<   2008年 04月 ( 67 )   > この月の画像一覧

喜八監督が手がけた『暗黒街』シリーズが出る!

岡本喜八監督が東宝時代に手がけた暗黒街シリーズのボックスが登場。
DVD 暗黒街列伝 -GUNS AND GANGS- - DVD情報 allcinema
実はこのラインナップは噂に聞くだけで未見なためかなり心が揺れ動いております(笑)

どうやらバラ売りも敢行されるようだけどこの辺り一度観てからの方がいいかなあ。

でも面子が
鶴田浩二、宝田明、三船敏郎、加山雄三、佐藤允、中谷一郎、中丸忠雄、平田昭彦。忘れちゃいけない堺左千夫、中山豊、山本廉にミッキー・カーティス。
など東宝オールスター&喜八組常連による東宝アクション。
日活のそれとはちょと違う味のアクションシリーズとしてしてもコレは面白そう。

かなりやばいなあ(笑)ダーティハリーコレクションも出るというのに(^^;



い!いかん、大事な人を忘れてた!
当然
天本英世先生も『顔役暁に死す』以外に出演しています。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-28 22:38 | column@Movie

聖火リレーの雑感

元々、オリンピックと政治は切り離したほうがいいと思っている。

というのもモスクワのボイコットで結局出れなかった人々は色々なモノを背負い込んだ。
現役をあきらめた人だっていて、それを悲劇というメディアが
同じ口で、北京五輪はいかがなものかというのは、いったいどの口なんだろうかと思っており
両者を混同するなというならチベット問題とオリンピックも混同するなという話。

もっとも坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのはよく分かる。
果たして長野で行われた五輪の聖火リレーはこういうものだった。

聖火リレー:怒号、小競り合い…ピリピリムードの中出発 - 毎日jp(毎日新聞)
【聖火リレー・グラフ】熱狂・長野の一日 - MSN産経ニュース
気のせいか赤い写真が多い。いや熱烈歓迎もいいけれど、歓迎しているというかなんというか。
そりゃやっぱり坊主憎けりゃ袈裟まで憎いなるかなと思わざるを得ない画面だなあと感じる。
基本的にはダライ・ラマと対話する用意があるとかいう話も出ているがともかく五輪は行われるだろう。
それはもう間違いないしもしボイコットする国が出ても行われる。国の首都としてアジアの中心としてとか色々戦略的に考えていることもあるしともかく体裁をつくろうため何もかもが急ピッチにすすんでいるのもよく報じられている事だし。

平和の祭典といわれているが一方ではオリンピックを開催するということは国際社会の(ベタに言えば)一員の仲間入りでもある。
いや中国は国連の常任理事国で云々という話もあるけれど、都市のインフラ、その他の水準並びに交通機関の整備とアクセス含めそういう事がなければ五輪は誘致できないし、そっから誘致しても決まるにはコンペを通らなくちゃならない。名古屋も大阪もそれで撃沈したのは記憶に新しい。
中国で初の五輪。メダルを獲るだけじゃなくちゃんと運営しきって世界に『ちゃんと出来ます』というのを見せなくちゃならないのもある。
もちろんこんな情勢下では不安視する声もあるけれど基本的には北京では大きな混乱は無いだろうと見ている。
反対にチベットサイドがこの流れをうまく国際社会に根付かせれるかの方が重要だろうが喉元すぎればなんとやらかもしれない。
この先もまだまだ注意して見ないと見えてこない問題だと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-27 19:24 | 私声妄語

聖火リレーの雑感

元々、オリンピックと政治は切り離したほうがいいと思っている。

というのもモスクワのボイコットで結局出れなかった人々は色々なモノを背負い込んだ。
現役をあきらめた人だっていて、それを悲劇というメディアが
同じ口で、北京五輪はいかがなものかというのは、いったいどの口なんだろうかと思っており
両者を混同するなというならチベット問題とオリンピックも混同するなという話。

