闇の奥へ

警察庁長官銃撃事件が時効 オウム犯行説、最後まで (共同通信) | エキサイトニュース
なんともベタなタイトルをつけたけど、威信をかけて捜査しただろうし、総力戦だったろうけど結果がこれなワケで。
でメディアの検証ではオウム犯行と乏しい物証とか。
保守系の産経あたりでは捜査一課の見立てと公安の見立ての相違とか。
【あれから15年…警察庁長官銃撃事件】(上)「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
【あれから15年 警察庁長官銃撃事件】(中)元巡査長の供述に翻弄…「100%あてにならない」 (2/2ページ) - MSN産経ニュース
【あれから15年…警察庁長官銃撃】(下)浮上したもう1人の男 テロとの戦い「現行法では限界…」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
落としどころが微妙に外事警察あたりにだぶってるのは外事警察の原案が麻生幾さんだから。

まあこの一件で冤罪とかでっちあげがでなかっただけでも良かったというべきなのか(ゴールデン・スランバー?)それとも警察力の低下をなげくべきなのかは難しい話だ。

でも少人数で指揮系統につながる線が細く、決死隊が組織されれば案外テロは実行しやすいんじゃないかという誤ったシグナルは発したかもしれない。

まあこの後、大事になっていないのはソトゴトが上手くいってるからかもともいえるけど、こういう事案は失敗例しか表に出ないのでそこが難しいところ。
何にしても、脆く、不安定なのは何も紛争地域だけじゃないということは肝に銘じたほうがいいかもしれない。

追記:
<警察庁長官狙撃>「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長:毎日jp:エキサイトニュース
ラジオで聞いたので急ぎ書き足し。
予想のナナメ上の展開だけれど、あの当時ならともかく、今こういう事を、しかも公安部長がこういう事を発表することに驚く。
批判も多いと覚悟の上ともとれるがいくらなんでも不味い話。
相克の深さをあらためて垣間見た。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-30 02:03 | NEWS

アンジェリーナの日WEST

a0029748_21513432.jpg

元春30周年記念前夜祭ライブギグ。
堪能しました。

感想などでも
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-24 21:51 | Photo

相棒シーズン8が終わって。

いちおうドラマのまとめを別館に書く前に。

2クールという試みはいい感じで定着してきたかなとは思うけど、先シーズンに亀山薫卒業というイベントがあり、そしてシーズン7最終回に神戸尊こと及川光博が参入。どうなることかとは思ったが、色々ありつつもなんとかカタチになったかなという印象。

脚本は正直、どうなの?っていう回もあった。特に正月の元日SPは今更、歴史陰謀ネタかよ!というツッコミもさることながらオチとかもオヨヨだった(笑)それでもトリオ・ザ・捜一メンバーやあいかわらずの右京さんのおかげでなんとか(笑)

今回のシーズン8の中で好きなエピソードは「さよなら、バードランド」「ミス・グリーンの秘密」「「狙われた刑事」、「マジック」。「怪しい隣人」と「右京風邪をひく」も面白かった。そう考えると7話。1クールならほぼ合格なんだけど2クールなんで評価的にはまあ勝率5割かなと。でも他のエピソードもダメじゃなかったし、一番、ひっかかったのは正月SPかな(笑)
個人的には正月SPはもっとがんばってほしいもんですけどねー、まあしゃーないかも。ちなみにウチの実家では高評価でした。多分50代以上の評価は良いのかもしれんねと言って見るテスト(笑)
とはいえ最高視聴率は最終回だったとか。

そう「神の憂鬱」なんだけれど2chでも話あがってた監視システム。この辺りの切り口は相棒らしさで良かったし、「踊る大捜査線」の CARASシステムとは違う「現実」に沿った感じでのFRS運用とかは扱い方が違ったし、まあいささか陰謀論的ではあるけれど、相棒らしさがあった。
そう考えるとOD2の拙さがよく分かるんだけど、それは別の話だし、まあ両者ともにコアなファンがいてかすまびしいもんだったけれど、相棒は踊るの影響を受けていのは間違いない。それは組織の部分とか、上層部のもろもろとか。でも影響を受けるのは、当たり前だし、「太陽にほえろ」の後にはたくさんのフォロワーが出来たのとおんなじ。もっとも源流をさぐれば映画に行き当たるけれど。ちなみに組織と個人を描いている刑事モノを考えるとアメリカの「刑事マディガン」が思い出される。これは後に設定だけを借りて作られたドラマも在る。それだけで、ドラマとしては踊るはコメディ、相棒は刑事ドラマフォーマット。基本サスペンス主体(コメディ回もあるが)であり出発点が違う。まあ面白いものをつくりましょうというところは同じだとしても、両者の共通点は意外と少ないし、相棒は踊るの影響を受けつつも野良犬などのこの国で作られてきた刑事ドラマ、ひいては世界で沢山つくられて今もつくられているバディモノのドラマだと思う。

