「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:モータースポーツ( 117 )

そんなこんなでトヨタはF1から去った。

まあこんなニュースが流れて
NIKKEI NET(日経ネット):企業ニュース-/ブリヂストンF1撤退 「速さ」より「環境」、変わる技術競争
次はグッドイヤー?それともピレリ?まさかミシュラン。いやいやダンロップとかまあそんなことを思っていたら、
トヨタ:F1今年限り撤退 日本勢ゼロに - 毎日jp(毎日新聞)
まあそうだろうなあとか言う感じしか思い上がらない。
欧州でクルマ社会に食い込もうとするとWRC。そしてやがてはF1というのは鉄板だった。
だから名実共にガリバーとなったトヨタが参戦するのも自然の流れだと思っていたし、それはそれでええやんって感じだったけど、実は薄々リーマンショックの前からあった流れだけど、時代はエコ!なわけで内燃機関のクルマというのはそこれは旧時代のものでしかない。で新時代に対して抗うか消え去るかを選択させられているというのが現状。(実は消え去る必要は無いんだけれど、ビジネス的にそうしないと何かと困る人たちがいてそうしているっぽく見える)もちろんエコ、エコいってる(している人じゃなくて言ってる人たちね)人たちはもちろんそこにのっかるので、さらにモータースポーツがすごい勢いで陳腐化しているように見える。だけどこれも見えるだけで、実はクルマの競走で人が走るのと大差ない。
ただマシンだなんだかんだを使っているので巨額のマネーが動いて色々まあワケわかんなくなった人たちが大勢いたけど、その人たちはエコマネーにいったとそういうことかなあと思っている。ちなみにコレは自分の雑感でありそれが本当の事なのかどうかは分からんけどなんとなくそう見える。
で、マーケティングなトヨタ的にはメリットねえなという話になったかなと。もちろんトヨタの中にもカーガイ(クルマ好きな人たち)はいただろうけど(山科さんとか若社長とか)お殿様のつるの一声で物事が決まるご時世でもないしまあ当然の結果。

自分は基本F1というのは好きというよりクルマが好きだし競走も好きだしという部分ではまあ残念だけど、肥大化したF1を整理してプリミティブなモータースポーツに戻すチャンスかもしんないなあとか思った。
けど、まあビジネス的にエクレストンがいる限りは無理か。あとオイルダラーが入ってきてワケわかんなくならないようにねーとか思うけど実際もうお金を落としてくれるのは彼らくらいかな、中国もあとそんなに長くは落としてくれ無さそうだし。(それでも十年くらいはという読みもあったけど流れも早いので)まあ暫くはゴタゴタが続くかもしれない。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-11-05 23:03 | モータースポーツ

F1の終わる日

Excite エキサイト : 経済ニュース:2008年12月5日 09時23分 ( 2008年12月5日 15時06分更新 )ホンダがF1から撤退 社長「市場環境の悪化」共同通信
宗一郎のオヤジさんが生きていたら、会社を出てプライベーターで出ただろうか。

ともかくホンダだけでなくBMWやメルセデスは欧州の矜持があるのでぎりぎりまで頑張るだろうけど、トヨタもヤバいんじゃないか。
というより今年のF1は殆ど流してしかチェックしていない。
最近で聞いた話ではタイヤも1社なのでエンジンサプライヤーも1社にしてという話が出てたとか。
それじゃあフォーミュラー【ナントカ(メーカー名)】ってことになるやんとか。
そういうカテゴリーはレーサーの登竜門カテゴリとして作られている。もちろん排気量とかパワーの車輌規定とかがある。

でも年々膨らむコストにかんしては皆が頭を痛めていたのは事実でワークス、チームの会議ではそれが議題に上ると雑誌に良く出ているしFIAモズレーとF1のドン、バーニーとチーム代表のいがみ合いのタネはコレだという話もストーブリーグのここ数年の定番ネタ。