もっとも坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのはよく分かる。
果たして長野で行われた五輪の聖火リレーはこういうものだった。

聖火リレー:怒号、小競り合い…ピリピリムードの中出発 - 毎日jp(毎日新聞)
【聖火リレー・グラフ】熱狂・長野の一日 - MSN産経ニュース
気のせいか赤い写真が多い。いや熱烈歓迎もいいけれど、歓迎しているというかなんというか。
そりゃやっぱり坊主憎けりゃ袈裟まで憎いなるかなと思わざるを得ない画面だなあと感じる。
基本的にはダライ・ラマと対話する用意があるとかいう話も出ているがともかく五輪は行われるだろう。
それはもう間違いないしもしボイコットする国が出ても行われる。国の首都としてアジアの中心としてとか色々戦略的に考えていることもあるしともかく体裁をつくろうため何もかもが急ピッチにすすんでいるのもよく報じられている事だし。

平和の祭典といわれているが一方ではオリンピックを開催するということは国際社会の(ベタに言えば)一員の仲間入りでもある。
いや中国は国連の常任理事国で云々という話もあるけれど、都市のインフラ、その他の水準並びに交通機関の整備とアクセス含めそういう事がなければ五輪は誘致できないし、そっから誘致しても決まるにはコンペを通らなくちゃならない。名古屋も大阪もそれで撃沈したのは記憶に新しい。
中国で初の五輪。メダルを獲るだけじゃなくちゃんと運営しきって世界に『ちゃんと出来ます』というのを見せなくちゃならないのもある。
もちろんこんな情勢下では不安視する声もあるけれど基本的には北京では大きな混乱は無いだろうと見ている。
反対にチベットサイドがこの流れをうまく国際社会に根付かせれるかの方が重要だろうが喉元すぎればなんとやらかもしれない。
この先もまだまだ注意して見ないと見えてこない問題だと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-27 19:24 | 私声妄語

*『この世は悪意に満ちている』ノーカントリー感想

 なんというか非常に味わい深い映画だけど、アカデミー受賞作だからオススメってわけでもない気がする。ちょっと色々思索する作品。

もともとアカデミー賞を取るような映画は一般観客と相性がいいとは限らない。
もちろんそうでない作品もあるけれど。
だがこの作品は人の痛いところをつくので、そこがそういう事に関して興味の無い人にすすめていいのだろうかと困惑する。だが映画をよく観る人なら観た方がいいと思う。映画好きなら避けては通れない。そんな感じがした。もちろんそれで感じる事はイイも悪いも自由。

話は単純かつシンプルだけど決して予定調和では無い不協和音が常に流れている。
観終わったあと、座り心地が悪くなる感覚を味わった。
だがそれでこの映画がダメということではなくむしろ、これはそういう部分を狙っているわけでその部分でもしっかり見込み道理なんだろうなと思った。

実はコーエン兄弟監督の作品を今までは食わず嫌いならぬ観ず嫌いなため(理由はなんとなく『おされ』だから(苦笑))だが傑作『ファーゴ』は観なくちゃならないなと強く思いいきなりamazonのボタンをポチっとなと押してしまった。
というか借りればよかった(^^;<オレ

この作品で一筋縄でいかないなと思ったのは人がどんどん死んでいくところ。
なかでもバビエル・バルデムの演じる殺し屋シガー。彼が振りまく死はそれを一層深く印象付ける。

