<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ノルウェイの森が映画になるそうですが。

Excite エキサイト : 芸能ニュース2008年7月31日 07時54分:村上春樹の世界的ベストセラー「ノルウェイの森」映画化:バラエティジャパン
そのハルキさんでない春樹さんの作品は私ほぼ読んでいなくて、かろうじて『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を読んで、『ああこれなら神林長平さんの作品の方が自分にはあってるなあ』と不遜な事を思ったくらいの人で語るべきではないのかもしれないが、それでも村上春樹という人の作品は一種のアイコン化した人気を誇っており、とにかく読むことがステイタスになっているようにも感じる。

そんな村上春樹氏の作品でも絶大な人気を誇る『ノルウェイの森』が映画化というのはやはり映画ファンとしては気になる話しであり、この機会に原作を一丁読んでみようかという気にもなる。

そう、昔それこそ角川の春樹さんが仕掛けたやり方。実際それで『人間の証明』に『野生の証明』『戦国自衛隊』も読んだし、『狙われた学園』に至っては読んでいたのに、わざわざ文庫買いなおしたいいカモだったわけで(苦笑)

だけどアスミックが制作母体だが微妙にフジが噛んでいるっぽい書き方なので・・・キャストに一抹の不安という人もいるかも、ですな(笑)
監督はベトナム出身でフランスを拠点にアジアを舞台にした映画を作っているトラン・アン・ユン。最新作は香港を舞台にしたジョシュ・ハートネットとイ・ビョンホンの映画らしい。
噂ではキムタクも出演??とか。
J・ハートネット主演の米仏合作にイ・ビョンホン出演!キムタクも? : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
こちらも注目が集まるかも?
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-31 23:26 | column@Movie

水曜イチオシどうでしょう(笑)

この水曜には自分のイチオシなのに2本のドラマがある(笑)
『ケータイ捜査官7』
『ゴンゾウ~伝説の刑事~』


『ケータイ捜査官7』はおっさんが言うのもなんだが是非今の小中学生に見て欲しいドラマ。
古のNHK少年ドラマシリーズを思い起こさせる。
ウルトラシリーズやVシネマ、ドラマ、映画で活躍しているクリエイターがのびのびと、だが真剣勝負で作っているのが伝わる良作としてもっと認知されていいんじゃないだろうか?
パイロットの三池崇史監督からして全然真剣勝負なんでびっくりしたがここに来てまたクオリティがあがっているのには驚く。長期シリーズだからこその丁寧な描き方もあるけれど今日のエピソードではゼロワンがセブンのケイタに挑戦する部分にバディシステムと行き過ぎたテクノロジーへの警鐘や『信じる』ということと『伝える』という事が分かり易く、だがちゃんとエンタテインメントとして描かれている。来週はちょっとした夏企画モノっぽいようだがこれも楽しみだ。

そして『ゴンゾウ』過去のある事件でPTSDになってしまった元捜査一課のエース。黒木が所轄の備品係でくすぶっていたのだがその管内で殺人事件が発生。捜査一課で元同僚の現エース佐久間が黒木を現場へ引っ張り出す。というストーリーだが初回から配役も含め楽しませてもらっている。一話完結でないため、とっつきにくさがあるようだが、それ除いてもこれは観るべきドラマ。連続モノの醍醐味というか、続きが気になるドラマだ。こういうのはNHKの十八番かと思ったがいやいや『相棒』でノッてるテレ朝、やってくれますなあ。
こういうのと『相棒』が交代でやってくれれば嬉しい限りだが。

追記:
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-30 23:29 | TVdrama

映像表現の先にあるものはなんだろう。

Variety Japan | 長編CGアニメ「バイオハザード」コミコンでお披露目
エキサイトのつぶろぐでちょっとした懸念を書いた。
あとでブログに書くかも。とりあえず『FF』の悪夢再びになるのか、それとも。スチルを観た感じではゲームのCGムービ準拠という形なのでファンは入りやすいかもしれないが一般のお客さんの反応が気になる。|tonbori-drさんのつぶやき|つぶろぐ|エキサイトつぶろぐ
これは『ファイナルファンタジー』(映画版)という映画を思い出したから。
ファイナルファンタジー(2001) - goo 映画

この映画は150億(詳しい数字は知らない。gooには数字が出ていない)当時雑誌でも相当に取り上げられたしゲームのファイナルファンタジーでのオープニングCGやゲーム中に挿し込まれるイベントムービーを観ていたファンたちはそれなりに期待していたのが、完成近くになるつれゲーム系ではなくちょっとおしゃれな雑誌系に軸足が移ってきたように思った事を覚えている。

