『あしたの、喜多善男』は面白そうだ。

最初はコヒさん(小日向文世)初主演だしキャストも良いのだが地味でハートフルなドラマだろと思っていた。

あまり情報をいれずに観たのが良かったのかもしれない。
これは面白そうだ。
ドラマは映画と違い意外な展開を用意してもすぐにネタ切れになってしまう。
1クール11話を1日として11日を追う。
そこから始まる一人の男の人生の再生・・・かと思ったら、大きくはそのテーマなんだろうけれど回りに色々人を配して、これから喜多さんはどうなるんだ?というサスペンスフルなドラマを仕立てている。うんこれはとりあえず今年観るドラマ第一号かなと。

そういえば音楽をミノルさんとこのジュリアード出の息子さんがやってるんだけど本人が途中出演しピアノを弾いてた(笑)

しかし推理小説っぽいぞと思ったら原案があるそうで島田雅彦氏の名前が出ていた。
そして脚本は飯田譲治。『NIGHT HEAD』『アナザヘヴン』の人。
さて第2回はどう転がるか。
[PR]

by tonbori-dr | 2008-01-08 23:24 | TVdrama