一度観ると忘れられないその姿。今まで色んな映画でいろんな殺人者が出てきたが、その不安感はそれらの名だたる殺し屋に名を連ねるにふさわしい。サイコパスとしては多くの人がハンニバル・レクター博士を上げるだろう。だがシガーはレクターとは違った空気をまとっている。
レクターはインテリでクラシックを好み、美食家でもある。経験豊かな精神病理医でもあり患者たちの尊敬をうけていることもあった。だがシガーにはそういう部分は無い。
どちらかといえば最初からアンダーグラウンドの住人であり組織から金の回収を請け負い行方を追う。手練れではあるが、障害物は排除し目的のために手段を選ばない。
だがただ闇雲に殺して回るのではなく本人にはあるルールがある。その部分はレクターと同じだけれど、しかしそれはそのルール外の人から見てば全く関係ない。この世の理と違うルールで動いている。レクターも最初はそういう部分があったが最近は何故そうなったか?という部分(これは原作者のハリスも映画化された『ハンニバル』で書かれている。この部分は『ハンニバル・ライジング』の叩き台になっている)が描かれてしまい、『同情するべき点』というのもが提示されダークヒーロー化してしまった。それに対しシガーはただの殺し屋として不気味に佇んでいる。


、原作者のマッカーシーは『純粋悪』と指摘している。そういう意味ではシガーは『ダーティハリー』スコルピオに近い。(背景の分かりにくさは『コラテラル』のヴィンセントもそうなんだけど彼は無闇に殺して回らない。変な話だけれど理屈が通った恐ろしい殺し屋だ)
もっとも『ダーティハリー』のスコルピオはその時代に西海岸を恐怖のどん底に叩き落した連続殺人犯『ゾディアック』をモチーフにしているが、格好は明らかにヒッピー。(ご丁寧にベルトのバックルはピースマーク)ようするに年寄りが『今の若いもんは!』という意味も込められている。(いささか乱暴だけれど)そういう部分が投影されている。
シガーも悪意がカタチになって歩いているようなもの。だが彼の場合はもっと根源的な、ヴィンセントの事を理屈が通っている恐ろしい殺し屋と書いたが、シガーは『理屈の通らない』『理解できない』悪意だ。人はそういうことに対峙したとき恐れ、困惑する。だからベル保安官(トミー・リー・ジョーンズ)は幽霊と言ったのだ。そして自分の対峙したものはなんだったのか、困惑し老人に教えを請う。そして老人は過去の出来事をひいて、今も昔も変わりは無い。人の悪意とはそういうものだと諭す。

この物語はスコルピオのような悪意の塊がいたとして。ハリーのようなそれこそミスターノーボディが対峙する寓話ではなく(おいらはそういう寓話が大好きだけれど!)、普通の人々がその悪意にさらされた時。そこでどう感じるのか、考えるのか?そういう物語だと思う。

実は逃亡する者、それを追う者、さらにそれをまた追う者の物語として語られているため間違いやすいが、冒頭ベル保安官のモノローグから入ることで分かるように、この物語はベル保安官の物語であり、彼の扱った事件(ケース)の一つを取り上げそこで蠢く想いや悪意を切り取り、断片的ながらもそれに触れてしまったベル保安官がそれぞれの人生の断片をすくい上げ自分の生き方に迷いながら、だけどそれでもこれが人の営みだと再確認する話だと自分は理解した。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-27 15:18 | Movie

マクロスFの雑感

今4話まで終了したところ。意識的に『超時空要塞マクロス』で使われたモチーフ。
歌手を夢見る女の子、空を飛ぶことが好きな少年、閉鎖空間に閉じ込められる。などをなぞりつつも、それまでのシリーズ。『マクロスプラス』『マクロス7』『マクロス0』の世界観をちゃんとフィードバック。
かなり楽しませてもらっている。
メカオタなもんで正直バルキリーがブンブン飛んで板野サーカスだったらOKではあるんだけれど(笑)
きちんと世界観の継承。そしてマクロスのモチーフ。歌と三角関係が引き継がれているのがおっさん的には嬉しい。
敵が今回、宇宙怪獣になっているのは若干、ガイナックスの『トップをねらえ』にかぶっている気がするが(そういえばメカデザインはぬえの宮武さんが参加していたはず)まあ7の敵でもあったプロトデビルンなどやプロトカルチャーとのつながりも気になる部分。まあそこは設定オタとして気になるだけだから本筋がしっかしてくれれば。