そしてコンビの卒業、新相棒という長く続けているドラマの山もなんとか越えたシーズン8、続くだろうとは思うけれどこの国でドラマをそだてていくということは最近難しくなっているので、コレからも上手くいってほしいなと切に願う。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-22 20:19 | TVdrama

ブラッディマンディの最終回が近いので

というか無策すぐるサードアイを見てイライラしならが吉瀬美智子目当てで見ているおさーんどもを薙ぎ払うとはTBS、さすが「明日にときめけ 夢にきらめけ」だよ(笑)もうメケメケだよほんとうに。でなんだか盛り上がってるのかどうだかわかんないまま、今週末最終回。

いやまあ確かに、いや非常に残念な事なんだけど物語の骨格がしっかりしていたら、別に折原マヤというキャラクターがストーリーの進行上亡くなったとしても別にかまわない…そうしっかりとしていたら(笑)
なんというか主人公が浪人生フリーターの特技はコンピューターのハッキングだけの少年なもんで、もうね、いらいらしますよこういうのは。

こういう若手俳優、若いというか少年、20歳前後の連中にいちばんそぐわないのはこういう話なのも露呈した。
巻き込まれタイプなら特殊技能なくともなんとかなるもんだけど(「ゴールデンスランバー」のように)ライダーに変身するとか、子どもの頃から格闘技に通じているとか、親父が特殊工作員で仕込まれていたとか(そりゃARMSか)でないとなあ。
なんか都合が良すぎる部分が出てきてほえーってなる。

でテロに対するチームがしょぼい、しょぼすぎる!いちおうマッチゲさんこと松重豊さん演じる加納さんがいなけりゃあの組織ガタガタだよ。高嶋アニの演じる荻原は典型的な権威主義者で彼もそれにそってノリノリで演じているけど、あの手の組織ではそういうトップはフラギングされるような造型がマストだとしても、田中の哲っちゃんが演じた藤丸パパがあこがれというツンデレ属性があったとしても、諜報機関のボスとしてはアレは無い(笑)

そう思えば外事警察はよく出来ていたな。現場は小さな班単位で動き、情報の漏洩を防ぐ上ではなく現場指揮官の指揮の元、作戦を実行する。CIAでもデスクワークのケースオフィサー(ハンドラーとも言う)そして現場のオペレーター(工作員)、もちろんアナリスト(分析官)は別にそういう部署でまとめられている。

攻殻機動隊の公安9課やCI5のように組織が非常に優秀でも、偶然や、他の組織の縦割りの弊害でテロを追いきれないっていう方が、リアリティがあるっていうのにアホな指揮官と裏切り者だけでっていうのはなあ。(縦割りあるじゃんという人もいるかもしれんけど、現状ではサードアイだけだもの組織としてまともに描写されているのは)

といつもの苦言ではあるんだが、実はこの手の内容っていうのはダイヤの原石みたいなもので確かに「24」の模倣かもしれないけれど、面白くなる要素は秘めているんだよね、だから勢い採点も辛口になるし、もっと細部を詰めろとかって思う。特に去年は「外事警察」という作品があったので余計にそう感じてしまう。

もうちょとブラマン的にアクションにふっても全然成立させられる内容を作れるはずなのになんだかなあ。まあシーズン1の脚本の蒔田さんが今回関わっていないというのも大きいのかな。

まあ吉瀬のみっちゃん演じるマヤ亡き後、なんか惰性で最終回直前まで来ちゃったけど、ヤギくんはなんだったんだ?ということはおいといて、エリーAKA満島ひかりの正体がラムネ AKA敷村教授の娘だとマジ萎えるな。そんでそこらへんを最終回でドタバタ解決もキツイ。
自分が24を観なくなったのも3か4でもうメタメタにひっぱっといて最後にムリクリ、ケリをつけるパターンにつかれたから。
なんだかもうテロ成功の超どんでん返しで無いと思うけどシーズン3は北斗の拳の世界から始まっても別におどろかない(苦笑)


