*もったいないって…。『真夏のオリオン』

このタイトルの台詞は主人公である伊-55潜水艦艦長倉本が度々口にする台詞である。

基本、こーゆう日本のここ最近の第2次世界大戦モノとしては、既に期待するところはあまりない部分もあるけど、それでもまあとりあえずと思い観てきた。

登場人物の髪型云々についてはもはや言うまい。というかそれほど無理はないし、まあ海軍は長髪OK(うるさくゆえば長すぎだけど)的なところもある。

問題はやはりシナリオと演出。
あらすじはこうだ。現代、あるアメリカ人からの手紙と、それに添えられた1枚の楽譜をもって、祖父が艦長をしていた潜水艦の乗組員に何故楽譜がアメリカに渡ったのか?その謎が語られるところから話は始まる。

潜水艦伊-77潜は倉本艦長に指揮され、日本軍が沖縄へ侵攻する米軍の補給線を断つために防御線の最終ラインを守護していた。
そして鮮やかな指揮で哨戒中の米潜水艦を撃沈する。
その頃、先の守備ラインについていた倉本の同期有沢に指揮された伊-81潜は補給船団を発見するが、同時に敵の駆逐艦に発見される。有沢は先手を打とうとするがことごとく読まれ追い詰められてしまう。
最終ラインで警戒中の倉本は敵補給船を発見、撃沈するが、敵の駆逐艦に発見される。駆逐艦パーシバル艦長スチュワートはベテランのサブマリンキラー。ここに太平洋上で潜水艦vs駆逐艦の死闘が始まった!

なんて書くと、それどこの『眼下の敵』?ってなりそうでしょ。(ちょっとUボート風味の)けど実際はかなりスィートかつユルいんですよ(笑)

それには理由があって度々、陸(おか)のエピソードが挟まるんだけど、それがねー、もうリズム以前に恥ずかしい。まあそれは艦長の人柄と楽譜の伏線のためとは思うんだけど、それならもう少しまとめた方が、いやぶっちゃけ半分くらいにまとめとけよと。それだけでも随分印象違うと思った。

元もとのネタがあるそうだがそれとの違いは今回確認していない。池上司の「雷撃深度一九・五」という作品だそうだけどパンフによるとアイデアと状況だけを貰い、脚色に『亡国のイージス』の福井晴敏を起用した。なるほど楽譜とかそーゆうのは福井巨匠のアイデアかと思ったが物語のマクガフィンとなるには少し中途半端な印象を受ける。(その福井監修によるノベライズは別に出ている)

もちろん楽譜は悪くないとは思うし、仮にコレが小説ならハア、そういうのもあるかもねとは思うけど、実際には回天乗組員とか敵の艦長の描写とかが凄くおなざりで、いやソコを描かないとダメじゃんかという話です。

しかも名作『眼下の敵』をお手本にしているのにその足元にも及んでいないのはそういうことだと気がつかないと。というか気づいてなさそう(^^;
『ローレライ』は日本側の都合だけを描き、米軍の方は控えめしていたけど今回は話の都合を考えれば伊-77と81、そして駆逐艦パーシバルの都合じゃないですか。いや既に81潜はアバンで処理してもよかったかなとか、それこそ『もったいない』って。

人道もいいんだけど控えめにいっても殺し合いをしている訳だし、アバンできっちり敵潜水艦を伊-77潜は倒しているんだよね、そこらへんを考えると米軍なんかも台詞で処理されているけどスチュワートの心情とか、当時のアメリカ海軍的に考えるとあのラストもスィート過ぎる。

結果『もったいない』映画がまた一つ(--;

いや平和も人命尊重も真っ当なんですけど、戦争を描くならもう少し命のやり取りのシビアさとかそういうものを描かないと、そりゃアニメーションの方が(出不出来は作品にもよるけど)まだしっかり描いてると思う。

とにかく『眼下の敵』のような作品を作りたいという志だけだったなあという感じ。
関係者は百本ノックよろしく『眼下の敵』を百回観るべきというのだけはよく分かった(苦笑)

