テロの時代

インドでは大きなテロが起こったけれど、日本でもそのちょっと前に、
厚生労働省を狙ったテロか?という事件が起こった。

結局、犯人は自首したのだが、この事件をテロと煽ったのはメディア。
今更ながらに『?』はつけていたもののやはりテロという単語をもってくる辺り皆というより、そういうモノが期待というと語弊があるがそういう考えがマインドセットされているのかと。

それは今、ドラマでもやってるオウムの地下鉄サリン事件や松本サリン事件などの一連の事件も影響しているけれど、思えばそのずっと昔に日本でもテロ事件は多くあった。

連続企業爆破や連合赤軍(あさま山荘事件など)。あれもテロ事件だった。ただ『テロリズム』という単語があまり一般的ではなかったのと、起こしていたものの達の思想背景と東西冷戦が噛み合っていただけで、そうとは呼ばれなかっただけのように感じる。

個人的に言えば海外のスパイ謀略モノをよく読むと、基本的に海外の工作では大きく分けて情報収集と敵国を政情不安に陥れるということが挙げられる。まあこれも東西冷戦時にはホットな話題だったけれど、今はそこからまたアングルが変わってきた。

曰く、『石油』、曰く『民族』、曰く『宗教』、そして資本主義、格差社会。それは今まで無かったものじゃなく、冷戦時代の頃は単純化され、または画されていたものがどっと崩れだしたと言ってもいい。

そういう気分が伝播した今がテロの時代なんだということなんだけれど、にしてはかの元厚労省次官連続殺人の犯人はテロリストというには思想背景も成すべき信条も無い。いうなれば前時代的な復讐、それも相当年月の経った話であり、その上管轄が違うといういわば逆恨み。
「飼い犬殺した厚生省」実は筋違いだった…小泉容疑者「えっ」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
とはいえそういうあらかさまにおかしな言動は陰謀論者には喰い付きやすかろうと思う。
なんせ、そういう小説や映画が大好物な自分も、記事を読むに付け、「こりゃあどこかの組織にリクルートされたのか?」とか「いやあ、こりゃあマインドコントロールされたのか?」とかそういう事は正直思った。
何の思想的背景のない男が素っ頓狂な事をいって騒動(殺人)を行って、時の政府や民衆に恐怖を撒き散らす。それこそがテロと言えなくもないし。
とはいえそれは完全に裏づけのある話じゃない。まあ小説にはありがちだけど実際にあったとしてもそれを裏付けるソースが無ければ、ただの戯言。ただそういっても妄想が本当だとしても全てが明らかになることも無いだろうし、そう考えると不謹慎ではあるがやはり時代の産物という気がする事件だと感じる。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-29 21:59 | 私声妄語

*最高の最低映画を観れる喜び『トロピック・サンダー』

昔、『8時だよ全員集合』という番組があって、非常に人気を集めていた。
コミックバンドからコントグループとして名を馳せたドリフターズのメンバーが舞台を縦横無尽に駆け回る。
しかしPTAには子供に見せたくない番組№1とされ良識のあるという人たちは眉をひそめた。

多分そういう人たちが見ればこの『トロピック・サンダー』もそういう作品なんだろうなと思う。
だがそれがどうした。面白ければいいじゃないとばかりに繰り出されるギャグシーンやジョークに腹を抱えて何故悪い。そういうオモシロ映画がこの『トロピック・サンダー』だ。

それに多感な頃にアメリカのヴェトナム戦争モノ、例えば『地獄の黙示録』、『プラトーン』を観ていた世代にとってもこのネタはグサっと刺さる。

トップシーンからまずフェイクトレーラーで主演三人の役どころが主演したとされる映画が流される。この懇切丁寧な作り。そして大物ゲストにエエ(´゚д゚`?と驚くのもつかの間、先に挙げたヴェトナム戦争映画でよく観た光景。UH-1がジャングルの上を飛んでいく。そして激しい銃撃戦の導入部からこれが映画撮影と分かるネタばらしが始まるが、そこで先のフェイクトレイラーが効いて来る。彼らのパーソナリティが上手く表現されているこのフェイクトレーラーのおかげで凄く映画の話が追いやすい。懇切丁寧。ちょっと丁寧すぎるくらい(笑)だけど下ネタ、ドラッグ、おふさけ、タブーにも果敢に挑戦している部分のドぎつさはカメオというかほぼメインキャストの一人として上げてもいいミッションインポッシブルな彼のおかげもあってほぼゲージが振り切れたテンション。

