前作が序なら今回は破である。『相棒劇場版Ⅱ』

実は既に観ていたがなかなかアップできずやっとこさ。というかネタバレどうだろうかと思ったが本編ドラマの予告が徐々にネタバレチックになってきたのでそろそろかなと(^^;

で観たのは、正月SPの前には観ておきたかったが結局その後の3日に鑑賞となった。
だが劇場は満員。でご高齢の方が目立つ。多分TVで『相棒』を視聴されている人たちとかぶっているのだと思う。そういう意味では同じような東映(といってもセントラルフィルムだけど)のTVからの劇場作品たる「あぶない刑事」とは違った観客層を形成することに成功しているのではないかな。
但しあの頃の視聴者が年齢を重ね今相棒を観てるんだとも思ったが(笑)あとそれ以外にドラマファンと思しき客層もしっかりその間に入り込んでいたことも(自分を含め)ちょっと文脈からネタバレになるかもなので気になる人はシーズン9最終回後にでも。

ストーリーは警視庁で前代未聞の篭城事件が発生。会議中の警視庁幹部十二名が人質に。犯人は元警察官。というスリリングなOP。そこから警視庁に在庁していた特命係の二人がこの事件に大きくかかわっていくというストーリー。
物語自体はいつもの『相棒』期首及び最終回もしくは元日2時間ラインなのであるけれどこれはこれで見応えがあった。というのもやはり映画は予算が付いているのか(笑)キャストが豪華だ。国村さんとかだけじゃなく警視総監の品川さんとか長官の宇津井さんとか。他にも、いかにもなキャストを用意しているけれど皆さんが、仕事をちゃんとこなされている。

特筆しておきたいのは、ソンこと神戸(ミッチー)ならではの相棒。シリーズ8で相棒として歩むことになったのに実は何故かスタートでの底にある不協和音、これTVシリーズでは良くも悪くもなんだけど、なるほどそういう事かと納得。
薫ちゃんは前に官房長に対して「杉下の正義は暴走するよ」と言われても、「でも俺は、右京さんを信じていますから」と言い切った男。それが薫ちゃんのいいところであり最大の美点なんだけどこの状況下では寺脇さんも上手いからある程度はエクスキューズいれられても、やっぱりそこまでになると思う。それは悪いところではなくむしろいいところであって、亀山という男は右京の正義は正しいし、そこが暴走するとき身を切れる。なのである程度予測がつく。だがソンは亀山と違った意味で正義感があるけれどある意味官房長に近い振る舞いもできるというキャラ。つねに緊張感を持ちたい『相棒』ならではなんだろうね。ただ若干の危うさは感じたけれど、その意味で「新参者」ソンだからこそというところはしっかりと受け取った。

しかし問題点が無いわけではない。いやもっといえば問題点だらけというか。ただネタバレになりそうなんでなーまた相棒9最終回あたりにでも書きます。でもシリーズモノにつき物の部分を挑戦的につかっててこれをすべったととるか、それともそう来たかととるかで分かれそう。もっともそこもふくめての『相棒』らしさなオチだったけれど。

しかしですね、この物語にも採用されているストーリーラインはここ最近よく使われており、そこには何故外交的には最近中国との尖閣、そして拉致問題とともに核まで浮上した北朝鮮を隣国にありながらも日本がこうまで(他には景気の沈降とか社会問題もあるが)平和なのかという部分に上手く説明をつけられないみたいな部分でのいかにも冷戦後にいわゆる仮想敵がいるんだけどどうにも解りにくいという部分を象徴しているかのように感じた。

ともかく相棒ファンやシリーズを視聴している方は必見。それ以外の方は…。んまあ、ねそういうことですよということで(笑)ただ最悪ではないしそこは現在進行中である上の強みを活かしていると思う。そこが一度止まってしまった『踊る大捜査線』とは違うと強く感じた。ちなみに現在本編のラストに劇場版のCMがはいってるがどんどんネタバレに向かっているので多分今後、本編でも語られる日は遠くない。というか最終回が2時間SPになるならば多分そこで後日談めいたものをいれてくるのではないかと予想。まさにフジよりもちゃんとテレビ局制作としての本懐を遂げている。文句のある人もいるだろうけど、これは天晴れということにする(笑)

「相棒-劇場版II-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

エントリタイトルについてと雑談。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-30 22:49 | Movie

アイ・アム・サム雑感。

っていうことでまたまたブログ・DE・ロードショーのお誘いを受けて観ましたよ。
いや普段なら絶対観ないな。いや嫌いじゃないんですよキャスト陣は。
っていうか泣きのドラマが苦手なんです。ええ。特に子どもがでてくるのは。いやホンマに。

