カテゴリ:anime&comic( 212 )

ヤマト2199第七章を観て。(ネタバレ)

リメイクされた「宇宙戦艦ヤマト2199」
第七章観てきましたよ。

元々今更ヤマトリメイクかよとか思っていたけど、第一章冒頭10分の冥王星沖会戦(海戦)でがっしりつかまれてしまったので、ずっとおっかけてた。

まあ一応、説明臭すぎるとか、辻褄あわせじゃないけど、そっちを優先で若干盛り上がりにかけるとかいろいろ問題点もあるし、またそこが許せんとか、他にも諸々で許せんという方もいらっしゃるようだけど、それを考慮しても、よくまとめたなという事と、いい着地点を見つけたなという部分で肯定したいと思う。

まあちゃんと伏線も活かしてたしね。(もっとも投げっぱなしのもあるけど、それは本編の帰結になんら影響を及ぼさないので無問題)

ただし続編については、個人的には是非観たい。まあこの結末だったらできへんやんとか、この後ヤマトあないなってしもうてどないするねんとかあるようだけど、実はこの後2199ユニバースとして新展開できるってことなんだよと。もちろんガトランティス(2199にもガミラスと覇権争いをしていたという形で出てきた)でもいいし、暗黒星団でもいい。話だって2201とかでなく2203とかちと間をあけてもいいじゃないのと。

その上今回、非常に面白いお題が続編に託された訳だし、出渕監督はやる気持ちは無いということを以前におっしゃってたわけだけど(外伝には非常に乗り気らしい、まあガミラスのあの描写を観ればさもありなん(笑))監修というポジションで別の人が舵取りをすればいいんじゃないかと。

その中での新地球防衛艦隊とか、ある意味、艦隊戦ってのを描いて欲しいもんだなあと。さらばや2のように拡散波動砲でボカーンの後、圧倒的な白色彗星によって蹂躙という大味なものでなく、またたった1隻の戦艦がそれこそ波動砲で敵を殲滅するでなく七色星団のような作戦行動とか描けるんじゃないかと。

さすれば結構そこに人間ドラマがまた生まれてくるんじゃないかと。まあ毎年夏になると東宝の戦争モノとかをぼんやり観ていた人は思ってしまうわけなんですねえ。

でいろいろあったけど第七章を観るに、このスタッフならそれいけるんじゃね?とかまあそう思ったわけです。
先々はそれこそ出渕監督の「神のみぞ知る」やけど、ちと期待したいですね。

具体的にネタバレしてますが
[PR]

by tonbori-dr | 2013-08-26 23:37 | cartoon

ヤマト2199新OPについて【ネタバレ】

一応ネタバレというのは、その件の新オープニングがこれまでと、これからの場面シーンのバンクを使って曲にあわせてつないだ物だから。
ようするにこれから出てくると思われるシーンも一部混じってるわけで。まあ大体がこれまでのシーンを使っているんだけれど。

でも問題はそこではなくて、これまで歌手はささきいさおさんから変わったがささきさんも含めたスーパーユニットとして旧作のテーマソングを使っていたのだが、物語も中盤を越え、2クールアニメではよくある新OPをいれてきたんだけど…まあ正直アップテンポのロックナンバーなワケですよ。しかもあまりヤマトの内容とも関係あるとも思えない感じで。

まあこれまでも内容に関係ないアニメOPなんぞ星の数ほど合ったし(ちなみに90年代?あたりからの流れだと思う。)そこで目くじらたててもなあと思うけど、今回は前期OPでわざわざ旧作テーマをつかってたわけだし。エンディングは旧作「真っ赤なスカーフ」を使わず最初は中島みゆき作詞、中島美嘉ボーカルとかその次は新しい女性ボーカル曲をつかってるわけで、それなら個人的には問題なかった(問題視している人もいたけど、まあそこまでビジネスからの要求を拒むのはあまりにも。どこかで妥協は必要かと思う)でも今回のは初手から旧作のOPを聴かされて、それに馴染んでしまっているというのもあったし、旧作のなぞったエヴァの(こういう言い方もいい加減アレなんですが)庵野監督によるコンテのOPとの相性も考えると今回のOPは若干どうだろうかと正直感じた。

