<   2008年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ライドアーマーかモトスレイブのようなものを想像したが

まあアニメマニアックなネタなので。
分かる人にだけ(笑)
エクソスケルトン(外骨格)+バイク=ハイパーセグウェイみたいな乗り物 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
そういえば何処にも変形するとは書いてない!(タイトルに)(苦笑)

ということで見た瞬間に
あ、これは新しいハリウッド製SF映画に似たようなのが出てきそうだと思った。

もっともモトスレイブに似てなくも無いな。頭が(笑)
ちなみに画像を探したが著作だのなんだの面倒そうなので
グーグルの検索結果を貼っておく。
グーグル画像検索/モトスレイブ
バイクの変形するのがそうです。

というかモスピーダのメカデザイン、荒牧さんか柿沼さんあたりにデザインを考えてもらえば変形しそうではある(バイクに)
というかどっちかというとスタジオぬえの河森さんチックなライン?と思ったり。

しかしアートミックのデザインラインって今見ると、結構ぬえとは違う意味で面白いなあ。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-29 23:04 | column

『RD 潜脳調査室』を観たよ

関西では先週から深夜アニメ枠マンデーパーク内でスタート。
昨日で2話が放送されたが、なるほど丁寧に作っているなという印象。

『攻殻機動隊』のラスト、ネットは海に例えられていたが士郎正宗の原作でも海へ潜るという感じの描写であった。

アニメ『SAC』でどちらかというと『マトリックス』的で水の中というのは押井さんも描写はしていたもののどちらかというとそちらは完全にガジェットとしての意味しか成していなかったことを考えると、なるほどこちらは士郎正宗の考える電脳世界という感じが強い。

どちらかがいい、悪いではなく世界観の構築が似ているが非なるものという事。

去年放送されこの春終了(今再放送中でもうすぐそれも終了する)『電脳コイル』も電脳空間はマトリックスタイプなんではあるが、現実とオーバーラップする部分は似ているのが興味深い。

ここにあるのは電脳空間というものが構築されたとしても人間の精神部分というものの解析がどこまで進むのか、もし進んでそこから融合、ないしダイブするとしても、やはりそれは一部ブラックボックスというかある種の霊的な部分に触れえるのじゃないか?という意図があるんかなとも。

まだ2話だけで全てを断じるわけには行かないが、まだまだこの海は深そうだ。
但しシリーズ構成が藤咲 淳一氏。彼は『Blood+』のシリーズ構成、監督だった人。
アレ、結構グダってたからなあ。心配では在るが、やれば出来る子ということを見せて欲しい。
まあ今のところはそんな感じ。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-27 23:09 | anime&comic

今日『コンスタンティン』をTVで観て

シャイア・ラブーフ(スピの秘蔵っ子と言われている青年)が
タクシー運転手でコンスタンティンのパシリ(笑)チャズ・クレイマーが彼だった!

つうか全然今まで気がつかなかった!

やっぱり映画は主役でないと!

映画好きならさっさと見分けるんだろうけど浅い映画ファンだとこんなもんなのかも(^^;

テレビ局のキャスティング重視もやっぱり正しいのかも(笑)

とかちょっと思ったッス。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-25 21:42 | column@Movie

コードギアスが数字集めに妙な番宣番組をやる件

今日は先週末にかけての週末イベントが続いたのでちょっと家で養生していた。
で昼寝をして山下達郎『サンデーソングブック』を聞き逃したりしてイーッとなったりしたのだが
折角なので巷で視聴率が話題になっている『コードギアスR2』を観る事にした。

これについては別館でエントリを書いているのでその数字云々は今回はスルーするが
Web-tonbori堂別館: コードギアスの視聴率についての雑感
驚いたのは来週の予告。
なんだかどーでもよさげなキャンペーン番組をやるようなのだ。
アホちゃうか?
数字が下がっているのにお笑い芸人と、タレントを使うこーゆう番宣番組って、
まあヲタな芸人(ガノタ芸人だけでなくエヴァ芸人もいるらしい)は最近多いけれど(そういえばよいこ(旧かなでないなあ)の有野が出るが彼はゲーオタだったな)それほど興味の無い人だとトンチンカンだし詳しい人だとおいけてぼりだし、こーゆうのは結局話のクオリティだけでしか数字は取れないよということとマーケティング的に言えば、どの時間にもってくるのかというリサーチは必須だろと。
まあアニメなんぞはTV局にとっては未だに別段力を入れるべきものでは無く、でもそれなりに金が落ちるのでやってますよというのが見え見え。スタッフやディレクターレベルでなくプロデューサーレベルでもっと上の枠をいじる連中に働きかけないとかなりヤバイんじゃないだろうかと思う出来事だった。

