泥棒映画なのか空想冒険映画なのか? K-20感想

ひさしぶりのスルー映画祭り。
「K-20 怪人二十面相・伝」
結構評判は良くて私のリアル友人もコレは面白かったよと言っていたのだが、
なるほど画面に関しては日本映画ながら力入った映画になっていた。
レトロフーチャーっていうのか?
昔の空想冒険活劇風味に怪盗が跋扈するなんてまさに少年探偵団のネタだ。
(ちなみに実際にBDこと少年探偵団も出てくる)

だけど映画館で観ても確かに怒り出さないレベルだがテンポの悪さがなあ、
あれテンポがよければツッコミどころがあっても
こーゆう映画でつっこむ人たちでも、許してくれるのにと思っちゃったなあ、
なんかこう色々間延びしているというか。


基本的に主人公の行動原理があっちこっちに複雑に取り込まれるのでコレは脚本が書いてるときには、「おおこれでOK!」ってなってるんだけど通してみると「あれ?こいつおかしくね?」みたいな感じになってるんだよね。

けどそこは話をガスガス切り詰めれば案外分からんもんだよと言ってみるテスト(笑)無駄に主人公が考えたりするのにアレ?考えたのにそうなのとなっちゃうからおかしい事になる。トリ頭なみに3秒だけですませばこの映画口うるさい方々にも大好評だったと思います。

というか結構キャストでネタバレしまくってるんだよね、一応の謎掛け映画なのでナンだけど。もうそれしか無いだろうって。その上色々ネタをふってるのに放置なんだもの、ならばそういう理屈はいらねえ、バルクールとワイヤーで勝負する泥棒アクションでいいやんと。で国家権力は敵でもういいよ(笑)でもそうにはなんないし。

ちょっと精度上げて細部を詰めるか、いっそのこと話をどっかに集中してくれたら、絶賛できるのになと残念。

なんというか「リターナー」に感じた甘さとか、ダメっぽさ(ツメとか脚本とか)を感じた。
それは主人公が金城武だから?いやいやエンドロールまで見てやっとこさ解決した。
「三丁目」のあの人が噛んでいるからダッ!(笑)なのでこの感じも止むを得ずなのかも。

ラストに洋楽は恥ずかしいなあと思ったらライムスター宇多丸氏も同じ事をいってた。
というよりおいらより辛口だよ、聞いててソコまでいわんでもと思っちゃったよ(^^;
シネマハスラー:K-20 怪人二十面相・伝 注意:リンク先はポッドキャストです。音が出ます。

アクションは横山誠が噛んでいるので結構見せる。まあでもアクション満載っていうわけでもないんだよなあ。
ともかくツメが甘いのが気になった映画でした。

「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

追記:斜体部、文章訂正しております。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-29 21:42 | スルー映画祭り

マクロスF 虚空歌姫 イツワリノウタヒメ雑感

ともかく公開されたのでいそいそと観て来た。

で感想は、
「愛・おぼえていますか」の衝撃はなかったなあということ。

これはおやじの戯言なんでまあ聞き流してもらえれば(笑)

あと若干内容にもかかわるかもしれないので、ネタバレを気にする人はこのくらいで。
でもマクロスFを観ていた人は多分楽しめるんじゃないかな?と思うし、
人によっては高評価かもしれない。
歌も「普段より多く歌っております」だし(笑)
メカも「普段より多く回っております」だし(爆)











「劇場版マクロスF(フロンティア)~イツワリノウタヒメ~」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ネタバレしてるので気をつけて。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-27 00:00 | Movie

「白洲次郎」をやっと観た

録画したまま放置プレイの「白洲次郎」をやっと見た。

まあなんというか知性と品格を兼ね備え、時には泥をかぶることもいとわないノブレス・オブリッジ、プリンシバルに生きる男っていうの?みたいな。

そういえばもうすぐ公開される「東のエデン」もTVでノブレス・オブリージュ(オブリッジ)と責任の部分にスポットがあてられていたなと思い出す。

そういう時代の気分みたいなものが浮き彫りに出てきたファンタジーだなという印象。
実際の白洲氏についてはよく分からんし、それこそドラマの台詞を借りるならば、
そんな書いた(観た)ものだけで、語られることに意味などあるのだろうか?
という話。(実際にはちょっと違う台詞だけど。
なんというかざっと言えばこれは山崎豊子さんの原作「不毛地帯」「沈まぬ太陽」、TBSの「官僚の夏」(城山三郎著)にも言える話なんだけど、実際の事実に則したフィクションを観た人が信じちゃったりそのままアウトプットしたり、モノを考える人でも、背後の事実を斟酌しテーマを切って捨てたりとなんだか色々ごちゃごちゃしちゃうんだなあと。特に大事なのはこれらの作品群は多かれ少なかれ体制に拠っているので特にね。