「アイ・アム・サム」

主人公サムは障碍者。しかしパートナーの女性が生まれたばかりの赤ん坊ルーシーを残して失踪。
やがてルーシーはすくすくと育っていく。しかしやがて彼女が小学校に入って徐々に環境が変わる。
それまでの開始から開始からあまり悪い人がでてこない。序盤までは周りが善人がひしめいているという感じがちょっとびっくり。
そしてルーシーの方がサムを追い越していく。サムの知能は障碍のため7歳程度しかない。
ルーシーの誕生日サプライズパーティでのちょっとしたトラブルから彼の親権はとりあげられることに。
そこで弁護士リタ登場。彼女の力を借りてサムは親権を取り戻そうとするのだけれどというお話

まあテーマは
いい親になるにはどうすればいいかと
「その答えは不変であること。
それから…忍耐強いこと、話をよく聞く事
たとえ内容が分からなくても、
聞いてる振りをすること、それから愛することだ。」

これは映画の台詞。『クレイマー・クレイマー』の台詞をつかっているらしいが(覚えてないf^^;)
けっきょくそういうことに尽きるかなーって。しかもそれを上手く使っているのがしゃくだ。
何故って?裁判では誰もサムの事をちゃんと聴かないから。さらにいえばルーシーは最初から無視されている。
だけど児童福祉局の人もいわゆる意地の悪い人として描写されていない。まあそういうもんだ。ターナー検事だって紋きりの悪党として描写されてもいいけれどそれをしないのは、ようするに人は皆同じだよっていうことを言いたいのだと思う。

やたら画面が中盤から青いのは意図的にだろう。そうやって序盤のサムの置かれているところとラストでのサムの立ち位置を明確にするための画面のフィルター効果を使ったんだろうな。ちょっとあざとかったけど。
というか映画的に綺麗なオチにしようとしているので少々時間が長い。100分くらいでまとめていただければ個人的にも佳作認定しても良かったんだけど長いので若干途中から引いて観てしまった。でも悪くないと思います。ええ。
まあ子・ど・もを使うのはは・ん・そ・くですよねーってことで。しかも達者すぎる(笑)
そんなダコタちゃんは今ではこんな感じです。
a0029748_2331045.jpg


オマケに
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-24 23:03 | スルー映画祭り

お、うまいじゃん(笑)『南極料理人』

スルー映画祭りとして正月に観たのは「ワルキューレ」とコレ。
どちらも男だらけな話なんでござるが、ある意味『対極』。なんせ「ワルキューレ」は監督のこだわりで現地ロケはマストだゼ!なのに『南極料理人』はドームふじ基地のロケセットはあ・ば・し・り・番外地(爆笑)でも周りが氷雪にかこまれている場所で変化がないのであれば(遠景はCGで消すとして)これで十分。それにこの物語、その性格上基地の描写が大半を占めるのでそういう意味でも越冬隊員たちのキャラクターを楽しむ分支障が無い(笑)

物語は実話をベースにしたもので海上保安庁から炊事担当として越冬隊に参加し男ばかり7人の所帯の調理全般を担う主人公と隊員たちの日常のお話。

だけどこういう隔離(隔絶)されたところでは人間関係が次第に濃密になっていっていくので、いろいろと起こるわけでそれをユーモアとちょっとブラックな部分をまぶしてペーソスを交えて描いた佳作って感じでした。いやほんと結構笑ったし。正月に見るには丁度いい按配。そして猛烈に腹が減るしファストフードだって、ガツガツ食べるんじゃなくて皆でゆっくりと食べれば美味しいもんだよというそういう話でもありました。

でもね、人間、1食や2食は抜けても食べないと死んでしまう。この飽食の時代に何言うてんねやと言われるかもしれないが、実は最近でも孤独死のご老人の死因が餓死だったように食べること、すなわち生きること。となると非常にプリミティブな欲求があらわになってくる。その上狭いところに男七人顔をつき合わせているといろいろとストレスも。そういうところでの人の行動は結構赤裸々なものになってくるわけでそれをペーソスを交えて上手く描いていると思う。いわく「僕の身体はラーメンでできているんだよ」とか「エ・ビ・フ・ラ・イ!」「もう頭の中エビフライだからw」とか。