物語は16話からますますヒートアップしていくので(もちろん旧作の山場であったあの会戦も含め)ほんとうに毎週楽しみに観ていただけにこういうことで興がそがれるのは個人的には残念でならない。

まあこんな場末のブログで吼えてもどうかなと思うけど、これからも観るけど、OPにももしかしたら慣れちゃうかもしれないけど、それはOPがいいからじゃないのであってこれは歌ってる彼らと観ている自分にとっては残念なことだ。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-07-21 18:31 | cartoon

今宵、水の星を杯にして、もしくは星の道標。「翠星のガルガンティア」

まあこんなタイトルを考えたのはこういうエントリを読んだからだ。
404 Blog Not Found:ロングピース社への対義提言 - 作評 - 翠星のガルガンティア
先ごろ最終回を迎えたアニメ、『翠星のガルガンティア』。
このアニメのシリーズ構成を(脚本は初回と最終回を担当)『PSYCHO-PASS サイコパス』『魔法少女まどか☆マギカ』虚淵玄が担当しているということで、最初から気になっていた。
先のクールは深夜アニメでメカ(ロボットモノ)がいくつかあったが正直最後まで観続けていたのはこれだけだった。
マジェスティックプリンスは心がときめなかったし、ヴァルヴレイヴは3回まで観たがドロップアウト(^^;
ちょっと脱線するけど、ヴァルヴレイヴは3回まで観て、なんじゃこれえええになったけど、若い人は突っ込みながらも楽しんでたり、ドンデン返しとかそういうスピード感溢れるストーリーでもりあがっているようだ。自分はまったく分からないけれどもしかするとコレが今のトレンド最先端でそれならそれでもいいと思う。
まあ単純に自分には合わなかっただけで。
こっからは適時ネタバレもいれつつ。

とガルガンティアだが、最初はヒディアーズという『トップをねらえ』の宇宙怪獣みたいなの?とずっと戦争をしている人類側の戦士、レドが人類側の命運をかけた戦いでワームホールみたいなの?で撤退作戦の殿(しんがり)を務めてたときにそのホールが閉じる際の時空間のねじれで遠くの星系へと飛ばされた。人型兵器チェインバーととも長い時間漂着し、人工冬眠から目覚めた先はある惑星だった。その星は表面すべて海に覆われ変わり果てた人類の始祖の星たる地球。そしてそこには大きな船団を組んで生きている人類の姿があった。というあらすじ。

ネタバレもしていますよ。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-07-14 00:17 | cartoon

今頃ですが『PSYCHO-PASS サイコパス』について

今頃なんだけれど、ちょっと前のクールで最終回を迎えたアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』についてちょっと思うところを書き留めておきたい。

お話は未来の日本。そこはシビュラシステムが人々の心理状態を計測しPSYCHO-PASS サイコパスという値であらわし犯罪を未然に防ぐ。警察官はそれを瞬時に判断し執行できるドミネーターという銃を持って犯罪と戦っていた。そんな犯罪は未然にふせがれているはずの社会で次々起こる事件に立ち向かう刑事たちのお話

とまあざっくりいうとそういう話なんだけど、普通こういう話だとだいたい、監視システムのシビュラがまあヤバイものだったり、それを操る存在、それは巨大人工知能だったり狂った博士だったり、為政者の都合のいい支配システムとかまあいろいろあるけどそんなもんと戦うゼになりがちだけど、放送前に、そこにはいかないと明言されててどうするのかと思ったら…

ダーティハリーmeetルーキwithブルースチールでしたという。
刑事モノの映画が好きな人ならこれで大体分かってもらえると思う。
いやわかんねえよという人もいるだろうからまあざっくりと言うと主人公の狡噛慎也は元々サイコパスの犯罪係数が高い潜在犯と呼ばれる人物ではなかった。そういう係数の高い人間からそれを追う執行官という連中をとりまとめる監視官という役職でありながらある事件に関わり犯罪係数が上がり執行官となった人物。彼が追う犯罪を起こさせそれを観察し、自らの目的のために操る男、しかもその犯罪係数は低く免罪体質と呼ばれる特殊な人間、填島。彼らはどちらも「殺人者」である。この構図は幾度と無く繰り返されたフォーマットであり西部劇、時代劇でも繰り返し描かれた同じ性質を持つ人間同士(やることは真逆だが)そしてそれの代表作ともいえるのはやはり「ダーティハリー」のハリー・キャラハンと連続殺人鬼のスコルピオだろう。