まあそれでも伊勢谷友介はよく頑張っていたし、ドラマだと映画のようにボロが出にくいのかという話もあるがようやった。但し話が話しなので映画筋では全く評価されないかなと。

白洲正子役中谷美紀は、相変わらずというか最晩年までを演じきるあたりこだわりの人だなあという、あいかわらずさでこれからも彼女の動向はチェックしておきたい。だからといって「ゼロの焦点」を観に行くとは限らんが。それでも日本を代表する女優になってきたというか、一昔前には日石のCMでモップ持って踊ってたとは思えない。いや今でもそういうオファーに意味が見出せればやっちゃうと思うけど。

そんなこんなで最後に一つ。
最終回「ラスプーチンの涙」で次郎が国会の委員会に参考人招致(証人喚問?)されるシーンでは委員長を黒部進さん、質問する議員を森次晃嗣さん、団時朗さんというウルトラ3兄弟揃い踏みに、NHKはまだウルトラをやる夢すててねえなと思ってしまった。(生物彗星Wooが新ウルトラとして企画されていたのだろうと思うと)
この辺りは今後新体制円谷次第ですが。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-22 15:15 | TVdrama

「外事警察」が面白い

脚本は「ゴンゾウ」の古沢良太。
「キサラギ」は評価真っ二つらしいけどドラマの「ゴンゾウ」は連続サスペンスドラマとして面白かったし、
渡部篤郎がケイゾクの真山を彷彿とさせる、いやあれより真っ黒な公安警察官を演じているのも〇。
しかし同じ公安警察刑事役の北見敏之さんって渡部篤郎と共演回数多くないか?と言ってみる(笑)

で、ソトゴトっていうのは初めて聞く隠語(業界用語みたいなもの)だけど、視察、尾行、作業(オペレーション)は防諜、スパイサスペンス、ポリティカルフィクション好きなら馴染みの深い言葉。

今、関西の深夜にやってる海外ドラマのミニシリーズ「ザ・グリッド」もNSC、CIA、FBI、にイギリスのMI6、MI5が絡んでくるポリティカルフィクションで捜査する側とテロ側のリクルートが描かれておりこういうのに興味のある方は見てもよいかと。以前WOWOWで放送されたらしい。そういえば「外事警察」も6話で「ザ・グリッド」も6話。見比べるのも面白いかも。

篤郎の台詞回しがボソボソなのが難点だが、実は出ている人みんな小声で喋っている印象。
エンケンさんでさえ小声っぽく感じる(笑)

今のところ派手なシーンは無いけれど、緊張感のある場面がつづいているので今後も期待したい。


外事警察 - Wikipedia
ザ・グリッド - Wikipedia
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-21 22:13 | TVdrama

「不毛地帯」と「ブラタモリ」で考える「あとで」

ドラマではなく独り言カテゴリにしたのは、
そのドラマについて云々ではなくこの両者の放送時間に関して。
とはいえ全然触れないってわけにはいかないので、ちょっとだけ「不毛地帯」について書いてみると、視聴率は苦戦しているようだ。けど結局、ある意味実録モノ的な側面が受けないのかもなと。それはTBSの先のクールであった「官僚の夏」がそうだったように、こういう不撓不屈なものって2時間くらいにコンパクトに収めないと食い付きが悪いのかもしれない。必要以上に色恋をいれると文句をいう人も多いけれど、ほんと匙加減難しい。
で、いっぽうのブラタモリは一部の人たちのあいだで、静かなブームというかそれも死語だけど妙なオモシロさでコレも今じゃあんまり言われない高感度人間の間でキてるねと囁かれているっぽい、ようしらんけど(笑)
でさてどうしようかと。