まあそんな映画です。一方、スティラーの反骨精神というかちょっとしたおちょくり精神、そういう部分が発揮されてて例えば『ザ・プレイヤー』なんかに代表されるハリウッド内幕辺りを上手く使っているのが凄く受けたのだなあというのもあったし、そこらへんは自分でも妙に冷静に観ちゃったんだけれど(苦笑)ことごとく定石を踏みながら、オチをはずすのもまた定石なりみたいな部分はちょっと綺麗に纏めすぎ?っていうのもあったけど、単純なお馬鹿とかそういう括りでなく映画好きなら観とけの部類に入るし、自分はもう笑いっ放しで、でもお客に外国人が混じっててその人たちと微妙に笑いがずれるのが悔しかった。多分スラングを理解したうえでの笑いなんだろなあってのもあったけど万国共通の状況笑いもちゃんとてんこ盛り。いやー面白かった。

今年は『ホット・ファズ』といいこの『トロピック・サンダー』といい、いい意味での最低映画を日本でちゃんと劇場で(シネコンだけど)観れたのは僥倖だったなあとあらためて。
こういう映画はややもするとDVDスルーとなっちゃうことも多い。
今年は観れなかったのもあったけれどこういう映画がちゃんと公開されていることはいいことだと思う。

「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-26 22:59 | Movie

熱帯の稲妻

a0029748_22552029.jpg

今年はホットファズに続いておもろい映画が観れて良かったなあ。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-25 22:55 | Photo

なぬ!アンディが趙雲をやるとな!

アンディ・ラウサモ・ハン・キンポー版『三国志』が上陸!@映画生活
ぐはー、これは気になる作品だなあ。
つぶろぐだけでつぶやくのはもったいないのでとりあえずエントリ。

アンディという濃い漢が演じる趙雲子竜。
しかもやねサモ・ハンが共演とくりゃあねー。

スチール写真を見るに晩年の趙雲を描いているっぽいけどそんなことはどーでもいい。
槍の名手で関羽雲長や張飛翼徳とも優るとも劣らない豪傑。
実は三国志の登場人物の中で関羽についで好きなキャラクター。
今から楽しみッス。

でもまだ『レッドクリフ』未見なのであった。早くいかな~。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-21 23:17 | ネタ@映画

先日、真木よう子女史が結婚したわけですが。

そういえば、相手が分かったというニュースが
内外タイムス - 真木よう子の結婚相手判明
ソースが内外タイムズなんでなあ(笑)
でエキサイトニュースのソースの一つであるゲンダイネットでは、
Excite エキサイト : 芸能ニュース:2008年11月19日 15時00分:デキ婚・真木よう子は総スカンで仕事激減か:ゲンダイネット
ほんまかなあとか、まあ大人の事情とかもあるしなという話なんだけれど。

で最初の一報を聞いたときに思ったのは
V6岡田准一くんと容疑者クライマーズこと堤真一(笑)の『SP-警視庁警備部警護課第四係-』の映画はどうなるんやろなあということ。

とりあえずぐぐると2chでの反応が
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1218115609/l50x
SP(エスピー) Mission30
どうも情報の少なさと、この結婚の話で無期延期になったとかこのまま伸びるとやばいとかもう情報に飢えている状態のようで。
個人的には設定とか好きな部類なんでそれとなくチェックしていたけど情報も無いんで流れたかなとか思っていた(笑)

というか毎度同じ事を言ってるけど『相棒』みたくシーズン1とか2とかいう展開を出来ないのはフジがそういう手法を好んでいないのか、それとも役者が(固定イメージを嫌って)拒否しているのか(またはそういう役者を好んで使っているとか)よく分からないけど、育てるということが下手だなあと。

そんな中、『ガリレオ』と『容疑者Xの献身』は映画化とTVドラマ化が同時に立ち上がり上手くいってるけれどコレはこの先、シリーズ展開を考えているのだろうか?
福山雅治は再来年の大河が決まっているし(苦笑)
そう考えると役者、裏方含めてのチームワークって大事ですよね(笑)