ちなみに「外事警察」は3/24に総集編放送決定!未だ観てない不届き者はとっとと見てください(笑)
外事警察 | NHK 土曜ドラマ
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-18 22:42 | TVdrama

コミックヒーローなホームズ「シャーロック・ホームズ」

観てきましたよ、「シャーロック・ホームズ」
ガイ・リッチーの映画はこの前のとその前のは観てないからDVDで鑑賞した、「スナッチ」以来かな。
結構「ロック・ストック・トゥースモーキングバレルズ」は面白かったけど、「スナッチ」はネタが同じでうーんとなった記憶があるのだけれど、今回の「シャーロック・ホームズ」は楽しめた。

意外な事にノリは実は「リーグ・オブ・レジェンド」と同じ。ちなみに私、あの作品嫌いじゃない。色々失速している部分とか荒っぽいところはあるにしてもあのようなクロスオーバーは大好物です、ハイ(笑)

でこのホームズも超人同盟に参加出来るかも?みたいな感じでいい具合にはじけている。
というかもう既にエキブロお友だちのkiyotayokiさんが感想書いてらっしゃることに同意なので感想はそちらで(笑)
映画の心理プロファイル : 『シャーロック・ホームズ』(2009 米)
とするとあとが続かないのでいちおう書いておくと「ルパン三世」なんですよ。
で、どっちかというと背広が緑の頃の黄色ネクタイのルパン。次元と2人で行動して、で不二子が絡んでというあの頃のルパンなわけで。
というかアイリーン・アドラーなんか小説版読んでいる人にはどう写ったのかな?とか、まあそれはともかく、こういう翻案はもう大好物なのですごく楽しめたし、銃を2人でかまえて、「無駄撃ちするな」と言いつつ壁を蜂の巣にするホームズとか、ピッキングするそばから蹴破るワトスンとか、1stルパンの名作「魔術師と呼ばれた男」を彷佛させる。
不思議な魔術を駆使する敵のブラックウッド卿はパイカルとくらべるとちょっとまあアレだけど(笑)そう考えるとルパン三世ファーストシリーズはやっぱり傑作だわとこれは余談。

バディモノのアクションとして、そうだなあノリとしては爆発が少ない「バッド・ボーイズ」みたいな感じもするけれど、おおむね、出番の無いまま退却するカリ城よりは初期のルパンのノリである(笑)もっともこのダウニーホームズはシメの部分では名探偵コナンチックでもあるけどね(爆)


そのホームズにダウニーをもってきたのビックリだけど、さらに相棒ワトスンにジュード・ロウっていうのもビックリ。これは皆さんご存知のイギリス、グラナダTV制作のジェレミー・ブレッド版シャーロック・ホームズをご存知の人には、ええ?っていう感じのキャスティング。でもこのワトスンが、こういうバディ風味なストーリーにはまたいい具合なんだよな、アフガン戦争で負傷したという設定なのでちょっと足をひきずっているのだけれど軍医あがりなために伝法で腕っ節も覚えあり、しかもステッキは仕込みっていうのは、それどこのラノベ?みたいなwww
そこにダウニーのホームズが絡むと本当に観るグラフィック(ライト)ノベルの一丁上がり。

ただ難点をあげると、モリアーティ教授の使い方かな。作家の深町秋夫さんはワースト映画として糾弾してらっしゃる。確かにあの使い方はもう続編つくるぜーみたいな気が見え見えでそこは確かに糾弾されても仕方が無いかなと(^^;
個人的××映画「シャーロック・ホームズ」 - 深町秋生のベテラン日記

まあ私は御気楽なトンチンカンなんで、もうかっこよさだけで OK、バディでOK、でネーチャンピンチにヒーロー推参、でちょっとかっこ悪いとこも見せるぜでOK。

割とルパンが好きな人なら受け入れ易いというkiyotayokiさんの意見にはまったくもって同意であるので見て損はなしだと思う。

「シャーロック・ホームズ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

追記:
ルパン三世の件をちょっと増やしてます。(斜線部)
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-18 00:38 | Movie

クらりと来る麻薬。「ハート・ロッカー」

ややネタバレなのでよしなに。


アカデミー六冠の金星を上げたというこの映画。
ちょうど、アカデミー授賞式が決まる前日に鑑賞。大きなシネコンではないけれど席はそこそこ埋まってた。
翌日にオスカー決まったから公開館がちっとは拡大しているかもしれないけれど、さっそく混みあってたとか。

もっともこの映画、何かを達成するとか、そういうのではなく、今も政情不安定なイラクで戦場で仕掛けられているブービートラップを処理していく爆弾処理班に密着という内容である。