あー、もう手がいてーのにこんなに打たせるなっちゅうの。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-25 17:54 | anime&comic

フジの映画の迷走っぷり

Excite エキサイト:芸能ニュース:不敗神話を誇った草なぎ剛についに陰り [ 05月23日 10時00分 ]ゲンダイネット
『猟奇的な彼女』ははっきしいって低空飛行でもしょうがないかと思う。
まずホンが不味いもの。だがこの陰りは草なぎ不敗神話とかじゃなく、ぶっちゃけ『黄泉がえり』は公開スクリーン数そんなに多くなかったとかいってたような?ソースが出ていないが異例のヒット&ロングラン上映だったと思うし、それで多分間違いなかったはず。
実際ネットで話題を拾って自分も観に行ったのだから(笑)つうか平日にいったにもかかわらず近隣で2館ほど、なので満員。女性ファンだけかと思えば案外おっさん、男もいた。


まあ『黄泉がえり』だけに限定するならば誰もそれほど期待していなくて15億程度ならいいんじゃね?みたいな雰囲気の中、じわじわロングランで35億、おっとこれは嬉しい誤算ですよみたいな感じだったと思うのだが。ちなみにそれなりにキャンペーンはやってたようだけど、今のようにのべつ幕なし絨毯爆撃じゃなかったよ。

で今回の『山のあなた 徳市の恋』なんてバリバリスクリーン数抑えてロングランを狙うタイプじゃん。既にそこから戦略間違ってるわけで作品の出来&評判などは横において置いてもこのフジ的な絨毯爆撃作戦は間違っている。

とにもかくにもかけたお金を計算できるキャスト作品ならしっかり『回収』という頭があってのこのキャンペーンだろうがボタンの掛け間違いに他ならないだけだと思う。それが悪影響を及ぼさなければいいけれど。

ゲンダイさん的にはジャニは敵認定なんでキャッキャッとかきたててる印象あるけど、草なぎ君は正直キムタクのように個人で50億近い興行収入を動かせる(『HERO』は80億だけどこのクラスの邦画の平均を考えると個人で50億は非常にデカイ)タイプじゃない。ちょっとツウなことをやって映えるタイプ。自身もそこに活路を見出していたはずなんで正直とまどいはあるだろうとは思うのだが。

ただこれからフジは『少林少女』の件もあるけれどキャンペーン方法を考えないと危ないんじゃないのかと思う。
次の『マジックアワー』はグランドホテル形式なんでこの動きも気になるところ。

中身と宣伝をきっちり合わすとか、回収のための仕掛けはほどほどにしないとますます自縄自縛に陥るんじゃないだろうか。

ちなみにオリジンは66分の小品ながら味わい深い良い作品だとか。
こういうのを現代にリメイクって(『椿三十郎』もそうだけど)そのままリメイクってのは厳しいだろうなあ。だって前作は越えられないの前提だもの。
でこの件は2つの問題があるんだけれどそれはまた気が向けば。

※ちょっと文章直しました。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-24 00:20 | column@Movie

ブログやめます・・・・・なんてな。ウソ『退会します』

某SNSの地雷バトンだそうです。

『退会します』というので釣って見た人がm9(^Д^)プギャー

まあスルーしるっていうのもあるでしょうけど釣られてみますた(笑)

だけどそのSNSで晒さないのは

自分は『大日本バトンはなるべくやらないゼ党』(名前はその時々で変わる)に所属しているからです(ヲイ)

このバトン拾わなくてイイです(笑)

奇特な方で拾うぜというのなら別の止めは致しませんが(^^;

というかこのバトン名前も悪いですよね。
地雷だなんて。

世界各国で地雷ダメ。ゼッタイ。
谷村美月ちゃんが黒い涙を流して訴えるくらいに世界でやめないかっていってるのに。

そうですね、釣りバトンなんてどうでしょうかね。
まあそれは使う皆さんの自由ですけど。(地雷もダメ。ゼッタイ。と言っても蔓延してますしね)

