長野県某所にて

a0029748_12281650.jpg

イタ車の集まりでまったりo(^-^)o


模様その他顛末はクルマブログ
bar macchina diario - FIAT FESTA09に記載しております。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-29 12:28 | Photo

おはようございます

a0029748_531567.jpg

只今、大津。
さて何処へ?
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-29 05:03 | Photo

*狙いは分かるが空回ってる『マックス・ペイン』

『パニッシャー:ウォー・ゾーン』と『マックス・ペイン』とどちらを観ようかと思い、とりあえず予告編が目に入った『マックス・ペイン』に行ってみた。

で正直一般広くにはオススメは出来ない(苦笑)かといって映画に煩いツウにもコレは自信をもってともまた言えない(^^;

お話は『パニッシャー』のフランク・キャッスルのように妻子を殺されたNY市警の刑事が継続捜査専門(コールドケース)の資料課で自らの妻子殺害で逃亡している犯人を追っているマックス・ペインが主人公。ある日新たなネタを出すように裏社会の小悪党に会いにのドラッグパーティへ。そこで訳ありの女ナターシャ(オルガ・キュリレンコたん)に出会う。マックスのヤサにまで押しかけ迫るナターシャをすげなく追い返すマックス。だが追い出されたナターシャは無残な姿で翌朝発見される。そして傍にはマックスの身分証が。

そこから妻子を殺した連中とナターシャのつながりを見つけた元相棒が殺されますます孤立するマックス。ナターシャの姉でロシアンマフィアのボス、モナがマックスの前に現れ彼を疑うのだが最後に電話をした男オーウェンに手がかりがあると説得し共に向かうのだが・・・

正直に言えばマーク・ウォールバーグだけでとりあえず持たせていると言ってもいいかも(笑)もちろん脇役にボー・ブリッジスという渋いトコももってきているんだけども、全体的に物語の運びが乱暴かつ性急すぎる。
でもこの手の映画ではそれはよくあることだし特に問題にする点じゃないとは思う。
とはいえナターシャの件でモナを説得するのに、ドラッグパーティで面識があるとは言え、だからこそヤバイはずなのにあっさり信用(信用してないとかいってても)しているとかアホっぽさがあるけど予告編で繰り返されるビジュアルの使い方。

これネタバレにもなるんでアレなんですけど、

(なんでMORE機能で隠してますのでクリックしてね。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-27 00:16 | Movie

草なぎ容疑者が袋叩きにあってるのは。

【SMAP草なぎ逮捕】テレビ、CMは大わらわ 地デジは打ち切り (1/2ページ) - MSN産経ニュース
お昼に知ったけど帰宅後ネットにつなぐとお祭りどころか大騒ぎ、ネット民の方が引いてる感じさめもする。

草なぎ君の酔っ払い全裸騒動で何故そんなにメディアが大騒ぎして人非人扱いしているのは多分、上の記事の事か。

この不況の折、広告主の与えた打撃は計り知れない。いやもうネットでどうとかじゃないよね。
金主こそがネ申だよってまー世知辛い。

でなければ普通に囲み記事な事件にこれだけの労力を裂いている理由に説明がつかない。
しかもそれを補強するかのような大臣の発言。
【SMAP草なぎ逮捕】鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」 - MSN産経ニュース

親玉までもが(地デジ権益のトップ)地デジに泥をぬりやがってとご立腹。これは喜劇かと思ったよ。それより大事な事があるだろって。
酒飲んで全裸で騒いだ若造にいちいち大臣が怒るってことは自分(もしくは自分たち)の不利益になるからだろう。

【SMAP草なぎ逮捕】自宅を家宅捜索 薬物反応はなし 警視庁 - MSN産経ニュース
尿検査やってんのに家宅捜索とはね。国ぐるみで怒ってるということではさすがにジャニーさんもお手上げ。ある意味稲垣メンバーの時よりやばいかも。

いちおうエキのニュースソースも。
Excite エキサイト : 社会ニュース

つうか今日テレZERO見てるけど、大阪の急展開した女児行方不明事件と同じくらいの時間を割いてるぞ。これが人気者の末路ということなのか。

けどこんな誰もが考え付きそうなのよりこっちの真相の方がいいと思う。
草なぎ容疑者の真相

と思ったら権益関係で穏便にしたいとこもあったようで、
【2ch】ニュー速クオリティ:【草彅報道】テレ朝がキチガイじみてる
かいつまむと草彅容疑者はそんなに悪くないでみたいな。いやまあ警察呼ばれてるんだから悪いちゃあ悪いだろうと。というかあらかさまに擁護するのもなんだかな。
どっちにしろこういう場合は相当に差っ引いてみないとあきまへんな。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-23 23:03 | NEWS

