<   2007年 04月 ( 55 )   > この月の画像一覧

本日は

a0029748_933595.jpg

恒例の信州某所に来ております。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-29 09:33 | Photo

作画の問題でガイナックスが揉めたようだ。

Excite エキサイト : 社会ニュース:ガイナックス取締役、ミクシィ「肛門発言」で辞任 [ 04月27日 17時07分 ]J-CASTニュース
その問題の『天元突破グレンガラン』の第4話録画したけどまだ観てない。とりあえず3話までは観たけれど。

けれん味と動きのあるアニメだなとは思ったしまあいいんじゃないでしょうかと。
もっともロボットのデタラメさも解ってやっているよとかドリルに対して色々含みを持たせているとこも今のところ機能しているようだし。

騒動の発端になったミクシィでの書き込みについては身内だけ公開だったのかそれとも一般公開だったのかが気になる部分だがお客様商売なのだからそれはいけませんねという話なだけであってそれをたしなめる地位の人がそうそうと言ってはオンライン上でいっちゃダメでしょう。愚痴はオフで言うもんだしもっと身内でそういうのは処理しないと。

まあガイナックスが赤井氏を辞任させたというのならそれはそれでいいだろう。
会社としての判断なんだし。
だが立ち上げ時の生え抜きである赤井氏を切っちゃう辺りかなり神経質になっているのかなとも。でもSNSとは言えここまでダダもれのミクシィで肛門とかいっちゃうのはやはりまずいわな。

でその作画がボロボロ話を色々回ってみたけれど
『マクロス』のスタープロを思い出したのだがよくよく読んでみるとこれって『ボトムズ』のアニメアールの作画の回じゃないのかとも。
まあ今の時点では観てないし観てないやつは言うなとか言われそうだけど。

追記:12/12
忘れていたがまあその4話観たが(といってももう大分前になるが)全然問題ない。
最近は作画に相当入れ込んでいるファンが多いのでそういう話になるのかもしれないけれど自分では問題ないレベルだった。
じっさい自分の評価判断はホンと作画レベルが安定している事なんで(安定しているのと絵が崩れているのは境界が曖昧だけどちょっと違う)そういう部分はクリアしているのではと感じた。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-28 01:49 | cartoon

孤独に歩め悪をなさず求めるところは少なく-ということか

まあ今フジの『わたしたちの教科書』を観ていてなんとなくああ日本は銃が持てなくて良かったねと。
その代わりの暴発装置として某巨大掲示板やケータイがあるのかもとちょっと思った。

タイトルに用いたのは押井守監督の『イノセンス』から荒巻のセリフ。
この前にこういうセリフがある
『人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。』
そうおおむねはそうなんであるけれどもそうでないことも多い。

ドラマは菅野美穂演じる所属事務所のエリートとも婚約も決まり弁護士が若い頃に結婚したとき相手が置き去りにした連れ子が学校で不審な落下事故で死んでしまい学校内部で起きているなにかを追及しようとするドラマである。とまあかなり乱暴に解説するとそうで金八にあこがれて教師になった電車男とか波風を起こさず学校を守るためならどんな事でもする副校長風吹ジュンが出演。
まあ教師も色々、生徒も色々みたいな感じで今は不審死の影にいじめがあった(無視による村八分があったということを菅野がつかんだところ)で推移している。

もっともこういうテーマのドラマは当の金八先生でもやっていたし色んなところで語られているので割愛するがメディアは基本的に自分たちに都合のいい話だけを報じるため今子供の学力がとか、ゆとり教育がとかまあいいたいことだけ言って言いっぱなし。

それが一人の人間を孤独に追い込み暴発を産んだのではと思うと、その暴発がバージニアでは銃が使われ多くの命が失われた。そして日本ではいじめによるいじめ被害者の自殺という事になっているのではとまあ短絡、反射的に感じた次第。

もっともいじめに対する暴発として首謀者に対する復讐というのは無きにしも非ずではあったがだからといってそれで事が収まったのかどうかという話もある。

もちろんドラマはフィクションであるので多分に誇張されているのではあるが実際にそういういじめはあるということは聞いている。そこで日本でも銃が容易に手に入ればもしかすると学校での銃乱射があったかもしれない。

だが極端な例に触れすぎて今の人間は極端にしか考えられないのかもしれない。
そういう事をちょっと考えた。
なんというか、考察力の低下というべきか。
これは安倍首相がなんかやろうとしている親学とかそういうものでどうこうなるものではなく自分で考える、親も子も、父も母も、先生も生徒も。
人間は考える生き物だから。
そうであれば先にあげた言葉が生きていくる。そういう風に思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-26 23:20 | 私声妄語

時節柄なコメントではあるが

Excite エキサイト : 芸能ニュース:ウォールバーグが主演映画PR「米国から銃がなくなればいい」 [ 04月26日 08時05分 ]サンケイスポーツ
だがウォールバーグはストリートでブイブイいわせてらしいよ、よう知らんけど(^^;

