SITvsSP(本家ブログより転載)

いやあ、先ほど『SP 警視庁警備部警護課第四係』が終わって、ヲイ!と突っ込んだ人、すげーと唸った人、
まあ色々いらっしゃいますでしょうが基本的にこの『つづく』が4月のスペシャルで解決されることは・・・・
無いんじゃないのとまずは言って見る。
事前に流れた話によると事件を時系列で並び替えて(というよりエピソード0だけを頭にもってくるだけであとは時系列で放送されてしなあ)まあ追加はあるそうだけど基本的に西島理事官あたりの情報とかそのあたりで今回の衝撃の事実は・・・映画ですか、そうですか・・・になりそうな悪寒。

まあそれはそれとして強引に『踊る3』にというゲンダイネットにふかし記事
ニューストップ > トピックス > 芸能 > 織田裕二 > 「踊る3」に向けて織田裕二が動き出した!? - Infoseek ニュース - Infoseek ニュース
ファンの間でも基本的にはガセ100%と思われているこのニュースなんだけどたまたま、踊るスピンオフの『交渉人真下正義』とその孫スピンオフにまでなった『逃亡者木島丈一郎』の木島役寺島のアニイの警官制服姿を見てちょっと空想したネタ。
空想カテゴリ作ったものの、本家の『亡国の破壊神』も止まったままでお叱りをうけておるのだけれどこういうネタもヒマがあったら手がけて見たいということで、初の空想モノとして本家ネタを転載、加筆しておくので興味のある方はどうぞ。
あくまでもアイデア的なモノのメモなので。
あと人物設定は借り物だし大元ネタも2つあります。一つは本家にも書いた『極大射程』
あと一つは書いていくうちに思い出したけど秘密。わかった人は偉いけど何にも出ません(笑)あんたも好きねえということで(^^;

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-27 01:40 | 空想

SITvsSP(本家ブログより転載)

いやあ、先ほど『SP 警視庁警備部警護課第四係』が終わって、ヲイ!と突っ込んだ人、すげーと唸った人、
まあ色々いらっしゃいますでしょうが基本的にこの『つづく』が4月のスペシャルで解決されることは・・・・
無いんじゃないのとまずは言って見る。
事前に流れた話によると事件を時系列で並び替えて(というよりエピソード0だけを頭にもってくるだけであとは時系列で放送されてしなあ)まあ追加はあるそうだけど基本的に西島理事官あたりの情報とかそのあたりで今回の衝撃の事実は・・・映画ですか、そうですか・・・になりそうな悪寒。

まあそれはそれとして強引に『踊る3』にというゲンダイネットにふかし記事
ニューストップ > トピックス > 芸能 > 織田裕二 > 「踊る3」に向けて織田裕二が動き出した!? - Infoseek ニュース - Infoseek ニュース
ファンの間でも基本的にはガセ100%と思われているこのニュースなんだけどたまたま、踊るスピンオフの『交渉人真下正義』とその孫スピンオフにまでなった『逃亡者木島丈一郎』の木島役寺島のアニイの警官制服姿を見てちょっと空想したネタ。
空想カテゴリ作ったものの、本家の『亡国の破壊神』も止まったままでお叱りをうけておるのだけれどこういうネタもヒマがあったら手がけて見たいということで、初の空想モノとして本家ネタを転載、加筆しておくので興味のある方はどうぞ。
あくまでもアイデア的なモノのメモなので。
あと人物設定は借り物だし大元ネタも2つあります。一つは本家にも書いた『極大射程』
あと一つは書いていくうちに思い出したけど秘密。わかった人は偉いけど何にも出ません(笑)あんたも好きねえということで(^^;

More
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-27 01:40 | 空想

こんな怪獣映画が見てみたい。

実のところ『ガメラ 小さき勇者たち』を観てて(頭部分を見逃してしまったのでまたそれについては本家で取り上げることになると思うが観てて思ったのはまあ言うほど悪くないじゃない(笑)ってことなんだけどまあ個人的には平成ガメラ3部作が見せた、怪獣が現れた時のシュミレーション映画としての部分が観たいんだなということがよく解った(笑)

