ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ雑感

前から少し気になっていたのでちょこっと鑑賞。
というより市川隼人君のこーいうキャラはもはや定番だよね。

ただ類型的な『ルーキーズ』とかよりはいささかDT(童貞)力のある部分を膨らましているかなって感じかな。そういえばむかし童貞と言えばチェリーボーイが定番だったけどみうらじゅんと伊集院光は良い言葉を発明したもんだ。

同年代のツレで少し自分と違うあいつがバイクで死んだ。そのことでふつふつとしていた少年がある日突然、チェーンソーを持った大男と美少女が戦う場面に出くわした。
彼はツレを越えるにはこの少女を守ってカッコよくエンディングを迎えるってスゲー、クールじゃね?と彼女の押しかけ助手をすることになったのだがというあらすじ。

まあそのチェーンソー男がなにもんやねんとかいうのはとりあえず、はあーなるほどという説明もあるし基本的にはエヴァと構造は変わってないというのは乱暴すぎるけど、まあ次の段階ですみたいな(笑)

で、肝心の話は自分の思っているライトノベルのセカイと現実の少年の悶えを上手く映像化したよなあって感じ(笑)ただし思いっきり恥ずかしい(爆)
台詞とか、描かれる状況などなどイチイチ恥ずかしいのには参ったが、それ以上にヒロインの関めぐみちゃんがイイので持ちこたえれた(笑)

元々彼女を初めて知ったのはTVドラマ『ライフ』。主演の北乃きいちゃんを助けるクールビューティ役でお?この娘さん雰囲気あるねえというとこから。今後もいい仕事してほしいですなあ。
a0029748_22582765.jpg

普段ならビジュアルは極力いれないけれどやっぱ入れないと分からんよなあコレは。
ただこーゆうバトルシーンが続いていくデッドエンドな話ではなくあくまでも青春というキーワードと微妙にセカイ系&DTなのでそういうデッドエンドな話を期待すると肩透かしを喰らうので注意。但しOPは『ワザと』煽ってるけど。(多分)ただそれもビジュアルからの要求で、こーなるならこうだろ!っていう若さゆえの根拠の無い強気っぽさだと思った。

そして浅利陽介くん。彼とイケメン俳優三浦春馬くんの2人がそれぞれの特性をいかした役柄で市川くんをサポート。いつも思うけど浅利くんは雰囲気がいい。若いのにウデあるなって感じ?(笑)
三浦くんはステレオタイプなローンウルフだけど(典型的なライバルキャラ)あーゆうイケメンくんにはそーゆうのが良く似合う。ここらへんはキャスティングの勝利っぽい。

とくにオススメではないけど、関めぐみちゃんっていいなと思っているならある意味彼女が主人公(ヒロインではあるけど市川君とともにダブル主人公みたいな)なので観るがいいさねと(笑)

あと青春モノとしてもすれていない人ならOKじゃないでしょうかね、例の『ルーキーズ』の主題歌を歌ってる子たちがこの作品でも主題歌を担当しているけど、はるかに聞けるし、それは映像がマッチしている。まあ今風に言えばシンクロ(恥ずかしい)してるからだと思うので。

原作はやはり思ったとおりのそういう作品だそうです。
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - Wikipedia


「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2009-07-27 22:59 | スルー映画祭り