SPEC祭終焉によせて。

いやもうね、今日は4時間SPEC祭を放送してたわけですよ。4時間ですよ。
結は時間が伸びてどうしても切れないからっていって前後編に分けたと植田Pが語ってたように思います。
『進撃の巨人』が急遽前後編に分けられたのとは違い切れなくなってしまったというところには愛を感じますけど、まあ時として非情に切る事も必要かなとは思います。とは言えこの作品はファンの後押しと植Pの執念が形にしたものだよなあっていうのもあるわけで。
自分も前に感想書いていますけど、とりあえずSPECって言う物語を当麻と瀬文のバディモノとして見ればこれほどしっくりくる相棒モノはここ近年なかったわけで。それだけは確か。あと作劇的にはいろいろ問題大杉だと思ってても、オチに元春と言う反則技使われたんでもう良しとするしかないじゃないかというそれだけですね。
とにかくファンと、スタッフ、キャストに感謝ですよね。

そう言えば色々今日の放送に付いても植PがTwitterのSPEC公式アカウントで解説したり思い出話をつぶやいててやっぱり愛を感じましたよねえ。終わらせるんじゃなくて、あれだけのコンビを続けるというのもあったと思うんですが、あえてクローズさせたのも愛なんでしょうねえ。でそこには執念も感じます。ここ暫くの植Pの作品を見てもやっぱりその執念ってのは感じてて「ATARU」とかはもろにそうだし(脚本に櫻井さんをというチョイスはありましたが)「安堂ロイド」「家族狩り」などやっぱり執念が人を作るのかなあっていうのも。で「ヤメゴク」ですからね。「ヤメゴク」はコンビにはちょっとなりきっていなかったかなあ。いや麦ちゃんと翔は悪くなかったんだけども、最後は麦ちゃん劇場だったしなあ…。うん難しいですね。佐野くんみたいな感じが欲しかったかも(翔に)。と図らずも「ヤメゴク」感想も書いてしまったけれど、でもやっぱり「SPEC」の当麻と瀬文なんですよねえ。もうこのコンビは観ることが出来ないけれどそのスピリットを受け継いだ新たなコンビの登場を楽しみに待ちたいと思います。

[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-24 00:05 | TVdrama

邦画の宿業を見た。『進撃の巨人ATTACK OF TITANエンド オブ ザ ワールド』

ということで前編観たんだから後編も観なくちゃってことで観てきたわけです。
『進撃の巨人 ATTACK OF TITAN エンド オブ ザ ワールド』って長いんで以下『進撃EOTW』とさせて頂きます。
ということでまずはこちらを。
春日太一さんの【「進撃の巨人」後編、ここがつまらなかった】 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/875462
実のところ、この語りには一分あるけど『人類資金』よりつまらなかったっていうのは看過できないですな。
あっちのほうが、ヴィンセント・ギャロに仲代さんまで使ってアレですか、そうですかっていうね。日本映画のエスピオナージュは『外事警察』でちょっと見直したんだがそれはぶち壊しですかそうですかとなったけど、『進撃EOTW』ではそこまで思わなかったんですがね。
いやまあ確かに役者は絶叫、説明セリフのオンパレだしね。
じゃあクソじゃんってなるんだけれど、それでもOKってなるのは『点ではなく線で観たから』です。とは言え全員がそれで観れるわけもなく前編は前編で締めた。後編は後編話を作るものっていうのがセオリーですよね。『寄生獣』もそうしてましたし、『GANTZ』もそうでした。ですが正直言って『進撃EOTW』にはありません。いきなりトップギアから入ってます。でこの世界の謎解きをしていくわけです。あまりにも絶望的な戦い。『でもやるんだよ』というそれだけで進むデスマーチ。だから前後編観てのものなんですね。
やはりと言うか後でWOWOWぷらすとでの町山さんの発言やパンフのその他で言及されてましたけど元々1本の作品として考えられていたものが急遽、撮影入り前に分かれたという事。ここらへんはクライマックスの予算捻出のためもあったのかもしれませんが(推測にすぎませんが)、結果的に間延びした印象とキャラクターそれぞれが刻まれる事になってしまった不幸な事態になってしまったと思います。




こっから若干ネタバレになっていきますのでよしなに。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-22 20:25 | Movie