だがバージニアの事件の後での公開に配慮したコメントを言うあたりさすがオスカーにノミネートされただけはあるね、みたいな。

だが個人的にはそういう時事的なことよりは内容がきになる所。
原作はもちろん読んでいるけどやはり湾岸以降の話に設定されなおしているようだ。

シュレック大佐はダニー・グローバーが演じることになったようで名前も変更されている(アイザック・ジョンソン)
FBI捜査官ニコラス・メンフィスもマイケル・ペーニャということのようだ。

あとウィンチェスターM70にまつわる伝説もオミットされているっぽい。

『ランボー』か『コマンドー』ちっくになっているような感じで『トレーニング・デイ』のフクーアっぽさではないような・・・
うーん・・・・でも観にいくつもり
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-26 22:29 | ネタ@映画

クリプトナイトはジェダイの石?

『スーパーマン』の謎の鉱物「クリプトナイト」が現実に? | Excite エキサイト
クリプトン星の元素だからってわけじゃなく「ナトリウムリチウムホウ素珪酸塩水酸化物」という名前を検索したら『スーパーマン・リターンズ』でスーパーマン最大の敵、レックス・ルーサーが博物館からクリプトナイトとして盗み出した鉱物の名称がそうだったという話。

架空の名前をつけるためにそれらしい名前を付けたら偶然この名前になったのか?そのあたりは気になる部分だけど特に放射性の物質を含んでいるわけでなくしかも雲母のように脆いのだとか。

それよりもこの新種の鉱物の名前がいかしている。
「ジェダライト」と名づけられたこの鉱物は、4月25日と5月13日の特定の時間に、自然史博物館で一般公開される。|記事より/強調はエントリ投稿者

「ジェダライト」って
ジェダイを思いださせるような名前って狙っているのか?
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-25 22:41 | ネタ@映画

エリツィン元大統領が死去

Excite エキサイト : 国際ニュース:<エリツィン葬儀>プーチン大統領ら5000人参列 [ 04月25日 20時00分 ]毎日新聞社
ちょっととりとめないことを色々思い出したので。
まずはペレストロイカ後の混乱したソビエトからロシアへ、そして初代大統領となった故人のご冥福をお祈りしたい。

だけどおいらのこの人の印象はいしいひさいちの漫画に出てくる酔いどれで怒りんぼって感じであった。

その上でまあ一代記の人なのだがなんだか強権的で政権末期は失策も多かったし結局雪解けは進んだけれどゴタゴタもいろいろ背負い込んだし結果後継指名までやってその後に出てきたプーチン大統領はソビエト時代に戻りたがっている?いやよく解らないしそもそも今更ワルシャワパクトのような強権的共産圏はもう戻れないだろう。
その上でのロシア一国での強国路線をとっているかどうかはまだよく見極められないしただ緩やかな反アメリカ的スタンスだけど敵対はしませんよっていう感じ。
それを創出したのはゴルビーでも筋道をつけたのはエリツィンといえなくなもないなと。

しかし葬られる場所がショスタコービッチにチェーホフ、フルシチョフというのも色々と想起させる場所ではある。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-25 22:30 | ニュース

*誰が最後に笑ったか?-アンフェア THE MOVIE-

多分製作の関西テレビでなく何故か製作(Pでなく)に名を連ねているフジの亀吉(ウソ)
けどフジテレビの仕切りっぽいと世間一般では思われているはず。

ということでちょっと前に観にいってきた。
もっともブログ『愛すべき映画たち』のmicchiiさんのエントリを読んで
愛すべき映画たち: 『アンフェア the movie』観て来ました
著しくモチベーションは下がっていたがとりあえずTV放映の時に篠原涼子はともかく寺島兄貴が出ていることと犯人探しで結構楽しませて頂いていたので観にいくと決めていた。
(モチベーションが下がったのはmicchiiさんのせいだけではない、結構予想通りであったというかTVスペシャルの時にそうなるんじゃないかと思っていたので、はあ~やっぱりという事で下がったのだ。)

だが基本的には『無駄に美人で凄腕一匹狼な女刑事が閉鎖空間で愛する娘を助け出すために闘う』なんてえ映画は好きだよ。というかアクション映画でそういうコンセプトのは諸手を挙げてウェルカームだ。けどだからといって全部OKって出来ないのはまあそういう事で。

まあネタバレしていますのでご了解を(誰とは明言しておりませんが)