特段「ダーティハリー」を目指したわけじゃないだろうが結果的には狡噛と填島、この二人の対決はやはりハリーとスコルピオを想いおこさせるに充分であり、オマージュになっているなという感じを強く受けた。
となると狡噛の相棒であり上司でもあるが物語り上「ルーキー」の常守灯。
そうハリー・キャラハン演じるイーストウッドが出演した「ルーキー」という映画はハリーを演じたクリント・イーストウッドが新人刑事のチャーリー・シーンを一人前のデカにしていく話で、実は色々アレなところもあるけどクリントファンなら外せない一本。結末も含めて彼女にはルーキーを強く感じた。それプラス彼女にふりかかってくる試練を思わせるのは「ブルースチール」だろうか。
連続殺人鬼にストーキングされ彼と対峙する女性警察官の話でこれも「ダーティハリー」の合わせ鏡になっている映画といえよう。

そういう風にいわばクラシカルな装いさえ感じる二人の対決と観た。もちろん未来の管理社会ディストピアテーマもあるけど、それは舞台仕掛けであくまでも相容れない人物の対決という点では、一種「ダーティハリー」のさらに雛形になっている西部劇や中世から続く決闘モノということが出来るかもしれない。

ただディストピア(システムによる管理社会)が伏流するとそっちとの対決、もしくは二人の決闘をそれに委託したくなる。でも実は二人の戦いはそれにもかかっている。

狡噛と填島の対決はシステム(シビュラと呼ばれている)によって阻止されようとする。だが二人はそれを互いに良しとせずあくまでも対決しようと動く。それはシステムからの逸脱であり反逆である。もちろん殺しあうという結果が良しとされるかはまた別だが、少なくとも二人は決闘する自由を求めるために抗った。

対してルーキー常守はあくまでシステムの中で出来うる反抗(レジスタンス)を選んだ。そういうバランスはちゃんと取れていたと思う。

閉鎖されたディストピア世界でのお話だけどあくまでもクラシカルな話が展開し魅力的なキャラクターも多いのでまだまだこの話は続くのではないだろうかと思わせる作品だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-06-27 23:25 | cartoon

ちょっと押井監督がガールズパンツァーに申していたので

ひさびさのエントリ。しかも下書きなしてざっと書きなぐっておりますのでよしなに。

最初に目にしたのはこのエントリだった。
押井守監督 「ガルパンが突然人気が爆発したのかいまだにわからない」「ガルパンってけいおんの戦車版でしょ?」|やらおん!
でそのソース元エントリは、
押井守のガールズアンドパンツァー語り - 基本読書
ああ、やっぱりなあと思った。押井監督はまずガルパンを観てないだろうし、(というか基本的に他人の作品を観てるのかどうか、あんまりアニメは観てなさそうなんだよな、あ、これは個人的な見解です)一般的な感想を求められたらそらそういうでしょとは思う。
ようするに経験則からくるヒットのある程度の方程式みたいなもの?まあそんなものを揃えてもヒットしないことも多いけど、それでもコレとコレがあればヒットするみたいな、まあ押井さんも天下の負けず嫌いだからそういう話をしたんだろうと思う。

けど、自分も実はちょっと気になってるところがある。一応おいらはガルパン観たし、面白いなとも思ってるが、若干ひゃっほおおいとならないのは、いや戦車ってそんな甘いもんじゃないんじゃないの?というそれに尽きる。もちろん実際の戦車に乗った事は無い(いいとこ装甲車止まりです)けど、細かいことが気になるのがおいらの悪い癖。
まず砲弾。相当重いです。そして旧式な戦車だと手動で砲弾を装填、尾栓を閉じなくちゃならない。アニメで重そうにうんこらせとやっててもいやそもそもそれ本当に出来るの?というエクスキューズが先に立ってしまう。それと何をするにも戦車は重い。まあそれは宮崎監督からの受け売りなんだけども

