | 2009-06-18 20:54 | TVdrama

*米国裏英雄列伝。『ウォッチメン』

『300』のザック・スナイダーが仕掛けたグラフィックノベル『ウォッチメン』の完全映画化。時間にして163分分のまさに超大作。
これまた同じDCの代表的ヒーロー、バットマンの『ダークナイト』の時もその152分は時間を感じさせなかったが、これもまたそうだった。
だが同じ事を繰り返して書かせて頂くと、物理時間は短くならないので、これから鑑賞しようかと言う方は観る前に用を足しておかれるのが吉です(笑)

で、アバンタイトルからタイトルロール。アバンで事の発端をじっくり描いていったと思った瞬間にモーションが急に早くなる。まるでアメコミを見ているようで、色々アメコミ、グラフィックノベルを映画化した作品を観てきたけれ画面がまるでコミックブックのようだった。言ってしまえばミラ・ジョヴォの『ウルトラヴァイオレット』の時もそう感じたけど画面の構成の隙の無さと情報を置いていく様は、動く、大友克洋、いや士郎正宗的な漫画の画でさえもある。パンフレットなどでもスナイダーは原作グラフィックノベルのようにするために腐心したといが、それだけの事はあった。(ちなみに原作は未読、でも値段がもうちょっと安かったら即買いしていた。アメリカ本国版もamazonから購入できるけどそっちの方が安いけど解読に時間がかかりそうなので断念。)

そこからのOPタイトルでミニッツメン結成から第2次世界大戦終了後、ヒーローたちの活躍が表も裏も語られていく。あまりの駆け足加減に、もう一度となるのだけれど残像のようにそれが頭にちらついてくるのが後半効いてくるが、ここが結構関門で多分あまりの駆け足ぶりに普通のお客さんはついて来れないんじゃないだろうか。よしんばカットしてもいいのだけれど、この部分があるから後半に効いて来る伏線もあるわけで、そこまでしても原作通りに入れ込んだスナイダーの執念を感じる。

架空の戦後を歩んだといえば押井監督の『立喰師列伝』を思い出す。この『ウォッチメン』は架空の戦後史を歩んでいくことによりヒーローモノ体裁をとりながら歴史を再検証しながら、それ以上に英雄という偶像に迫っていく作品であり、偶像としての立喰い師を描きながらも歴史の追う仕立てになっている『立喰師列伝』とはちょうど入れ子の関係にも感じる。わざわざ実写を2次元なのにさらに2次元に仕立て直す部分と紙媒体に描かれたヴィジュアルをスクリーンに表出されたその手法までもが対照的。

そして膨大な情報量を封じ込めるためにあえてグラフィックノベルの構図にこだわり情報をそこに封じ込めていったと思えば、やはり繰り返して観たい誘惑に駆られる。とは言えやはり長尺なので実際に公開中にもう一度足を運ぶかどうかは分からないが(苦笑)だがそれだけの濃さは保証できる。

毎度おなじみ余談
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-17 01:29 | Movie

ちょっと雑感として『銀色のシーズン』-スルー映画祭番外編

そのなんというか、公開時もDVDセル&レンタルもスルーしていたが、
今日のTVでやっているのをながら見した。

宣伝時大きく宣伝していたスパイダーカムだっけ?よくわからんけどスティディカムとどう違うのかよく分からないままにその撮影されたシーンってどこなんだろうと思った。

で一番感じたのは、よくある話by夏木マリみたいな(笑)
それは悪いことじゃない。実のところ殆どの物語はよくある話なのだ。
ただ体験ベースではなくそこに事象をもってくるので、
例えば映画的なヤマやオチをもってきて話を紡ぎだす。
もちろん観ている人になにを訴えたいかで、わざと予定調和を崩したりもするし、
インパクトのある画をとるためにわざわざ山にヘリを飛ばして空撮もする。
時には天気を待ったり、一瞬のマジックアワーのために賭ける人もいる。

にしても、TVサイズならいざ知らず、いやTVでもこんなドラマだったらちょっと次回というか、途中で観なくなるよ。キャラクターが無駄に多く、それぞれにエピソードを匂わせながら放り投げているんだもん。もっと枝葉を落としていかないと。
キャラは出ててもいいし、サイドストーリーを折込むのもOKだけどそれなら納得できるオチつけてと。
ようするに主人公とヒロインの再生の物語なんだから、それだけに集中すればいいのに、意識を散らしてそれも散漫ってのはアホすぎる。