それは『大怪獣空中戦』が切り開き『レギオン襲来』が頂点を極めていてように思う。
そして『イリス/邪神覚醒』では怪獣が何故暴れるのかという部分に伝奇テイストを絡めつつ描こうとした。
その部分は金子監督が撮ったゴジラにも継承されてて両方のバランスがとれているもののどちらも描き足りなくなったところが残念だったがそれでも近年見応えのあるゴジラ映画にはなっていた。

そういう意味では怪獣が出現した端緒がまず小さな異変としてまず最初に提示されるなら、
それが海から来ればまず船が巻き込まれSOSを打電すれば海上保安庁が関わることになる。
それが地中深くから現れたとき、山間部なら警察、救急、消防が関わることになるだろうしそれが小さいモノで何らかの異変が起こったならまずは警察の出番。

そう考えるとパトレイバーの『WⅩⅢ』はそれに合致した作り方をしている。
まあ常々あれはパトレイバーの器を借りた怪獣映画だとは思っていたがあのフォーマットはいい。
元々そのそういう異常事態を最期まで関われるように設定されているのがウルトラシリーズの対怪獣チームなわけで(こういう事態だと警察は最期まで関われないし海保も同じ。だからその発端から自衛隊が関わるガメラは導入部で巨大鳥類ギャオスの捕獲、レギオンの時は巨大隕石の調査、環境汚染の恐れがある場合化学防護部隊やそういう部隊の出動は自然に導入できる)事件の発端から最終までずっと関われる。
まさに必要が生んだ万能チームだ。だが怪獣のいないところではそういうチームは無用の長物。

実のところ『ガメラ 小さき勇者たち』では対象子供だけど、もし大人バージョンを作る場合、良い解決法を示した。(それが、そっち系が好きな人たちにはもったいないと映った事だろう。実はおいらもそうである。)
平成ガメラでも使われた設定『巨大生物審議会』である。そういうチームがその世界にはあるという設定は中々いい感じだしそこから話を転がせば政府の対処(非常事態での人々の反応や自衛隊の作戦にかかわっていくことも)や怪獣の動きに対する場合でもキャラクターを絡ませることが出来る。

いろいろ空想が膨れてきたところで今回はここまで。
まあまた設定的に面白いネタが出てきたらちょっと先へ進んでみたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-11 00:01 | 空想

空想というカテゴリーを作った

まあなんというか本家web-tonbori堂ブログで妄想特撮シリーズというのをやってて(今長いお休み中(^^;)まあこれはブログ友だちの森と海サンのコメントにのっかからして頂いただけなんであるが、元来シノプシスとかアウトラインを考えるのは嫌いじゃないデス。というか結構設定ゴッコはガキの頃からよくやってたりしてたり(苦笑)
そんなら2次創作のSS(ショートストーリー)書きなぐったら?という話もあるんですがそこまでの根気はないし単純に設定と大まかな話だけを想像するのが好きなんすね。まあそんなモノをちょこっとまとめてみようかなと。単純におっさんの自慰行為みたいなもんですが折角思いついたしまあええんとちゃう?と。ブロゴスフィアの中ではまず書いてみるのが最大の強みじゃないのとまあそんな感じデスな。
今のところ手持ちネタがあるっていうわけじゃなくちょっと昨日思いついたよレベルなんですがまあまとまったら週末くらいにうp予定ということで。
と、いうかそんなヒマがあるのなら早いとこ↓コレの続きを~という少ないながらもお楽しみの方にはもうしわけございません。もうちょっとお待ちください実は正月からちょっとづつ練っております。もう少しお待ちを<(_ _)>(
参照|web-tonbori堂ブログ:妄想特撮シリーズ
[PR]

by tonbori-dr | 2007-02-08 21:08 | 空想