<   2004年 12月 ( 108 )   > この月の画像一覧

年の瀬に

ブログを始めてほぼ半年。
駄文、妄言を書いてきたわけなんだけれども
お馴染みさんも来てくれる様になり
面白い半年を過ごせました。

来てくださった皆様に感謝します

来年も徒然になるままに書き連ねていくと思いますが
どうかごひいきに。

それでは皆様よいお年を

追記(12/3112:50)
大阪で降っていた雪は雨に変わりましたが各地で積雪の情報が。
お天気はこちらで
天気 | Excite エキサイト : 天気:

気象庁
気象情報
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-31 12:32 | column

ゴーストを引き渡すのか?

米国引渡し決定の死亡ゲリラに「不服があれば抗議を」とコロンビア | Excite エキサイト
このニュースは既に死亡しているコロンビア自警軍連合(AUC)のカルロス・カスターノ容疑者をコロンビア政府が麻薬密輸の容疑でアメリカに引き渡すということで当のカスターノはライバルの組織に既に暗殺されているというもの。しかし政府は
「法令にしたがって、カスターノ容疑者は通知後5日以内にこの決定に抗議することができる」

と言っているそうだ。
この記事を読んでなんとなく攻殻機動隊SACの第7話「偶像崇拝」を思い出した。
ネタバレになるがこれは麻薬王が既に亡き者になっているのにそれを知られたくない者がゴーストダビング(イノセンスでもあったネタ)で影武者アンドロイドを本体から作り続けているという話。
共通点は3つ、南米と麻薬、そしてその対象人物は既に死んでいるということ。

南米の麻薬戦争は熾烈を極め極右、極左ゲリラがその資金源としていたり山賊など入り乱れていると聞く。
あとこのあたりの話を描いていたのが「トラフィック」だったなと。
しかし死亡確認も出来ないがほぼ確実に死んでいるということみたいだが真実は小説よりも奇なりとはよくいったものだ。
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-31 00:05 | NEWS

クルマのリサイクル

Excite エキサイト : 政治ニュース
自動車所有者が料金負担 リサイクル法、1日施行(共同通信)にTB
いや自動車のリサイクルについてはいいことだしどんどんやってほしいもの
しかしお上のこのやり方、いまいちピンとこない。
最初にお金を払っておけばその後その自動車に対するリサイクル料金は終わったってことなんかいな???
どうも記事中にある「前払いされることで、不法投棄が減る」にはあんまり寄与しないんじゃないの??
結局クルマを廃車するとき料金はどうなのよ?例えば業者にもっていった時もう料金は支払っているから無料で処理してくれるのか?
いや無料ってことでないだろうけれど少なくとも本体の処理代金はこれで済んだということと考えてよいのだろうか?
いまいち良く解っていない。
それにわたくし、都合2台所持しているんだけれど・・・・一台は
(1)部品や鉄などの金属類を回収した後の破砕くず(2)エアコンの冷媒に使われ、地球温暖化の原因となるフロン類(3)エアバッグ-の3品目

のうち2と3は無い。
これでちょっとは安くなるんだろうか?
もっと調べないといけないなコレは
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-30 23:36 | クルマ

蝉しぐれ

藤沢周平氏の原作をドラマ化。モンテカルロテレビ祭ゴールドニンフ賞受賞した「蝉しぐれ」
今日は3回目である
もうはじまっているけれど非常によく出来ておりNHK金曜時代劇はいつも良質な時代劇を送っているがエビのおっちゃんやその他の不祥事でこういういい仕事をした人たちまでが迷惑をこうむるのは勘弁してほしいものだ。

主人公の牧文四郎には内野聖陽(エースをねらえの宗方もやってましたな)おふくに水野真紀。
石橋蓮司や平幹二郎、宮藤官九郎というキャストも豪華。

しかも今日は裏で・・・・・・・・・・・・「壬生義士伝」だよ
でもおいらはこっちを観ます


追記
「壬生義士伝」も実はキャスト好きなんですが(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-30 21:59 | TVdrama

プラネテス雑感

うわっ。エントリが消えた(泣)
しょうがないので書き直しだ・・・・・・

ということで今回はますます孤独を深めるハチ。そして死んでしまったギガルトの言葉
(しかしハチには届いていない)すれ違い、そして思いやりがますますハチを孤独にのめりこますタナベ。ここに来てクレアのポジションが大きくなってきた。彼女、孤独な女として最初から描かれてきた。周囲に壁をつくり一人でという。そこがハチをオーバーラップ。しかもハキム。彼も純粋かつ孤独な男。この2人が来週のテロとも絡んでハチにどう関わるのか?いわばネガポジなこのキャラをどう動かすか期待。
最近の流れは原作の2巻くらいの話を大胆にオリジナリティを加えているけれど着地点は同じハズ。いったいどういう風にしてくれるのか?非常に楽しみである。
あとタナベもかなりキツイ展開になってきた。
原作版よりかなり普通(失礼)に設定されている(根っこは同じだけど)タナベにも試練がありそうな予感。
あと来週の予告のノノちゃんのピクニックが凄く気になる(笑)
それと大晦日SP、これで紅白はスルー決定(笑)でも同じNHKだけど

(実はネタバレあらすじを書いていましたが流石にもう一度書くのは大変なんで断念しました)
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-30 01:30 | anime&comic