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-23 03:20 | 私声妄語

今月号の『映画秘宝』の表紙は真木よう子

ということで皆観てますかあ!
『週刊真木よう子』

いやいつか言及しようかと思っていたが、まあこういうのはこそーり楽しむもんだろというのもあって(笑)
しかもUHF、テレ東系なのでネットしていないところも多いだろうしDVD出てからでもいいかと思っていたが。

というか真木よう子、エロい(笑)。そりゃ色んな人が入れ込むのも分かるというもの。

このドラマも色んな監督さんが真木よう子でこーゆうの撮りたいゼっていうのが毎回滲み出ていてそれこそ10人十色な物語が展開されている。

週刊真木よう子:テレビ東京
もうかなり話数が進んでいるのだけれど真木よう子は一見の価値ありだと思っているので興味があれば是非。

で、DVDが出たあかつきには『トラ・トラ・トラ』がオススメ。今のところでの次点は『おんな任侠筋子肌』。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-21 22:43 | TVdrama

映画ではないブレードランナー。

備忘録的に。
映画評論家町山智浩さんのブログのエントリ
ブレードランナーと呼ばれる両脚の無いランナー - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
ニュースにもなったのでご存知の方も多いかと思う。

自分は最初にこの南アフリカのオスカー・ピストリウスさんの話とTVでの映像を見た時に思ったのは不謹慎かもしれないがサイボーグ的だなと思った。もちろん望んでの改造ではないのだが、失ったものをさらに高性能な機器に置き換える、または補助させるというのは『600万ドルの男』や『バイオミック・ジェミー』でも描かれている。

それと共に士郎正宗氏の漫画『攻殻機動隊』ではサイボーグが一般的に普及した世界で(義体と呼ばれている)パラリンピックにそういったサイボーグ達が出場しているという設定があった。アニメ化された『攻殻機動隊SAC』でも1エピソードでパラリンピックのサイボーグ格闘のメダリストが出てくる話があった。

それでニュースを見て、今後、技術革新でパラリンピックでスゴイ記録が出る前にこういう前例が出来ると将来的にはオリンピックと統合されることになるのだろうか?と思ったのだが。

まだまだサポート体制などで難しいだろうけど、オリンピックの精神から考えればそういうかたちになっていくのが自然かもしれない。

でも町山さんも士郎さんのネタを知っていると思うので(過去エントリで士郎さんの漫画の描写についての言及があった)言及するかなと思ったんだけど。

『標的は11人』がスピルバーグ監督で映画化 - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
『アップルシード』のリボルバーのフルオート撃ちは実在した - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-20 00:39 | 私声妄語

フィギュアに16億か。

Excite エキサイト:芸能ニュース:村上隆氏作品に16億円 フィギュア、NYで競売 [ 05月15日 13時08分 ]共同通信

で2chの反応を掲載した痛いニュースさんのエントリ。
痛いニュース(ノ∀`):村上隆氏作のオナニーする少年のフィギュア、16億円で落札・・・米

写真もある。
正直、アートに関してはよく分からんので感想的には痛いニュースさんの2ちゃんねるでの反応と大差ない。
16億の価値を見出すことはおろか、これがいい物とは思えない。ただくれるというなら頂く。

その場合証明書や箱書き付きであげると言われればありがたく頂戴し、しかるべきディーラーに依頼し売り払うけど(笑)

でも村上氏は批判も多いけれど着実に儲けているなと思う。
一重に頭がいいんだろうな。批判者は彼と同じ事をすれば彼と同じ土俵に立ってしまってその批判が弱まる。そして同じ土俵に立っていなければ特段問題視することもない。
アート界っていうのは一種特殊なソサエティーと聞くしなあ。

しかしこういう話を聞くと不況とは縁が無いセレブの道楽なのねえとまあ思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-15 23:18 | NEWS

とりあえず春ドラマが出揃ったということで

そうだなあ、とりあえずこのクールで観ているのは、
なんだっけ?

