『SP』を観た。

そういえばこれで秋のドラマ全部出揃ったことに成るけれどとりあえず『SP』雑感を。

すげー微妙。いやつまんなくなかったんだけどとりあえず様子見な進行だったような気が。テンポがつかみづらかった。(CMのタイミングのせいかも?)

だがこまい(細かい)所にお金はかかっているなと。その分キャストはあまりお金をかかる人ではなく実力のある人を中心に組んでいるなと感じた。(主人公のV6岡田くんと堤真一、真木よう子以外は見た事あるけど誰だっけ?とか知らない人だなのオンパレードだったので。)もっともそれは正解。無駄に一線級ばかり揃えるよりも細かいところに気を使って欲しいドラマ昨今が多すぎるのでそのあたりは期待できそう。

だがなんといってもホンと演出。特殊能力発動がいささか超能力めいている発現描写だが基本的にはシャーロック・ホームズとかで御馴染みの能力だし。だけどトラッカーの能力は犯人逮捕なら当たり前だが守る側のSPにっていう発想は面白い。まあそうじて土9のジャニ路線をハードにしてみたという感じだろうか。第2回ではいきなり傭兵?軍人崩れという劇画タッチな展開のようでともかく来週もという感じ。

あと、『交渉人』ネタはともかく(ロゴの文字が一緒なのは本広さんらしいなと思った)けど冒頭のムロツヨシが演じた岡田君の見合いセッティングの友人は交渉課の彼なんだろうか?名前が出てこなかったので気になった。

まだコメンタリー(公式サイトで配布中MP3なので再生ソフトがあれば聴ける。)聴いてないけどそこには言及しているんだろうか。

追記:内容一部追加しています。あと色々他の感想を見て回ったら『踊る』+『攻殻』という意見がちらほら。で、妄想したのが本広監督が押井さんから『真・女立喰師列伝』に誘ってもらえなくてじゃあ『攻殻』みたいなのを作る!とか思ったらネタになるなと空想(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-11-06 00:23 | TVdrama