そういえばなんでもVF-25のペットネームが決まったとか。公募していたけれど締め切りすっかり忘れてた。
VF-25  ペットネーム決定!! - マクロスFRONTIER スタッフブログ
5月売りのニュータイプで発表とか。
ちなみに歴代のペットネームってば覚えているのが
VF-1バルキリー(基本的にマクロスユニバースでは可変戦闘機はバルキリー)
その次がライトニング(VF-4)、サンダーボルト(VF-11)、エクスキャリバー(カリバーかも)(YF-19→VF-19)、ナイトメア(VF-17)、シュトゥルムフォーゲルⅡ(ローマ字数字の2)(YF-21→VF-22)だと思う。
この辺りはアニメ本編でなくゲーム『VF-X2』で覚えた。基本的にアニメでは『バルキリー』という呼び名だし、それで通っているから問題ないし(笑)。
今度のは先祖がえりとしてもバルキリー的なネーミングとなると難しい。現用機的なサンダーボルトやライトニングから考えるとファントムとかもいいが何になったんだろう。(そういえば無人機がゴーストだしファントムって幽霊つながりでいいかもなあ、応募しとけばよかった(笑))

08.05.11追記:
本屋さんで『NEWTYPE』を確認したところ新型機VF-25のペットネームは
メサイアに決定したとか。
河森監督のコメントにも、『小白竜』の歌詞にあったのでマクロスとも関連があるという旨の発言があった。
映像上ではどうなるかはわかんないけれど『メサイア』ってのはスタジオぬえ的にも『機甲天使メサイア』という企画があったし結構縁のある名前。多分意識はしていると思うんだけれど。




バルキリーといえばこのゲーム。VF-X3出ないかなあ~
PSPでバルキリー&デストロイドゲーがでる様だけど。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-27 01:03 | anime&comic

マクロスFの雑感

今4話まで終了したところ。意識的に『超時空要塞マクロス』で使われたモチーフ。
歌手を夢見る女の子、空を飛ぶことが好きな少年、閉鎖空間に閉じ込められる。などをなぞりつつも、それまでのシリーズ。『マクロスプラス』『マクロス7』『マクロス0』の世界観をちゃんとフィードバック。
かなり楽しませてもらっている。
メカオタなもんで正直バルキリーがブンブン飛んで板野サーカスだったらOKではあるんだけれど(笑)
きちんと世界観の継承。そしてマクロスのモチーフ。歌と三角関係が引き継がれているのがおっさん的には嬉しい。
敵が今回、宇宙怪獣になっているのは若干、ガイナックスの『トップをねらえ』にかぶっている気がするが(そういえばメカデザインはぬえの宮武さんが参加していたはず)まあ7の敵でもあったプロトデビルンなどやプロトカルチャーとのつながりも気になる部分。まあそこは設定オタとして気になるだけだから本筋がしっかしてくれれば。

そういえばなんでもVF-25のペットネームが決まったとか。公募していたけれど締め切りすっかり忘れてた。
VF-25  ペットネーム決定!! - マクロスFRONTIER スタッフブログ
5月売りのニュータイプで発表とか。
ちなみに歴代のペットネームってば覚えているのが
VF-1バルキリー(基本的にマクロスユニバースでは可変戦闘機はバルキリー)
その次がライトニング(VF-4)、サンダーボルト(VF-11)、エクスキャリバー(カリバーかも)(YF-19→VF-19)、ナイトメア(VF-17)、シュトゥルムフォーゲルⅡ(ローマ字数字の2)(YF-21→VF-22)だと思う。
この辺りはアニメ本編でなくゲーム『VF-X2』で覚えた。基本的にアニメでは『バルキリー』という呼び名だし、それで通っているから問題ないし(笑)。
今度のは先祖がえりとしてもバルキリー的なネーミングとなると難しい。現用機的なサンダーボルトやライトニングから考えるとファントムとかもいいが何になったんだろう。(そういえば無人機がゴーストだしファントムって幽霊つながりでいいかもなあ、応募しとけばよかった(笑))