そろそろ北野誠についてひとこと言っておくか。

タイトルではえらそうに書いておりますが、それほど興味が無い案件である。
でも一時期は『サイキック青年団』も聴いてた事もあって、まあ何かあのラジオで言った事が引き金になったのかなとは漠然に思った。竹内義和氏とディレクター氏とで業界的なイニシャルトークというか見てきたかのような裏話。それなにりおーっと思ったり、さもありなんとか思ったり楽しいものだったけど、コレも前に書いた『ぬかるみの世界』のように放送が日曜深夜(つまり月曜)だったのでその内聴かなくなってしまった。
色々濃い、面白い話もあったしゲスな話もあったけど何故かイニシャルヅラトークが印象に残っている(笑)

もっとも誠はそーゆう雑学系ネタとトークのみがウリで、リアクション系じゃないのでTVはともかくラジオを干されたのはキツいだろうな。昔からべしゃりだけで渡ってきた芸人だったので、ギャグをもってるわけじゃないしツッコミ芸人トークのみという人だった。オタ系のネタも好きだったので、過激な言動が無ければUターン土田のようなガンダム芸人とかのようにネタ特化型芸人としてやっていけたかもしれないけれどひとつのネタに特化という訳ではなかったし。

しかしウィキペディアの誠(彼は元々MAKOTOという芸名で今でもまことという呼び名がしっくりくる)の項目には、
業界のしきたりや慣例、上下関係や礼儀に敏感である。
ってあったけど、そんな人物が別ジャンルで事務所も違うとはいえ芸能界の大先輩、山本リンダをこきおろすってのもね。さすがウィキペディアだ(笑)個人的には半径2クリックの慣例や上下関係には敏感って感じじゃないか?
誠のサイキック青年団 - Wikipedia
北野誠 - Wikipedia
まあ、しかしこの一件で話の出たバーニングとかも以前から格好の週刊誌ネタのトコだし(実際タブーっぽく言われていても雑誌では結構見かける)もしかすると松竹は鶴瓶もオセロも関東で一定の成功を修めたのを機に向うに吉本のように拠点をおきたいが、誠あたりが反対して、切ったとか・・・まあ妄想やし、多分それは・・・無いな(笑)あるとすればチリもつもって山となり堪忍袋の(いわゆる関係者ってやつ?)緒が切れたということが一番しっくりくる。実際関西では中堅級で若手の面倒見も良いとなればいわゆるボスザル状態。本人はそんな気じゃなくとも周りはやっかみ、そねみとかまあ出てくるだろうし、そんなあたりではないでしょうかね。まあ人間謙虚に行くか、それなりに軸足を上手く捌いていかないという一例だったように思う一件だった。

Excite エキサイト : 芸能ニュース:2009年4月20日 19時35分 ( 2009年4月20日 22時50分更新 )芸能界「ドン」激怒説まで出る 北野誠謹慎処分の「ドロドロ」/J-CAST

追記
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-21 22:57 | column

オサレなクルマたち

a0029748_9483979.jpg




La Festa Primavera 2009スタート地点にて。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-19 09:48 | Photo

クラシックカー

a0029748_944599.jpg

クラシックカーが集まってと聞いて
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-19 09:44 | Photo

*米国裏英雄列伝。『ウォッチメン』

『300』のザック・スナイダーが仕掛けたグラフィックノベル『ウォッチメン』の完全映画化。時間にして163分分のまさに超大作。
これまた同じDCの代表的ヒーロー、バットマンの『ダークナイト』の時もその152分は時間を感じさせなかったが、これもまたそうだった。
だが同じ事を繰り返して書かせて頂くと、物理時間は短くならないので、これから鑑賞しようかと言う方は観る前に用を足しておかれるのが吉です(笑)

で、アバンタイトルからタイトルロール。アバンで事の発端をじっくり描いていったと思った瞬間にモーションが急に早くなる。まるでアメコミを見ているようで、色々アメコミ、グラフィックノベルを映画化した作品を観てきたけれ画面がまるでコミックブックのようだった。言ってしまえばミラ・ジョヴォの『ウルトラヴァイオレット』の時もそう感じたけど画面の構成の隙の無さと情報を置いていく様は、動く、大友克洋、いや士郎正宗的な漫画の画でさえもある。パンフレットなどでもスナイダーは原作グラフィックノベルのようにするために腐心したといが、それだけの事はあった。(ちなみに原作は未読、でも値段がもうちょっと安かったら即買いしていた。アメリカ本国版もamazonから購入できるけどそっちの方が安いけど解読に時間がかかりそうなので断念。)

