*久しぶりにいい『映画』を観た。『キングダム/見えざる敵』雑感

この日曜日に観てきたが、いや面白かった。
もちろん期待もしていたがほぼ期待通りの面白さだった。

冒頭アバンタイトルにサウジアラビア王国の成立と石油の湧出からアメリカなどとのつながりが当時の資料や報道のフッテージ、CGイラストなどで説明される。
これがまたよく出来ていて他にも流用できそうな出来だ。これだけでも高評価したいしこのクリップは本当に良く出来ている。

そして物語はサウジの外国人居留地区で自爆テロが起こった事から始まる。銃撃で混乱した民衆を警察官の服装をしたテロリストが誘導するふりをして集まったところで自爆。さらに救援、救助に来た消防隊などを巻き込んでさらに爆弾が破裂した。このテロで親友を失ったFBIテロ対策チームの特別捜査官、ロナルド・フルーリー(ジェイミー・フォックス)はすぐさま現地へ捜査チームの派遣を上層部に掛け合うがサウジとの関係を重視する国務省やおよび腰の司法長官は許可を下ろさない。だが強引な手法でサウジの駐米公使と会見したフルーリーは分析官、レビット(ジェイソン・ベイトマン)、爆発物専門家、サイクス(クリス・クーパー)、法医学調査官ジャネット・メイズ(ジェニファー・ガーナー)の4人の入国、捜査を認めさせる。その期限は1週間、現地で調査にあたれる日数は5日間だけ。しかしサウジ王室はさらなるテロの巻き添えにならぬように国家警察のアル・ガージー大佐に命じて彼らを守ると同時に監視するように申し渡した。
捜査協力も拒まれ、四面楚歌の中、果たしてフルーリー達はテロリストに迫ることが出来るのか?
という筋なのだが110分の上映時間とアバン&エンドロールを引いて約100分ほど。
これが製作のマイケル・マンが監督していれば枝葉がついて2時間超に成った事だろう。
だがあえてテンポを重視し無駄を省いた構成はリズムを産みだし飽きさせない。
また登場人物を解りやすくするためFBI関係者、サウジ警察関係者は名前のテロップが出る。ちょっとした工夫だけどこういう映画の作り方をよく知っている。

追記:08/06/26 タイトルから『アクション映画』の『アクション』を抜きました。



監督ピーター・バーグは『スモーキン・エース』にも元警官のバウンディハンターとしてベン・アフレックに呼ばれたディークス役で出ているがそのベンの奥さん、ガーナーを監督として演出しているのも面白い縁だ。その『スモーキン・エース』からはジェイソン・ベイトマンも出演しているが他にもサウジの駐在公使シュミット役でエース・イズラエル役のジェレミー・ピヴェンが出演。他にも監督ジョー・カーナハンの弟、マシュー・マイケル・カーナハンが脚本を担当し撮影も『スモーキン・エース』のマウロ・フィオーレだそうだ。


ただ最近流行のハンディカム的な揺れるカメラワークは賛否の分かれるところだろう。
おいら個人的にはそれほど気にはならなかったが、ヤフーの感想では気持ち悪いと書いている人もいた。あと展開が速すぎてなんだか解らないという人と人が多すぎてよく解らないという人もいたが、これは外国映画の宿命みたいなものだろう。

砂漠の高速道路を飛ばして追跡、尾行を警戒するやり方とか自爆テロの準備シーン。それぞれの日常をはさんでいく部分など小技もきっちり押さえラストもただ単に終わりでない、ちょっと残るエンディング。物語の基本プロットは刑事モノ、相棒モノなのにこのスパイスがよく効いている。
いまTVでやっている某機動戦士00なんぞよりよほど短く簡潔にテロと紛争の要点を突いている。

若いのに既に職人的な社会派アクションを撮るとはいや大したもの。
あと脚本のマシュー・マイケル・カーナハンも若いが注目の人らしくこれからも兄貴ともどもチェック。

アメリカ人キャスティングについてはバーグが製作を頼んだマイケル・マンのおかげだろう。だがその上を行くサウジアラビアの警察官を演じたアシュラフ・バルフムとアリ・スリマン。彼らはパレスチナ人でパレスチナ自爆テロリストを描いた『パラダイス・ナウ』という映画に出演していたことから製作陣が注目したようだ。

問題が無いわけでもなくそれは例えば武器はどこからとか(これは移動用のクルマに備え付けてあったし、そういう描写もあったが)無限マガジンとか(弾はどうしたとか)戦争映画のアメリカ人とか(まあそういうこと)があるけれど娯楽作品として作られているので良しとする。ただ、そこに多少バランスが悪いと感じる人もいるかもしれない。

だが今だからこそ出来た旬のアクション映画として評価したい1本。

「キングダム 見えざる敵」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

それと、ジョニー・トーならのmicchiiさんの感想、
愛すべき映画たち: 『キングダム/見えざる敵』(2007/ピーター・バーグ):
も読んでみてください。トーさん好きなら、そう来たか!となりますよ(^^)
[PR]

by tonbori-dr | 2007-10-15 23:50 | Movie