だがコレが来る。というか個人的にはすごくツボなんだけど、例えばえげつないシーンは苦手だという人、そしてなんらかの明確な分かり易いストーリーを好む人には厳しいかもしれない。

これはある意味、体験する映画でもある。イラクでのギリギリの状況。敵はその裏の路地にいるかもしれないし、ビルの屋上から覗き込んでいるかもしれない。周りには言葉の通じない人たち。うだるような暑さ、そして渇き。ホコリっぽい街の中で原始的だが爆発すればあっというまに周りを巻き込む剣呑な爆弾。中には自分たちが持ち込んだ砲弾がその爆薬につかわれている。

作品がドキュメンタリー的なのは脚本のマーク・ボールがノンフィクションライターでもあることに由来しているのだろう。
ちなみにその取材対象だった人が訴えを起こしたというゴシップも最近流れた。
アカデミー賞直前『ハート・ロッカー』は僕がモデル!と陸軍曹長が訴訟 - シネマトゥデイ

でもその御本人が、あんたはエンドルフィンの出るストレスフルな職場にガッツリなジャンキーだといわれているという話にもなりかねないのにそれはいいのか?とか思う。

実は主人公のジェームズ2等軍曹(ジェレミー・レナー)は軍人としては900個に迫る爆弾を解体している実績を持つが、その一方、普通はリモコンで処理をするようなイージーケースでも防護服に身を包み自ら現場に向かい、さらには死ぬ時はさっと死にたいといって暑苦しく、動きづらい防護服を脱いでしまうような人物。

前任者のトンプソン(ガイ・ピアース)が爆弾処理中に爆風に吹き飛ばされ死亡し、新任班長としてやってきたジェームズはその恐れを知らない行動に不信と不安を募らせるサブリーダーのサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とエルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラティ)。そんなブラヴォー中隊の任務があけるまでの三人を追うだけなんだけれど、いくら淡々と追いかけてもどこかしら不安が付きまとう、敵地での爆弾処理。その緊張感をいやというほど味わうことになる。

一番最初にガイ・ピアースという名前の知れている俳優がさっそうと頼れる、いわゆる善玉で、登場するがあっという間に退場。ここからどういう風に話が転がっていくのか?まったく予想も出来ず、不穏な空気につつまれる。

そういうリアルな空気を醸しだす為に、ロケはヨルダンで行われたそうだ。そしてそれは成功していると言っていいだろう。そしてハヤリとは言えこれが据え置きカメラではやはり感じは出ないだろう。そうハンドヘルトのカメラでおっかけられているのでグラグラと揺れる。この辺りも好き嫌い別れるところだろうけど、正直、そうでない感じではこの空気は出せないだろう。そういう意味ではこのカメラワークで正解。

戦争映画として、爆弾モノ映画として、かなりヤばい、キている映画。こういう、しかもビッグバジェットのブロックバスターでない映画がまさかアカデミーにノミネートされるとは。やはりそれだけイラクの現状というのは感心が高いのかもしれないなと感じる。

毎度おなじみの余談タイム。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-12 22:27 | Movie

オスカーはハンサムウーマンの手の元に

【アカデミー賞】作品賞&女性初監督賞『ハート・ロッカー』 妻6 冠、夫3冠で決着 (シネマカフェ) | エキサイトニュース
いやマジでハンサムウーマンってこのビグローの事だろうなと。
ブルースチールの頃と確かに年齢は多少重ねたなと思うけれど、そんなに印象替わっていない。
相変わらずの女丈夫ぶりに、ああこういう人の事をハンサムウーマンというのだなと。

まああまみんこと天海祐希もその部類にはいってくるけど、ようするにさばさばしてる、でオトコマエ。
でもちゃんと女。みたいな。

で受賞作「ハート・ロッカー」もそんな彼女の撮った作品であるなと、強烈に感じる。

そういえば踊る3を撮影中の本広監督はトゥイッター(ツイッター)でアバター最高と書いた後で、ハートロッカーが何故あそこまで評価されているのか日本に住んでいる自分には分からないと書いてらっしゃったが、
Twitter / 本広克行: 今日はOD3の事をまったく忘れて【アバター】(3D  ...
Twitter / 本広克行: 観る事が出来た【ハート・ロッカー】が何故そこまで賞を ...
Twitter / 本広克行: つぶやく事がないので映画の感想をちょこっと感じた事を ...
いちおう日本で一番実写で稼いだ映画を撮った監督なんで、たしかに思ったことをちょこっとつぶやくのはOKなんだけどその反響の大きさも少し自覚してほしいなと思うところ。確かに思ったことを書くのは全然悪くないし、自分はあの映画よく分からないというのも実はダメじゃないけども、批判めいた返信が来たからといってぼやくのは少し残念。ちゃんと監督をフォロワーが文字通りフォローするツイートもあったし。