イマイチ、ピンとこないのは始まった連続ドラマのうち結果的に通しで観ているのは『ハチワンダイバー』くらいだから(苦笑)

ちなみに『ケータイ捜査官7』と『警視庁捜査一課9係』は除いている。
これは鉄板で観る作品だから(笑)

でこの春クール、どのドラマも自分の嗜好には微妙にズレを生じていてイマイチのめり込んでいけないのが原因。

映画ではホンを重視するがドラマは実はキャラクターを重視している。もちろんホンも大事だけどキャラもつかみがないと観続けるモチベーションが上がらない。
かといってキャラだけだとそれはそれで辛いけど。だから『ごくせん』『ルーキーズ』も厳しい。
つうかこの2本、古い。キャラは大勢揃えてベタな展開。だから安心できる。いやそりゃ分かるんだけどもって感じで両方とも最初の1回だけ観て後は観ていない。

日曜『猟奇的な彼女』インパクトが弱い。ホンのセンスが古い。やっちゃった感がある。演技は悪くないのでさらにトホホー感が。
これもう全話撮了しているそうで・・・さらにトホホーなんですが。

月曜『CHANGE』はじまったトコだけど、それほどどうですかって感じで阿部寛が得意とする役をやっているところと深津ちゃんはあいかわらず上手いねというところ脇役が豪華ですとしか言いようがない。まあ阿部ちゃんのキャラが今後どう噛むのかは少々興味あるが最終回まで持たせてくれるか中盤観ないかは来週の出来次第。

火曜の『絶対彼氏』は佐々木蔵之介がいい仕事をしているし棒立ちで棒読みヒーロー、もこみちがはまっている。水嶋ヒロもいいけれど、まあ毎回観るには何かが足りない。よく分からんけど。実はその後の『無理な恋愛』もそうで夏川結衣はいい仕事してるんだけどね(それは土曜のNHKもそうなんだけど土曜は色々出歩くことが多く結局ここ数回観ていない)『おせん』は蒼井優ファンなら彼女のためだけに観とけって感じだけどね(苦笑)

水曜はまあ鉄板2本は置いといて、『ホカベン』出来はいい。役者もいい、『最後の弁護士』っぽい部分があるなと思ったら秦健日子さんが噛んでました(脚本監修)でもなんだろ、今はそういう気分じゃないのかもしれない。とはいえこういう重い話は毎度、視聴率が奮いませんな。もう少し良くてもいい感じはするがこういうのは気分が重くなるのかもしれない。そういえば『僕たちの教科書』も奮ってなかったしな。というか阿部ちゃんの『最期の弁護士』続編やんねえかなあ。

木曜ってなんかあったっけ、ああそうだ『ラスト・フレンズ』うーん・・・・。でもこれ10年前なら相当センセーショナルだったと思うが今でもそうか(笑)ちょっとあざとさが目に付くとこがあるね。でもまあフジの木10は手堅いから。
それよりも関西では『新・科捜研の女』がベタに視聴率がいい(笑)関東では見向きもされてないのに。というかまあ『CHANGE』でもそうなんだけど関東はべたに結構ドラマを観る人減っているってことなのかも。
で東京の人が好きなのはやはりF層を取り込めないとダメっぽいでFAでしょうか?あ、釈ちゃんのはなあ、アレもパターンなんで同じ法廷モノでもどっちかというと人情が入り込みすぎているかなと。

金曜、『Arand40』趣味ではないが出来はいいでしょう。1回目はけっこうシャンと作ってるなと。ただひたすら趣味じゃねえわ(笑)
だけどF層にはぐーなんで関東視聴率は15%キープらしいよ(ソースは各自あたってちょ。ここ1週間のは知らない)『パズル』は『トリック』の亜流として割り切ればそれなりに。『キミ、犯人じゃないよね』もそういう感じで。ただキャラはナイトドラマの『キミ・・・』の方が立ってる。

総合的にドラマかなり観てないっス。ドラマ好きなのに!と思ったけれどもしかすると自分は『相棒』を初めとする刑事ドラマ、サスペンスミステリージャンル(法廷、社会派も含む)が好きなんだけれど『相棒』が終わったことによる一息感でちょっとモチベーションが下がっているのかもしれない(笑)まあそんなこともあるだろう。
今はとりあえずUHFで周回遅れの『CSI:マイアミ2』を楽しんでいる。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-05-14 23:04 | TVdrama