そうすればいささかアホっぽい雪猿(このネーミングもなんだかなあ)3人組や町興しエピとかももっと廻ってくるのに、色気見せすぎ。

というかいい演技者をそろえているんだからともったいなく感じたんだよね。
国村さんとかBOBAさんとか。サトエリもいい味だしてたし。
ちょっと杉本哲太さん率いるゲレンデパトロールの面子が体育会っぽいノリだったのはまあしゃーないとしても脇キャラクターにブレを生むような運びをしちゃあね、本当に勿体無い。玉山鉄二の北海道選抜話なんてその最たるもんで、ホージーことデカブルーの部分を彼にふってもいいのに。そうすることで物語りに幅が出てくるのに勿体無い。
そういうところが残念な作品でしたなー。

で、このブレっぷり、やっぱり去年の『少林少女』とかぶるんだよなあ。
このままだと他の作品までも(今年は作家性を前に出しているようだけどブロックバスターな作品)がちょっとヤバイかもですな。

追記:09/08/12
文章に少し追記訂正しました。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-02-15 02:09 | スルー映画祭り

*これぞ、漫画映画実写版『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』

『エグザイル/絆』の感動も冷めやらぬ今なんだけれど、ともかくこちらの感想も上げておかねばということで。

実は前評判も高く、アメリカでも大ヒットとは行かなかったもののボックスオフィスで初登場チャートは№1を取った作品。

監督はギレルロ・デル・トロ。昨年の『パンズ・ラビリンス』(未見だけどこちらも評価高し)や『ロード・オブ・ザ・リング』の前史になる『ホビットの冒険』の監督にも決定し注目されている監督だが筋金入りのオタクでもある。
バラエティ・ジャパン | ギレルモ・デル・トロ止まらぬ日本アニメ賛歌

そんな彼が前作の続編たるこの映画に詰め込んだのは、自分の愛するモンスターやクリーチャーへの愛情であり、まさに自分自身の投影でもある。

恋には不器用な主人公、好きな事にはこだわるがだらしなく、だけど純でうぶなレッドことヘルボーイや、知識は豊富で詩を愛し、心を読んだりすることは出来ても心の機微にはちょっとだけ疎いブルーことエイブ。この2人は明らかに監督の分身とも言えるキャラクター。だからこそここまで温かく彼らの心情が描かれている。

だからこそ原作者のマイク・ミニョーラ(彼は製作陣にも名を連ねている。)がそのシーン中にバリー・マニロウのヒットソングを入れるのに難色をしめしているにも関わらずそのシーンを挿入したのだろう。基本的に原作ファンでもある彼がそうしたのにはやはりそれだけ思い入れがあるということ。正直、上映中最初聞いたときは違和感があったけれどシーンの意図が読めた時、なんと染み入るんだと思った。

それ以外にも漫画映画でお馴染みのシーン。巨大な怪物に当たるサーチライトに逃げ惑う群集。ロープ一本で危機一髪のヒーロー。迫り来る軍団。などなどイメージビジョンをきちんとスクリーンに再現している。

そしてクリーチャーたちは明らかにギーガーやアメコミの影響を受けているが端々のイメージに御大宮崎監督とよく似た構図を観る事が出来るし、ややもするとあるシーンでは『アルゴ探検隊の大冒険』のオマージュと言われるシーンが『太陽の王子ホルスの大冒険』にだぶるところもあった。一般的に『もののけ姫』のアレを思い起こすシーン(そこはそうらしいと町山さんがポッドキャストで言ってましたけど)がそうなんだろうなとかいう話なんだけれど、こういうところが彼の漫画映画魂なんだろうな。

そういう熱い(人によっては暑苦しい)魂にあふれた1本。ただアクション関係は若干甘い。個人的にはそこが残念。まあ瑣末なトコかもしれんけど。
個人的にはクンフーアクションには若干食傷気味ですし、基本ドニー・イェン先生とジェット・リー先生の前には全てが霞むのでまあしょうがないです(苦笑)だけどレッドの肉弾戦は〇。やはりあの腕があってこそだしね(^^)。アクションが練れてきたらさらに良かったとは言っておきたい。


「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

余談でネタバレ。読むには自己責任でね(゚∇^*)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-01-19 22:11 | Movie