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート

宮崎 駿大日本絵画

これこそがブラックハヤオの妄想力。こっち系全開の黒ハヤオの映画も観てみたいもんだが。

スコア:


まあこの本とか、同じ出版社から出ている「雑想ノート」、他小林源文先生のマンガとか松本零士先生の戦車の描写を観過ぎているせいかもしれない。
とかく戦車は重いもんで少女のか細い腕でうごかせるのと?もちろん鍛えてる女性ならいけるかもしれんけどガルパンのキャラクターっていわゆる美少女でそういうもんじゃないですやん、みたいなね。

だからといってガルパンがつまらんわけでなく、ああこれほどマニアの琴線をくすぐるとはなあというのもある点からは分かる。実際面白かったし、それは戦車の戦い方がリアルだったり、少女たちの機微がちゃんと描けてたりとかの部分なんだけど、だからこそ何故に戦車?みたいなのはね、喉のささった小骨みたいな感じでありました。これはもう自分の趣味の遍歴の積み重ねだからしょうがないなあと。そらもうン十年のモノだから(苦笑

あ、戦車の厳しさを体感したかったら「パンツァー・フロント」ってゲームがオススメです。

PANZER FRONT bis.

エンターブレイン

スコア:


既に生産が終わってしまったPS2専用だけど、これ固いよーあらゆる意味で。
これをやるとⅣ号であそこまでというのがどれだけ凄いことか体感できる。っていうかパンターとかティーガーの恐ろしさを実感出来る。
[PR]

by tonbori-dr | 2013-05-10 23:34 | cartoon

【ネタバレ】ヱヴァQの話

というか、ネタバレといってもあーなって、こうなるという話ではないんですよ。

でも旬ネタは熱いうちにうてということでツイっても良かったけどとりあえず、
いいたいネタバレは

次回完結篇?シン・エヴァンゲリオンではさー、
加持さん再登場して高雄さんが並んでバトーさん&トグサネタをやってくれ!

そんだけ。


※庵野原理主義者的にはナディアネタをという話なんでしょうがw

ちょっち(笑)まともな雑感も
[PR]

by tonbori-dr | 2012-11-18 22:48 | cartoon

久々に漫画関連でアレコレ

マツダの工場に暴走車がつっこんで死傷者が出たりという痛ましい事件が起こったり、
フランスが決勝リーグに進出できないのは自業自得としても、南アフリカは折角勝ったのに出れないのは残念だなーとかいろいろあったんですけれど、日本の試合は明日(といっても実質金曜日)なわけでガンガレ、ニッポンなわけです。

とちょっとアレコレなんですけれども気になったニュースをいくつかピックアップ。
ツイッターでつぶやけばいいじゃんよってなるんですけれどまあいろいろぼやいてみたいので、
新潮社:「コミックバンチ」休刊に 8月27日発売号で - 毎日jp(毎日新聞)
なんか休刊らしいですわ。
といっても特に読んでいる漫画があるわけじゃないんだけれど、やっぱり新雑誌として漫画界第3極?を目指したもののって感じなのかなーってちょっと残念に思ってたんだけど、出版元の新潮社新しい船出をするという話らしいですけど、アンダーグラウンドでは編集元のコアミックスが云々とかまあいろいろあるみたいな話も出ててちょっときな臭い。今時はもう電子出版だべという時代なのに(^^;
そういえば漫画ネタもう一つ。
少年ガンガン9月号に「鋼の錬金術師」最終回を再掲載へ、7月号が完売続出で読めなかった人多数発生のため - GIGAZINE
この号、ヤフオクとかで結構な値段がついたりとかでもう流石に落ち着いてるみたいですけど、それでも強気の値段をつけてる人も(苦笑)
一応単行本はもってないけど読んでたクチで、まあ全巻出揃ったら、大人買いしたろかくらいには思っていますが(^^;それにしても正札ならともかく掲載誌高額で取引ってのはどうかなーと。多分数年後にブックオフにもっていったらだぶついてるので引き取れないとか言われそうな(^^;じっさい雑誌は紙も悪いし消費されちゃうことが前提なもんで、まあ10年以上経過くらいでは多分二束三文でしょうな。
作品を一刻でも早く見たい読みたいというのは正しい欲望だとは思うんだけど、行き過ぎるとそれはどこか道を踏み外しているなと思いますね。