案外、今こういう話をきっかけにガラガラと崩れるかもしれない。


なんてな
というより欧州の人たちのモータースポーツへの浸透度で半端ないし、(ルマンとか)
F1死してもフォーミューラーレースは死なず。
新たなカテゴリかルールかは分からないけど無くならないと思う。


それよか、来年の鈴鹿も開催がやばいかも。で、飛ぶとまたFSWでってことになるのかな。
まあ『やります』というニュースでているけど。
ホンダF1撤退:鈴鹿市長「大変驚いている」 - 毎日jp(毎日新聞)
どっちにしろ人ごみは苦手なんで行く事は無いがレース観戦的には鈴鹿の方が面白いよということは書いておきたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-12-05 22:28 | モータースポーツ

パリダカが中止になって。

Excite エキサイト:スポーツニュース:<パリ・ダカ>開幕前日に中止 モーリタニアの治安悪化で [ 01月05日 00時11分 ]毎日新聞社
2日前の話だがパリダカの開催が中止となった。
通過国であるモーリタリアでテロとおぼしき?事件が発生しモーリタニアの迂回だけでなく完全にパリ-ダカールラリーの開催を中止するという。
今まで、通過区間のキャンセルはあったと記憶しているが、開催中止は初めてと記事にある。

ここんところラリーレイドは全然追っかけていないのでネットのニュースでリザルドを確認する程度だったが三菱はパジェロで栄冠にも輝いた日本人には馴染みの深いラリー。

いやラリーというか冒険に近い。何も無い死の砂漠、サハラを走るのだから、時には死人さえも出る。もっとも強盗や内戦に巻き込まれたりもする過酷な競技だが、それだけに冒険心を煽られるのだろう。俳優の夏木陽介さんもドライバーやチーム監督として出場していた時期も会った。

だが今回の中止は一つの区切りになるかもしれない。たまさか、今回が30回というのもあるけれど、こういう過酷なラリーレイドは自動車メーカーにとっても宣伝の場となる。F1とならんでWRCが欧州では絶大な人気を誇るのはサーキットで走るマシンではなく普通のクルマが過酷な状況を走り抜けることによりメーカーの技術力などを誇示し販売につなげられる利点があるからでラリーレイドは今流行のRV車、SUVなどを宣伝するには持って来いの競技。

だがその宣伝の場でもあるラリーレイドでテロで被害をこうむればそれはそのままメーカーサイドにはねかえってくる。そしてメーカーが撤退する事もありえる。それは避けたいというのが主催側の本音かも。

だが多くの出場者はこの冒険を楽しみにしている人達で彼らはきっと残念がっているに違いない。ただアフリカだけでなく取り巻く環境や世界の情勢は厳しくなっているのも事実。
こういう競技はその開催する国との関係も重要になるなと思った。

一応このパリダカはFIAも公認しているので彼らの見解も気になるところだけれどどういっているんだろうか。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-08 00:08 | モータースポーツ

F1日本GPの顛末。

Excite エキサイト:スポーツニュース:<F1>指定席の一部観客から苦情…「コースよく見えない」 [ 09月30日 21時37分 ]毎日新聞社
まあ予選終了時にネットでは行った人からのネットへの書き込みがあって2ちゃんでスレが立ちまあそういうことになったという。
痛いニュース(ノ∀`):F1・富士スピードウェイ、バスが大渋滞 会場内に取り残される観客多数

基本的にサーキットは山奥や交通の便の悪いところにつくられていたりしていくらインフラを整備しようが鈴鹿だって駐車場渋滞は当たり前、レース終了後出口に出るまで1~3時間はざらみたいな話は良く出る。またレース運営に関してはどうしたって鈴鹿の方が上。積み上げたノウハウが違う。
そう考えると30年ぶりの日本GPで不手際は皆が予想はしていたし事実そういう事をいっている人もいたそうな。
だけどそこにこんな悪天候とは、まさに『天は我を見放したか!』状態。

不慣れなスタッフに悪天候、準備不足なインフラ(道路が陥没ってどう考えてもやっつけ仕事、去年富士には別件でいったけど目につくトコは一応きれいにはしてあったが奥では未舗装のところもあった。やばいのならそれなりに道路工事を仮設ではなく本格的に補強すべきだった。)すべてがマイナスに向かったとしかいいようがない。