そこからのOPタイトルでミニッツメン結成から第2次世界大戦終了後、ヒーローたちの活躍が表も裏も語られていく。あまりの駆け足加減に、もう一度となるのだけれど残像のようにそれが頭にちらついてくるのが後半効いてくるが、ここが結構関門で多分あまりの駆け足ぶりに普通のお客さんはついて来れないんじゃないだろうか。よしんばカットしてもいいのだけれど、この部分があるから後半に効いて来る伏線もあるわけで、そこまでしても原作通りに入れ込んだスナイダーの執念を感じる。

架空の戦後を歩んだといえば押井監督の『立喰師列伝』を思い出す。この『ウォッチメン』は架空の戦後史を歩んでいくことによりヒーローモノ体裁をとりながら歴史を再検証しながら、それ以上に英雄という偶像に迫っていく作品であり、偶像としての立喰い師を描きながらも歴史の追う仕立てになっている『立喰師列伝』とはちょうど入れ子の関係にも感じる。わざわざ実写を2次元なのにさらに2次元に仕立て直す部分と紙媒体に描かれたヴィジュアルをスクリーンに表出されたその手法までもが対照的。

そして膨大な情報量を封じ込めるためにあえてグラフィックノベルの構図にこだわり情報をそこに封じ込めていったと思えば、やはり繰り返して観たい誘惑に駆られる。とは言えやはり長尺なので実際に公開中にもう一度足を運ぶかどうかは分からないが(苦笑)だがそれだけの濃さは保証できる。

毎度おなじみ余談
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-17 01:29 | Movie

*少し堅いが良いアクション映画-ザ・バンク 堕ちた巨像-

なかなかいいのに今週は『クローズZEROⅡ』と『レッドクリフPART2』が入ってきて順当にランキング圏外へ(泣)

まあクライブ・オーウェンはいい役者だけど世間一般の認知度で言えば確かに低い、また共演のナオミ・ワッツもいい女優さんだけどやはり弱い。

とはいえかなり硬派な話運びながらも見せるトコはしっかり見せてくれる。

物語は国際金融市場の闇の部分。資金洗浄、違法取引で業績を上げているメガバンクIBBC。その違法行為を追うインターポールのサリンジャー捜査官(オーウェン)とNY検事局のエレノア・ホイットマン(ワッツ)しかし情報提供者や証人は消され、証拠は捏造されていく。やっとの思いでIBBCからの汚れ仕事を請け負った男『コンサルタント』がNYに居ることをつきとめたのだが。そこから思わぬ展開になっていくというストーリー。

描写はかなりリアリティに溢れていてプロの仕事を追いかけていくまるでNHKスペシャルのドキュメンタリーを物語仕立てで観ているかのよう。そこに堅さもちょっと感じるのだけれどアクションのスピーディ差はさすが出世作が女の子が走り回る映画で世に出たトム・ティクヴァ監督だけのことはある(笑)
Variety Japan | FILM SEARCH - トム・ティクヴァ
まさか前作が異様に鼻の利く連続殺人犯のお話を撮った人とは思えない(笑)

こういう作品だと往々にして主人公が快刀乱麻に物事をすっぱり断じて話が結ぶのだけれどそうでないのも非ハリウッド系から来た、いやもっと言えば欧州の人の感性か、もし同じ結末というかオチでもハリウッド系ならある程度カタをつけるはずだと思う。そこが好き嫌いの分かれる部分ではあるが、脚本はアメリカ人のエリック・ウォーレン・シンガーの手によるもの。どうもそれまではリライトライターだったらしく、ぐぐっても大した情報は無かった。パンフによるとMTVで放送されていたアニメ『イーオン・フラックス』(シャーリーズ・セロンが実写版主人公を演じた)オリジンのライターをしていて初めて書いた脚本をデビット・フィンチャーが監督して脚光を浴びたとか。でもその作品名は書いていない(笑)なのでやはりお話に欧州の香りをつけているのは多分監督なんだろうな。
Variety Japan | FILM SEARCH - エリック・ウォーレン・シンガー

こっからはネタバレしているかもなので注意!
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-14 23:57 | Movie

ケータイ捜査官7新展開!

タレこみいただきましたので。
ケータイ捜査官7:「ケータイ捜査官7」新展開、4月17日(金)スタート!
玩具系雑誌とかでも玩具展開あるゼと予告が出ていたけど、さてさてどんな話がでてくるのか?
映像展開もあるそうなんで、5月が楽しみですなあ。
そしてそれがいい具合に回ってくれて新シリーズとか色々あるといいなあ・・・いやマジで。


ネタありがとうございます>Gun0826さん
[PR]

by tonbori-dr | 2009-04-14 00:17 | TVdrama