そのなんというか、ならどっちか録画して観とけって話なんだけど、
多分録画した方はなかなか見ない(爆)、というか今でもなるべくリアルタイム視聴できるのはそのまましている。

ちなみに録画しているまま放置していた「生物彗星Woo」は初回と最終回だけ(!)を観て消した。
おかげで面白みを感じることが出来なかったが、
「後で観る」っていうのは多分よっぽどのことが無ければ観ないし、
「あとでよむ」なんてブックマークのタグをつけたものを読むような事は少ない。
んじゃないかなあ?って思った。

そう後でって必要に迫られないと案外しないのでは?と。例えばレンタルビデオは返却があるから見るけど、そうでなければ、借りっぱなしみたいな?いやこれは例えがよくないな、買っても読まないで積読みたいな、そんな感じになるんじゃないかと。
ドラマもバラエティでも映画でもそうなんだけど(映画はとくに初日に観る!という行為)はそれを観ている事を皆と共有するということとか、誰よりも早く観たよというちょっとした優越感とかそういうことをかんじるためなんかじゃないのかなと?
だから今のところは「不毛地帯」面白いし、切るというところまではないのでまあブラタモリは面白いよという噂を聞いて満足することにします(爆)

もうちょっと考えがまとまったら別館に転載加筆するかも?
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-19 23:22 | 独り言

韓国の実弾射撃場の火災事故

<韓国>釜山の射撃場で火災10人死亡 日本人5人犠牲か (毎日新聞社) | エキサイトニュース
土曜日に起こったこの事件。
tonboriさんはガンマニアと言われる人種に分類される人だけど、
最近のそういう海外実弾射撃ツアーには疎くてお隣の韓国でそういうのがあるとは知らなかった。
もっと以前に中国で重機関銃からRPG(個人携帯できるロケットランチャー。紛争地域ではポピュラーな武器)を撃たしてくれるところがあるというのは聞いた事はあったが。

自分個人としてはハワイで実弾射撃をしたことがあるが、この火災のあったような屋内射撃場で確かに窓とかは無かった。正確に言うと射撃ブースは完全に囲まれていたし防音設備になっていた。

作家の大石英司さんはそういう処は危ないとのエントリをあげてらっしゃる。
路地裏雑居ビルという危険信号: 大石英司の代替空港
もっともそれは別の意味的だけど(^^;
しかし基本逃げ場が無いというのは火災とかの時には命取り。
今回の場所も出入り口が一箇所というのは確かに拙かったなと感じる。

原因については粉塵爆発が今日のニュースで原因として浮上している模様。
釜山射撃場火災:日本人死者7人と訂正 韓国警察当局 - 毎日jp(毎日新聞)
ガス爆発?という話も考えられたけど(生存者の証言の待合室での爆発音から)発射残渣のガスにふくまれた燃え残りのカスとか未燃焼のパウダー(火薬)がまっているというのはありえなくない話。屋外ならばそれほど問題にはならないけど屋内だと頻繁に清掃していないと確かに危ない。それに換気なども重要だし(ホコリはどれくらいだったとか?火薬の使用量とか。)その辺りは今後の検証ではっきりするだろう。

でも韓国では銃の規制が緩いとは聞いていなかったが、緩いのではなくそういう射撃場は特別な許可を得てしているとか。銃と弾薬の管理は当局の目が厳しかったようだけど、それ以外は存外甘かったとかという話もでているが実際のところは分からない。もちろん韓国には兵役があるので銃の扱いは日本人より慣れているだろうけど、火薬カスによる粉じんとかまでには気が回らなかったということなんだろうか?今後の続報も気になるニュースだ。

追記:今ニュース見てるけどストーブとかいってるけどそこまで爆発的なストーブってどんなのだろうか?
まあストーブも危ないし爆発するといえば爆発するかもではあるけれど。
あと射撃場の内部を映した映像をもってる人がTVに出てるけどそういうのはOKだったんだ。
少し気になったので。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-16 22:48 | ニュース

ひこーき

a0029748_2313652.jpg

先週末、長野県某所にて。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-15 23:07 | Photo