それは只の印象だけれど正直フルCGってまだこの時には海のものとも山のものとも分からなかったが日本公開に先駆けてアメリカで公開。それが157億の制作費にも関わらず3200万ドルの売り上げしかなかったという。
まあウィキペディア情報なのでガセ?かもしんないねということで(苦笑)
ファイナルファンタジー (映画) - Wikipedia
ということでこちらのソースをペタリ。
映画『ファイナルファンタジー』興行振るわず=スクウェアが約130億円の特別損失
つまり当初の目論見どおりでいかななったのも事実だろう。監督であり総指揮を執ったスクウェアの坂口氏は取締役を退陣したし会社も損失を計上した。

その後フルCGでアニメを映画を作ると言うことが無くなったわけじゃない。アメリカのピクサーはCGアニメで映画作り続けヒットを飛ばしている。そこからキャラクターの妙なリアル感がうけなかったのではないかという話も出たが実は今回色々ぐぐってみると案外映像表現はかなり高評価を得ているのだ。
ダメだったのは平坦なストーリーだったのかもしれない。今時ゲームも練りこまれたストーリーじゃないのかとは思っていたが2時間弱にまとめる際に普通の起承転結な話にしてしまったのかもしれない。
だがこれからの映像表現にはCGはやはり必要だと思っている。

ということでちょと長くなってしまったので続きはまた。これから先のCGと話をもうちょっと書いてみたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-29 22:45 | 私声妄語

今さっき録画した『コードギアス』を観たが

いつもはCMスキップしているんだけどながらで流していたんでCMも流したら

なんだガンダム00やるんだ(笑)

公式発表つうか雑誌ではやるんです、みたいな感じになってたけど。
また視聴率が何パーセントとかでということになるんだろうな。

あと今度の敵のロボット、じゃなかったモビルスーツはバリエーションが乏しくなるのだろうか。

前回の各陣営のカラーの出た別デザイナーによるメカデザインは個人的に好きなやり方だったけど。
でも評判はどうだったんだろうか。あまり他のサイトでの感想を読んでもそこらへんはスルーなところが多かったし。

ギアスはねー、まあ今回はインターミッションって感じで状況説明とフラグ立ての回って感じで来週もそんな感じ。話数的には8月に一度山場をもってきて00が10月開始らしいので9月に怒涛の最終戦かなと。ちょっとダルダルになってるけどナイトオブラウンズのワンが動き出したのでそこらは期待。模型雑誌で設定も出ていたギャラハットのアクションはちょっと期待。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-27 23:52 | anime&comic

予告編とはいってるが、これは激しくMADじゃないか?

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』動画を無料放送<パソコンテレビ GyaO[ギャオ]>
『スカイ・クロラ』の予告編映像を3人の映像作家が作って、それがGyaOで独占公開されているけど、

これニコニコやyoutubeで上がっているMADと変わらんのじゃないか(笑)
特に庵野監督と行定監督のは結構内容的に御本人達の嗜好も伺えつつもツボを抑えているけれど樋口のシンちゃんはマジMADじゃねーかよ(爆笑)

というか公式MADか。一応公式サイトで紹介されているわけだし。
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』公開記念特別企画 庵野秀明、行定勲、樋口真嗣 3監督によるスペシャル予告編を独占公開! - 押井守監督最新作 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト

いやマジで樋口のシンちゃんのはニコニコで上がってても不思議の無い出来だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-26 00:44 | column@Movie

祝シーズン7決定!『相棒』

Excite エキサイト:芸能ニュース:2008年7月25日 06時05分「相棒」スピンオフ『鑑識・米沢守の事件簿』堅調 10月から2クールにわたる新シリーズ放送決定:バラエティ・ジャパン
まあ他にも各媒体でスピンオフ映画の記者会見の模様ともにシーズン7の発表があったもようですが個人的には『相棒|元APブログ伊東でございます』、のエントリ
相棒6|元APブログ「伊東でございます!」[107] シーズン7 放送決定!で発表された、脚本家輿水泰弘さんの復帰が何より目出度い!
次の劇場版があるなら是非輿水さんに書いていただきたいなと。
その前にスタートスペシャルの内容が気になるところでありますが。

それとともにスピンオフの米沢さんはフジの『SP』か『踊る3』とぶつかる可能性があるんですよね(笑)いや個人的には米沢さんガンガレ!超ガンガレ!なんですが(RAPネットワーク特本の捜査員あるまじき発言ですが(笑))世間的には『SP』や『踊る』がぶっちぎりの下馬評になるんでしょうねえ。いやだからこそ米沢さんを強力にプッシュしておきたいなとは思っているんですが(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-26 00:04 | TVdrama