厨二もここまで来ればご立派。『G.I.ジョー バック2リベンジ』

とりあえず厨二感満載なストーリーなんだけども、前作からの続き感もありつつリブート感もという、よくもまあこれでストーリーでOKでたなって思った。あと客が呼べるキャスティングとしてのブルース・ウィリスなんだろうなっていうのはよく分かった。おかげで「R.E.D」感がほのかに匂ってた。あとはネタバレしてようが、してまいが、ホブス捜査官ロードブロック役ドウェィン・ジョンソンがでていることで察しが付くというもの。
でも後半の大きなヤマ場でのジョナサン・プライス(パイレーツ・オブ・カリビアンでヒロインの父親スワン総督役などをしているが、ここはやはり「未来世紀ブラジル」の主人公サムだろう)がいい芝居してるんだよねえ。本人も楽しそうだし(笑)おかげで凄い怪シーンとなって、ここだけは凄い見ものである。
数々の未来メカも前回に引き続き出てくるけど、パワードスーツとかああいうのはなくて、わりとガジェット系にふってるかなっていう。でもコレは続きありそうで、どうするのかなーっていうヒキだよね。それに前作の続きなのにキャストがほんの一握りしか続投してないし。まあそこらへんはMCUと違って複数契約していないからなんだろうね。あと製作事情の分かる舞台転換とか(^^;(キャストの勢ぞろいシーンが少ない)
ただキャスティング的には「エージェント・オブ・シールド」シーズン2でモッキンバードこと、ボビー・モース役のエイドリアンヌ・パリッキ(レディ・ジェイ)やスネークアイズと行動を共にするストームシャドー(イ・ビョンホン)の妹で忍者のジンクス役エロディ・ユン。彼女もまたNetflixの「デアデビル」シーズン2でエレクトラ役に決まったとか。しかもエレクトラっぽい衣装で演武するシーンがあって、いや眼福(笑とりあえずポップコーンムービーとしてはリラックスしてドウェィン・ジョンソンことザ・ロックの暴れっぷりを堪能する映画です。

[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-15 23:54 | Movie

Netflixで「MARVEL デアデビル」を観た!【ネタバレ】

と、いう事で1ヵ月は無料で視聴出来るってんで観ましたよ「デアデビル」
米国で配信されると同時に高い評価を得たっていうのも頷ける出来上がりでした。言わばこれはいわゆる「デアデビル・ビギンズ」といったところで、既に多くの人が指摘しているように「ダークナイト」との相似もあります。もっとも主人公は大富豪ではありませんが。(と言うかどっちかというと貧乏人)でも「ダークナイト」っぽい作品っていうのはアメコミヒーローでは避けて通れない道なんじゃないかなっていうのが最近感じてて、例えばDCコミックを元にしているドラマ「ARROW」もシーズン1はまさにそんな感じ。煉獄と呼ばれる島でサバイバルして、そこで身に付けた技で父の遺言と残したメモを頼りに街を脅かす悪を退治するオリバー・クイーン。彼がある意味、ただの自警団から街を守護するダークナイト(この場合はアーチャーですが)への変貌をじっくり描いて見せたのと同じ構造をもっているのです。とは言え個々のディテールは全く違いますが。

とにかく主人公と、周りの人々の描写が深く描きこまれているのと同時に説明過多にならないように気を遣っているのがよく分かります。そして何より驚くべきことは、この「デアデビル」が「アイアンマン」や「エージェント・オブ・シールド」と同じ世界でのお話という事なのです。マーベルシネマティックユニバース(M.C.U)と呼ばれる大きな統一された世界観での出来事なのです。それを示すものは登場人物のセリフやちらりと映るモノが指し示しています。実はそれも大きな驚きで今までのマーベル・シネマティック・ユニバースで描かれた大掛かりな地球の危機を守るアクション映画とは違うダークで重苦しい作風はまさにストリートのクライムサスペンス。でもだからこそ、M.C.Uでこういう事も出来るのか!と作り手の想いと作品世界の強度がまた一つ強化されたなという想いです。

















こっからちょっと【ネタバレ】も含んできますが。
[PR]

by tonbori-dr | 2015-09-10 23:27 | TVdrama