追記2008/11/22
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-20 22:31 | ネタ@映画

今回のガンダム00で超展開だったこと。

なんかもーどうでもいいけど、そのどうでもよさを書いて置いて最終回後に確認してみよう(笑)

というより『コードギアス』はそれなりに決着(異常に評価高い人とクソだといってる人とに別れているっぽいけど)つけてて、自分的にはわりと想定内だよねみたいな。
でマクロスは河森の思惑通り(半分だけ)みたいな(笑)、でも最終回のマッチングがすげえのでよしとするみたいな事を別館に書いたが

ガンダム00セカンドは、またもや迷走(^^;
というか今回の放送回でソーマ・ピーリスかセルゲイ・スルミノフが死んでしまうかの勢いの予告にベタではあるがこれは相当なカンフル剤になりそうだなと思ったら、いなされた上にスカされた(笑)

というかあっさり最初の人格マリーに戻った!これは噴いた。
でそこに単機で捜索に出たセルゲイがこれまたあっさりと発見する。
偶然も3度続けばそれ偶然や無いっちゅうねんというくらいにこの作品のキャラクターたちは偶然に頼りすぎている。
確かに個々のキャラクター、勢力に対しての偶然は立て続けには発生していないが見ているこちらにとってはそれは連続して起こっているのでもう蓋然性を通り越している。

つまり制作者たちの恣意が見え見えで正直萎える。
まあ最後の最後で怒涛の展開にするにしても安易過ぎるしなあ。
劣化ティターンズとかもうかなり危ない展開で正直どうなんでしょ?
再開直後は勢力が整理されててすっきりして面白くなるかなとちょっと期待したんだけど、やはりほどほどの作品(自分の中では)として終わりそうな気配がするな。

追記
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-18 00:31 | cartoon

実は普通に面白い『犯人に告ぐ』

追記:エントリタイトルを『実に面白い「犯人に告ぐ」』から改題しました。

今日の日曜洋画劇場は特別企画でwowow制作の初の劇場映画を地上波初放送。

実はこの映画、公開時にwowowで先行放送やったんで観た人もいるんじゃないかと。
で原作は既に読了。というか映画化される前に読んでいた。
そんで実はDVDも借りて観ていたわけで(笑)なので番外ではなく正統にスルー映画祭り参加枠扱いとして(笑)

で結論から言えば、『容疑者Xの献身』と遜色ない出来だと言ってもいいだろう。
元の小説もサスペンスと警察小説としても良く出来ていたし、内容も原作をよく噛み砕いて入れ込んでいた。
もっとも少々映画では駆け足的な部分も見受けられたが実力派の派手ではないキャストを揃え安心できる出来栄えだった。

少しアップが気になったがまあそれはコレからの課題だし、TVとVシネマの弊害かもしれないが、作劇的にはやはり育っているところは育っているんだなと。

ただこれが『容疑者Xの献身』と同時期に公開されたとして同じようにヒットしたかどうかは正直言って難しかっただろう。

それは宣伝規模とか、仕掛の部分。
実際お話の規模としては広域捜査を扱っている分、実は『犯人に告ぐ』の方がスケールは大きい(笑)
結局TVスポットとかドラマの出演者とか旬のキャストというのは
それほど映画好きじゃないお客さん、ぶっちゃけていえばシネコンに来るのはデートか家族サービスな人々をどれだけ多く引き込める要素なわけで。
そう考えればトヨエツもバリューはあるけれどという事。

そういう外野の(ビジネス上では大事だけど)な部分を引けば遜色ないよという話しだけど、ただ大きく目を引く部分、例えばさっきのアップの話なんだけれどそういうスケール感が上手く出せていないのがマイナスポイントなんだろうなということと、ちょっと作っている側にも迷いがあるのかなと感じる。でも充分映画になっていたのだから、自信をもっていいんじゃないだろうか。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-16 23:22 | スルー映画祭り

世知辛いというより。これが我々が望んだ世界なのかも

J-CASTニュース : 「親切心」で迷子女児連れ回し それで逮捕は可哀そうなのか
これをエキサイトのつぶろぐで
J-CASTニュース : 「親切心」で迷子女児連れ回し それで逮捕は可哀そうなのか|つぶねた|つぶろぐ|エキサイトつぶろぐ
対処法としては『迷子』見たら即通報。で警察が来たら引き継ぐ。で良いのかな?