ともかくTVで見ていたがいつ何時、クラッシュが起こるか気が気でないプラクティスにクオリファイ。そういえばミハエルがチャンピオンシップをハッキネンか誰かに王手掛けられつつも猛追したシーズンの雨中のレースで結果当時ハッキネンのチームメイトのクルサードだっけか?に追突されマシン大破させたのを思い出した(もしかしたら間違っているかもしれないけど)くらいの大雨&霧。はっきりいってウォーターカーテンで前など見えない状況のレース。雨のクラッシュといえば枚挙にいとまがない。一つ事例をあげるならばレーサーでモータージャーナリストの太田哲也さんの事故も雨の富士で、その時のコースマーシャルの対応の悪さは今でも言われる話。そんな中、ペースカーで序盤を抑えたのは大きな事故を考えてのナイス判断だった。今回のGPで評価できるのはそれくらいかな。あとはちょっとヤバイシーンがいくつかあった。
レース自体はグダグダながらもオーバーテイクなどいくつか見所もありまあ最悪の事態だけは避けられたがそれでも初年度としては散々なGPだったと言えよう。

次のGPではトヨタお得意のカイゼンをやるんだろうけど一度悪評立つと消すのは大変。というか払拭できるのか?
だがこんだけ悪評たてば来年は空いている……な、わけないか(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2007-10-01 22:26 | モータースポーツ

F1日本GPが富士で開催だそうですが

正直コリン・マクレーの事故死のニュースを聞いて衝撃を受けててもうなにがなんやら。
WRCドライバーとして名を馳せ、クラッシャーと異名をとるほどのアグレッシブな走りで有名なコリンがヘリコプターで事故死するとは・・・
CNN.co.jp : マクレー氏の死亡確認 ヘリ操縦中に墜落 - スポーツ

Excite エキサイト:芸能ニュース:オリラジがトヨタ応援…F1日本グランプリ
とか
Excite エキサイト:芸能ニュース:眞鍋かをり「ヤルノ好き」トヨタF1サポーターに就任 [ 09月17日 08時05分 ] サンケイスポーツ
とか、
Excite エキサイト:芸能ニュース:キムタクがF1日本GPの興奮伝える [ 09月17日 10時29分 ]日刊スポーツ
そういう部分は今まではにぎやかしだしキャンペーンはいるよねという感じだったんだけど
ちょっと混乱しているのでもうなんだ、大人しく出来ないのか!といささか筋違いかもしれないけれどそう感じてしまう。

いや富士はトヨタのホームグラウンドとして買収、改修され生まれ変わったので当然力もキャンペーンも力が入るのは解るんだけれど・・・・。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-09-18 23:21 | モータースポーツ

弘法も筆の誤りと申しますが

F1の新星・ハミルトン、ゴーカートで事故 | Excite エキサイト
まあ河童も溺れれば、猿も木から落ちると言うし。ただどちらかといえば『弘法も筆の誤り』っていうのがしっくりくるけれど。

このシーズンはミハエルのいないシーズンだけど結構面白いかもと思いつつやはりあまり乗り切れないシーズン。フェラーリ贔屓のおいらにとってはライコネンのいまいちはじけてないとことかなんだかマッサが速いんだかどうなんだか判らないムラッ気とかがちょっとねということであまりクルマのブログの方でもちょっと挙げていない。

だがハミルトンが初優勝したカナダとアメリカは凄かった。
いや開幕から入賞を続けるところも凄いけれどなんだかトンデモないドライバーがひさしぶりに出てきたなとは思った。

こんなのはアイルトンのデビューシーズンかミハエルのデビューシーズンくらい。

しかもその2人の上かもしれない。
色々身の上もストーリーを持っているしこれからはハミルトンの時代なのか。

だがアロンソだって黙っていないだろう。そういう部分はまあ見ていこうかなと思っている。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-06-22 23:51 | モータースポーツ