と、まあまいどのグチになっちゃったけど、脚色こそは福井巨匠だけど脚本は『ミッドナイトイーグル』を書いたお二人だった。うーむ。アレもそうとう(苦笑)感想を書く気が失せるくらいトホホな作品だったけど、アレよりはちょっとだけマシだった。それは巨匠のおかげか今回は篠原監督のおかげなのかは分からんが、あくまで『ミッドナイト・イーグル』よりマシなだけということで〆たい。

「真夏のオリオン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-30 23:50 | Movie

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ雑感

前から少し気になっていたのでちょこっと鑑賞。
というより市川隼人君のこーいうキャラはもはや定番だよね。

ただ類型的な『ルーキーズ』とかよりはいささかDT(童貞)力のある部分を膨らましているかなって感じかな。そういえばむかし童貞と言えばチェリーボーイが定番だったけどみうらじゅんと伊集院光は良い言葉を発明したもんだ。

同年代のツレで少し自分と違うあいつがバイクで死んだ。そのことでふつふつとしていた少年がある日突然、チェーンソーを持った大男と美少女が戦う場面に出くわした。
彼はツレを越えるにはこの少女を守ってカッコよくエンディングを迎えるってスゲー、クールじゃね?と彼女の押しかけ助手をすることになったのだがというあらすじ。

まあそのチェーンソー男がなにもんやねんとかいうのはとりあえず、はあーなるほどという説明もあるし基本的にはエヴァと構造は変わってないというのは乱暴すぎるけど、まあ次の段階ですみたいな(笑)

で、肝心の話は自分の思っているライトノベルのセカイと現実の少年の悶えを上手く映像化したよなあって感じ(笑)ただし思いっきり恥ずかしい(爆)
台詞とか、描かれる状況などなどイチイチ恥ずかしいのには参ったが、それ以上にヒロインの関めぐみちゃんがイイので持ちこたえれた(笑)

元々彼女を初めて知ったのはTVドラマ『ライフ』。主演の北乃きいちゃんを助けるクールビューティ役でお?この娘さん雰囲気あるねえというとこから。今後もいい仕事してほしいですなあ。
a0029748_22582765.jpg

普段ならビジュアルは極力いれないけれどやっぱ入れないと分からんよなあコレは。
ただこーゆうバトルシーンが続いていくデッドエンドな話ではなくあくまでも青春というキーワードと微妙にセカイ系&DTなのでそういうデッドエンドな話を期待すると肩透かしを喰らうので注意。但しOPは『ワザと』煽ってるけど。(多分)ただそれもビジュアルからの要求で、こーなるならこうだろ!っていう若さゆえの根拠の無い強気っぽさだと思った。

そして浅利陽介くん。彼とイケメン俳優三浦春馬くんの2人がそれぞれの特性をいかした役柄で市川くんをサポート。いつも思うけど浅利くんは雰囲気がいい。若いのにウデあるなって感じ?(笑)
三浦くんはステレオタイプなローンウルフだけど(典型的なライバルキャラ)あーゆうイケメンくんにはそーゆうのが良く似合う。ここらへんはキャスティングの勝利っぽい。

とくにオススメではないけど、関めぐみちゃんっていいなと思っているならある意味彼女が主人公(ヒロインではあるけど市川君とともにダブル主人公みたいな)なので観るがいいさねと(笑)

あと青春モノとしてもすれていない人ならOKじゃないでしょうかね、例の『ルーキーズ』の主題歌を歌ってる子たちがこの作品でも主題歌を担当しているけど、はるかに聞けるし、それは映像がマッチしている。まあ今風に言えばシンクロ(恥ずかしい)してるからだと思うので。

原作はやはり思ったとおりのそういう作品だそうです。
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - Wikipedia


「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-27 22:59 | スルー映画祭り

*空気を撮るという事『劔岳 点の記』感想

そんなわけでかの名キャメラマン、木村大作の初監督にして最後の監督作品(と本人が言ってるらしい)『劔岳 点の記』。

先の連休最終日に行って来た。朝上映の1回目(終了はお昼)にも関わらず結構な入りで七分の入りだった。ハリポも始まっていたことを考えればまずまずの成績じゃないだろうか。