毎度のルパンスペシャルをやってたわけですが。

ニュースサイトのカトゆー家さんのところで知ったんだけどなんでも、
『ルパンはとんでもないものを盗んでいきました。我々の2時間です。』
と揶揄されているそうで。

カトゆー家断絶

で今日の金曜『特別』ロードショー『ルパン三世sweet lost night ~魔法のランプは悪夢の予感~」』なんだけど監督のアミノテツロって『マクロス7』のアミノさんだろうか?ホンは大川俊道さん。
ルパン三世『SWEET LOST NIGHT』~魔法のランプは悪夢の予感~ - 金曜ロードショー
そのなんというか確かにここ暫くのルパンSPの悪いとこがあって、まず枚数が使ってないわけじゃないのに何故か戦闘シーンで意味無く止め絵になる。
あれなんでだろうか。出崎さんの演出なら止め絵を劇画調にして効果的カットバックを見せるんだけどルパンSPのは完全に?と思う。
確かクリカン最初のヤツはまだ動いていたような記憶があるが。
もっと動きで見せないとルパンじゃないなあと思うんだけどなあ。とりあえずルパンvs複製人間くらいにはやってもらわないと。TVSPとはいえその辺りはちゃんとやってほしい。
一応2時間盗られた~とは言わないけれど。
コブラも復活ということでやはりルパンも次元、五右衛門、とっつあん、不二子が元気なうちはまだまだ頑張ってもらわないとね。
もういいよという人もいるだろうけど新作が観られないってのはそれはそれで悲しいもんだし。
クレしんだってドラえもんだってちゃんとTVやって映画できてるわけだから、ルパンもそこはやっとかないと、とまあそういう話です。

ちなみに『冬ソナ』コンビに関しては特に。というか田中美里さんは結構良かったんじゃないですか?(笑)結構ふつうに聞けたし。やや棒でしたが気にはならないレベルでした。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-25 23:45 | anime&comic

*ホントウのウソ。『ザ・マジックアワー』

マジックアワーってのは
『太陽が落ちる瞬間の周囲が暗くなる僅かな時間』なんだそうだけど(これはパンフの裏表紙見開きに書いてある。)
『映画秘宝』のバッド・ムービー・アミーゴスで『夕暮れどきだけじゃねえぞ」をお三方がご立腹。それは映画の中でマジックアワーが『夕暮れ』限定だし宣伝でそういうものいいをしていたから。とはいえそれ以外の事でも言ってはりましたが、個人的には悪くなかったよ(笑)つまりこの映画はそういうマジックアワーを見せる話。

まるでセットのような町『守加護』そこでダンスホールの支配人がボスの愛人に手を出した。当然その代償は命!だが伝説の殺し屋『デラ富樫』を連れてくる事を条件にしばしの猶予を与えられる。もっともその支配人は全然、デラ富樫の事を知らない。そこで一計を案じて売れない俳優、村田をスカウトする。支配人は村田に映画の撮影と偽り、デラ富樫を演じさせてこの場を切り抜けようとしたのだ。だが事態はさらに・・・。

完全に舞台劇を映画に持ってきたという印象。ネタは笑える。『ホット・ファズ』とは違うけど笑いは笑い。ただ個人的に好きなネタを使っているだけにどうしても厳しく観る自分がいる。でも豪華なキャストが、前回の有頂天では機能しているものの尺が長く冗長な感じを拭えなかったのに対し、今回は『守加護』という町(舞台)に押し込めたことでうまく機能している。

とはいえ前段で色々顔見世興行をやることによりちょっとした豪華感を漂わしているが果たしてそれは必要だったのかとも。

基本的にはコンゲーム。ネタは割れているから、そこからどういう風にオチをつけるのかというのが基本。もちろんドンデン返しも含めて。

古い映画ネタをも突っ込みつつ展開されるのはまさに三谷喜劇。これが東宝のアクション&コメディへの目配せ、もしくは日活へのそれがあればさらに面白かったのだが。

このあたりは難しいなと思うところ。

だが尺がちょっとだけはみ出ているのを別にすれば上々じゃないだろうか。


とはいえ少しひっかかるところも。

個人的な感想ですが。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-24 22:27 | Movie

なんだか10本紹介するって、

アニオタが非オタの彼女にアニメ世界を軽く紹介するための10本
がはてなブックマークで人気だったので読んでみた。
よくある自分の趣味開陳系またはお気に入り紹介系エントリをちょっとひねったもののようだがブックマーカーががっつり喰いついているのはオタクが非オタクの彼女に軽く紹介するがいろんな意味で耳目を引いたようだ。
はてなブックマーク - アニオタが非オタの彼女にアニメ世界を軽く紹介するための10本