個人的には細かいディティールに凝る部分はビグローも本広さんも共通しているけどビグローはフェティッシュに、本広さんはアニメチックにと映し方が違うけど。
もっとも趣向というか好みが違うので日本云々ではなくそっちが大きいような気がする。

でもキャメロン。コダックシアターではビグローの後ろの席にいたりして、結構我が事のように喜んだり、離婚したけど彼女の支援はしたいねとか、まあね、なんというかほんまに「強い女」が好きだなって感じでまあ微笑ましかったですわ。

ということで感想はもうちょっとお待ちを。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-09 01:08 | column@Movie

今日観たもの。

えーっと長くなると明日に差し支えるので(今2時です)
さらっと今日観た「ザ・シューター・極大射程」について。

極大射程は結局最後まで観れなかったんだけど(用事で1時間ほど外出)思いついたことを、
ちなみに今日、「ハート・ロッカー」観てきて、これは凄かった、いろいろ思うところがあって「ジャーヘッド」がマトモなら「ハート・ロッカー」はイかれているという表現がピッタリだなと思った。
感想は後日まとめて書くけど、今日のアカデミー、もし「アバター」なら逃げたなと思う(色々な意味で)というかアバターでは太刀打ちできないって思ったがゴールデングローブのこともあるしプロデューサーの事もあるのでまだ分からない。

で、ザ・シューター、冒頭、敵に発見された時にアンチマテリアルライフルで応戦する一幕があったけれど、ハート・ロッカーでもPMCのメンバーがアンチマテリアルライフルを対人用として使っていた。なんかの本かその手の雑誌、といっても「COMBAT」とか「Gun」とか「ARMS」くらいしかないが(あと1誌か2誌?)、対人用に使ってはいけないという話を読んだ記憶がある。しかし、これはもしかして明文化されたものではなく(例えばジュネーブ条約みたいに)撃たないとは決まってないのかなと思った。
ボブがジョンソン大佐(原作ではシュレック)の要請を受けテストするときに使ったチェイタックスナイパーライフルもアンチマテリアルライフルだし、元々防弾ガラスや軽軍用車輌(ジープとか今ならハンヴィー)の鋼板を打ち抜いて中の人員を狙撃するものだ。

あとリモートの狙撃システムは「ジャッカル」だよなあって(ブルース・ウィリス版)思ったけれどこれからの狙撃は、風、温度、湿度などのデータを入れれば自律で狙撃するシステムが出来そうだなと思ったがそれはまた別の話になりそうなので別館にでも書く。

で「ドゥームズ・デイ」のシンクレア少佐ことローナ・ミトラ、何処にでているかを確認。マイケル・ペーニャ演じるメンフィスに協力してくれるFBI職員役でした。しかもメンフィスより強そう(笑)

まあそんなとことでとりあえず?「ハート・ロッカー」オススメです(ヲイ)
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-08 02:42 | column@Movie

トーさんの新作とか色々観れるらしい映画祭。

本来ならもっと早くに書くべきだったが結構早くに完売となったため、
今頃にアップ。
もう知ってる人も多いだろうしブログ友だちのmicchiiさんや、エキブロ友だちのGun0826さんも既に言及済みなのだが、
実はトーさんの「復仇」日本公開決定です。
日本題名はちょっと長いけど『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
Gun0826さんも言ってたけど最近の本家フレンチのノワール映画に多いちょっと長い一文タイトル。
『あるいは裏切りという名の犬』とかみたいな感じで攻めてみましたみたいな。
既に香港DVDで鑑賞済みの方もいらっしゃるだろうけど、ロードショー公開の前に大阪では一足先に観れるというので前売りゲトした。
大阪アジアン映画祭2010|トップページ
韓流をはじめとしていろんなアジア各国の映画がかかるそうで、
実は「チョコレートファイター」のジージャー新作もかかったりする。
トーさんのは完売御礼らしいけどジージャーの方はまだチケット買えそうなんで興味のある方は急げ!
[PR]

by tonbori-dr | 2010-03-03 22:41 | column@Movie