今年観た映画について書こうか

なんかゼロ年代最後ということで、
2000年から2009年の10年間に公開された映画で云々という企画をあちこちのサイトでやっている。
全然参加もしていないし、そもそもほとんどがもう締め切りだったりする(苦笑)

なのでゼロ年代をふりかえるということはしない。
というか十年一昔で云々とかいうから昭和の最後の生き証人俳優さんが逝ったり、
闘病中とはいえロックンローラーが逝ったりするのであって、
十年で締めなんて企画はやはりね、半世紀事にすればいいと思うよ!
と一応放言してみるwww

でもmicchiiさんのエントリで知って
『ザ・ミッション/非情の掟』、映画秘宝のゼロ年代BESTで14位にランクイン! - 愛すべき映画たち
で今日本屋さんで確認した「映画秘宝」のゼロ年代ベスト1は一味違う、韓流映画。
「殺人の追憶」。
確かになあ、これはまんべんなく票を集めるわなあ。
で、とりあえず何かにつけ推して置きたいぞと言うのも良く分かる。
事実、自分は映画館で見逃してしまったので、
今年公開の「チェイサー」は絶対映画館で観るぞと思ったくらい。

まあそういうこともあるけれど、今年の1本を選べといわれたらなんだろか?
いちおう1ヶ月2本ペースでプラスアルファ、36本。DVDスルーはアップしているのは6本。
(ちなみに昨日、今日、明日と連続して実は映画を観ておりますがそれは来年枠にしますた。)
TV地上波は結構あるけど「富士山頂」は別枠としてもドラマみたいなのとかまあそういうもんだったので、
36+6で42本の中からといえばこれが難しい。
「グラン・トリノ」は確かに誰もが認める認定傑作だけど、果たしてそれでいいのか?と。
でボンクラ御用達、「ドゥームズデイ」かといえば、普通すぎて面白くないし(笑)
「エグザイル/絆(放・逐)」はゼロ年代的にはナンバー1としてもですよ、香港公開から間が空いてしまっている。
他にも「レスラー」「天使の眼、野獣の街」「チェイサー」「サマーウォーズ」「3時10分決断の時」
「チョコレート・ファイター」そして「イングロリアス・バスターズ」。
どれも粒よりの良作、傑作や自分にとってのツボ作が多くとても決められません。

その他にも見逃した作品も数多く、例えば「マイマイ新子と千年の魔法」とか、
「アンヴィル」とか「キャディラックレコード」(サンデーソングブックの夫婦放談で言及があった)、
そしてイーストウッド翁の「チェンジリング」などなどこちらも観たらウワー傑作だ!となるやも。

けどなにかイチオシしておけというのなら、『ザ・バンク 堕ちた巨像』を推しておこうと思う。
敵が新しい形の組織というか、実は全く普通の商売人たち、
しかも商っているものが「お金」だということが凄く今をついているし、
その結末とか色々よく考えられているホンとちゃんと映画的な画をつくっている部分や、
ちゃんと古くからのセオリーやオチも踏襲している部分で、
こういう話が新しい犯罪映画というかサスペンスアクションのデフォルトになるなと予感したので。

でも本当に今年は洋画は去年同様良作が多く、
見逃した作品たちも本当に惜しいと思った作品が多かった。
それに引き換え邦画はTV局制作のブロックバスター作品などは、
もう地上波で全然OKだよねとなった作品も多かった。
これはまあ他のエントリでも予告している通りまた別館に書きます。
でも一度書いて全面見直ししているのでアップは来年になりそうです。
今年もあとわずか新年というか正月中には「アバター」を観たいんだけど果たしてどうなることやら。
結構混んでいると聴いているので。

それでは皆さん、よいお年を。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-12-30 22:54 | column@Movie