それとサイドに主に主人公の調理担当の海上保安官西村の家族との話が底流にあって、そこがラストに綺麗につながるさまはまたオチとしても小気味いい。

決して上段にかまえた映画じゃないけれどなんか正月に観てほっとできる小品、佳作なオモシロ映画でした。

キャストは基本男子7名なんだけど(堺雅人、きたろう、生瀬勝久、高良健吾、豊原功補、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛)、堺雅人演じる西村の奥さんに西田尚美と娘役の小野花梨がいい味をだしていた。それと古舘さんが関西弁の神経質な雪上車担当技官なんだけども自動車会社のエンジニアで左遷されたとノイローゼ気味な役を好演。あーこういう人いるなーって(笑)そのほかの面子も総じていい味をだしてた。

でもね、ちょっと厳しいことをいっておくと、実話ベースっていうこともあるんが、こういう限定設定では日本そこそこ面白いものがつくれるんだけど、そこから大きい拡がり(世界)を描くものは苦手なんだなというのとちょっと役者に頼ってるなっていうのがね、あった。自分はよく『香川照之、大杉漣、橋爪功、岸部一徳という役者さんたちを安易に使うの禁止な!』っていうフレーズをよくツイッターなんかでツイートするんだけどそれはそういう事です。このキャストだと生瀬さんとかきたろうさんとかね。もっともこれはキャストの力量にある意味かかってるドラマなんでね、しょうがないけど(笑)この系統だと「約三十の嘘」もこの系統だな←これは原作が戯曲。つまり限定空間での舞台系なら役者も粒がそろっているけれど本当の意味での映画俳優とか映画の監督、脚本家っていうのが実はあまりそだってないのかなー?っていうのも少し感じた。まあそのあたりはまた別に語ってみたいネタであります。

「南極料理人」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-16 13:49 | スルー映画祭り

警官の拳銃にひびがはいったそうで。

asahi.com(朝日新聞社):警官に配備の拳銃200丁に亀裂 警察庁が回収進める - 社会
先日のニュースなんだけども米国製っていうので、「あれ?日本の警察官の拳銃ってニューナンブじゃないの?それともSIGP220かな?(SIGはスイス・ドイツのメーカーだったけどいろいろあってスイスアームスになったりとか米国法人があるので)とか思ったけれどどうもチーフススペシャルらしい。
S&W M36 - Wikipedia
ウィキペディアにはサクラなる銃の記述があるがまあウィキペディアなんで何処までホントかわからんけれどタナカというトイガンメーカーがチーフスペシャルベースのM37エアウェイトJポリスモデルっていうのを出していた。
ちなみに本社公式サイトには表示が無いのであるが(^^;
タナカワークス
ぐぐったらあったので大丈夫だと思う(笑)
s&w m37 エアーウェイト - Google 検索
この拳銃はリボルバーだがアルミを多用しているとはいえ銃身部はスチールなのでちょっとやそっとではそうならんと思うんだけど(ウィキペディアにはなんか欠陥あるがの如くな書き方だが)もしかするとアルミの精錬とかスチールの材自体がごにょごにょなんでは?みたいな気も。
しかし知らない間に拳銃も海外調達にしていたとは。まあ民主の前からっぽいけれど、こういうのって工業製品の極地みたいなものなのに、武器ってことだけでいろいろ国でつくるとなると問題もおおいのかもしれないけれど、技術とかそういう部分で日本で作ったらあかんのかなって気がする。
もちろん製品管理とか国内の方がいろいろ都合いいんじゃないかとかそういう意味でも。はっきりいってボロ買わされるよりそっちのほうがいいと思うし。

そういえばゴンゾウでは殺人事件の凶器が国産拳銃のトライアルにかけた町工場で作られた試作品がっていう話がサイドストーリーであったな。まあ備忘録てきに思ったことを書き留めておく。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-14 02:16 | column

『ワルキューレ』雑感

ということでこの連休、借りてたDVDを観た。スルー映画祭り。連続第一弾。
その1本がトム・クルーズ主演の『ワルキューレ』
物語は第2次世界大戦中のドイツ第3帝国で計画された暗殺とクーデター計画を描く。
といっても結末はある程度わかっているわけだしどういう風に「ユージュアル・サスペクツ」のマーク・シンガーは料理するんだろうなあと楽しみに観ていたんだけれど、残念ながら史実をなぞった作品ですよねみたいな感じしか得られなかった。

アンサンブルキャストの撮り方とか、サスペンスの盛り上げ方は上手いんだけどプラスアルファが無いと言うかここぞという部分で心がちょっと揺さぶられない。やっぱりトム君の演じる主人公、クラウス・フォン・シュタウフェンベルグ大佐がちょっとヒーロー然としている部分が感情移入を邪魔しているのかもしれない。