必殺仕事人2009を観る。

やはり東映の京都太秦松竹時代劇のスタッフは
腕あるな!
カメラワークとかやはり手馴れた仕事ぶりが心地良い。

正直メインキャストの仕事人がほぼジャニーズというのは、さすがにどうよ?とは思うけれど、彼らは彼らでちゃんとプロだし仕事は弁えているのでまあ食わず嫌いはよくないなと。

ただ若干1名、秀枠の人がちょっと棒気味ではあるが(^^;
そうえいば松岡くんは組紐屋系で出自的なものも組紐屋の直系か。
三味線屋は今回はお休みで変わりに同心小五郎こと東山くんということか。
まあ主水さんが締めるというのがこの上ない安心感を出しているのもあるけれど、

奇をてらわず、現実の世相を反映した物語を時代劇でやるフォーマットも健在。
で、谷村美月ちゃん演じる如月が今後どう話に絡んでいくのか?
実際、姉の玉櫛の仇は既に討ち果たされているし、気になるところである。

追記:東映ではなく松竹さんでした。ただ映画『蒲田行進曲』のこともあるので太秦などで腕を磨いた職人さんが入ってるのではないかなと。
どちらにせよ伝統の腕が継承されているのは喜ばしい。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-01-10 00:04 | TVdrama

アベちゃん、キター!!!(゜∀゜)CHANGE

とりあえず春のドラマこれで全部出揃ったということで。


で、一見してまずファーストシーン。同局の『SP』のセルフパロ(笑)

でそのあとはベタな展開が続くが、主人公が出てくるまでが結構面白い。
紋次郎に神山さん。寺尾聡と渋いところがいい芝居やってる。
伊東四郎の使い方もベタベタ。

で主人公が選挙となるわけだが
アベちゃん登場!キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━

完全にアベちゃんシーンは目が釘付け(笑)
キャラクター的には『ドラゴン桜』とか『最期の弁護人』での何故か自信満々な、あ、『トリック』の上田もそうだっけ(笑)な、オレ様キャラの持ち味を十二分に発揮していた。

役が選挙プランナーだから、今回だけの登板かなと思ったら来週も出るそうなので観よう(笑)

さて視聴率はどのくらい?
一応20%越えはいってるでしょうけど30は難しい???と睨んだが。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-12 22:42 | TVdrama

ルパン三世ってあらためて強度があるなと思う。

今日は日テレ定番、ジブリシリーズ『ルパン三世カリオストロの城』
この作品は東宝&東京ムービー(現在はトムスエンタテインメントのブランド名)で制作されたにもかかわらず、何故かジブリのDVDなどのディストリビューターであるブエナ・ビスタから発売されていることからもそれは明らか。

だが、ルパンはルパンなんだよなあ。それは次元と五右衛門、不二子にとっつあんという要素もあるけれど。最悪次元とルパン。不二子とルパンと次元だけでも物語は機能する。(ちなみに不二子の部分がとっつあんでも五右衛門でも可。)つまりはそれだけルパンと次元のコンビモノとしての強みに加え、物語が視聴率の奮わなかったファーストで大胆な路線変更があったことが、後々の赤背広とかピンクのとかTVスペシャルとか映画とかにつながるコミカル&シリアスの幅広いルパンを造り出し、それらは御馴染みの面々が活躍するというお約束事を守ればOKという世界観を作り出した。

唯一替えがきかないのが、ボイスキャストのみ。
ただ山田さんの後をクリカンが継いだことは『お笑いスター誕生』の司会を山田さんがやっていてその縁でクリカンとの親交が出来、後々の吹替えにつながったことで継承は出来たのを考えると、これは僥倖というべきなんだろうか。クリカンに違和感を持っている人もいるようだが、普通に考えても今でも新作が観れるのはファンとしては嬉しい。

もっとも制作側で別の声優さんを使う試みもあったようだが(この辺の事情は以前ネットの噂で読んだけことがある)結局1作のみで終わった。
特別な理由が無い限り替えるのは無いほうがいいとういう事だろう。それだけ声の力って大きいと思う。

個人的には『ルパン三世』の映画ならvs複製人間だが漫画映画としての『カリオストロの城』は傑作の部類に入ることに異存は無い。
だけどちゃんとルパンでもあるんだなあと今日はつくづく思った。

やはり声の力は偉大だ。
それと幅広いキャラクターは物語を豊かにするなと感じる。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-02 23:16 | anime&comic