やはり非オタ、しかも彼女っていうのがこのエントリの肝で架空設定にも関わらずこうまで反応するのは、実は皆ちょっとは考えた事があるということの裏返しかもなあとふと思う。
もちろん自分もこういうエントリを書いていると言うことはもちろんある。とはいえ実行したことは無い。
いいとこ、エヴァが流行っていた時に解説するとか(設定を)ジブリ系くらいならという感じ。

それよりもそういうのは話の通じるところでやるから面白いんであるんじゃないかという気がするが。もちろんちょっと観たいなというアクションを非オタ(彼女とは限定せずに)から在ればとりあえずどんなの観たいの?というオーダーがあって初めてそういうのは成立するんじゃないかとは思うが。

というよりそもそも、そんなことあるのかなという反応も盛り上がっている一因かも(笑)


特に10本とかいうのも、オレの愛するとか、いやそれは無いだろうとかがあるし第一いきなり10本設定するというのがその目的とするのは趣味開陳系とかバトン系と同じ感じがする。ちょっと設定がアレなのでもりあがっていますという感じが妙に残るがまあ妄想を書くのにははてな匿名ダイアリーはちょうどい。
でそういうのに反応する人もよく集まっていたというだけのことなんだろう。
実際テンプレ化されて改変エントリが立っているのは、そういう流れだろうなあと強く思う。

アイマスオタが非オタの彼女にアイマス世界を軽く紹介するための10本 - 握力
ガンダムオタクが非ガノタの彼女にガンダム世界を軽く紹介するための10本 - 第三幕第一場
ホラーオタが非オタの彼女に日本ホラー世界を軽く紹介するための10本 - 幻想動物現場主義
エロゲオタが非オタの彼女にエロゲ世界を軽く紹介するための10本 - 脳髄にアイスピック
ミリオタが非オタの彼女にミリタリ世界を軽く紹介するための10両
ボンクラが非ボンクラの彼女に映画世界を軽く紹介するための10本 - 男の魂に火をつけろ!
いくつかはてなで拾って見たが興味深いオタクセレクトになっているのは笑うトコなのかうなずくトコなのか(^^;

追記;08/07/24 22:55
さらに
SFオタが非オタの彼女にSFを軽く紹介するための10冊 - 安寿土牢 - ファック文芸部
というのが出てきてましたよ。
なんだかはてなダイアリーの自然発生的なバトンになっているくさいよこれは。
実際10本セレクトって、そのジャンルに通じていないと難しいし。
ふるゆわ系女子がふるゆわ系の好きそうなスイーツ10個を選ぶのだって同じこと。
だからこそセレクトするというのは雑誌の、新聞の、ウェブサイトのよきネタになりえるってことを証明してますねえ
さらに銃オタ向けに!
銃オタが非オタの彼女に銃世界を軽く紹介するための10挺 - 火薬と鋼

追記アリ。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-23 22:33 | 私声妄語

*『大江戸評判記 美男の顔役』って時代劇を観た。

これ、近畿のUHF局でやっていた。(KBS京都の『中島貞夫の邦画指定席』)
これは始めて観たんだけれど、すげー面白かった!
やはり東映時代劇は面白いなと、東宝とはまた違う様式美がある。
というか悪漢(ピカレスクロマン)あり人情ありチャンバラありのてんこ盛り。

配役も東映オールスター。
主人公金子市之丞に銭形平次こと大川橋蔵、その相棒の悪名坊主、河内山宗俊に悪役の多い山形勲。仲間に暗闇の丑松に渥美清、御家人くずれのチンピラ直次郎に黄門さまこと里見浩太郎。
などなど。

何の気何しに観たんだけれど録画しておけば良かったなあ(^^;残念。

この枠、雷蔵さんのとか古い映画を時代劇中心に(時には任侠モノも)やってくれる貴重な枠。
それほど観ているわけじゃないけど時々観ると、こういう当たりに出会う。

この作品でなんといっても出色なのは黒幕や悪巧みをする側の山形さんが同じ悪党でも気のいい弱いものをほっとけない悪党である河内山宗俊を楽しげに演じているところ。
これだけでも価値ありな1本だったと言い切ってもいい。

美青年時代の山城新伍(笑)も出ているが、なんといってもチンピラ演技の黄門さまが見もの(笑)
テンポも良いしオチも人情モノのセオリーをちょっとひねっているのもまたイイ。
いやいいもの観たなあ。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-07-23 20:56 | Movie