公開前から、実際に山に籠っての撮影とか期間をかけてということを聞いていたけど、やはりそれなりに映画業界に名前が通っている木村監督ならではだよなあと思った事を思い出す。そして氏自身もそれはよく分かっているからこそ、浅野忠信、香川照之というキャストを揃えたのかなとも思ったけれど、果たしてどうだったのか。

ぶっちゃけて言うとストーリーは簡単。明治39年、日本地図の空白地を埋めるためと共に軍部の面子のために参謀本部隷下の陸地測量部の測量手、柴崎に剱岳への三角点の設置が命じられる。剱岳は民間の日本山岳会のアルピニスト達も登頂を狙っており、軍部のプレッシャーの中、地元の山岳案内人、宇治長次郎のガイドの元、困難を極める『死の山』と言われ信仰の対象にもなっている剱岳の登頂に挑むというお話。

もちろんそこには色々あるけれど基本はシンプル。突然の大雪崩でクレバスに一行が落ち込んだり、ザイル1本でオーバーハングから滑落、切るかそれとも?なんていう山岳映画ではよく見られるシーンは無い。それでもこの映画がすごいなと思うのは、単純にそこが本当の場所で、本当に『剱岳』で撮影されたからに他ならない。

そんな事でと思う人もいるかもしれないけれど、今の時代、ある程度の山岳地で、もちろん天保山とかそんなところじゃなく、そこそこの山で撮るとは思うけどあればどのようにも合成できちゃう。最悪セットを立て込み、いやブルーバック合成だってやってのけちゃうぞ(笑)みたいな。

だからといってそれが悪いわけでもないんだけれど、やはり『劔岳』という題名からも分かるようにある意味、この山が主役といっても言いわけで、だからこそそこへ行って撮るということが大事だったと思う。

しかもそういう部分にこだわりを見せたのが功を奏したのか、普通なら松田龍平の芝居とか、おめー全然、明治じゃねえぞと目くじらたてちゃう部分もその雰囲気というか空気がちゃんと明治している。恐るべし木村大作。
もちろん個々を見れば噴飯モノなんだけど全体をきっちり明治の空気をだしているのはきっちり剱岳という山を舞台に、それに挑んだ人々を愚直に追ったからこそじゃないだろうか。(本当にそこでロケしたことも含め)

別に上海とかまでいかなくとも、そういう事できっちりと空気って出せるのよねと。
実のところ時間と工夫と対象とちゃんと向き合えばTVドラマでもコレは可能なんだけどまあ、これは余談。

でも昔はこういう空気を纏った映画ってあったんだけどなあ。単純に撮ってる人だけの問題だとするとかなり問題な気もする。

そういえばこの映画、フジがいっちょ噛んでいて、パンフに亀Pこと亀山千広が木村監督をリスペクトしていたとかなんとか。そういう人がいると資金集め的にもコレはいいよねーとか思った。コレは嫌味でも何でもなくタダでは映画は作れないから。この映画も大掛かりなセットとかそういうものは使われていない(明治の街並みは明治村とかでロケしている)でも繰り返すがタダでは映画は出来ない。最近TV局制作の流れを見るにこういうパターンも使わないと。もっとも内容だけでなく監督とか他の制作幹事とか色々あるけど。
そんな諸々を含めてラストにエンドロールに『仲間たち』といれたのはああシャシン屋さんのメンタリティだけではない色々な思いがあるのだなと思った。


キャスト的にはやはり長次郎を演じた香川照之が存在感を放っていたけど、主役の芳太郎に浅野忠信を持ってきたのは面白いなあと思った。普通そこはもうちょっとアクの強い人じゃないかと思ったけれど、案外あのような飄々としたくらいの人が山でも結構タフなんだよなあと妙に納得したし。

後のキャストで言えば拓ボンの息子さんがまんま拓ボンで噴いた(笑)いやこれはマジです。というより蟹江敬三の息子さんが渡辺謙の息子なみにイケメンだということを再認識した(爆)

