<   2007年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

崔監督のカムイ外伝の続報が入りました

カムイ外伝:松山ケンイチ主演、崔洋一監督で映画化 09年公開へ (まんたんウェブ)
主演はロボ!じゃなかったL!でもない松山ケンイチ。
似合っているかどうかはともかくどんなカムイを見せてくれるのか?まあそれにつきますわな。

ベタに漫画のビジュアルに似せてくるのか、それともオマージュとして今風にモディファイするのかという部分も気になる。

まあ『どろろ』と違っていわゆる最下層の部分に生きる者達の話を忍者という視点から大胆に描いている原作なのでその部分どこまで伝えられるのかが肝になるだろう。

実はガキの頃からサスケ、真田剣流、風魔、忍者武芸帳、ワタリなんかが家にあって伊賀忍者と言えば四貫目だろ!とか服部半蔵の影武者、犬丸半蔵とか猿飛とは人の名前にあらず術の名前とかおぼろ影の術に無角(カブトワリ)など、忍術・忍者に対するフォーマットはここで刷り込まれたと言っても過言ではない。

そして土地柄保守的な気風に育てながらも唯物とか部落差別についてちょっとばかし考えることになったきっかけにもなった。

なのでクドカンが脚本を書くことには一抹の不安を覚えている。
というのもオフビートな笑いとかそーゆういらない要素を入れないとしてもなんぼ才能があると評価されててもやはり酸いも甘いも噛み分けた監督自身が筆をとるべきじゃないのかと?
もしかするとやはり止まらなくなることを警戒してのことなんだろうか?

ということで脚本に不安を残しつつの船出となった気がする。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-31 22:56 | ネタ@映画

佐藤浩市、中井貴一、真田広之の3人って共演してましたな

Excite エキサイト:芸能ニュース:この人物のオモテとウラ 佐藤浩市(俳優) [ 07月30日 10時00分 ]ゲンダイネット
『亡国のイージス』で(笑)
だけど佐藤浩市はこの3人の中で唯一、舞台出演経験が無いそうな。
まあ例によってウィキペディアの記述なので鵜呑みは出来ませんけれど。
ただ中井氏、真田氏の舞台の話は時々新聞とかにも載ったのを見た事があるけど確かに佐藤氏のは無いなと。まあこれも個人の記憶なんでアテにはならんけど。

佐藤浩市 - Wikipedia

だけどついでに佐藤浩市、中井貴一、真田広之、そしてもう一人中年俳優四天王として挙げられている渡辺謙の誕生日を調べてみると
謙さんが、1959年10月21日。佐藤氏、1960年12月10日、中井氏が1961年9月18日、真田氏、1960年10月12日。
なるほど邦画やドラマを引っ張る存在でしかも海外にも足がかりをもつ存在の俳優がこうまでほぼ同年代で固まっているとは。

ちなみに役所広司さんも調べてみた。1956年の元日、おめでたい、いやちょっと年上なのか。確かに『有頂天ホテル』での2人はそういうちょっとした歳の差がいい感じではあった。

先に公開されることになる『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』の共演者、香川照之さんも気になって調べてみると、なんと1965年12月7日だった。それがどうしたと言われると、いやそうですねということなんだけど。多分この四天王の直下が香川さんあたりにかかって来るんだろうなあと。でもっと若いのになればまあオダジョーとか安藤政信くんとかそういうとこにくるんでしょうねというのが見えてくる。

そう考えると日本の女優さんでこの四天王に対応しているのは誰なんだろう。
ゲンダイネットが推薦するベテラン女優四天王ってのを知りたいものだ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-30 23:09 | アクター&アクトレス

選挙終わったので雑感

ともかく参議院選挙が終わった。
自民党は歴史的大敗ということだが個人的には55年体制の終焉、1993年の衆議院選挙の自民党の大敗。あの時のような衝撃は無かった。
ネット的にはどうったんだろうか。
はてなブックマークを見てみるとそれほど選挙結果関連のブックマークは見られないようだ。
はてなブックマーク - ソーシャルブックマーク
大体6つほどか。まあ全部選挙関連のエントリだったらそれはそれで怖いけど。
というよりまだどうなるか解らない訳だし、(参議院のみ与野党逆転なだけで政権が交代したわけじゃない)つまりは様子見というところなんだろう。
それは昨日選挙に投票した人もそうだと思う。今日の今日で何かが変わるんだったらそれこそ、55年体制が終わったあの日に変わっただろうし。
だけど昨日の結果も多分55年体制の終焉からの結果と考えれば中々、良き政(まつりごと)というのは一朝一夕にはならないというのが解る。
これは立法府のことで実のところそこからの代表権者が行政を司るカタチを取ってはいても、実際に動かしているのは公僕なのであるがおおやけのしもべたる官僚は既になにかの権力者かというものに育て上げた55年体制のつけをまだまだ払わなくちゃいけないということがはっきりしたという意味でもちょっとお先はどうなんでしょ?みたいな気もする。

