壬生義士伝

遅ればせながらDVDレンタルで鑑賞。
元々『新撰組!』で芹沢鴨を演じていた佐藤浩市が斎藤一(オダギリジョーがやっている)で出ているということで興味が湧いて観た。

で、沖田総司に『新撰組!』で山南役を演じていた堺雅人が!
『新撰組!』の藤原竜也もいいけど、これはこれで細い病気がちな感じがけっこうはまっていた。
優男な人なのでこういった美青年系も合うなと。

主人公の吉村貫一郎に中井貴一。佐藤浩市との雨中の殺陣は素晴らしい。
やはりうまい人の殺陣はいい。
ということで感想を。いいお話なんだけどエピローグが長い。2時間のお話の中30分をそれに費やしている。そのエピローグが大事なのはよく解る。そこが主人公の生き様の根幹を成す部分だから。だけど前半があまりにも駆け足のために後半がだれる印象に映ったのだ。それでも友情と義、愛情といったものの重みと時代に翻弄された主人公達の思いは伝わる。だけどどうしてもそのエピローグが長いなと思ってしまいのめり込めなかったのも事実。だけどそれぞれの演技は流石に巧者を集めただけあって迫力のある画だった。
比較とは言わないけれど興味のある方は一度見ても良いのでは?

「壬生義士伝」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


壬生義士伝
/ SHV松竹ホームビデオ
ISBN : B00009AUV8
[PR]

by tonbori-dr | 2004-08-11 22:59 | スルー映画祭り