他は友情出演っぽい扱いだけど実際に山に登ったクルー、キャストは本当に大変だったろうなあと思う。

何かが起こる映画じゃないけど、その映像が雄弁に語る映画だと思う。最近の邦画に足りなかったものを思い出させてくれる1本。

「劔岳 点の記」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-23 00:02 | Movie

三池サンがあの『十三人の刺客』をやるとの事

Excite エキサイト : 芸能ニュース:2009年7月20日 06時02分:「十三人の刺客」 役所広司でリメーク:スポニチアネックス
噂にはきいてたけど、マジだったのか!
オリジナルは凄く好きな映画で、初めて観たのはテレビの深夜放送の映画プログラム。
最初に観た時の衝撃は忘れられない。その後レンタルで観たけど、

西村晃さんの鬼気迫る演技や敵方の鬼頭半兵衛役内田良平などそれぞれが知力を振り絞り死力を尽くして闘う様は何時観てもすごい。

今ならもっとドギつく、とんでもなく(実際三池サンなんでそこはちょっと心配)出来るんだろうけどあくまで淡々と、だけど全員がデッドエンドに向かう様は時代劇の大御所片岡千恵蔵を迎えてもなお滲み出ていた。

役所さんだと少々スマートかなとも思うけれどどうなんだろう、三池サンのガツンな部分に望みを託したいが。

ちなみに2代目黄門西村晃さんだけでなく現黄門様も出演していた、東映のカンバン役者が出ていた作品なのにこの記事によると東宝らしい。
「十三人の刺客」見参!役所主演でリメーク (1/2ページ) - 芸能 - SANSPO.COM
Excite エキサイト : 芸能ニュース
これも時代なんでしょうかねえ。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-20 14:49 | ネタ@映画

本日は

a0029748_12451578.jpg

いい映画でした。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-20 12:45 | Photo

この人の

a0029748_20202092.jpg

ライブでした!

ちょっと感想をば。ちょっとネタバレなんでマッサラで楽しみたいかたはココまでで
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-18 20:20 | Music

今から

a0029748_1749513.jpg

ライブ!
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-18 17:49 | Photo

こんなところで

a0029748_16304323.jpg

さて何が?
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-18 16:30 | Photo

*俺の居場所はあそこだけなんだ。『レスラー』

大阪ではそろそろファーストランも終了しそうなので慌てていってまいりました。
なるほど、この作品を上半期№1に推す声も多いのも納得。

事前情報では低迷していたミッキー・ローク復活の一作。過去に栄光を掴んだもののよる年波には勝てず低迷しているレスラーが主人公ということくらいしか聞いてなかった。
実際ストーリーはベタ。ランディ・”ザ・ラム・ロビンソンは80年代に活躍し、ライバルの中東からの刺客アヤトラとの派手なバトルで名を売ったが、徐々に人気にかげりが出てきて今では週末に地方巡業、ドサ廻りの日々、もちろんそれでは食えずにスーパーではアルバイト。住まいはトレーラーハウスだがその家賃さえも払えない体たらく。
心の安らぎはなじみのストリップバーのダンサー、キャシディ(マリサ・トメイ、熱演!)に逢うことくらい。そんなランディ。永年の肉体増強のためのステロイド他諸々の薬物と派手な立ち回りで身体はボロボロ。とうとうある試合で心臓発作を起こし倒れてしまう。手術は成功したものの試合はドクターストップ。現役引退を決め、パートタイムの仕事をフルタイムにしキャシディの助言に従い疎遠になっていた娘とよりを戻そうとするのだが…。
まったくもってベタである。レスラーの部分がボクサーでもいいのじゃないかというくらいにベタ。だけどそんな物語を派手ではなく地味に、しかししっかりと登場人物、特にランディをキャメラは追っていく。正直、すごくベタな話で個人的には途中まで何故、皆が絶賛するのか分からなかった。それは自分がそれほどプロレスとかに興味がなかったからかもしれないのかもと思った。でも数々の少ないけどさりげない台詞、そしてランディを執拗に追うキャメラ。その全てはラストのためにあったのだ。ラストには納得の、だけど切ない、沁み入るエンディングが待っている。

多分この作品、ロークではなくスタジオ側が推したケイジなら、よくある作品でこれほどのものにはならなかったという見方がされているけれど、それでも佳作にはなっただろう。もっともそれだけで埋没し、あーそういのあったねーみたいな。(世間的にはそれは忘れられてしまうカルトにもなりえない凡庸な作品ということなんだけどね(苦笑))
だけど80年代にまさに光を放っていたアイコンであるロークが主演することで、主人公のランディが血肉を得たというのは言いすぎではない。実際あてがきに近いキャラクター造詣だったそうだ。