あと小泉前首相の総括を安部を討ってやりたがっているような気がするんだけどなあ>メディア
だけどそれは在任中に出来なかったメディアの責任じゃんとちょっとだけ冷める部分がある。
それに小泉手法って結局いろんなところで微妙に取り入れられているのにねーというのもそれに拍車をかけている。(『姫の虎退治』とか、コレって完全に小泉的じゃないだろうか)

まあこのはさてどうなる。

参考
2007参議院選挙特集 - Yahoo!ニュースYahoo!みんなの政治
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-30 22:12 | 私声妄語

これは堤節が聞けるのか?

アップルのクィックタイムのムービートレーラーに『自虐の詩』があがってた。
アップル - Trailers - 自虐の詩
まあ見たんだけど、なんだろ堤節、(寒いギャグと不安定なカメラワークでグルーヴを生む、堤さんのノリ、はまれば面白いが外すと悲惨)がいい方に出そうな題材だし脇のキャストも結構いいし大丈夫かなあ~と・・・思いたいがあの『大帝の剣』の外しっぷりがトラウマになってて折角の中谷美紀の主演作なのにめちゃくちゃ不安でございまする(苦笑)

まあ予告編は面白そうな感じ、良さそうなんだけどね。まあ予告編だからね(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-27 23:45 | ネタ@映画

まあ今日はルパン三世をやってたわけですが。

ルパン三世の強敵が復活するという話

まあ出来については・・・
言わんといて~

けども今回のアイキャッチ、FIAT500に乗ったルパンがコケるやつで新作だったんだけどなんと!
大塚康生さんが担当していた!

ちょうどFIAT500も復活。
ちょっといい話だなと
フィアット500、チンクチェントが50年ぶりに復活
ちなみに500の名称自体はヌーヴォアチンクという名前で一時復活していたんだけど日本には正式デリバリされていないので無かったことになってるけどね(苦笑)
ちなみにこんなのです。
a0029748_23043.jpg

こいつはトロフェオというモータースポーツビギナー用(といっても本格的な装備をそなえている)特殊なモデル。

ちなみに関根さんの娘はともかく獅童くんはまあ声優でもいけるなということはとりあえず解った(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-27 23:02 | cartoon

布袋が町田庚を殴って怪我させたそうだ。

Excite エキサイト:芸能ニュース:布袋寅泰、芥川賞作家をボコボコに…2週間のケガ [ 07月26日 17時05分 ]夕刊フジ
ちょっと気になったので。
まあ警察に届けを出したってのは町田氏の聞き知ったパーソナリティから考えると?
相当に頭にきてたとしたら傷が癒えたら殴りにいくくらいの人だと思ってたんだけど。

布袋氏の方は事実無根とのコメントを出したっきり。

あと本当に原因が
布袋はビジネスライクに考えていたのに対し、町田は趣味として捉えていた。その食い違いが原因で布袋が町田をボコボコに殴ったようだ」と証言する。|記事より
この通りなんだろうか。

まあビジネスライクってのは布袋氏は商業音楽やってんだから当たり前として相手が趣味なだけでそこまでボコにするもんかなと。
それこそビジネスに影響するやんかと。本当にビジネス優先で相手が上から目線でも『まあ、まあ』とかいってお茶を濁すでしょうがと思う。
どっちかというとビジネスライクちゅうよりアーティストの責任感という部分で怒ったという方が納得できるけど、まあここまでこじれたらとりあえず出るトコ出てやって頂戴という感じ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-26 23:05 | ニュース