皇帝が玉座を去る。

Excite エキサイト : スポーツニュース|F1=皇帝シューマッハ、引退レース前に心境を語る [ 10月20日 20時56分 ]ロイター
彼を語るときやはり2000年のイタリアGPでのセナ越えの涙だろうか。
それまで割りとF1の歴史には残ったとしても記憶には残らないとか色々揶揄されていた彼が誰よりも目標としていたセナを目前で失いそれを越えた瞬間ミハエルの中で一つのヤマを越えような気がする。

その後は圧倒的な皇帝ぶりをはっきしていたがアロンソという新世代が出てきた事により自分の時代の終わりを感じたのだろう。

だが完全にタイムコントロール出きるその走りはこれからも出てくるかどうか?

アロンソも速いし正確だが完全ではなくやはり若さの速さというのが見え隠れする。
正確といえばどちらかといえばライコネンだが彼もまだまだ詰めが甘いのだが・・・。

ともかくブラジルGPで皇帝ミハエルの歴史が幕を閉じる
[PR]

by tonbori-dr | 2006-10-20 22:37 | モータースポーツ

ミハエルの鈴鹿ラストラン

Excite エキサイト : スポーツニュース|M・シューは意欲満々 F1日本GP6日に開幕 [ 10月04日 17時43分 ]共同通信
ミハエルの走りが見れるのもあと僅か。
こうなるとアロンソとの対決も無茶苦茶盛り上がっているししかも、鈴鹿のGPは来期は無いとなればそりゃー観るしかない。
今年も去年の同じく生中継。
昼下がりは家で鈴鹿観戦だな、こりゃ(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2006-10-04 23:26 | モータースポーツ

連休は

とりあえずクルマの走行会にいっておりました。
LANCIADELTAの走行会デルタカップです。
a0029748_22595869.jpg

a0029748_22595961.jpg

a0029748_22595927.jpg


場所はわかりますでしょうか三枚目の写真。これ後ろに写っている山は箱根でございます。
そう今度F1が開催されちゃうという(来年以降)富士スピードウェイでございます。
もっともショートコースというとこですけれどね。(本コースでは別のイベントが開催されてました)
でもショートコースといっても侮る無かれ、かの有名な関谷正徳氏の監修を受けた本格コース。

つうか去年の今頃も実は参加してました(苦笑)

More
[PR]

by tonbori-dr | 2006-07-17 22:59 | モータースポーツ

暴れん坊モントーヤは古巣に帰る。

ちょっと動きも早くて確か日曜あたりにモントーヤはNASCARに転向するという話が出て今日にはもうシリーズ後半は出ませんという。
まあ奥さんのお産もあるけど話が出た瞬間にモチベーションを保つのも難しいしなんやかんやでドライバーズシートはペドロにバトンタッチと相成った模様。

元々CART出身のモントーヤにはNASCARのようなアグレッシブかつ見せるレースが合っているのかもしれないという意見もあるが確かにこちらに転向してきてミハエルを落とす候補に一人だったのが去年、今年とアロンソの独壇場。名門ウィリアムズもエンジンサプライヤーからBMWがはずれ厳しい展開ではあったのだが。モントーヤはマクラーレンメルセデスの所属。つまりロンがじゃあいけばあ〜とクビを切ったということか。(ウイリアムズと勘違いしたのは単純においらの大ボケ。やばい老化が進んでいる?もっともフェラーリ以外はあんまりというかかなりどーでも良かったりする(苦笑))

でここに来てハコレースに出るというのもよく解らないのだが実はハコが好きだったのか?モントーヤ。とにもかくにもがっつりやって欲しいものである。

そういえばこのNASCARっぽいアーケードゲーム&コンシューマーゲームがある。
デイトナUSA / セガ
『デイト~ナア~』というアメリカーンな音楽にのせて走るレーシングゲームで非常に大味かつダイナミックな操作性でファンも多い・・・・と思う(笑)

追記*一部間違いがあったので文章に追加。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-07-11 20:54 | モータースポーツ