そのトムくん、アメリカの振興宗教サイエントロジーの信者であることは有名なんだけれど、そのせいでドイツでのロケはいろいろ問題が起こったそうな。ドイツではサイエントロジーはカルトと認定されており、シュタウフェンベルグ大佐はカトリックの敬虔な信者であり現ドイツでは英雄視されているためで、なんかそこでもかーという気がするが結局はロケはできるようになったらしい。
参考ワルキューレ (映画) - Wikipedia

まあそれはおいといても、もちろんこの作戦の要にシュタウフェンベルグがいたことは間違いないのだけれど彼が中心になっている時点で(作戦の指揮官とも見える)やっぱりいつものトムくんかーと思ってしまう。もちろんフィクションの主人公ならそれでOKなんだけどこの話は史実であり数多くの人が関わっているためそういうアンサンブルキャストとしてケネス・ブラナーやテレンス・スタンプがキャスティングされているにも関わらず印象が薄くなってしまっている。
もっとも話の流れはは史実にわりあいと沿っているらしい。だが結果トムくん仕切ってみたいなところがイマイチ乗り切れなかったのかもしれない。Aランクスターが制作しているとたびたびそういう事が起こりうる。

それでも冒頭のトレスコウ少将(ブラナー)が仕掛けた暗殺未遂や作戦実行までのシークエンスやクーデータのシーンはロケのおかげもあいまって迫力のある画の中に緊張感もあったんだけれど…。

うーんこういうのは無名のキャストか有名キャストならもっと俯瞰的に話をつくらないと難しいのかなとちょっと思った1本でした。

ちなみに映画ではヒトラーの本営『狼の巣』ウルフスレアと言われていたけど(英語訳)本来のドイツ語ヴォルフスシャンツェっていうんですねん。ミリオタ系豆知識です(笑)

「ワルキューレ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-11 00:18 | スルー映画祭り

そりゃ皆、大喜びだわ。『キック・アス』

ということで新年一発目は『ヒット・ガール』!じゃなかった『キック・アス』である。
まあどこもかしこも皆、大喜び(当社比100%)でございますが正直、普通の人の感想を聞きたいもんであるな。でもこーいうジャンルの映画が好きな人なら見逃せない1本だと思う。それは間違いない。

お話はさえないギークの少年(あっちのオタク、のようなもの)デイブがアメコミのコスチュームヒーローたちにあこがれコスプレするうちにそれでは満足できなくなり町をパトロールするが町の悪党をみつけても華麗に退治できるわけも無く返り討ち。その上刺されてふらふらのところを自動車にはねられて複雑骨折。それでもめげない彼はあるとんでもない事件に巻き込まれていくことになる。というあらすじ。

まあかなりざっくりなのであとは劇場で確認していただきたいと思うけれど、今の話にヒットガールがどう絡むんだよと言われると、とりあえずそのとんでもない事件だよと(笑)いわざるを得ない。

だがこのお話、アメコミのみならずヒーロー考察にもなってって、「ウォッチメン」や「バットマン・ダークナイト・リターンズ」などにも通じるものになってる。そもそもデイブが冒頭になげかける疑問「なぜ誰もヒーローにならないのか?」というものは思っても口にしない話。だからこそこのヒーロー譚にひきこまれていく。それは「スパイダーマン」のオマージュであり「バットマン」へのリスペクトであったりするのだがそれ以外にもさえないチェリーボーイの青春物語でもありながら、一方では凄惨なクライムサスペンスでもある。その上にコメディってどんだけよくばりなんだよ!(笑)でもちゃんと成立しているのは作った人たちが(原作者マーク・ミラーに監督のマシュー・ヴォーン)がちゃんとツボを押さえているからだ。だから腑に落ちるし納得する。

いや多分日本でも出来ると思うんだけどなあ。日本にも世界にとどろくウルトラマンや仮面ライダーがいるんだからーって正直嫉妬しちゃったゼw

とまあヒットガールの大活躍とキック・アスの奮闘をすぐさま劇場へ目撃するべし。>その筋の人たち
でも本当に日本でちゃんと公開されて良かった。

「キック・アス」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

おまけ
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-05 21:45 | Movie

A HAPPY NEW YEAR !!

a0029748_0211615.gif

本年もなにとぞよろしくお引き立てのほどを。
[PR]

by tonbori-dr | 2011-01-01 00:21 | 独り言