そして思ったのはこれもアメリカンドリームの残滓なんだよなあということ。ロークの不遇時代に彼に役をオファーしたことのあるスタローンなら多分ロークにこうささやいたに違いない(ちなみにロークはスタローンは最新作『ジ・エクスペンダブルズ』に出演)『確かに最高の映画だったゼ、ミッキー。だがオレならラストはハッピイエンドを観客に見せる。客はそれを求めている。』と言うかも知れないなと。まあ実際にはそんなことを言わないだろうけど。(スタローンは自らの立ち位置をよく分かってる)
自分には、これは『ロッキー』の合わせ鏡じゃないかなあと観終わった後にぼんやり思った。
全然違うよ!という人もいるだろうし、そんな考察は甘いし浅いという人もいるかもしんない。けどやっぱり70年代後半に始まり、80年代は『ロッキー』シリーズは絶頂だったが次第に廃れていった。また最近スタローン自らの手でケリをつけたので、結びつける人は少ないだろうけどやはり自分にとっては重ね合わせてしまう。何故ならロッキー・バルボアいやスタローンもリング(スクリーン)、そして戦う(映画に出る)ことにしか居場所が無いとも言えるから。

そういう意味では普遍的なストーリーでありながら、きっちりと人物を描き出し、また世代論をきりとってみせたとも言えるし、なにより生き様ってこういうもんだろ?と問いかける事に成功している、と思う。

ともかく今週末には近畿地区でのファーストランは終わってしまう
その前にスクリーンで観れたのは良かった。
※調べると上映回数は一日一回だけどまだロングランっぽいです。いい映画がロングランというのは素直に嬉しい話。
でも上映回は減ってるので興味のある方はとっとと行くのが吉かも。
「レスラー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

書き忘れたけど、ボスのエンディングテーマは最高!、これがまたぐっときた。

追記:07/18 追記部分は太字にしてます。あと文章もちょっと直しました。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-15 23:58 | Movie

本日の『新・警視庁捜査一課9係』で

最初にいっときます。

ネタバレです。

















基本的にこのドラマは好きだし、ジャニ絡んでいるとはいえチームワークもいいし、大事にしてほしいのであえて。というか日本の映画、ドラマ全般に言えることかも。

というか宗教的に日本人は無自覚すぎて(特に最近。)なんといっても新興宗教、詐欺まがいというくらいで仏教、神道名前は知ってても、イスラム、アルカイーダ?タリバンとか?という全く持って噴飯ものな認識(という自分もしっかり知っているとは言い難いけども)がまかり通っているけど、まあブロガー界隈ならばまだ割と情報の海に接していてなんとなくうっすら知っている人もいるけど、
やっぱり、キリスト教(司祭といっていたのでカトリック)で罪の懺悔の告解を聞いた内容を漏らすなんてありえないと思う。先般公開された手塚治虫の『MW』でもそういう描写が原作であった(映画は未見)しかもさらに背徳の罠があってさらにとんでもなくなっているのだけれど(映画ではそこはほのめかしだけらしい)。
さらにいえばジャック・ヒギンズの小説『死にゆく者への祈り』

死にゆく者への祈り (ハヤカワ文庫 NV 266)

ジャック・ヒギンズ / 早川書房


この作品でもその告解が重要な要素を持っている。いくらヴァチカンから遠く離れた東洋の島国でも、そして話の筋立て上、説得する側の言説に筋が通り正しくて、犯人がイかれ野郎だとしても、そうじゃないのかという思いが強く残ってしまう。
この辺りは実際の宗教関係者、キリスト教(カトリック)関係者に話を聞いてみたいところ。
目くじらたてるなよと言われればそうだけど、この世の中、宗教上の事で殺し合いまでやっているご時世。安易に触れていいものなのかなあという気がしたので。
犯人のネタ的にはなかなか面白かっただけにね。ちょっと気になったのでメモ的に書き残しておきます。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-15 22:12 | TVdrama