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-24 23:42 | Movie

テンションは上がっているが観るものは少ない

Excite エキサイト : 芸能ニュース:各局新ドラマ低調、視聴率20%超えなし [ 04月24日 09時29分 ]日刊スポーツ
視聴率は低調でもテンションは高いドラマは多いと思う。日曜のオダくん『冗談じゃない』とか(相手役2人は天然系だけど)水曜『バンビーノ』とか。
しかし個人的には1回目はとりあえず観たけど盛り上がらない、『バンビーノ』にいたっては録画したけどまだ観てない!つうかなんだか観る気が起こらない。
これは個人的な理由によるが案外今ドラマが低調なのは4月期の始まりで新入社員が入りたてだったりそのおかげで仕事が色々ごたついたりとか忙しかったりとか期末の決算やらなんやらで新年度、もうあれこれ大変でドラマなんか観ている余裕なんか無い~ってことでしょというあたりでいいんじゃないでしょうか(棒読み)

もっとも月9は三上博史が相変わらず一人で濃いのでちょっと変だけどまさみたん結構コレが正念場みたく言われているので今後の状況は一応ヲチ。ただ続けて観るかは保留。

というか今期はこの中では特に言及されていない
『セクシーボイスアンドロボ』
『帰ってきた時効警察』
あたりかな、やっぱり。
個人的には時間的なものをかんがみ『セクシーボイスアンドロボ』に言及が無いので『濱マイク』の二の舞にならないか毎回びくびくしております(苦笑)
しかも2回目でムラジュン出てたしなー。
時効警察なんかと同じ枠なら相当に人気が出たと思うんだけど数字しかみねー人が多いのでちょっと心配。
なんであと50分ちょっとで始まるのでみんな観るように。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-24 21:13 | TVdrama

オスカー俳優が出演したドラマ仕立ての木スペ「ダ・ヴィンチ・コード」

そんなわけでスルー映画祭り『ブロックバスター』シリーズ(笑)
ロン・ハワードとトム・ハンクスのコレ。
正直にいって『ダ・ヴィンチ・コード』で言及されているネタの真贋はともかくこーゆうのは大好きだ。
もっとも最近のTV局で作られる特番の作り方はお笑い系にまでパクられているくらいに普及し少々食傷気味で基本的にはディスカバリーチャンネルとかそーゆうやり方でつくってくれんかなとは思っている。
そういう意味ではこの映画オスカークラスの俳優や有名俳優陣を揃えなんと豪華な木曜スペシャルなんだろうと。いや心底そういう風に楽しんだ。でなければ楽しめない映画であると思うのだが。
こんだけ豪華な木スペ、いや『奇跡体験アンビリバボー』でもいいがそういう稀有な作品だ(笑)

しかし原作未読だしどの程度忠実に映像化やっているのかは解らない?ただ宣伝とかでレオナルド・ダ・ヴィンチとラ・ジョコンダを押し出した性で怒った人多いんじゃないか?あと小説を買った人も(笑)装丁が完全にジョコンダになんか謎がこめられてますって感じだもんね。もっとも別のレオナルドの作品にしても関連のあるのは1つのみ。しかもそれを出すとネタが早々に割れると言う(笑)

もっともラ・ジョコンダが全然関係ないってわけじゃないけれど肩すかしをくらった人も多いだろう。けどそれこそが記号にこめられた事でありコードであるということなのかもしれないね(棒読み)
そう完全にそこで釣られているってわけでまあ本ならそこで色々小出しにして読み進めさせていくのだが映像だと2時間ちょっとで出さなくちゃならない。そういう意味では無茶苦茶不利だし誰が撮ってもこういう風になったと思う。まさにネタのための伏線が多くて捌いていたらこうなっちゃいましたの典型。案外先に書いたM:I:3のJJ・エイブラムスの方がこんなの得意じゃないか?とりあえず引っ張ってオチをつけまた引っ張るみたいな。

More
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-24 00:19 | スルー映画祭り

まるでなんかの小説のようだ-元傭兵の銃密輸-

Excite エキサイト : 社会ニュース:<銃密輸>元外国人部隊の男ら逮捕 神奈川、静岡県警 [ 04月23日 10時39分 ]毎日新聞社
Excite エキサイト : 社会ニュース:アルジェなどから銃密輸か 元仏外人部隊の男 [ 04月23日 21時55分 ]共同通信
共同通信の方は押収された銃の写真が掲載されているが消音器、いわゆるサイレンサー付きのセミオートピストルも見える。
リボルバーにセミオートなどを密輸していたということのようだ。

しかしあまりにも『らしい』犯罪でまるでお話のようだがそれだけ密輸がしやすいということなのかどうかは解らない。
客先は大口でなくコレクター相手に売りつけていたような書き出しだけどどの程度だったのだろうか。

所持がばれての検挙だけれどこんだけの銃がいくらコネがあるとはいえ持ち込まれてからの話ってのがいろいろひっかかるけれど、一番ひっかかるのはサイレンサー付き。
そのコレクターのコレクション用なのかそれとも・・・・(^^:
[PR]

by tonbori-dr | 2007-04-23 23:29 | ニュース