今年40周年のウルトラセブンの新作が出来るそうで。

Excite エキサイト:芸能ニュース:ウルトラセブン 40年ぶり復活 [ 07月26日 06時13分 ]スポニチアネックス
なんだかウルトラセブンが新しく作られるそうだけど初代ウルトラマンが始まって40周年ということでウルトラシリーズとして80までを内包したメビウスが作られ一応のまとめを見たところも記憶に新しい。で今度は、ウルトラセブンということのようだけど噂だけは流れていたけれど等身大になるとかいろいろ言われてて今回のプレス発表ではそのあたり詳しくは言及されていないんだけど変身するのは間違いない(笑)
ウルトラアイの使用も明言されているのであの変身もあるということなんだけども防衛組織(旧作はその名もウルトラ警備隊最近どこかの労働組合がエコ組織の名前で円谷さんの許諾を受けて使ってた)の名前が『DEUS』だそうで。なんだか神々しい名前だ。

あと気になる部分は
物語は、人類滅亡をたくらむエイリアンがある世界に侵入。|記事より

ある世界ってマクー空間?(苦笑)なんだかミラーマンな感じもするんだけども続報を待ちたい。

あ、そういえばミラーマンもリメイクされたっけ
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-26 22:38 | TVdrama

トーさんの『ブレイキング・ニュース-大事件-』がリメイクされる・・・かも?

映画データベース - allcinema:ジョニー・トー監督「ブレイキング・ニュース」、ハリウッドでリメイクへ2007/07/25
まだ計画の段階ではございますが某香港映画のリメイクがおいらの近辺では相当に評判悪いのに加えてこの話。
近辺では反発の声が上がりそうでごわす。

ただ監督が職人、ジョエル・シューマカーなのがせめてもの救いかとも。

『フォーン・ブース』の雰囲気ならまだ観れるかも・・・???

でも、まだ計画中なんで今後の推移を見守るちゅうことで。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-26 01:20 | ネタ@映画

**夏のヘビーローテーションVol.3-『サマー・ナーヴス』


坂本龍一とその仲間たちによるコラボレート。

80年代を予感させる、いやこれからエイティーズが始まったよという音が一杯つまっている。

『カクトウギセッション』いう名にふさわしい面子が集まっているが、この時の教授の周りの人がよって出来たって感じなんじゃないだろうか。

非常にポップな楽曲ばかりでリゾートミュージックとしても非常に聴きやすい。

YMO周辺や教授ファンならずとも押さえておきたい歴史的名盤。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-26 00:19 | Music

日本の次期FX(戦闘機)の件PART2

「第5世代」ステルス実験機開発へ…防衛省方針 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
来年夏には選定するとかいってる次期戦闘機だけどラプターに関しては大統領選がかたが付かない限り動くことは無いと見ている。
ということは大統領選は2008年の末なのでそれまでにラプターに関して現政府が何か動いてくれるとしたら色々見返りがないとという話で日本の政局も未だ不安定。
なんであれでもねーとかこれでもねーといいつつロッキード案になりそうだけどここでロッキードと密約しなんと純国産イーグル改、もしくはイーグルプラス(能力はとりあえずストライクイーグル級のマルチロールファイターあたりに落ち着くんじゃないの?とかと吹いてみる。でその密約がすっぱ抜かれて第2のロッキード事件!みたいなオチだとなんだかなであるけれど。
いっそスホーイとか買って見ると凄いことになりそうだが現実的ではないだろうな。

まあ国内で、改修作業を施し、補助翼にベクタードノズルを装備するなんてことにでもなれば(もちろんアビオニクスは純国産で)、それはそれで凄い話だが。

でこの第5世代ステルス実験機って心神:先進技術実証機のことなんじゃなかろうかと。既にモックアップのラジコンが飛んだとかニュースになってたはず。
一応ウィキペディアにも項目があったので貼っておく。
心神 (航空機) - Wikipedia
まあこれが最終的にモノになったとしても量産化出来るかどうかはまだ疑問符がつくけどとりあえず技術の維持のためにもこういう研究は必要ということだし日本の航空機産業的にもこの動きは重要だと思う。

いまついでに技本(防衛省技術本部)のサイトにいったら次期哨戒機(P-X)と次期輸送機(C-X)のロールアウト式典のトピックスがあがってた。
川崎が製作を担当しているんだけどこちらの方も順調そうだ。

追記07/07/25 23:11
Excite エキサイト:国際ニュース:<F22>日本への売却は当面困難に 米国防歳出法案可決 [ 07月26日 10時45分 ]毎日新聞社
まあそうなったということで。まだまだ決まるまでには紆余曲折があると思われる。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-25 22:42 | ニュース