TRIGUN

トライガン シャープ1
内藤 泰弘 / 少年画報社
ISBN : 478592005X
全てはここからはじまった。昔徳間書店から発行されていた少年漫画誌「少年キャプテン」そこで連載されていた漫画「TRIGUN」同誌で連載されていた「GREY」を連載していた、たがみよしひさ氏が絶賛していたとかと確か帯に書いていた記憶がある。ライフログから引っ張ったこの♯1はその分の纏めたもので♯2の全2巻。
実を言うと最初はそれほど注目していなかったのだが「軽井沢シンドローム」の頃にたがみファンだったのでその帯の文字がひっかかりとりあえず1巻を買ったのが始まり。しかし同時期にキャプテンは休刊。しかしヤングキング増刊アワーズで「TRIGUN MAXIMUM」として復活した。
最初に読んだときはガンアクションをメインにいろんなものをごった煮しているなと。
それとヴァッシュの殺さずの設定が変わっているなと感じた。
しかしSFチックな設定で好き放題な話だとそのときは正直思っていたのだがアワーズでの連載に眼を通すにつれ徐々に「コレは凄いぞ」となった。
時としてやりすぎちゃうの?というぐらいの画。そこから迫る迫力。それぞれが異彩を放つ敵役。特にGUNG-HO-GUNSのメンバーたちはそれぞれが個性的で印象深い。
貪欲なまでに膨れ上がったこの物語を引っ張るヴァッシュ。そして最大にして最狂。そして彼と最も近い者。ナイブス。彼との死闘がコアとなって今の話は進んでいる。
この話がどこに行き着くかはまだ解らない。だけどそれまでこの話を隅々まで楽しみたいと思う。

余談-本人が言うところの「インチキSF西部劇」の側面はこの初期作品に色濃くあるが今の連載でも充分感じられる。私はSFマカロニウエスタンと言いたい。その作風、画からそれが強く感じられる。スピンオフモノのウルフウッドモノというのを以前作者自身があとがきで書いていた(その後ウルフウッド外伝が上梓された)そういうのも観たい気がするが今はマキシマムに専念してほしいものである。
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-29 21:33 | favorite

寺尾聡と石原裕次郎

Excite エキサイト : 芸能ニュース
寺尾聡、半泣きの勘当息子/映画大賞(日刊スポーツ)にTB
いやもうこのタイトル「うまい!」ということで。
そういや「西部警察」(もちろん最初の方)「大都会PARTⅢ」にも出ていたっけ。
あの頃は前にも書いたがこういう感じというかタイプの役者さんになるとは思わなかった。
「ルビーの指輪」もあったし。
でも石原家との結びつきはやっぱり強いのね。
裕次郎さんも寺尾聡氏の父宇野重吉さんとCMに出ていたこともあったしな。
(弟では徳重君が裕次郎氏、寺尾聡氏が宇野氏をするという再現があった)
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-29 19:17 | Actor&actress

ジェット・リー危機一髪

Excite エキサイト : 芸能ニュース
津波に襲われ香港スター、ジェット・リーも行方不明(サンケイスポーツ)にTB
マジですか??アジアを代表するスターが・・・・・・・
武術(功夫)の達人が・・・・・・・・・
やはり自然には勝てないのか・・・・・・・

とおもったが無事な模様、よかった(^^)
ソースはコレです
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/china/news/20041228org00m030006000c.html
MSN毎日インタラクティブ
しかも4歳の娘が転んだのを抱え自らは足を負傷した模様。
やっぱりアンタ、かっこいいよ

追記(12/29 19:05)
さらに被害の詳細や行方不明者が判明してきたが
「ジュラシックパーク」のハモンド卿ことサー・リチャード・アッテンボローの孫娘さんが津波にさらわれ亡くなられた模様。
娘さんも行方不明ということ
ソースは
ttp://www.excite.co.jp/News/entertainment/20041229144842/JAPAN-165979-1_story.html
ロイター配信より
そしてこの件に関してスリランカに在住している「2001年宇宙の旅」の原作者として知られるアーサー・C・クラークからコメントが発せられているとか
ソースは「見てから読む?映画の原作」hamchuさんのエントリより
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-28 20:06 | Actor&actress

TRIGUN MAXMUM

今日本屋さんに行って買ってまいりました
トライガンマキシマム10巻、11巻
連続リリースとはいや剛毅な(^^)

ラズロ・ザ・トリップ・オブ・デスとマスターチャペルvsニコラス『ザ・パニッシャー』ウルフウッドの最終決着の10巻

全てを焼き尽くすのか?それとも?嵐の前の予兆の11巻

終わりにむかってすべての歯車が動き出した

筆者渾身の一撃を喰らうとしよう。


内藤泰弘氏公式サイトElectricFlier
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-28 19:50 | anime&comic

北壁の死闘

スイスアルプス、アイガー北壁を登攀中のクライマーが【神々のトラバース】と呼ばれる地点でナチスドイツの軍服を着、騎士十字章と美女の写真が収められたロケットをかけた氷漬けになっている遺体を発見した。謎の遺体はその翌日のうちにスイス政府に回収されニュースになることもなかった。がアイガーの取材にきていたBBCの補助調査員がその噂を聞きつけ独自に調査を開始し事実を掘り起こそうとした。そして浮かび上がってきたのはアイガーを舞台にしたある出来事であった


とのプロローグからはじまる山岳冒険小説の傑作

敗色が日々色濃くなるナチスが原子爆弾の開発をめぐりドイツ中の精鋭クライマーを集め打った大博打。すなわち連合国の原爆製造の重要人物をアイガーにある研究施設から拉致するというものだった。

追記(12/28 1:00)アイガーについて補足説明
   (12/29 1:10)文面変更、追加

はたして彼らの運命は?
[PR]

by tonbori-dr | 2004-12-27 23:50 | favorite