昨日の『相棒』と『ギネ』そして今日の『不毛地帯』とか

まだ完全に出揃っていないけれどまずは鉄板『相棒』シーズン8が始まったのでいくつか。
完全ネタバレなので録画したのを後日観るという人はごめんなさい。




ということで昨日の『相棒』シーズン8、『カナリアの娘』
いやもうタイトルがネタバレだしキャストも古谷一行に内山理名。木村多江の次代薄幸女優の筆頭と自分で勝手に思っている彼女が出ている以上、ゴニョゴニョ…、って訳なんだけど、70年代の過激派からこうくるかとちょっとビックリだけどそこはテレ朝&東映。そこに落としたかという印象。このご時世にどうかなあと思ったけどブログ検索でざっと感想を見てもやっぱりひっかかっている人が幾人かいた。
ぶっちゃけテロ賛美というか左派として信念があったみたいな?で最終的には愛する者のために獄につながれる。うーんまあ幾人もの犠牲者を出した悔恨の手紙で相殺になってればというのも、これが事を引き起こす発端になってる部分で強烈に違和感は確かに残るし、この辺りは50代後半から60代のご意見を拝聴したい。もっともどちらも極端意見が出そうであまり参考にならないか(爆)
とはいえミッチー(まだ尊ちゃんと言うには日が浅い)の立ち居地の微妙さは面白い(笑)敵なのか味方なのか?緊張感もあるし初期薫ちゃんのような右京さんはうさんくさいなというちょっと熱血単細胞とは違うヘンな部分が面白い。今後のケミストリーに期待が持てる運びだった。

でなにかと噂の『ギネ』、この産科医療話は下手を打つとオチが難しいのだが初回はなかなかの引きがあったので今後も視聴。いろいろ伏線も置いてるしノリカたんもかなり作ってきてる。初期の進藤先生よりもクールだし司馬先生よりも危ない柊(ひらぎって読むらしい)先生をがんばって演じている。脇も固めているしとりあえず視聴リスト入り。

で『不毛地帯』、お金かかってる(笑)まあさすがに映画並みのキャストを揃えてるしロケも海外も含め大掛かり。しかも2クール、まずはF-104導入に関わる瀬島龍三じゃなかった壱岐正の物語の開幕。さてどうなっていくか楽しみ。基本以前の映画版とかドラマとか原作未読なのでとりあえずマッサラで楽しめるので2クール持ちそうだ(笑)
しかしF-104(栄光)の選定に関しては基本近畿商事が勝つんでしょ?現実ではそうなってるんだから(ラッキードではなくロッキードだけど)ちなみに最後の有人戦闘機とよく紹介されていた。まるでロケットみたいなスタイルの戦闘機で子供の頃に好きだった戦闘機だった。

まあ他にも気になってる作品が続々と放送されるけどとりあえず今のところはこんな感じ。
あ、日曜の『仁』も内野龍馬の暑苦しさに惹かれて今のところ視聴リスト入りしてます(笑)

追記:
参考までにニュースソース。
相棒:season8、初回視聴率19.4% season7超え、シリーズ最高発進 - 毎日jp(毎日新聞)
不毛地帯:初回視聴率14.4% 関ジャニ・大倉の「ROMES」は6.0% - 毎日jp(毎日新聞)
[PR]

by tonbori-dr | 2009-10-16 00:23 | TVdrama