これで東宝独走に歯止めがかかる、わきゃないか(苦笑)

Excite エキサイト : 芸能ニュース:2009年3月10日 20時58分松竹2トップ『ヤッターマン』『おくりびと』で興収100億も/バラエティJAPAN
基本的に東宝の方がぶっち切りで興行収入№1なんですよねえ。

最近の邦画制作といえば、TV局かかりの製作委員会システムが殆ど。
東宝、松竹、東映ともに単独制作というのは本数は少ないのは周知の事実。

その中で『おくりびと』は松竹配給だけど制作幹事はTBSだったりする(笑)
もっとも東宝と組んだ『花より男子』は去年の稼ぎ頭だったりするのでますます局とベッタリ、
それがゆるせーん!という人もいるだろうけど、こうなるとまあ歯止めはかかりませんわな。
なんと言ってもオスカーというお墨付が出たんだモノ(笑)
なんせ日本人は勲章、賞状、権威に弱いからねえ。

ちなみにだから『おくりびと』はダメだというわけじゃないッスよ。
未見ながらもその感想には一定の信頼をおいているブロガーさんたちから、
いい評判がでているということはそれなりにOKだと思うし、
出来ればこの目で確認もしてみたいと思っているし。

それに局がかりでも佳作とかは作られているんだけれど、
ようするに冒険作、野心作といった、まあ『ダークナイト』とか『ノーカントリー』のような
キツイのは作りにくいんでねーという事です。
まあ局の人も一応は考えているけれど大人の事情で難しいだろうしね。
でもそういうのも出てくればまた見方が変わるんじゃないかなと思ってる。
[PR]

by tonbori-dr | 2009-03-10 22:58 | column@Movie