08.05.11追記:
本屋さんで『NEWTYPE』を確認したところ新型機VF-25のペットネームは
メサイアに決定したとか。
河森監督のコメントにも、『小白竜』の歌詞にあったのでマクロスとも関連があるという旨の発言があった。
映像上ではどうなるかはわかんないけれど『メサイア』ってのはスタジオぬえ的にも『機甲天使メサイア』という企画があったし結構縁のある名前。多分意識はしていると思うんだけれど。



バルキリーといえばこのゲーム。VF-X3出ないかなあ~
PSPでバルキリー&デストロイドゲーがでる様だけど。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-27 01:03 | anime&comic

大阪城

a0029748_2212945.jpg

近くまでよってみました。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-26 22:01 | Photo

夜景

a0029748_21514171.jpg

a0029748_21514122.jpg

近くを通ったので。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-26 21:51 | Photo

軽くここまでのケータイ捜査官7の感想

来週のゴールデンウィーク中は休止のようで。
でもココまでパイロットの三池さんの回から始まっていい感じで推移。
かなり丁寧に作っているなという印象。ただネット犯罪からは徐々に離れてる?みたいな(笑)
もっともゼロワンのアクションとかセブンのコロボックルのふきの傘とかいちいち画面に唸らされている。

第3回、第4回の演出、渡辺武、辻裕之の御二人はとりあえず手堅くまとめたかなという印象。

しかしいちいちよく考えられているなと言う気がする。
第3回ではライバルキャラ桐原の紹介編ながらラスト、ケイタが何故、ここまで危ない仕事をするのかという部分を次回に引くあたりちゃんと第4回で滝本に託されたからとオトす。
脚本がしっかりしているからだと思うしシリーズ構成の富岡さんがここまで書いている。
今後はゲスト脚本家とかをいれるのかどうかは分からないけれどちゃんと考えているホンのドラマを観るとほっとする。いや今の子どもは幸せだ。自分が厨房じゃない中学生だったなら絶対毎週リアルタイムで観てたなあと久々に思わせてくれる。その上おっさんが観てもちゃんとしているのだから言う事なし。

あとCMのセブン。マジでソフトバンク行く?みたいな感じになったよ、ヤバイ(笑)
まあバンダイのおもちゃでお茶を濁したいと思っているけど。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-26 02:05 | TVdrama

軽くここまでのケータイ捜査官7の感想

来週のゴールデンウィーク中は休止のようで。
でもココまでパイロットの三池さんの回から始まっていい感じで推移。
かなり丁寧に作っているなという印象。ただネット犯罪からは徐々に離れてる?みたいな(笑)
もっともゼロワンのアクションとかセブンのコロボックルのふきの傘とかいちいち画面に唸らされている。

第3回、第4回の演出、渡辺武、辻裕之の御二人はとりあえず手堅くまとめたかなという印象。

しかしいちいちよく考えられているなと言う気がする。
第3回ではライバルキャラ桐原の紹介編ながらラスト、ケイタが何故、ここまで危ない仕事をするのかという部分を次回に引くあたりちゃんと第4回で滝本に託されたからとオトす。
脚本がしっかりしているからだと思うしシリーズ構成の富岡さんがここまで書いている。
今後はゲスト脚本家とかをいれるのかどうかは分からないけれどちゃんと考えているホンのドラマを観るとほっとする。いや今の子どもは幸せだ。自分が厨房じゃない中学生だったなら絶対毎週リアルタイムで観てたなあと久々に思わせてくれる。その上おっさんが観てもちゃんとしているのだから言う事なし。

あとCMのセブン。マジでソフトバンク行く?みたいな感じになったよ、ヤバイ(笑)
まあバンダイのおもちゃでお茶を濁したいと思っているけど。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-04-26 02:05 | TVdrama