何かが襲来!っていうのは難しい。

こちらのブログで気になるミニムービーをみつけた。
ZOMBIE手帖ブログ:巨大ロボット襲来!短編映画『Panic Attack!』


で、これを観た時に当然のごとく『クローバーフィールド』と『宇宙戦争』を思い出したわけなんだけれど、観た翌日にコンビニでヤングジャンプを立ち読みしたら漫画「GANTZ」もそーゆう展開になってて噴きました(笑)

で件の漫画「GANTZ」も映画化されるんだけど、まあ映画になるといっても最初は宇宙人のと白兵戦というかこーゆう大規模戦闘じゃないけど、そこから大規模戦にはいってくるまでやるのかなとふと思ったわけで。
けど短い時間なら序盤の対宇宙人戦を描いておいて、ともかく最後に「俺たちの戦いは続く!」みたいなヒキだと皆納得しないだろうなあとも(笑)(そういえば前後編2作とかいってたけど決着というか終りまで描くのかな?)

それでもやはりこういうイメージっていうのは皆同じ事を考えていて、ここまでの流れは出来てもオチとかヒキってやっぱり難しいなというのも凄く思った。
例えばブラックホークダウンのように兵士が銃やランチャーを抱えて走りまくってというのは個人的には好物だけど、お客さんには飽きられるだろうし、適度にドラマをつくりださなくちゃいけないし、やっつけるにしてもそうじゃないにしても納得できるオチとかヒキってほんとうに難しいよなあと痛感する。

追記:文章追加しております。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-13 23:10 | ネタ@映画

只今、

a0029748_16382881.jpg

こんなところに来ております。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-07 16:38 | Photo

そんなこんなでトヨタはF1から去った。

まあこんなニュースが流れて
NIKKEI NET(日経ネット):企業ニュース-/ブリヂストンF1撤退 「速さ」より「環境」、変わる技術競争
次はグッドイヤー?それともピレリ?まさかミシュラン。いやいやダンロップとかまあそんなことを思っていたら、
トヨタ:F1今年限り撤退 日本勢ゼロに - 毎日jp(毎日新聞)
まあそうだろうなあとか言う感じしか思い上がらない。
欧州でクルマ社会に食い込もうとするとWRC。そしてやがてはF1というのは鉄板だった。
だから名実共にガリバーとなったトヨタが参戦するのも自然の流れだと思っていたし、それはそれでええやんって感じだったけど、実は薄々リーマンショックの前からあった流れだけど、時代はエコ!なわけで内燃機関のクルマというのはそこれは旧時代のものでしかない。で新時代に対して抗うか消え去るかを選択させられているというのが現状。(実は消え去る必要は無いんだけれど、ビジネス的にそうしないと何かと困る人たちがいてそうしているっぽく見える)もちろんエコ、エコいってる(している人じゃなくて言ってる人たちね)人たちはもちろんそこにのっかるので、さらにモータースポーツがすごい勢いで陳腐化しているように見える。だけどこれも見えるだけで、実はクルマの競走で人が走るのと大差ない。
ただマシンだなんだかんだを使っているので巨額のマネーが動いて色々まあワケわかんなくなった人たちが大勢いたけど、その人たちはエコマネーにいったとそういうことかなあと思っている。ちなみにコレは自分の雑感でありそれが本当の事なのかどうかは分からんけどなんとなくそう見える。
で、マーケティングなトヨタ的にはメリットねえなという話になったかなと。もちろんトヨタの中にもカーガイ(クルマ好きな人たち)はいただろうけど(山科さんとか若社長とか)お殿様のつるの一声で物事が決まるご時世でもないしまあ当然の結果。

自分は基本F1というのは好きというよりクルマが好きだし競走も好きだしという部分ではまあ残念だけど、肥大化したF1を整理してプリミティブなモータースポーツに戻すチャンスかもしんないなあとか思った。
けど、まあビジネス的にエクレストンがいる限りは無理か。あとオイルダラーが入ってきてワケわかんなくならないようにねーとか思うけど実際もうお金を落としてくれるのは彼らくらいかな、中国もあとそんなに長くは落としてくれ無さそうだし。(それでも十年くらいはという読みもあったけど流れも早いので)まあ暫くはゴタゴタが続くかもしれない。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-05 23:03 | モータースポーツ