と書いたら
それもアウツ。引き留めているだけでも誘拐罪は成立する。 でぬるぽ [2008-11-13 23:01:09]

なんだそうで。
訴えられたくなかったら何もするなってことか。世知辛いねぇ。 k-m_y-n [2008-11-13 23:10:58]

とういうもっともなご意見とともにこう思ったんだけど
もしそのまま放置というか知らん振りして
リアルに誘拐、もしくは最悪のケースになった場合。
目撃だけならまだしも放置した場合、
名乗り出てもアウツということで結局、関わりになることが既にもうダメじゃんってならないかと。

まあそんだけ世の中、犯罪が増えているとかそういうのじゃなく、予防的になっているという気がしてならない。
まあそれを世知辛いというのだけれど、空気を読んで、皆と横並び、目立ってはダメで誰かと繋がっていないと不安なのに、困った人は見捨てましょうって歪だが、結局それを我々が望んだとしてたら仕方が無いのかもしれないな。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-14 00:32 | 私声妄語

もう始まってますが、相棒シーズン7について

その最初の2時間スペシャルプラス第2話はさすがに『相棒』
しかも皆が悪人ではない(純粋な意味での悪党)ではないというらしい展開。
そしてその次の話も切ない話。しかも議員からみで政治関係が続いた(根っ子的には多分に金田一テイストがあったけれど。)
今日の第3話第4話はちょっと趣が変わったけれど、
実は罪を犯した人は純粋な悪意からでは無いという部分では1話から続いている気が。
それとともに今回は強いメッセージ性を感じる。
つまり観ている我々に訴えている。
これまでもそういう話は多かったけれど今回は特に強く感じる。
そういう意味では娯楽作品だけどそれが出来るのも『相棒』らしい。

原点回帰とあいまって(トリオ・デ・捜一とのやりとりや上層部の煙たがりようなど細かい描写に右京さんの職務にあくまで忠実な法の番人ぶりにあくまで情の人、薫ちゃんとか)この先の薫ちゃん卒業がどうなっていくのか興味はつきない。

まだまだ始まったばかりだし(というかそろそろ冬ドラは折り返しが来るのも多いけれど)『相棒』は2クール。じっくり腰を据えて観れるしなにより正月SPも楽しみだ。

追記(アンダーライン部分)しています。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-12 22:12 | TVdrama

ソーシャルブックマークに限らず。

Excite エキサイト : ITニュース:2008年11月11日 20時53分
J-CASTニュース:梅田望夫、はてブ「バカ多い」 賛否両論殺到してブログ炎上


まあ私も読んでいないので簡単に。
というか基本的に読んでいないものにどうこういうのは個人的にあまり好ましいとは思わない。
なので基本的に身銭を切って読む、見る(観る)、聴くが基本。

だけど他人のオススメエントリで
『オレはこれは読まねえなあ』とか
『興味ないなあ』っていうのは
普通に今まであった。
でそういうエントリや記事を読んだ時にそう思うものを可視化するサービスが言わば
はてなブックマークをはじめとするソーシャルブックマークサービスなわけで。

もちろんその倍のイイエントリを皆で共有したり、
そのエントリに対し『これいいよね』とか『面白かった』という感想や
建設的な議論を端緒としてのコメント
をつけることが元の理念であったろうが、そこには罵倒や悪口も当然ながら含まれてくることは想定のうちだったはず。

それでもネットに対しまだまだネチケットとかそういうものを期待していたのかもしれないな>梅田氏
でも短いコメントではどうしてもそういうモノは伝わりにくいだろうし、自分もエキサイトのつぶろぐをソーシャルブクマ的に使ってるけど難しいですよ、短い言葉で伝えるのは。

でまたそれをTwitterという字数制限のあるので要点だけをバッサリでは罵倒合戦になるのは必定。しかもTwitterっていうのは言葉のキャッチボールがあって始めて見えるのだからねというのもあるし。
まあこの一件、短い字数でのテキストコミュにケーションネットサービスっていうのは限界があるかもねと言っておこうかな。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-11-11 23:03 | Web