そして漫画関連3本目はコレ
「AKIRA」実写版映画ただいま製作中!『ザ・ウォーカー』のヒューズ監督が明言! - シネマトゥデイ
AKIRAの実写化はデカプーがってのは前からつぶろぐとかツイッターでつぶやいたりしてたけど、とうとう企画が本格始動したかという話で、いや不安で一杯です(ヲイ!)というかあまり見る予定が無かった(いろいろあって映画があまり見れていない状況なんでアウトレイジとプレデターズは絶対に行くことにしてますが)「ザ・ウォーカー」見とかないかんか?とまで。ただキャスト決まっていないんでまだまだ流動的かなとは思ってますけどね(爆)
とまあ漫画三題話でした。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-06-23 23:22 | cartoon

御大、またはお禿様。もしくは斧谷稔の新作が。

GyaO!で配信中とのこと。
リング・オブ・ガンダム|リング・オブ・ガンダム|アニメ|無料動画 GyaO![ギャオ]

某踊るの、本広氏が協力しとるそうだけど、どこをどう協力してるんだろうか?

あとモーションキャプチャやってないそうな。

システム要件を満たしていないと視聴できないそうでMacでは難しいとか見れないとか。
要窓推奨。

これだけで断じるのは難しいけど、これをたたき台に長編を作るのかな?
とりあえずは『ユニコーン』『00』の後でファイナルアンサー?

ガンダムエキスポなんかにゃいけなかったゼという人はとりあえず一見してもよろしいんじゃないでしょうか。

しかしビューティメモリーとかアムロのメモリーとか新しい地球とか、ターンエー、イデオンを思い出すな。
予告編としては盛り上がったのでよしとしよう。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-09-09 00:18 | cartoon

ディズニーはどこまでやるのだろう。

Excite エキサイト : ITニュース:2009年9月1日 09時14分:Disney、アメコミのMarvelを40億ドルで買収:ITmedia News
配信元がIT系ニュースサイトだけど映画系サイトでもとりあげられていた。
ディズニーが「スパイダーマン」「X-メン」のマーベル社を買収へ! : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
進行中の企画されている映画については一応このまま進むとのことだけど、今後の作品に関してはディズニー配給という感じになるだろうということ。

つぶろぐ関係ではやはりUSJのスパイダーマンのアトラクションはどうなるの?という話が多かった。
Disney、アメコミのMarvelを40億ドルで買収 (ITmedia ニュース) | エキサイトニュース|つぶねた|つぶろぐ|エキサイトつぶろぐ
TDLにそく移動、ってことはないだろうけど後々、そうなることは充分考えられる。
ここに来てディズニーもコンテンツの買収に走るとは、
数年後にはプロダクションIGとか、ボンズがディズニー傘下とか、
もしかするとバンダイグループとの提携、ディズニー印のガンダムとか、まったくありえない話じゃない、かも(笑)

しかし、とんでもないことになったもんだ。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-09-01 22:20 | cartoon

そして、明日へ『東のエデン』最終回、感想

とりあえず関西地区リアルタイム視聴終了。

映画は既にアナウンスされているけれど最終回告知でなかったぞ。

関テレそこんとこはどうなの?と思います。

詳しい最終回感想はまた後日。このエントリにて追記のカタチでアップ予定。

でもこりゃあ賛否両論も分かるわと思った。

自分のファーストインプレッションはラスト2分前までは良い最終回だと思ったよということ。

そんでいつかみた近未来をこんなカタチでまた違ったアングルと切り取り方で出してきたのか!と思ったね。
それと教えて君だと多分迷宮に迷い込むなと思った。
まあこんなとこ。

でも10話だしDVDゲッチュしても良さそうではある。ここは再生機まだもってないけどブルーレイ?か。
まあそんなとこですね。
で、映画版も楽しみだ。

東のエデン:劇場版2部作が連続公開決定 特典付き前売り券を発売 - 毎日jp(毎日新聞)
最終回に賛否両論?人気アニメ「東のエデン」の謎を解くのは映画の2部作で! - シネマトゥデイ

More
[PR]

by tonbori-dr | 2009-06-24 02:10 | cartoon